2018年04月28日

緑のカーテン2018(1)ウチワドコロ、ツルガシワ、五味子に芽(4/28)

いよいよ今年の緑のカーテン日記をはじめます。
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。

昨年同様、テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それを観察していこうと思います。
軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

20180428midori01.jpg
2018年4月28日 軽井沢草花館 緑のカーテン

まだ、遠目から見ても何もないように見えます。

20180428midori06_nobudo.jpg
2018年4月28日 緑のカーテン プランターのノブドウ蔓

ノブドウを植えたプランターをよく見ると植物の芽生えが観察できました。
ノブドウもそうですが、ツルガシワにも芽が出ています。

20180428midori09_nobudo_tsurugashiwa.jpg
2018年4月28日 緑のカーテン プランターのノブドウ蔓とツルガシワの芽

下の写真がツルガシワの芽。
地面から出てきたばかりといえそうです。

20180428midori08_tsurugashiwa.jpg
2018年4月28日 緑のカーテン プランターのツルガシワ(芽生え直前の姿)

下の写真はノブドウの芽です。
プランターからひこばえのような感じで、新しく蔓が伸びてきました。
先端に芽が付いています。

20180428midori04_nobudo.jpg
2018年4月28日 緑のカーテン プランターのノブドウに付いた芽(枝の先端

下の写真は同じくノブドウですが、蔓の途中についた芽です。

20180428midori05_nobudo.jpg
2018年4月28日 緑のカーテン プランターのノブドウに付いた芽(蔓の途中

次に、ウチワドコロとチョウセンゴミシです。
ウチワドコロはすでに最大70aの高さまで蔓が上がってきて、この時期としては大変早い成長ぶりです。
一方、チョウセンゴミシも成長が早く、葉っぱがしっかりと開いています。
昨年まではネットに絡む前に成長が終わっていましたが、今年はネットに絡んでいきそうです。

20180428midori02_uchiwa_gomishi.jpg
2018年4月28日 緑のカーテン チョウセンゴミシとウチワドコロ

下の写真は昨年(2017)5月5日に撮影したもの。
本日の様子と比べると今年は昨年よりも1週間程度早くに成長しているようです。

20170505midori01uchiwa.jpg
2017年5月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの蔓

下はウチワドコロの出たばかりの蔓
この蔓がぐんぐん伸びて、緑のカーテンを作り上げていきます。
軽井沢草花館の緑のカーテンにおいては、このうウチワドコロの葉の占める割合が大きいため、とても大切です。

20180428midori07_uchiwa.jpg
2018年4月28日 緑のカーテン デッキ下から蔓を伸ばすウチワドコロ

posted by kusabanakan at 15:32| 緑のカーテン