2013年10月29日

2013年草花館のモミジが見ごろ

紅葉シーズンをむかえている軽井沢
観光名所・雲場池ではすばらしい紅葉が広がり、連日大勢の人が訪れています。

 
 参考:雲場池ブログ(当館発信) http://kumobaike.sblo.jp/

雲場池の紅葉には遠く及びませんが、草花館の敷地のカエデも大変きれいに色づいています。
20131029museum01.jpg
2013年10月29日 軽井沢草花館
カエデ(赤:大きな木)と下方左からニシキギ(赤)、ダンコウバイ(黄)、ウリハダカエデ(緑)

下は軽井沢草花館がこの場所に移転してきた2006年当時の写真です。最初はヒョロヒョロのカエデでしたが、7年の時を経て、ずいぶん立派になりました!
20061025museum.jpg
2006年10月25日 軽井沢草花館

館内からもモミジが良く見えます。2階展示室に上がる階段吹き抜けには窓があり
20131016museum03.jpg
軽井沢草花館 階段吹き抜け(左側に窓) 2013年10月18日
階段上部に見えるのは展示中の石川功一《真っ赤に染まったヌルデの紅葉》油彩画30号2000年

窓越しからすばらしい紅葉が目の前に!
20131029museum02.jpg
2013年10月29日 階段の窓より見えるカエデの紅葉

晴れていれば、遠方に浅間山の頂を見ることもできます。
天候に大きく左右されますが、草花館のカエデは11月上旬ころまできれいな状態が続きそうです。

尚、天候に左右されないのが絵画の世界。
現在公開中の「軽井沢の草花展 ―石川功一 散策手記をたどる5―」では、秋の季節に合わせて、オオモミジ、コハウチワカエデといったモミジのスケッチや、ダンコウバイ、ヌルデの紅葉、そしてナナカマド、ガマズミ、ムラサキシキブといった木の実のスケッチや油彩画の作品を展示中(全48作品)です。

kaede.jpg
石川功一スケッチ オオモミジ (2013年11月24日まで公開中)

館内にて、紅葉シーズンを気にせずして秋の軽井沢を鑑賞いただければ幸いです。
===============
軽井沢の草花展
石川功一の散策手記をたどる(5)


2013年10月16日(水)−11月24日(日)
10:00−17:00
火曜日休館
HP http://www.kusabana.net
===============
posted by kusabanakan at 17:42| 展示紹介