2018年10月06日

2018年(5)春から秋の草花水彩スケッチ

水彩と油彩でつづる
「石川功一 軽井沢の草花展」T−X

2018exhibit.jpg

10月10日(水)より、2018年度の最終となる第5期目の展示が始まります(11月25日まで)。

主な展示作品は:ルリソウ、イワカガミ、エイザンスミレ、ズミ、ニシキウツギ、ヤナギラン、ユウスゲ(アサマキスゲ)、レンゲショウマ、ソバナ、ベニバナゲンノショウコ、エゾリンドウ、ミツバアケビ(実)、カンボク(実)等。
1〜4期までは季節に合わせた草花の作品を展示していましたが、次の第5期では春から秋にかけてみられる幅広い季節の草花作品を展示します。
また、油彩美人画1点、(石川功一)自画像1点、油彩風景画2点も展示します。

2018年4月21日(土)から11月25日(日)
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日、11月26日以降翌年4月下旬まで冬期休館
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料 
公式ホームページ https://kusabana.net

以下、第5期目で展示予定している作品より水彩スケッチの一部を紹介します。

【水彩スケッチ 草花】

20181006museum-water-ruriso_19890601.jpg

石川功一 水彩スケッチ ルリソウ(2018年10/10から11/25まで公開予定の作品)

20181006museum-water-nishikiutsugi_19980618.jpg
石川功一 水彩スケッチ ルリソウ(2018年10/10から11/25まで公開予定の作品)

20181006museum-water-sobana_20020824.jpg

石川功一 水彩スケッチ ソバナ(2018年10/10から11/25まで公開予定の作品)

20181006museum-water-kanboku_19891008.jpg
石川功一 水彩スケッチ カンボクの実(2018年10/10から11/25まで公開予定の作品)
posted by kusabanakan at 20:13| 展示紹介