2014年05月27日

石川功一の描き残した軽井沢の草花たち(2)

明日、5月28日(水)より2014年度(平成26年度)、第2期目の展示が始まります。
石川功一が軽井沢で描いてきた草花図(水彩・油彩)48点の展示。
アヤメ、シモツケ、グンバイヅル、ヤマボウシ、コケモモ、クロマメノキ、キバナノヤマオダマキ、ベニバナヤマシャクヤクなど、新緑時から初夏にかけて咲く草花作品が中心で、第1期に引きつづき石川の書いたエッセーや散策メモ、また制作現場の写真も資料として公開される。

gunbaizuru19980609.jpg
石川功一 水彩スケッチ グンバイヅル

また、ユウスゲやレンゲショウマといった石川功一の代表作品は夏の花となりますが、展示しています。

2014軽井沢草花館A4チラシs.jpg

1.4/19−5/26 春の草花を中心に
2.5/28−7/7 新緑から初夏の草花を中心に
3.7/9−9/8 盛夏の草花を中心に
4.9/10−10/13 夏から初秋の草花を中心に
5.10/15−11/24 秋の草花・木の実を中心に

入館料 500円、小学生以下無料
休館日 火曜日 但し、9/23の火曜日はOPEN、また8月は無休
開館時間 10:00−17:00

小さな美術館軽井沢草花館HP http://www.kusabana.net
タグ:展示紹介
posted by kusabanakan at 18:14| 展示紹介