2015年09月11日

【展示紹介】9/9-10/12 アシボソ

9月9日(水)より今年度、第4期目の展示が始まっています。展示作品の中より「アシボソ」の水彩スケッチを紹介します。

今年の企画は、一般的に「草」や「雑草」としてひとまとめにされがちなイネ科、カヤツリグサ科、イグサ科等、今まで紹介する機会の少なかった作品にも光をあてた内容となっており、4期目は晩夏から初秋に咲く草花を中心に47点(水彩スケッチ32点、油彩画15点)を展示しています(10月12日まで)。


草花館2015-04.jpg

開館時間 10:00−17:00
入館料 500円
休館日 火曜日、但し、9月22日の火曜日は開館します。
詳しくは 小さな美術館軽井沢草花館HPをご覧ください。


【アシボソ(脚細)】

ashiboso19870915.jpg
石川功一 軽井沢の草花スケッチ アシボソ 1987年9月15日

やや斜めに伸びて、茎の先端から花穂を出している状態のスケッチです。
主に原野に生えるイネ科の一年草で、「草と花展」にふさわしい「草」の一枚です。
いったいどこで生えているだろうか?
と思っていた矢先、軽井沢草花館の庭の片隅に放置されていた植木鉢でアシボソの株を見つけました(下写真)。


20150911ashiboso01.jpg
2015年9月11日 軽井沢草花館 鉢植えのアシボソ

台風の影響で、倒れてしまっているのかと思いましたが、この草の特性なのでしょう、枝分かれして伸びた茎の節からは根が伸びて、地面にへばりついて根を下ろそうとしていたようです。たくましい草です…

20150911ashiboso03.jpg
2015年9月11日 軽井沢草花館 鉢植えのアシボソ(節から伸びる根)

この草が増えすぎるのも困るので、ここは植木鉢のまま、根が地面に這わないようにして観賞用として楽しむつもりです。
茎の先端からは花穂が出始めていて、石川功一のスケッチのような状態にまで生長するのもそう遠くなさそうです。

20150911ashiboso02.jpg
2015年9月11日 軽井沢草花館 鉢植えのアシボソ(出始めの花穂)
posted by kusabanakan at 20:57| 展示紹介