2011年11月07日

草花館の緑のカーテン(16)

 軽井沢草花館の緑のカーテンは今年の役割を終えて、静かに姿を消しそうです。
 今年は11月に入って暖かな日が続いているとはいえ、緑のカーテンの葉は次々と散っていき、7日現在、残りは1割程度です。
 ノブドウ、ジネンジョ、ウチワドコロ、オニドコロと軽井沢に自生している4種のつる性植物をネットに絡ませて作った緑のカーテン。暑さ対策になったかは微妙なところですが… 少なくても、心理的に清涼感を与える効果はあったのではないかと思います。
 これら4種のつる性植物は、緑のカーテンとしてよく使われるゴーヤや朝顔と一緒で、秋になって落葉すると、蔓の部分も枯れてきれいになくなります。
 水さえきちんと与えていれば、特別な世話は必要ありませんでした。また、(特にノブドウに)虫が付くのではないかという心配もありましたが、問題ありませんでした。
 また、来年も緑のカーテンを作ってみようと思います。
 
1103midori.jpg
2011年11月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

1107midori.jpg
2011年11月7日 軽井沢草花館 緑のカーテン



posted by kusabanakan at 15:28| 緑のカーテン