2019年07月15日

2019(33)ユウスゲ再度葉っぱを剪定&2mのカラマツソウ開花(7/15)

7月に入ってからの日照時間は昨日(7/14)まででわずか8.3時間(気象庁 軽井沢観測所の記録より)。
梅雨の時期ですが、記録的な日照不足となっています。
ユウスゲの成長も平年と比べてゆるやかで、今年はまだ開花していません。
つぼみは出てきているものの、そのつぼみの成長がゆっくりで、なかなか開花にまで至っていません。

こうした日照不足の影響なのが、ユウスゲの葉っぱが黄ばんしまい、状態の悪いものが全体的に多く出ています。
(昨年以前にも、葉っぱの黄ばみは見られましたが、今年は特に多いです)
一昨日(7/13)に一度、黄ばんだ葉っぱ剪定しましたが、本日(7/15)も再び剪定しました。

20190715yusuge03_sentei.jpg
2019年7月15日 軽井沢草花館 剪定したユウスゲの葉っぱ

下は拡大写真です。程度は様々。日照不足の影響なのか、日照不足が原因の病気なのか不明です。

20190715yusuge04_sentei.jpg
2019年7月15日 軽井沢草花館 剪定したユウスゲの葉っぱ

下の写真は一昨日(7/13)に剪定した分のユウスゲ葉っぱ

20190713yusuge03_sentei.jpg
2019年7月13日 軽井沢草花館 剪定したユウスゲの葉っぱ

現在、もっとも開花に近いと思われるユウスゲは花茎の高さが148a、つぼみの長さは2.1aです。
今週中に開花できるかどうか? といったところです。

20190715yusuge01.jpg
2019年7月15日 軽井沢草花館 ユウスゲ

20190715yusuge02.jpg
2019年7月15日 軽井沢草花館 ユウスゲ つぼみ

【その他の花】

軽井沢草花館の庭でカラマツソウが咲き始めました。
花茎の高さはちょうど2b!
毎年、同じ株から咲いてくれるカラマツソウで、花茎の高さがひときわ目立ちます。
実際の自生地ではこんなに大きくならないと思いますが、不思議なことに、この軽井沢草花館の庭の植物は巨大な成長を見せる植物が少なくありません(過去の例:2b以上のユウスゲ、2b以上のワレモコウ)。※特別に肥料を与えたりもしていません。

20190715karamatsuso01.jpg
2019年7月15日 軽井沢草花館 カラマツソウ

しばらくきれいな花が楽しめそうです。

20190715karamatsuso02.jpg
2019年7月15日 軽井沢草花館 カラマツソウの花
posted by kusabanakan at 16:19| ゆうすげ日記