2011年09月19日

ゲンノショウコ

軽井沢草花館の小さな庭に咲く草花

 9月16日でユウスゲの花期も終了。
 それでも、現在ワレモコウやマツムシソウを中心に、いくつかの草花が咲いています。
 その中の一つに、ゲンノショウコがあります。

0919gennoshouko01.jpg
2011年9月19日 軽井沢草花館 ゲンノショウコ(白と紅色)

 もともと、小さな庭には白いゲンノショウコしかありませんでしたが、4年ほど前に知人が庭で咲いていたという紅花ゲンノショウコを持ってきました。
 敷地の片隅にその紅花ゲンノショウコを植えてみたところ、わずか4年であっという間に広がり、今や白と紅が同数くらいにまで増えました。

 薬草としても良く知られ、乾燥させた葉は整腸の薬として利用されています。すぐに効き目があることから名が「現の証拠」になったと言われますが、草花館では試してみたことがありません。
 繁殖力旺盛で、時々除草の対象としています。

posted by kusabanakan at 14:10| 草花館日記