2018年07月11日

2018年夏休み、長野県ミュージアムスタンプラリー始まります(7/14から9/2)

2018スタンプラリーバナー.png

コピーライトマーク信州ミュージアム・ネットワーク事業 ツキノワグマのワッくん

昨年に引き続き、2018年7月14日(土)から9月2日(日)まで、長野県、他主催のミュージアム・スタンプラリー2018「ミュージアム王国 信州とあそぼ!」が開催されます。 http://www.shinshu-to-asobo.net/
2018スタンプラリーチラシ01.png
コピーライトマーク信州ミュージアム・ネットワーク事業

長野県内のミュージアムの参加館(151館)を対象に、大人から子供まで気軽に参加できる企画で、軽井沢草花館も参加します(軽井沢町内では8館、ブログ文末に詳細)。
また、中学生以下を対象としたクイズ出題館としても参加。特典もございますので、是非ご参加ください。

【参加方法】
参加館などに置かれた専用のスタンプ用紙を入手して、各参加館でスタンプを押してもらってください。
(参加費はかかりません)
専用のスタンプ用紙は以下のサイトからダウンロードしてご自身で印刷しても利用が可能です。

【主な特典】

1.すべての方対象
参加館を訪れて、指定のスタンプ用紙に参加館のスタンプを3館分集めると
「達成賞オリジナル缶バッジ」、あるいは「2wayクリアファイル」を一つプレゼント(但し、商品は選べません)。
さらに、Wチャンス懸賞として抽選で信州の特産品等をプレゼント(はがきに応募する必要あり)
2018スタンプラリースタンプ.png
コピーライトマーク信州ミュージアム・ネットワーク事業

2.中学生以下対象(大人は対象外です)
(1)入館無料になります。(通常は小学生以下無料)
 ※軽井沢草花館を含む参加館ではスタンプラリーの参加有無にかかわらず、中学生以下は期間中(7月14日から9月2日まで)入館無料です。
(2)館内のクイズに答えて、正解すると、「本事業PRキャラクターオリジナルシール」プレゼント
 ※軽井沢草花館はクイズの出題館です。

2017スタンプラリークイズ参加館.png
コピーライトマーク信州ミュージアム・ネットワーク事業

【周辺の参加館】
軽井沢草花館から徒歩圏内の参加館としては、「軽井沢型絵染美術館」(徒歩5分)があり、その他、軽井沢町内では「軽井沢町歴史民俗資料館」、「旧近衛文麿別荘(市村記念館)」、「軽井沢千住美術館」、「軽井沢町植物園」、「軽井沢追分宿郷土館」、「堀辰雄文学記念館」が参加館となっています。入館してスタンプをゲットしましょう。
※休館日にご注意ください。軽井沢草花館は火曜日休館(8月は無休)。

スタンプラリーの参加館一覧や詳しい内容は、
「ミュージアム王国 信州とあそぼ!」のホームページでご確認ください。


posted by kusabanakan at 21:47| 草花館日記

2018年06月29日

ヤマアジサイの咲き始めと同時に梅雨明け(6/29)

暖かな日が続き、ヤマアジサイの花が一気に満開となりました。

20180629yamaajisai01.jpg
2018年6月29日 軽井沢草花館 満開のヤマアジサイ

そして本日、6月29日。

関東甲信地方(長野県はこのエリアに含まれます)が梅雨明けしたらしいとの発表が気象庁よりありました。
昨年よりも7日、平年より22日早いそうです。
関東甲信地方で6月中の梅雨明けは初めてとのことで、1951年から発表されている梅雨明け日で最も早いそうです。

【メモ】******************
関東甲信地域の梅雨明け日(平年値) 7月21日ころ
関東甲信地方で最も早かった梅雨明け 2018年→6月29日
関東甲信地方で最も遅かった梅雨明け 1982年→8月4日
******************

ちなみに軽井沢の今月(6月)の総雨量は6/28までの速報値で122.5_。
6月合計の平年値の約79%で、2割ほど少ない雨量です。
こんなに早い梅雨明け
草花や農作物の成長に影響がでなければ良いのですが…

軽井沢草花館の庭では丁度ヤマアジサイが見ごろをむかえたところ!
軽井沢では梅雨時期の7月にこのヤマアジサイが見ごろとなりますが、今年は梅雨が明けてからの見ごろとなりました。

20180629yamaajisai02.jpg
2018年6月29日 軽井沢草花館 満開のヤマアジサイ
posted by kusabanakan at 16:43| 草花館日記

2018年06月25日

ヤマホタルブクロが咲きました(6/25)

軽井沢草花館の敷地に咲いている草花情報です。

本日、ヤマホタルブクロが咲きました。今年の初咲きです!
個人的に、この花が咲き始めると夏が始まった気分になります。

20180625yamahotarubukuro01.jpg
2018年6月25日 軽井沢草花館 ヤマホタルブクロ(今年の初咲き)

下の写真は昨年(2017)の初咲きヤマホタルブクロです。
淡いピンクの花で、(同じ敷地内でも)場所が違いますが、同じ日に咲きました。

20170625yamahotarubukuro.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館 ヤマホタルブクロ (昨年の初咲き)

その他、2~3日前からシモツケと(キバナノ)ヤマオダマキ、1週間くらい前からユキノシタも咲き始めています(下)。

20180625shimotsuke01.jpg
2018年6月25日 軽井沢草花館 シモツケ

20180623yamaodamaki01.jpg
2018年6月23日 軽井沢草花館 入口付近 (キバナノ)ヤマオダマキ(左)とユキノシタ(右)

20180623yamaodamaki02.jpg
2018年6月23日 軽井沢草花館 入口付近の(キバナノ)ヤマオダマキ

20180625yukinoshita01.jpg
2018年6月23日 軽井沢草花館 入口付近のユキノシタ

今後、草花館の小さな庭では、オカトラノオ、ヤマアジサイ、アカバナシモツケソウが続いて咲き、その後7月から8月にかけてヤマユリ、ユウスゲ、マツムシソウ、タマアジサイ、キキョウ、フシグロセンノウ、オミナエシ、ワレモコウ等、夏本番の花に移り変わっていきます。
posted by kusabanakan at 16:02| 草花館日記

2018年06月03日

アヤメが開花、レンゲショウマには花茎&つぼみ

軽井沢草花館の庭のアヤメとレンゲショウマの様子です。

【アヤメ】

本日、軽井沢草花館の庭でアヤメが咲きました。今年最初の一輪です。
昨年は同じ場所のアヤメが6月7日に咲いていますので、昨年比で4日早い開花となりました。

20180603ayame01.jpg
2018年6月3日 軽井沢草花館 アヤメ

今年は春先から気温が高い傾向で、多くの花の開花が早くに訪れています。
このアヤメも5月20日ころにはつぼみが膨らみ始め、5月中に咲くのではないかと思っていたほどですが、5月下旬はそれほど気温が上がらず、開花は6月に入ってからになりました。

表 軽井沢の3月から5月までの旬ごとの平均気温(2013から2018年)
2018_3-5月下の旬ごと平均気温.png

【レンゲショウマ】

既に花茎が出ていて、本日、花茎の先端につぼみが付いているのを確認しました。

20180603rengeshouma01.jpg
2018年6月3日 軽井沢草花館 レンゲショウマ 花茎が数本出ています

花茎の先端につぼみがつき始めましたが、直径3ミリくらいの小さなもの(下写真)。
開花するのは例年8月過ぎからなので、まだまだ先となります。

20180603rengeshouma02.jpg
2018年6月3日 軽井沢草花館 レンゲショウマ つぼみ(直径3ミリほど)

以上
posted by kusabanakan at 11:45| 草花館日記

2018年05月03日

篠原良子さんのパンフラワー作品【ワレモコウ&ヒナスミレ】(2018年新作)

昨年に引き続き、篠原良子さんのパンフラワーアート作品(樹脂粘土で作った作品)の紹介です。

篠原さんの作品を2016年秋からお預かりしていて、現在、フキノトウ(2015)、ヒナスミレ(2017年秋)、ワレモコウ(2018年新作)の3点を展示しています。

20180503shinohara_ryouko_waremoko_02.jpg
篠原良子 ワレモコウ パンフラワーアート 2018年

今年の新作はワレモコウ。
昨年展示していたマツムシソウに代わって、受付の脇を飾ってくれています。
(練馬区立美術館 2018年・第49回練馬区民美術展 美術館長賞を受賞しました。※但し、出品時は矢羽芒と秋明菊との寄せ植え)

20180503shinohara_ryouko_waremoko.jpg
2018年5月3日 軽井沢草花館 受付を飾ったワレモコウ

下は昨年まで展示していたマツムシソウ。
こちらの作品は大変好評でした。

20170510shinohara_ryouko_fukinotou_matsumushisou.jpg
2017年5月4日 軽井沢草花館 受付にディスプレイした2作品
(左:マツムシソウ、右:フキノトウ)

下の作品は昨年完成した新作で「ヒナスミレ」
こちらは昨年の秋から受付脇で展示しています。

20180503shinohara_ryouko_hinasumire_20171117.jpg
篠原良子 ヒナスミレ パンフラワーアート 2017年

下はヒナスミレの作品(樹脂粘土)と本物のエイザンスミレを並べて撮影したものです。
少し離れてみる限り、どちらも本物のお花にみえます。
草花をより自然な形で作りあげている点が篠原さんの作品の魅力です。

20180503shinohara_ryouko_hinasumire_20180423.jpg
左:篠原良子「ヒナスミレ」 右:エイザンスミレ 鉢植えの生花

最後はフキノトウ。
こちらは2016年秋から展示しています。
花が咲いた時の姿を作品にしていて、ちょうど今時期のフキノトウです。

20170510shinohara_ryouko_fukinotou.jpg
「フキノトウ」 篠原良子 2015年 樹脂粘土 

これら3点は今年2018年11月25日まで草花館で展示する予定です。
軽井沢草花館に来館の際には、是非じっくりとご覧ください。

posted by kusabanakan at 17:01| 草花館日記

2018年04月28日

三浦由紀先生の草木染ストール 2018年入荷しました

20180428kusakizome-miura01.jpg
2018年4月28日 軽井沢草花館 三浦由紀先生の草木染ストール

今年も三浦由紀先生の草木染ストールを入荷しました。
サクラ、アカネ、コブナグサ、藍、コブナグサ+藍、五倍子、ブナ、ゆず、シオジをシルク生地に染めた作品。
どれも素敵に染め上がっています。
価格は税込み4,320円~。どれも一点ものですので、売り切れ次第終了となります。
在庫については軽井沢草花館までお問い合わせ下さい。→ https://kusabana.net

三浦先生の作品は来月から神戸、東京、長野と立て続けにイベント参加が決まっており、そこでも購入できます。
イベント以外での取り扱いは現在のところ、軽井沢草花館のみです。

2018年 三浦先生のイベント参加スケジュール
5月3日(木)、4日(金) 神戸(国際展示場)
5月12日(土)、13日(日) 東京(ビッグサイト)
5月19日(土)、20日(日) 長野(飯田かざこし子どもの森公園

三浦先生のプロフィール、またイベントの詳細につきましては以下のサイト「紬樹の雫(ゆきのしずく)」をご覧ください

posted by kusabanakan at 13:52| 草花館日記

2018年04月23日

イロハモミジ芽吹き進む(2018.4.23)

2日前(4/21)に軽井沢草花館のイロハモミジが芽吹き始めたことを日記につづったばかりですが、わずか2日でだいぶ葉っぱが広がってきました。また、たくさんの花芽が付いて、花の咲く日も早くに訪れそうです。

20180423momiji01.jpg
2018年4月23日 軽井沢草花館 イロハモミジの芽吹き(全体)

20180423momiji02.jpg
2018年4月23日 軽井沢草花館 階段吹き抜けからみたイロハモミジの芽吹き 花芽がたくさん
posted by kusabanakan at 21:23| 草花館日記

2018年04月21日

軽井沢草花館OPEN イロハモミジ芽吹く(2018.4.21)

本日、軽井沢草花館2018年度のオープンとなりました。
(2018年のオープン記念につき明後日4/23まで入館無料で開放しています)

20180421museum01.jpg
2018年4月21日 軽井沢草花館 入口

今日は朝から天気が良く、しかも暖か!
というよりも最高気温が26.7度まで上がり、日中は軽井沢にとっては真夏のような気候となりました(朝の最低気温は2.9度)
。5年前のOPEN日(同じく4/21)には雪が降ったこともあり、この季節の気温というのは冬のように低くなったり、夏のように高くなったりと幅が大きいようです。

この春は3月から気温が高く、過去に経験がないほど草木の芽吹きや開花が早まっています。
その中の一つ、草花館の庭のイロハモミジが芽吹き始めました。例年に比べて10日前後早いです。

20180421momiji02.jpg
2018年4月21日 軽井沢草花館 階段吹き抜けからみたイロハモミジの芽吹き

20180421momiji01.jpg
2018年4月21日 軽井沢草花館 階段吹き抜けからみたイロハモミジの芽吹き(全体)

このまま暖かな日が続けば、G.W.中に若葉が広がって、新緑の姿になるかも知れません。下の写真は昨年(2017)5月15日の時のイロハモミジ。

20170515museum-gaikan01.jpg
2017年5月15日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の若葉
posted by kusabanakan at 17:33| 草花館日記

2018年04月18日

レンゲショウマの芽吹き始まる

軽井沢草花館の庭ではこの1週間ほどでたくさんの草花の芽が出てきています。
紹介しきれませんが、レンゲショウマ、ユキザサ、ヤマシャクヤクを以下に紹介します。
暖かかった3月の影響か、例年よりもだいぶ早い芽吹きとなりました。

20180418museum-rengeshoma02.jpg
2018年4月18日 軽井沢草花館 レンゲショウマの芽

20180418museum-rengeshoma01.jpg

2018年4月18日 軽井沢草花館 レンゲショウマとユキザサの芽

20180418museum-yamasyakuyaku01.jpg
2018年4月18日 軽井沢草花館 ヤマシャクヤクの芽

posted by kusabanakan at 21:20| 草花館日記

2018年04月16日

クロモジが開花(2018.4.16)

軽井沢草花館の庭の樹では、ダンコウバイ、アブラチャンに続き、クロモジが咲き始めました。例年よりも10日くらい早い開花です。

20180416museum-kuromoji01.jpg
2018年4月16日 軽井沢草花館 クロモジの花
続きを読む
posted by kusabanakan at 19:16| 草花館日記

2018年04月09日

アズマイチゲ咲く

春を告げてくれる軽井沢らしい花の一つ。アズマイチゲです。
庭のアズマイチゲが一輪咲きました。

20180408azumaichige01.jpg
2018年4月9日 軽井沢草花館 アズマイチゲ

見つけた時にはきれいに花が開いていたのですが、写真を撮るまでの間に日当たりが悪くなってしまい、花びらが閉じてしまいました(上写真)。

posted by kusabanakan at 21:41| 草花館日記

2018年04月07日

アブラチャン咲く

軽井沢草花館の庭でアブラチャンが咲きました。

20180407museum-aburachan01.jpg
2018年4月7日 軽井沢草花館 アブラチャン

20180407museum-aburachan02.jpg
2018年4月7日 軽井沢草花館 アブラチャン

軽井沢草花館でちょうど1週間前に咲いたのがダンコウバイ(下写真)。
同じ黄色い花でよく似ています。
山でも多く自生していてこの時期目立ちますが、ダンコウバイなのかアブラチャンなのかよく迷います。
アブラチャンは花に柄があるので、近くでよくよく見ると分かります。

20180331museum2018-dankobai01.jpg
2018年3月31日 軽井沢草花館 ダンコウバイの花(先週3/31)

20180407museum-dankobai01.jpg
2018年4月7日 軽井沢草花館 ダンコウバイの花(盛期をすぎてしおれてきている)
posted by kusabanakan at 22:20| 草花館日記

2018年03月31日

暖かな3月、ダンコウバイ咲く

暖かな3月、草花館の敷地に生えているダンコウバイが一斉に咲き始めました!
平年4月になってから咲きはじめていたので、ずいぶん早い開花です。

20180331museum2018-dankobai01.jpg
2018年3月31日 軽井沢草花館 ダンコウバイ開花

20180331museum2018-dankobai02.jpg
2018年3月31日 軽井沢草花館 ダンコウバイの花

東京ではすでに桜が満開となり、散り始めといったところ。
気象庁の発表によると、東京の桜開花は4月17日で平年よりも9日早く、さらに満開は4月24日で平年よりも10日早かったようです。

軽井沢ではまだ桜の季節には早いものの、3月の気温は記録的な暖かさです。
昨日30日までの3月平均気温は3.5度で、平年よりも+3.0度。
3月の平均気温としては過去最も高い値となりそうです(今までは2013年の3.3度が最高)。
posted by kusabanakan at 17:39| 草花館日記

2017年11月21日

【11/21】今期の初降雪(2017年)

今朝、散歩のため外に出ると雪景色。昨夜遅くに降ったようです。
建物の屋根や道路が真っ白に染まり、車も雪に覆われていました。
降雪量は1a程度で少なかったものの、気温が低く、道路が凍結していました。

20171121museum01snow.jpg
2017年11月21日 6:40 軽井沢草花館 外観

ここ数日は特に気温の低い日が続き、12月中旬くらいの冷え込み。
僅かに残った残雪でも、道路が凍結しますので、車のスリップ、歩行時の転倒に十分気を付けてください。

軽井沢草花館は明後日23日まで開館しています。

posted by kusabanakan at 19:01| 草花館日記

2017年11月05日

【11/5】エゾカワラナデシコ&オミナエシ開花

秋も深まり、朝晩の気温は0度前後にまで冷え込むようになりました。
そんな折、草花館の庭で秋の七草、オミナエシとエゾカワラナデシコが開花しました!

20171105nadeshiko01.jpg
2017年11月5日 軽井沢草花館 エゾカワラナデシコ

今年は7月24日に最初の一輪が咲いて、その後、9月以降の開花は確認していません。
秋の七草の1つなので、この時期に咲いてもおかしくないと思われるかも知れませんが、軽井沢ではこの時期寒すぎて、違和感があります。
草花館では過去にも、10月や11月にこの花が咲いているので、「またこの時期に咲いた!」という風に思いますが、今年は葉っぱも青々としていてとりわけきれいです。

20171105nadeshiko02.jpg
2017年11月5日 軽井沢草花館 エゾカワラナデシコ(モミジの落ち葉に囲まれて)

下は、オミナエシの花。
こちらも秋の七草の1つですが、ナデシコと一緒に咲きました。

20171105ominaeshi01.jpg
2017年11月5日 軽井沢草花館 オミナエシ
posted by kusabanakan at 18:00| 草花館日記

2017年11月04日

【11/4】駐車場、カエデの紅葉 落葉進む

軽井沢草花館・駐車場のカエデはほとんどの葉が落ちてしまいました。

20171104momiji01.jpg
2017年11月4日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の紅葉

下は最盛期の彩りだった1週間前(10月28日)の状態です。
このあと台風や木枯らしが吹いたり、冷え込みが氷点下になったりして、落葉が予想以上に早く進みました。
今年は10月中旬、そして下旬に雨が多くて日照不足。
さらに下旬に入ってから2つの台風が日本に接近したこともあり、紅葉の美しい期間が短かったようです。

20171028momiji01.jpg
2017年10月28日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の紅葉
posted by kusabanakan at 21:20| 草花館日記

2017年10月28日

【10/28】駐車場、カエデの紅葉 朱色の彩り鮮やかに

軽井沢草花館・駐車場のカエデ。
この6日間で、さらに紅葉が進み、最盛期の彩りといったところです。
現在、赤と黄色い状態の葉っぱが1:2くらいで混ざっていて、遠目から見ると鮮やかな朱色に見えます。
明日以降、台風の影響が心配ですが、今後もう少し赤みの強い彩りに変化していくかも知れません。

20171028momiji01.jpg
2017年10月28日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の紅葉

下は6日前(10月22日)の状態です。わずかな期間ですが、鮮やかさが増しました。
また、イロハモミジの下に植えられたウリハダカエデの葉っぱが、6日前にはまだ緑色でしたが、今日はすっかり黄色くなっていました。

20171022momiji02.jpg
2017年10月22日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の紅葉

下は昨年2016年の紅葉です。同じ木でも年によって紅葉の色がだいぶ違います。

20161102momiji01.jpg
2016年11月2日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の紅葉
posted by kusabanakan at 16:00| 草花館日記

2017年10月22日

【10/22】駐車場、カエデの紅葉 見ごろへ

軽井沢草花館・駐車場のカエデ。
この1週間でだいぶ紅葉が進みました。

20171022momiji02.jpg
2017年10月22日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の紅葉

下は前回(10/15)の紅葉ですが、まだ色づき始めたところでほぼ緑色でした。
この1週間は雨続きで、日照時間は合計5時間にも満たない4.9時間。
それでも、順調に紅葉が進み、初期の見ごろと言えるくらいにまで色づいてきました。
今日は接近中の台風の影響で、雨が続いていますが、明後日以降、台風が通過してから、本格的な紅葉が楽しめそうです。

20171015momiji01re.jpg
2017年10月15日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の紅葉

下は昨年2016年の紅葉です。11月初めに彩りがもっとも鮮やかなになり、その後に散り始めました。
今年はどうなるでしょうか?

20161102momiji01.jpg
2016年11月2日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の紅葉
posted by kusabanakan at 14:22| 草花館日記

2017年10月15日

【10/15】駐車場、カエデの紅葉始まる

軽井沢草花館・駐車場のカエデが紅葉をはじめています。
まだ、色づき始めといったところですが、これから月末にかけて、鮮やかさを増していきそうです。

20171015momiji01re.jpg
2017年10月15日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の紅葉

下の写真はちょうど5カ月前のときのもので、このときは若葉がとてもきれいでした。

20170515museum-gaikan01.jpg
2017年5月15日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の若葉

下は昨年の紅葉です。11月初めに彩りがもっとも鮮やかなになり、その後に散り始めました。
今年はどうなるでしょうか?

20161102momiji01.jpg
2016年11月2日 軽井沢草花館 カエデ(イロハモミジ)の紅葉
posted by kusabanakan at 16:28| 草花館日記

2017年10月09日

【10/9】駐車場のイロハモミジが紅葉始める

10月に入ってから、軽井沢町内の各所で紅葉が色づき始めています。
軽井沢草花館の駐車スペースに生えているイロハモミジもここ数日でだいぶ赤みを増してきました。
あと、2~3週間で真っ赤な状態になりそうです。

20171009momiji.jpg
2017年10月9日 軽井沢草花館 階段吹き抜けから見えるイロハモミジ

上の写真は館内の階段吹き抜け窓から見えるイロハモミジ。
日のよく当たる上部の葉が特に赤みを帯びています。

【参考】軽井沢草花館から約1.0km、紅葉名所、雲場池の紅葉の様子

雲場池ブログ(2017年度)
posted by kusabanakan at 15:51| 草花館日記