2022年06月05日

緑のカーテン2022(4)緑のカーテンらしくなってきました(6/5)

前回5月22日以来、2週間ぶりの更新です。
++++++++++++++++++
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。
++++++++++++++++++

以下、本日の状態です。

下写真:この2週間で、ウチワドコロの蔓が増え、成長が活発になってきました。ネットに絡み始めたものはすごいスピードで蔓を伸ばし、葉っぱを開かせています。
全体的に葉っぱが目立ち始め、緑のカーテンらしくなってきました。
現在、ネットに絡みついている植物はウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシの3種で、占有の割合も多い順で、ウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシとなっています。

20220605midori01.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は2週間前の状態です。ネットに絡んでいたツルはまだほんの一部で、目立ちませんでした。

20220522midori01.jpg
2022年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20220605midori02.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【ウチワドコロとノブドウ】

20220605midori04.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウとウチワドコロ

【一部のウチワドコロを剪定】

20220605midori05.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロ

ウチワドコロの成長が勢いを増していますが、一部の葉っぱが粉が吹いたように、斑点がついて状態がよくありません。
そこで、それらの葉っぱをハサミで剪定しました。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、少し黄ばんでいて表面に斑点が出ています(下写真)。

20220605midori03.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの剪定した葉っぱ

つづく
posted by kusabanakan at 15:34| 緑のカーテン