2022年04月27日

緑のカーテン2022(1)チョウセンゴミシ&ノブドウ&ウチワドコロ芽吹き(4/27)

2022年、緑のカーテン日記をはじめます。

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。

下写真:まだカーテンとしての役割を果たしていませんが、これからの各種つる性植物の成長と共にカーテンが出来ます。

20220427midori01.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【チョウセンゴミシ】

木本(樹木)の蔓植物です。
昨年からネットに絡まったままの状態で冬を越し、今年4月に入ったころからすでに芽吹きが始まりました。

20220427midori02.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

20220427midori_chousengomishi.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

【ノブドウ】

ノブドウをプランターで育て、緑のカーテンとして利用しています。蔓の節から芽が出てきました。

20220427midori_nobudou01.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウ

蔓の節から所々芽が出てきています。

20220427midori_nobudou02.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの芽

【ウチワドコロ】

軒下からウチワドコロ(らしき植物)が2本出てきていました。まだ10aそこそこの大きさですが、緑のカーテンとして大変重要な役割を果たしてくれています。

20220427midori_uchiwadokoro01.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの蔓

20220427midori_uchiwadokoro02.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの蔓

つづく
posted by kusabanakan at 20:15| 緑のカーテン