2022年11月09日

駐車場、イロハモミジ 紅葉 完全に葉が落ちきる(2022.11.9)

軽井沢草花館駐車場、今年も美しい紅葉となったイロハモミジですが、葉が落ちきりました。
10月25日くらいから見頃の状態となり、色づきのピークは10月31日〜3日といったところでしょうか。4日以降は目に見えて落葉が進み、9日朝にはすべての葉が落ちきりました。

20221109美術館外観.jpg
2022年11月9日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221108美術館外観.jpg
2022年11月8日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221107美術館外観.jpg
2022年11月7日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221106美術館外観.jpg
2022年11月6日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221105美術館外観.jpg
2022年11月5日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221104美術館外観.jpg
2022年11月4日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221103美術館外観.jpg
2022年11月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221102美術館外観.jpg
2022年11月2日 軽井沢草花館 イロハモミジ


20221101美術館外観.jpg
2022年11月1日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221031美術館外観.jpg
2022年10月31日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221030美術館外観.jpg
2022年10月30日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221027美術館外観.jpg
2022年10月27日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221025美術館外観.jpg
2022年10月25日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221022美術館外観.jpg
2022年10月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221016美術館外観.jpg
2022年10月16日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221013美術館外観.jpg
2022年10月13日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221003美術館外観.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 21:45| 草花館日記

2022年11月06日

駐車場、イロハモミジ 紅葉 半分以上落葉(2022.11.6)

軽井沢草花館駐車場、イロハモミジの紅葉は見ごろを過ぎて大半が落葉してしまいました。
色づきのピークは10月31日〜3日といったところで、4日以降は目に見えて落葉が進みました。

20221106美術館外観.jpg
2022年11月6日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221105美術館外観.jpg
2022年11月5日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221104美術館外観.jpg
2022年11月4日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221103美術館外観.jpg
2022年11月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221102美術館外観.jpg
2022年11月2日 軽井沢草花館 イロハモミジ


20221101美術館外観.jpg
2022年11月1日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221031美術館外観.jpg
2022年10月31日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221030美術館外観.jpg
2022年10月30日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221027美術館外観.jpg
2022年10月27日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221025美術館外観.jpg
2022年10月25日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221022美術館外観.jpg
2022年10月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221016美術館外観.jpg
2022年10月16日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221013美術館外観.jpg
2022年10月13日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221003美術館外観.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 22:56| 草花館日記

2022年11月03日

駐車場、イロハモミジ 紅葉 落葉始まる(2022.11.3)

軽井沢草花館駐車場、イロハモミジの紅葉が見頃です。
11月1日ころに彩りのピークをむかえ、落葉が始まっていますが、3日現在も見頃の状態が続いています。
今後、落葉が進み、あと3〜4日もすると大半が落葉しているかもしれません。

20221103美術館外観.jpg
2022年11月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221102美術館外観.jpg
2022年11月2日 軽井沢草花館 イロハモミジ


20221101美術館外観.jpg
2022年11月1日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221031美術館外観.jpg
2022年10月31日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221030美術館外観.jpg
2022年10月30日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221027美術館外観.jpg
2022年10月27日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221025美術館外観.jpg
2022年10月25日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221022美術館外観.jpg
2022年10月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221016美術館外観.jpg
2022年10月16日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221013美術館外観.jpg
2022年10月13日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221003美術館外観.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 14:57| 草花館日記

2022年11月01日

駐車場、イロハモミジ 紅葉 色づきピークに(2022.11.1)

軽井沢草花館駐車場のイロハモミジが紅葉色づきのピークをむかえました。
夏の緑から、ほんのりと赤みを帯び始めたのが10月に入ってからなので、約1か月かけて緑から赤に変わりました。
今日は午後から雨となり、赤く染まった葉が散り始めました。今後は少しづつ落葉が進んで、冬の姿へと変わっていきます。

20221101美術館外観.jpg
2022年11月1日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221031美術館外観.jpg
2022年10月31日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221030美術館外観.jpg
2022年10月30日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221027美術館外観.jpg
2022年10月27日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221025美術館外観.jpg
2022年10月25日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221022美術館外観.jpg
2022年10月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221016美術館外観.jpg
2022年10月16日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221013美術館外観.jpg
2022年10月13日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221003美術館外観.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 21:26| 草花館日記

2022年10月30日

駐車場、イロハモミジ 紅葉 鮮やかに(2022.10.30)

軽井沢草花館の駐車場に生えているイロハモミジがさらに彩りを増して、見頃の状態が続いています。
3日前までは、日の当たらない下の方の葉がまだ緑色をしていましたが、この3日間で、下の方の葉っぱも8割くらい赤く色づきました。上の方の葉っぱが少し落ち始めていますが、もうしばらく見頃が続きそうです。

20221030美術館外観.jpg
2022年10月30日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221027美術館外観.jpg
2022年10月27日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221025美術館外観.jpg
2022年10月25日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221022美術館外観.jpg
2022年10月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221016美術館外観.jpg
2022年10月16日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221013美術館外観.jpg
2022年10月13日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221003美術館外観.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 15:35| 草花館日記

2022年10月27日

駐車場、イロハモミジ 紅葉 見ごろ最盛期に(2022.10.27)

今年は10月後半からの冷え込みが厳しく、特にここ数日は気温がゼロ度を下回る冷え込みです。
軽井沢草花館の駐車場に生えているイロハモミジが急速に彩りを増して、最盛期の彩りとなりました

2022気温変化グラフ20221001-1027.jpg
グラフ:2022年10月1日から10月27日(朝最低気温)の気温変化

表面の葉は真っ赤ですが、日の当たらない、内部の葉っぱはまだ緑色。
まだ赤くなっていない葉っぱは、これから彩りを増していきそうですが、一方で現在真っ赤に色づいた葉っぱは一部落葉を始めています。

20221027美術館外観.jpg
2022年10月27日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221025美術館外観.jpg
2022年10月25日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221022美術館外観.jpg
2022年10月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221016美術館外観.jpg
2022年10月16日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221013美術館外観.jpg
2022年10月13日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221003美術館外観.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

 

posted by kusabanakan at 12:42| 草花館日記

2022年10月25日

駐車場、イロハモミジ 紅葉見ごろに(2022.10.25)

昨日の雨で浅間山が初冠雪、冷え込みも厳しくなってきました。
今日は日中の気温が6.5度までしか上がらず、12月上旬並みの寒さとなりました。

20221025浅間山.jpg
2022年10月25日 軽井沢 浅間山 初冠雪 (浅間山麓 標高1200m付近より)

さて、軽井沢草花館のイロハモミジはここ3日で赤味をさらに増して、見頃の状態になりました。
日当たりの悪い下の方の葉はまだ緑色なので、これからさらに彩りを増していきそうです。

20221025美術館外観.jpg
2022年10月25日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221022美術館外観.jpg
2022年10月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221016美術館外観.jpg
2022年10月16日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221013美術館外観.jpg
2022年10月13日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221003美術館外観.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220922美術館外観re.jpg
2022年9月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220903美術館外観re.jpg
2022年9月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 20:19| 草花館日記

2022年10月22日

駐車場、イロハモミジ 紅葉急激に進む(2022.10.22)

前回10月16日以来、6日ぶりの更新です。

軽井沢草花館の駐車場にあるイロハモミジはわずか6日でだいぶ紅葉が進みました。
20日には今季初めて氷点下を記録するなど冷え込みが厳しくなりましたが、日中は気温が上がり、一日の寒暖差が大きく、日照時間も長かったので、進行が早まったのでしょう。
これから月末にかけてさらに彩りを増していきます。

20221022美術館外観.jpg
2022年10月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221016美術館外観.jpg
2022年10月16日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221013美術館外観.jpg
2022年10月13日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221003美術館外観.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220922美術館外観re.jpg
2022年9月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220903美術館外観re.jpg
2022年9月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 21:36| 草花館日記

2022年10月16日

駐車場、イロハモミジ 一部紅色に(2022.10.16)

前回10月3日以来、13日ぶりの更新です。

軽井沢草花館の駐車場にあるイロハモミジはこの2週間ほどで、紅葉が進みました。
特にここ3〜4日での変化が大きく、日当たりの良い上部から紅色に染まってきました。
以下、本日10月16日と10月13日に撮影した写真です。
これから月末にかけてさらに彩りを増していきます。

20221016美術館外観.jpg
2022年10月16日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221013美術館外観.jpg
2022年10月13日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20221003美術館外観.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220922美術館外観re.jpg
2022年9月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220903美術館外観re.jpg
2022年9月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 15:30| 草花館日記

2022年10月10日

リュウノウギク咲く(2022.10.10)

数日前から、軽井沢草花館の庭の片隅でリュウノウギクが咲いています。
庭の中で10月に入ってから咲き始めるのは、この花くらいなので、一年の花暦の大トリといったところでしょうか。
開花数は少ないのですが、ここ数年で株数が増えてきていています。丸みのある葉っぱが特徴で、とても可愛いので、来年以降さらに増えてくればうれしいです。

20221010museum_ryunogiku.jpg
2022年10月10日 軽井沢草花館 リュウノウギク
posted by kusabanakan at 14:35| 草花館日記

2022年10月08日

エゾカワラナデシコ咲く(2022.10.8)

10月に入って気温が下がっていますが、今朝、エゾカワラナデシコが一輪咲いているのを見つけました。7月から咲き始めたので、4か月にまたがっての開花、楽しませてもらっています。
まだ、つぼみが3つほど残っているので、今後さらに咲くかもしれません。

20221008museum-ezokawaranadeshiko.jpg
2022年10月8日 軽井沢草花館 エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子)

下の写真は今年最初に咲いた一輪です(7月22日)。

20220722museum-ezokawaranadeshiko.jpg
2022年7月22日 軽井沢草花館 エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子)
posted by kusabanakan at 16:35| 草花館日記

2022年10月03日

駐車場、イロハモミジ うっすらと色づき始め(2022.10.3)

前回9月22日以来、11日ぶりの更新です。

軽井沢草花館の駐車場にあるイロハモミジはこの1週間ほどで、うっすらと赤みを帯び始めました。
例年10月の終わりころに真っ赤な紅葉となっていますが、今年はどうなるでしょうか?

20221003美術館イロハモミジ01.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 館内から見たイロハモミジ 日当たりの良い部分から紅葉が始まりました

20221003美術館外観.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220922美術館外観re.jpg
2022年9月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220903美術館外観re.jpg
2022年9月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220805美術館外観re.jpg
2022年8月5日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220720美術館外観02.jpg
2022年7月20日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220703美術館外観01.jpg
2022年7月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220622美術館外観01.jpg
2022年6月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220605美術館外観01.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220526美術館外観01b.jpg
2022年5月26日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220520美術館外観b.jpg
2022年5月20日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220512美術館外観.jpg
2022年5月12日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220508museum-irohamomiji01.jpg
2022年5月8日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220428museum-irohamomiji01.jpg
2022年4月28日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220424museum-irohamomiji01.jpg
2022年4月24日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 19:43| 草花館日記

キイジョウロウホトトギス見頃(2022.10.3)

先月9月27日に咲き始めたキイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑)が見ごろになっています。
見ごろとにいっても、咲き始めの花はすでに枯れ始めているので、すべてのつぼみがきれいに咲いている状態ではありません。
今後は少しづつ花が散っていくので、花が見られるのは今週中までになりそうです。
今年は花が小さめで、状態が良くありませんでしたが、来年は肥料を与えるなど、回復に努めようと思います。

20221003kiijyourouhototogisu01.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 (左)キイジョウロウホトトギス、(右)ホトトギス

20221003kiijyourouhototogisu02.jpg
2022年10月3日 軽井沢草花館 キイジョウロウホトトギス
posted by kusabanakan at 16:50| 草花館日記

2022年09月27日

キイジョウロウホトトギス咲く(2022.9.27)

今年もプランターで育てているキイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑)が咲き始めました。

20220927kiijyourouhototogisu02.jpg
2022年9月27日 軽井沢草花館 キイジョウロウホトトギス

しかし、5月にメンテナンスのつもりで、土の入れ替えをしたところ、株にダメージを与えてしまったようで、昨年の1/3〜1/4くらいのボリュームになってしまいました…(下写真)

20220927kiijyourouhototogisu01.jpg
2022年9月27日 軽井沢草花館 (左)キイジョウロウホトトギス、(右)ホトトギス

下写真は昨年咲き始め時のキイジョウロウホトトギスです。ボリュームがありました。株が再び大きくなるよう、大切に育てていこうと思います。

20210922kiijyourouhototogisu01.jpg
2021年9月22日 軽井沢草花館 キイジョウロウホトトギス

この花は軽井沢には自生しておらず、今から13年くらい前だったと記憶していますが、和歌山県のお客様から頂いたもの。
今まで大切にプランターで育て、毎年花を咲かせています。
※軽井沢ではタマガワホトトギスという黄色いホトトギスが自生しています。
posted by kusabanakan at 21:57| 草花館日記

2022年09月24日

リンドウ咲く(2022.9.24)

台風の影響があったりして、ここ1週間ほどぐずついた天気が続いていました。
今朝も霧雨が舞って、湿った空気に包まれましたが、昼前からは日差しが出て、久しぶりに青空が広がりました(夕方からは曇り空)。
軽井沢草花館の庭の一角でリンドウの花が咲きました。
4〜5日前からつぼみが膨らんでいたのですが、今日のような晴れた日を待って咲いたのでしょうか。

20220924museum-rindo01.jpg
2022年9月24日 軽井沢草花館 リンドウ
posted by kusabanakan at 16:38| 草花館日記

2022年09月22日

駐車場、イロハモミジ(2022.9.22)

軽井沢草花館の駐車場にあるイロハモミジ。

前回9月3日以来、19日ぶりの更新です。
昨日、そして今日と朝の気温が10度を下回り、秋が急に深まってきた感じです。イロハモミジの葉は前回からわずかですが、赤みを帯びた面積が増えてきました。
これから、さらに気温が下がっていき、同時に、紅葉の色づきが増していくでしょう。例年10月終わりころにこのイロハモミジが赤く染まります。

20220922美術館外観re.jpg
2022年9月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220903美術館外観re.jpg
2022年9月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220805美術館外観re.jpg
2022年8月5日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220720美術館外観02.jpg
2022年7月20日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220703美術館外観01.jpg
2022年7月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220622美術館外観01.jpg
2022年6月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220605美術館外観01.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220526美術館外観01b.jpg
2022年5月26日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220520美術館外観b.jpg
2022年5月20日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220512美術館外観.jpg
2022年5月12日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220508museum-irohamomiji01.jpg
2022年5月8日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220428museum-irohamomiji01.jpg
2022年4月28日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20220424museum-irohamomiji01.jpg
2022年4月24日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 13:50| 草花館日記

2022年09月19日

大西千里先生の草木染め「麻ひもバッグ」追加

草花館で販売中、大西千里さんの麻ひもバッグのご案内です。
8月に追加の入荷をして、現在5作品を取り扱っています。

大西先生は、身の回りの植物から、麻ひもを草木染めして、さらにそれを自ら編んでバッグを作っている作家です。
”麻ひもの染め”自体がとても珍しいものですが、大西先生が創案したオリジナルの草木染めです。
色合いは草木染めならではの自然なものですが、シルクのような繊細な色合いとは違い、麻ひものもつ質感が、独特の風合いを生み出しています。
また、麻ひもを使ったことで、とても丈夫なバッグに仕上がっていて、長く愛用できるところも大きな特徴です。

20220918大西千里_麻ひも草木染バッグ_スマホ写真01.jpg
2022年9月19日 軽井沢草花館 大西先生の麻ひも草木染めバッグ

現在、取り扱い中の作品は藍、スズメノエンドウ、ソヨゴ、ブナ、アボガド等で染められたものです。
売り切れ次第、終了となります。ご了承ください。※通販は行っておりません。すべて軽井沢草花館の館内での販売となります。

中サイズ12,000円(税込)×4点、大サイズ22,000円(税込)×1点
※中サイズはA5、大サイズはA4が入る大きさです。

20220918大西千里_麻ひも草木染バッグ_スマホ写真02.jpg
藍(手前)、スズメノエンドウ(中段左)、ソヨゴ(中段右)、ブナ(奥左)、アボガド(奥右)

大西先生の詳しいプロフィールや作品については下のリンク先にあるブログやインスタグラムをご覧ください。

ブログ「麻ひも草木染め・Shirleys Pot」

インスタグラム
posted by kusabanakan at 16:23| 草花館日記

2022年09月15日

アキノキリンソウ咲く(2022.9.15)

軽井沢草花館の庭の一角でアキノキリンソウが咲き始めました。9月も後半になると咲く花の種類が限られてくるので、このアキノキリンソウが咲いてくれるのはとてもうれしいです。
今日は朝から、ほぼ一日中霧が出ていました。気温は上がらず気象庁の観測値で20.2度。体感としては20度未満の涼しさでした。

20220915museum-akinokirinso.jpg
2022年9月15日 軽井沢草花館 アキノキリンソウ
posted by kusabanakan at 16:25| 草花館日記

2022年09月13日

ノコンギク咲く、マツムシソウ、ワレモコウも見頃続く(2022.9.13)

軽井沢草花館の庭でノコンギクが咲き始めました。
軽井沢には自生も多く、秋に咲く花の代表的な1種だろうと思います。草花館ではたくさん生えているわけではありませんが、これから10月にかけて楽しめそうです。

20220913museum-nokongiku.jpg
2022年9月13日 軽井沢草花館 ノコンギク(咲き始め)

また、マツムシソウやワレモコウが秋口の花として現在見頃の状態です。
マツムシソウは敷地内の数か所で生えていて、7月終わりころから咲き始めているので、一か月半もの期間咲いてくれています。ワレモコウも8月から咲き始めていて、花期が長く続いています。

20220913museum-matsumushiso.jpg
2022年9月13日 軽井沢草花館 マツムシソウ

20220913museum-waremoko.jpg
2022年9月13日 軽井沢草花館 ワレモコウ
posted by kusabanakan at 18:01| 草花館日記

2022年09月11日

アサマフウロ咲く(2022.9.11)

アサマフウロが咲き始めました。9月に入ってから、じめじめとした天気が続いていたためでしょうか、例年よりも咲き始めが遅くなりました。数株しかなく、毎年たくさん咲くわけではありませんが、濃いピンク色の花は一輪でも存在感があります。
ゲンノショウコと同じフウロソウ科ですが、ゲンノショウコの花よりも二回りくらい大きいです。

20220911museum-asamafuro01.jpg
2022年9月11日 軽井沢草花館 アサマフウロ(浅間風露)

20220911museum-asamafuro02.jpg
2022年9月11日 軽井沢草花館 アサマフウロの葉
posted by kusabanakan at 15:19| 草花館日記