2018年09月26日

【9/26】アキンキリンソウ開花、キイジョウロウホトトギスつぼみ

9月下旬ともなると、気温も下がってきて、これから咲き始める花は少なくなります。
軽井沢草花館の敷地内で咲き始めたアキノキリンソウと、ようやくつぼみが膨らんできたキイジョウロウホトトギスを紹介します。

【アキノキリンソウ(秋麒麟草)】

比較的花期が長く、近くの雲場池では先月(8月)から咲き始めていますが、草花館では3日前くらいからようやく咲き始めました。草花館で育つ草花の多くが、土壌や地下水の影響なのか、とても大きく育つのですが、このアキオキリンソウもその一つで、高さ1b近くにまで大きく成長してたくさんの花を咲かせています。

20180926akinokirinso.jpg
2018年9月26日 軽井沢草花館 アキノキリンソウ

【キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑)】

開花間近なのがキイジョウロウホトトギスです。
10年ほど前にお客様から頂いた苗で、毎年この時期になると花を咲かせています。

20180926kiijourouhototogisu01.jpg
2018年9月26日 軽井沢草花館 キイジョウロウホトトギス

軽井沢で黄色いホトトギスといえばタマガワホトトギス(玉川杜鵑)が自生しますが、このキイジョウロウホトトギスは紀伊半島の南部にだけ自生するそうです(10年ほど前にお客様から頂いた苗を大切に育てています)。
下の写真はつぼみの部分。
明日か明後日には花が完全に開きそうです。

20180926kiijourouhototogisu02.jpg
2018年9月26日 軽井沢草花館 キイジョウロウホトトギス(つぼみ)
posted by kusabanakan at 22:52| 草花館日記