2018年08月31日

緑のカーテン2018(19)全体的に黄葉(8/31)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それらを観察しています。
※チョウセンゴミシとツルガシワは今年、蔓がネットに絡みつきませんでした。

8月25日以来、6日ぶりの更新です。
なんだかんだで残暑が続いていますが、緑のカーテンの葉は少しづつ色があせてきて、どことなく黄色味を帯びてきたようです。毎日の剪定(傷んだ葉を取り除いています)で、葉の量が少しづつ減っていますが、緑のカーテンとして遮光しっかりと役割を果たしてくれています。

20180831midori_01.jpg
2018年8月31日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20180831midori_02.jpg
2018年8月31日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20180831midori_04.jpg
2018年8月31日 軽井沢草花館 緑のカーテン

ヤマノイモ(ジネンジョ)は今もなおツルを伸ばして成長しているものがあります。

20180831midori_03.jpg
2018年8月31日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 16:34| 緑のカーテン