2022年05月30日

ナンバンハコベ日記(21)まっすぐ上に31a(20220530)

前回5/3以来23日ぶりの更新です。

20220530nanbanhakobe01.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 プランター&鉢植え×2 ナンバンハコベ(共に20210503種まき)

去年(2021)の5月3日に種まきしてから2年目をむかえているナンバンハコベですが、昨年以上にすくすくと成長しています。
ただし、小さな鉢で育っているものは成長が遅く、環境によって成長に大きな差が出ています。

※去年の5月3日に小さな鉢に種をまいて発芽させたものですが、あまりにもたくさん芽が出たため、5月28日に鉢植え1つから2つに分散。さらに6月7日にプランタにも分散させ、以降、鉢×2、プランター×1で成長の観察を続けています。

【プランターのナンバンハコベ】

上に向かって茎が伸び、最大草丈は31aです。去年はこれほど上に伸びることはなく、20aを超えたくらいで横に伸び始めていました。他の植物に寄りかかって伸びていくような性質の植物なので、今後の変化が楽しみです。
うまくいくかどうかはわかりませんが、テラスのデッキに設けている「緑のカーテンに寄りかかって成長してくれたらいいな」とも思っています。

20220530nanbanhakobe_planter01.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベ(共に20210503種まき)

【鉢植え×2のナンバンハコベ】

鉢植えで育てて2年目のナンバンハコベはプランターで2年目の苗よりも成長がだいぶ遅れています。
草丈では、プランターは最大31aなのに対して、鉢植えでは深緑の鉢で20a、白い鉢で8aです。
鉢だと小さすぎるのか? あるいは密度が高すぎるのか? 理由ははっきりとわかりませんが、成長にかなりの差が出ています。

20220530nanbanhakobe_pot01.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 鉢植え×2 ナンバンハコベ(共に20210503種まき)
posted by kusabanakan at 14:24| ナンバンハコベ日記