2018年07月17日

2018(30)ユウスゲ13輪、ヤブカンゾウ初開花、高峰高原ニッコウキスゲ見ごろ(7/17)

全国的な猛暑、軽井沢でも今期2度目の真夏日(最高気温31.4度)となりました。

軽井沢草花館の庭では夕方になってユウスゲが13輪咲きました。
今年、初めて2桁の開花数となりました。

20180717yusuge_jiueB01_1714.jpg
2018年7月17日 17:15 軽井沢草花館 ユウスゲ

20180717yusuge_jiueA02_1706.jpg
2018年7月17日 17:05 軽井沢草花館 ユウスゲ

20180717yusuge_jiueA01_1724.jpg
2018年7月17日 17:25 軽井沢草花館 ユウスゲ

そして、ヤブカンゾウが今年はじめて開花。
鮮やかな八重の花を咲かせました。

20180717yabukanzo01.jpg
2018年7月17日 軽井沢草花館 ヤブカンソウ

また、本日の日中に高峰高原に行ってきました。
標高2,000mの高峰高原では、ニッコウキスゲが見ごろの状態(下写真)。
まだつぼみがたくさん見られたので今後もしばらく花が楽しめそうです。
その他、ハクサンフウロ、シュロソウ、マルバタケブキ、ネバリノギラン、ノアザミ、バイケイソウなど夏を彩る花がたくさん咲いていました。ヤナギランは標高の低い場所で咲き始めていましたが、標高2,000mのエリアではまだほとんどがだつぼみの状態でした。

20180717takamine-nikkokisuge01.jpg
2018年7月17日 高峰高原 ニッコウキスゲの群生

今日はユウスゲ、ヤブカンゾウ、ニッコウキスゲとススキノキ科3種を見ることができて大変満足でした。
posted by kusabanakan at 19:00| ゆうすげ日記