2016年11月07日

【ユウスゲ種 重さ変化を調べる その30 最終】

今年収穫したユウスゲの種の重さを計る観察日記は今日で最終回とします。

前回の日記では、収穫したユウスゲの種が時間とともに水分が抜けて、半分くらいの重さになることまで調べました。
今回は、種の個数を数えて1グラム当たりの個数を算出し、昨年の計測値と比べてみました。

まずは、2016年計測結果です。

2016ユウスゲ種の数と重さ.jpg

20161106yusuge_ABC_count.jpg
2016年11月6日 軽井沢草花館 ユウスゲ種子(A,B,C)合計938個(粒)の重さ

※計測値はティッシュペーパーの重さ分を差し引いた値です。

20161106yusuge_A_count.jpg
2016年11月6日 軽井沢草花館 ユウスゲ種子A(9月6日種収穫分) 

20161106yusuge_B_count.jpg
2016年11月6日 軽井沢草花館 ユウスゲ種子B(9月17日種収穫分) 

20161106yusuge_C_count-re.jpg
2016年11月6日 軽井沢草花館 ユウスゲ種子C(9月25日種収穫分) 

結果として

【2016】 1グラム当たり46.9個→47個(粒)


次に2015年に行ったユウスゲ種の個数と重さの結果

【2015】 1グラム当たり27個(粒)

==========
2015年12月1日
数 824粒、
重さ 30.0グラム
 100粒あたり3.64グラム
 1グラムあたり27粒
==========

調査方法などは昨年の日記に詳しく記しています↓。


【考察】

2015年と2016年とでは、1グラム当たりの種個数が大きく異なりました(2015年:27個、2016年:47個)。
種の乾燥時間、秤の差(昨年はアナログ、今年はデジタルの秤で計測)、成長具合の差など考えられますが、確かなことはわかりません。来年以降に再度計測してみて、改めて観察してみたいと思います。
posted by kusabanakan at 12:00| ゆうすげ日記