2018年10月13日

緑のカーテン2018(23)イケマの葉、落ちきる(10/13)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それらを観察しています。
※チョウセンゴミシとツルガシワは今年、蔓がネットに絡みつきませんでした。

10月3日以来、10日ぶりの更新です。
10月上旬の平均気温が平年値を3.2度も上回り、暖かな日が続いていましたが、今朝は10日ぶりに朝の最低気温が10度を下回りました(6.4度)。

緑のカーテンは黄葉と落葉が少しづつ進んでいて、これから冷え込みが厳しくなるにつれて、進行が早まっていきそうです。

20181013midori_01.jpg
2018年10月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(10/3)、10日前に撮影したものです。
大きな違いが分かりませんが、実際には黄葉と落葉が進んでいます。

20181003midori_01.jpg
2018年10月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は再び本日(2018.10.13)撮影の写真です。

20181013midori_02.jpg
2018年10月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)ネットに絡みついたヤマノイモ、ウチワドコロ、ノブドウの葉は黄色味を帯びながらも、まだしっかりと残っていますが、前回まであったイケマの葉がこの10日間ですべて落葉してしまいました。

20181013midori_03.jpg
2018年10月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 15:20| 緑のカーテン