2011年11月16日

【展示紹介】冬の浅間山 ※渋滞予想

早いもので、軽井沢草花館の今年の展示期間も残り1週間となりました。
11月23日(祝)が今年の最終日で、以降4月下旬まで冬期休館となります。

11月に入ってから暖かな日が続いていましたが、今朝は氷点下にまで冷え込み、ようやく本来の寒さとなっています。町内の紅葉もほぼ終わっており、そろそろ初雪が降る季節でもあります。

今回紹介する展示作品は、石川功一の描いた風景画。現在展示中の2点のうちの1点です。

1116asamayama.jpg
2011年11月23日まで展示中 石川功一 浅間山 油彩 6号 1992年

冠雪している浅間山を描いたもので、1992年の1月に描かれています。石川功一の風景画は冬に描かれたものがほとんどで、静けさやものさみしさ、哀愁のようなものが感じられます。どんよりと雲のかかった空。花も草もなくなった景色の中に、春の訪れを待ちわびる気持ちが込められていたのかもしれません。

作品数はあまり多くありませんが時々風景画の展示をしております。

もう1点展示中の作品は軽井沢の古民家を描いた作品。引き続き明日ブログで紹介させていただく予定です。


P.S.渋滞予想のご案内(11/18〜11/23)
18日(金)〜23日(水)まで軽井沢プリンスホテルのアウトレットモールで秋のプラチナバーゲンが開催されます。毎年この時期に行われているものですが、規模が大きくお得な買い物ができることから、首都圏からも多くのお客様が来られるほど大変な人気です。
期間中は夏の繁忙期並みの渋滞が予想されます。特に碓氷軽井沢I.C.から軽井沢に向かうプリンス通り(アウトレットの手前)は混み合います。時間帯にもよりますが、碓氷軽井沢I.C.から軽井沢に着くまでに2〜3時間かかってしまうこともあるようなので、交通情報にご留意の上、十分時間に余裕をもってお越しください。

草花館に来られる方は、妙義松井田I.C.で降りて、横川を経て、(18号バイパスではなく)旧国道18号を上がって(途中、碓氷峠のメガネ橋)軽井沢に出るルートの方が早くに来られるのではと思います(プリンス通りを通らなくて済むため)。
とはいえ、旧国道18号のルートはプリンス通りの渋滞を避ける道として知られ、またメガネ橋周辺が紅葉シーズンとも重なるため、ある程度の渋滞は覚悟が必要です。また、道幅が狭いため、途中で車を駐車して休憩するようなことが難しい道でもあります。途中の横川でトイレなどを済ませておくことも必要かもしれません。

※軽井沢草花館から軽井沢駅南口までは距離にして600m位、徒歩10分程度です。アウトレット会場まで徒歩圏です。

ご参考まで
タグ:展示紹介
posted by kusabanakan at 15:57| 展示紹介