2019年08月09日

2019(58)ユウスゲ開花26輪、5月種まきのユウスゲが芽吹き(8/9)

昨夜の激しい雨があったからなのか? 朝方まで、ひんやりと涼しく過ごせました。
しかし、その涼しさもつかの間、日中は30.0度まで気温が上がりました。これで4日連続の真夏日です。

さて、本日のユウスゲは26輪咲きました。
昨日の34輪には及びませんでしたが、一番の見ごろとなっています。

20190809yusuge-jiueA01-1706.jpg
2019年8月9日 17:05 軽井沢草花館 ユウスゲ

20190809yusuge-entrance01_1635.jpg
2019年8月9日 16:35 軽井沢草花館 ユウスゲ

次に、今年の5月に4つのプランターで種まきしたユウスゲ。
先月観察した7月8日から約1カ月がたち、再度観察してみました。
すると、この1カ月の間に新たな芽がたくさん出ていることが分かりました。
先月の観察では、発芽率は全体で8%にしかなっていませんでしたが、今回の観察では全体の約33%(248の種に対して発芽数83)にまで急増していました。
以下詳細です。

【1年目、プランターのユウスゲ×4(5月2日〜14日まで種まき分)】

今年はこれまで毎年種まきしてきた中で、一番遅い種まきとなりました。
4つのプランターに5月2日、10日、13日、14日の順で種をまき、観察してきました。
前回7月8日の観察では発芽率が全体で8%。今年は失敗だったと、ほぼ諦めていました。

2019年ユウスゲ発芽経過0809re.jpg

ところが、本日の観察で、たくさん芽が出ていたので驚きました。
しかも、最近発芽したばかりと思われる、初々しい芽もいくつかあって、まるで春(5月から6月)、芽吹きの時期のプランターのようです。
また、今回、新たに芽が出ていたのは、すべて昨年(2018)収穫したユウスゲの種からで、2年前(2017)に収穫した種からは一つも発芽していませんでした。

20190809yusuge-20190502tanemaki.jpg
2019年8月9日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月2日種まき分)

(下写真)前回7月8日の時には芽が1つしかありませんでしたが、この約1か月で26個に。
このプランターのユウスゲが最も発芽率の良い結果となりました。
※2017年に収穫した種からは一つも発芽していない。

20190809yusuge-20190510tanemaki.jpg
2019年8月9日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月10日種まき分)

20190809yusuge-20190513tanemaki.jpg
2019年8月9日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月13日種まき分)

20190809yusuge-20190514tanemaki.jpg
2019年8月9日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月14日種まき分)

posted by kusabanakan at 20:01| ゆうすげ日記