2019年06月08日

緑のカーテン2019(7)イケマの蔓が伸び始める(6/8)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回6月2日以来、6日ぶりの更新です。
昨日は一日中雨となり、軽井沢のある関東甲信地域は梅雨入りとなりました。
たっぷりと雨水を得て、蔓植物もグングンと伸びています。

20190608midori01.jpg
2019年6月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(上写真)ネットに絡みついた緑色の面積が少しづつ増えてきました。
(下写真)下は前回、6日前の状態です。
20190602midori01.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回(6/2)、ネットに絡みついていたツル植物はノブドウ、ウチワドコロ、チョウセンゴミシの3種、そしてネットには絡みついていないもののツルガシワが出ていました。
今日は、新たにイケマの芽がデッキ下から出ていました(下写真)。蔓は地面から14aの高さにまで生長しており、これからデッキ上のネットに絡みついてきそうです。
※チョウセンゴミシの蔓はネットに絡みつきながら高さ100aにまで伸びてきました(前回6/2は90a)

20190608midori_ikema01.jpg
2019年6月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン デッキ下から出てきたイケマ
posted by kusabanakan at 11:41| 緑のカーテン