2021年05月31日

2021(13)ユウスゲの葉にアブラムシ(5/31)

毎年のことではありますが、ユウスゲの葉にアブラムシが付きはじめました。
5月中の発生で例年よりも少し早いかもしれません。

20210531ユウスゲ_アブラムシ.jpg
2021年5月31日 軽井沢草花館 ユウスゲの葉に付いたアブラムシ

発生したのは葉っぱの裏側です。かぞえたところ全部で79匹(白77、茶色2)いました。
放置しておくと、凄まじいペースで繁殖してしまうので、この撮影の後に駆除しました。

ユウスゲやニッコウキスゲ、ヤブカンゾウなどにこのアブラムシが付くのは「付き物」のようなもので、自生地でもごく当たり前のように見ます。

希釈した木酢液を噴霧すると、多少予防になるようで、過去試してみたこともありますが、劇的に効くということもなく、アブラムシが付いたからと言って花が咲かなくなるようなこともないことから、ここ数年は、気が付いたら駆除する程度の対応をしています。
※基本的に指で取り除いて駆除しています。
posted by kusabanakan at 15:07| ゆうすげ日記