2011年10月20日

雲場池の紅葉が見ごろを迎えようとしています!

小さな美術館軽井沢草花館ではホームページ上において雲場池の紅葉の様子を写真で紹介しています。

1020kumoba02.jpg
小さな美術館軽井沢草花館ホームページより 雲場池の紅葉

 上のように毎日同じ場所から撮影した写真画像を並べて見せることで、感覚的に紅葉の進み具合を予想したり、ふり返ったりしようとするものです。

 現在(20日)、紅葉が順調に進んできています。本格的な見ごろは来週くらいから始まりそうで、大きな天候の崩れがなければ11月3日ころまでは続きそうです。
 これから軽井沢に訪れる方々の参考になれば幸いです。

軽井沢草花館ホームページ 雲場池の四季


ツイッターでも情報公開しています
 
 撮影を始めたきっかけはデジタルカメラとの出会いでした。当時(2000年)は正直なところ花の知識が全くなかったので、花の勉強をしようと買ったものですが、カメラ屋さんに行って現像する手間と費用がなくなったこともあり、何でもかんでも撮影してみるようになりました。
 たまたま雲場池の撮影をしているときに、いつごろ紅葉がきれいになるのかに興味がわき、同じ場所から何日かおきに撮影していけばその年の傾向が分かるだろうと考えて始めました。
 とはいえ、現在のようなきちんとした写真ではなく、風が吹こうが、太陽がどこから照っていようがお構いなし。時間も気にせず、自分の都合の良い時だけに行ってシャッターを切っているだけでしたので、同じ場所であっても、並べてみると同じ場所とは思えないような写真でした。カメラの機種も最初はおもちゃのようなコンパクトカメラでしたので、画質も悪く、今では恥ずかしくて見ていらないようなものばかりです。
 それでも、ある程度連続して撮影を続けていると、いつごろから、どのくらい時間をかけてきれいになっていって、どのくらい見ごろが続くのかが、なんとなくつかめるような気がしました。

 それから、今年で12年目。少しずつ、撮影方法を修正しながら続けてきました。
 分かったことといえば、毎年紅葉の時期や色味が違うということです。
 そして、毎年違うということが自然なのであろう、ということを雲場池から教わっています。


1020kumoba01.jpg
2011年10月20日 軽井沢雲場池 



posted by kusabanakan at 22:11| 草花館日記