2011年07月20日

ユウスゲ&ナデシコ 展示替えしました

 台風の影響で朝からぐずついた天気。昼ごろから降り出した雨も徐々に激しくなってきました。
ユウスゲの開花は昨日5輪、そして今日は9輪(あるいはそれ以上)咲きそうです。晴天日よりもこのような曇天・雨天の日の方が開花時間が早く、今日は15:30で最初の花が開きました。
 アカバナシモツケソウも7分咲きほどになりピンク色の密度が高くなってきました。見ごろとなっています。

0720yusuge01.jpg
2011年7月20日 15:30 軽井沢草花館 ユウスゲ

ユウスゲは明日以降、2ケタ台の開花が期待できそうです。

さて、本日20日から軽井沢草花館では新しい企画展示が始まりました。

小さな美術館軽井沢草花館 開館15周年記念 
軽井沢の草花スケッチ油彩展 第3期 盛夏編
7月20日(水)〜9月5日(月) 火曜定休、但し8月は無休

0720museum01.jpg
2011年7月20日 軽井沢草花館 
左:石川功一スケッチ エゾカワラナデシコ、右:石川功一油彩画 ユウスゲ草原5草

 代表作のユウスゲをはじめ、マツムシソウ、ワレモコウ、エゾカワラナデシコなど軽井沢の盛夏に咲く草花のスケッチ30数点と草花油彩画25点が並びます。 軽井沢草花館HP http://www.kusabana.net

 展示中のナデシコと言えば、日本女子サッカーのなでしこジャパンのサッカーW杯で優勝しました
 このようなうれしいニュースに日本中が湧き、感動を共有出来たのではないでしょうか。
 当館ではたまたまですが、ナデシコの花を今回の展示で公開中です。それに加え、ナデシコJAPAN優勝にあやかったユウスゲのオブジェを作りました。
昨年咲いたユウスゲの茎を乾燥させ、保管しておいたものを11本選定し、階段吹き抜けの大きな壁に飾りました。
 ユウスゲイレブンと名付けたこの作品は、作者である私の思いつきで作られたものです。左から2番目にレイアウトされたユウスゲの茎は163センチあり、ちょうどナデシコJAPANの平均身長とほぼ一緒です。体は小さくても、パスワークやチームワークで大きな欧米チームにも十分戦えることを証明してくれました。当館も小さな美術館ですが、特徴をいかした展示内容で、来館いただいたお客様に満足いただけるような美術館を目指してこれからも取り組んでいきたいと思います。

0720museum02.jpg
2011年7月20日 軽井沢草花館 階段吹き抜け ゆうすげイレブン (石川寛作)

エゾカワラナデシコの絵はがきも販売しています(1枚84円)

0720nadeshiko01.jpg
石川功一の軽井沢スケッチ エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子)

その他、軽井沢草花館売店にて絵はがき6枚セットやバラ売りのハガキを販売中です。

0720museum03.jpg
軽井沢草花館 絵はがき販売コーナー 

石川功一の水彩スケッチと油彩画作品を絵はがきにしたもので、絵はがきセットは全7種、ばら売りハガキは100種類以上ございます。
 ・6枚セット:378円(税込)
 ・ばら売りハガキ:1枚84円(税込)、10枚以上の場合1枚63円(税込)


posted by kusabanakan at 16:51| ゆうすげ日記