2021年11月18日

ナンバンハコベ日記(17)実から種採取(20211118)

前回10月31日以来18日ぶりの更新です。

一部、茎の先端部分に緑色の葉が残るものの、ほとんどの葉が枯れて、茶褐色化しました。
※鉢植えのナンバンハコベについては、今年花が咲かなかったことから実もつかず、今回は割愛します。

20211118nanbanhakobe01.jpg
2021年11月18日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベ(全体)

下の写真は前回(10/31)の状態です。

20211031nanbanhakobe01.jpg
2021年10月31日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベ(全体)

下写真:数は少ないものの、先端部分に緑色の葉が残っていました。

20211118nanbanhakobe02.jpg
2021年11月18日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベ

下写真:外見上、実の部分は前回から変化がないように感じます。
プランター全体では6つの実が生りました。多いのか少ないのかは分かりません。

20211118nanbanhakobe03.jpg
2021年11月18日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベの実(濃い黒)

実を一つ収穫し、中から種を採取して見ました。まずは実の大きさを測ってみたところ、長さ8_くらいでした。(下写真)。

20211118nanbanhakobe04.jpg
2021年11月18日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベの実

次に、実をカッターで2つに割ってみました(下写真)。
すると、中から小さな種がたくさん出てきました。実の内部は水分を含んでいて、出てきた種は濡れていました。

20211118nanbanhakobe05.jpg
2021年11月18日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベ 実から出てきた種

種だけを取り出して数えたところ、39粒ありました(下写真)。

20211118nanbanhakobe06.jpg
2021年11月18日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベ 実から出てきた種
posted by kusabanakan at 20:22| ナンバンハコベ日記