2015年10月13日

【展示紹介】10/14~11/23 キンエノコロ

明日、10月14日(水)より、今年度(2015)の最終となる「軽井沢の草と花展」の第5期目の展示が始まります(11月23日まで)。

草花館2015-05.jpg

2015年「軽井沢の草と花展」は、イネ科、カヤツリグサ科など、一般的には雑草として扱われがちな「草」の作品にもスポットを当てた企画展で、石川功一の描いた水彩スケッチで、様々な植物を紹介しています。
5期目の展示では、キンエノコロや(草)やリンドウ(花)、イヌタデ(草)、センブリ(花)など、秋に見られる「草」と「花」が中心となりますが、それ以外にも、これまで1~4期目で展示した春からの夏にかけての「草」と「花」の作品も一部ご紹介します。
例:(草)ハルガヤ、クサイ、カルイザワツリスゲ、カゼクサ、クサイ、カヤツリグサ、ヒメマツカサススキなど、(花)ルリソウ、カタクリ、タチツボスミレなど。

開館時間 10:00−17:00
入館料 500円
休館日 火曜日、但し、11月3日の火曜日は開館します。
詳しくは 小さな美術館軽井沢草花館HPをご覧ください。


【キンエノコロ(金狗尾)】 2015年10月14日から11月23日 展示予定

秋を感じさせてくれる「草」の一つではないでしょうか。都会でも見られます。
同じ仲間に、エノコログサ、アキノエノコログサ、ムラサキエノコロなどがあり、どれもよく似ています。
名前の由来は、穂の部分が子犬のしっぽに似ていることから「狗尾=エノコロ」となったようです。
また、猫の前に穂を差し出すと、じゃれついてくることから「猫じゃらし」とも呼ばれます。
呼び名の由来に、犬と猫で両方持っているのは面白いですね。
kinenokoro01.jpg
石川功一 軽井沢の草花スケッチ キンエノコロ 1992年9月11日

kinenokoro02.jpg
2011年9月15日撮影 軽井沢 キンエノコロ
posted by kusabanakan at 17:32| 展示紹介