2011年09月17日

ユウスゲの種子収穫

 軽井沢草花館の小さな庭では、昨日で最後のユウスゲが咲き終わりました。
 2か月以上もの期間、花が咲き続けていたので、ちょっとさみしい気もしますが、また来年の開花を楽しみに待つことにしましょう。
 現在はユウスゲに替わって、マツムシソウとワレモコウが元気に咲いています。

 ユウスゲの花は終わりましたが、最初の時期に咲き始めたものは、すでに実が生って、種子のできたものがあります。

0917yusuge00.jpg
軽井沢草花館の小さな庭 熟す前のユウスゲの実 2011年9月17日

実が熟すと、殻が割れて中から種子がたくさんこぼれます(下写真参照)

0917yusuge01.jpg
軽井沢草花館の小さな庭 ユウスゲの実が熟したところ 2011年9月17日

実がこげ茶色になって、上部が裂けてきたら、
中の種子を収穫します。

0917yusuge02.jpg
軽井沢草花館の小さな庭 収穫したユウスゲの実 2011年9月17日

今日は、6つの実を収穫です!

0917yusuge03.jpg
軽井沢草花館の小さな庭 ユウスゲの実を割ったところ 2011年9月17日

実は、上の写真のように簡単に縦方向に割ることができます。
そうすると中ならたくさんの種子が!

0917yusuge04.jpg
軽井沢草花館の小さな庭 ユウスゲの種子を並べたところ 2011年9月17日

今日の収穫分を数えてみたところ
6つの実の中から138もの種子が採れました。

1つの実から平均23粒の種子が採れたことになります。

これを来春にプランターに撒いて、育てます。

種子から育てると、花が咲くまで3~4年。
気の長い話に感じるかもしれませんが、
大切に育てて、咲いた時のよろこびは格別です。

ユウスゲは多年草の植物なので、
同じ株が何年も続けて花を咲かせます。
軽井沢草花館で一番古い株のユウスゲは
2003年に種を撒いたものですので、今年で8年目。

とはいえ、ユウスゲにも寿命があるはずです。
根から株が増えている様子もないので、
毎年、種を撒き、新しい株を加えるようにしています。

posted by kusabanakan at 15:26| ゆうすげ日記