2021年06月02日

緑のカーテン2021(4)成長が加速(6/2)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回、5月19日以来、2週間ぶりの更新です。
5月中頃から梅雨入りしたかのようなすっきりとしない天気が続きましたが、結局梅雨入りすることなく6月に入りました。
5月全体では日照時間がやや少なかったものの、気温は平年をやや上回るくらいの天候でした。

20210602midori01.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

緑のカーテンは、ここ1週間でチョウセンゴミシ、ウチワドコロ、そしてノブドウの蔓が急成長しています。
一日10センチくらい蔓を伸ばすようになり、毎日の世話が必須になってきました。
というのも、蔓は上の方に伸びていくので、放っておくとすぐに天井に達してしまうのです。
そのため、ある程度ネットの上の方まで伸びた蔓を、ある程度ほどいて、少し下の方に移動するように補正するのです。

20210602midori02.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【ノブドウ&ウチワドコロ&チョウセンゴミシ

前回に比べると、だいぶ葉っぱの面積が増えてきました。ノブドウは蔓を分岐させ、葉っぱも次々に開いてきました。

20210602midori_nobudou_uchiwadokoro01.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウとウチワドコロ

下の写真は今年急成長&急拡大しているチョウセンゴミシとウチワドコロです。
まだ、部分的ではありますが、密度が濃くなってきました。

20210602midori_uchiwadokoro01.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロとチョウセンゴミシ

つづく
posted by kusabanakan at 20:54| 緑のカーテン