2020年07月08日

220aのカラマツソウ咲く(2020.7.8)

軽井沢草花館の庭の一角で背の高いカラマツソウが咲きました(実際には昨日が咲き始め)。
天辺までの高さはなんと220a!

20200708karamatsuso01.jpg
2020年7月8日 軽井沢草花館 カラマツソウ

ここ数年同じ株のカラマツソウが200aを超える高さに成長して咲いていてますが、今年は一番の高さです。
草花館のある敷地は元々湿地帯(谷地)だった場所です。
カラマツソウだけでなく、ユウスゲやワレモコウも毎年2bを超える大きさに成長しており、これほど大きく成長する理由は土壌の影響が大きいのではないかと想像できます。

20200708karamatsuso02.jpg
2020年7月8日 軽井沢草花館 カラマツソウ

【参考】(下写真)昨年(2019)、一昨年(2018)に咲いた同じ株のカラマツソウです。2bの高さにまで成長しています。
昨年(2019)は7月上旬に気温が低く日が続き、咲き始めが遅かったようです。

20190715karamatsuso01.jpg
2019年7月15日 軽井沢草花館 カラマツソウ

20180706karamatsuso.jpg
2018年7月6日 軽井沢草花館 カラマツソウ
posted by kusabanakan at 17:22| 草花館日記

2020年07月04日

2020年「ディスカバー信州県民応援割」の登録店になりました

長野県民支えあい観光キャンペーン
「ディスカバー信州県民応援割」の登録店になりました。

20200704美術館外観入口ポスター.jpg
2020年7月4日 軽井沢草花館 入口に掲示したポスター

新型コロナ対策の一環で、長野県民限定の制度となりますが、事前に観光クーポン券(宿泊orお出かけ)のお申し込みを済ませた方は、当館にてクーポン券をご利用いただけます。ご利用方法、期限などの詳細は以下、長野県のHPをご覧ください。

【長野県「ディスカバー信州県民応援割」についての詳しい案内】

尚、軽井沢草花館の営業日程につきましては、ホームページでご確認ください。コロナ感染の状況次第で営業日程が変更になる可能性があります。

【小さな美術館軽井沢草花館ホームページ】
posted by kusabanakan at 15:37| 草花館日記

2020年07月03日

オダマキ、ホタルブクロ、アジサイ咲く(2020.7.3)

軽井沢草花館の敷地内で(キバナノ)ヤマオダマキ、ヤマホタルブクロ、ヤマアジサイが咲いています。
どれも正式名は「ヤマ」が頭に付きますが、総称としてオダマキ、ホタルブクロ、アジサイでも通じるお花です。

(ヤマオダマキ)10日ほど前から咲き始めました。現在、散り始めたものの見ごろです。

20200703yamaodamaki.jpg
2020年7月3日 軽井沢草花館 (キバナノ)ヤマオダマキ

(ヤマホタルブクロ)4日前に咲き始めたばかりですが、つぼみが次々に開き始めて、これからたくさん咲いてくれそうです。
この花が咲くと夏の始まりを感じると共に、軽井沢の(光る)蛍の季節を知らせてくれているような気持になります。

20200703yamahotarubukuro.jpg
2020年7月3日 軽井沢草花館 ヤマホタルブクロ

(ヤマアジサイ)軽井沢に自生するアジサイで、最もよく見られるのが、このヤマアジサイです。
基本的に白色で、とても上品な姿です。6月終わりころから7月一杯くらいまで咲きます。

20200703yamaajisai.jpg
2020年7月3日 軽井沢草花館 ヤマアジサイ
posted by kusabanakan at 20:28| 草花館日記

2020年06月29日

ヤマホタルブクロ開花(2020.6.29)

草花館の庭のヤマホタルブクロが咲きました。
毎年、6月の終わりころから咲き始めていたので、ほぼ例年通りの開花です。
早くからたくさんの株から花茎が出て、つぼみもついていましたので、もう少し早くに咲くかと思っていましたが、なかなか開花せず焦らされました。これから次々に花を咲かせてくれそうです。

20200629yamahotarubukuro.jpg
2020年6月29日 軽井沢草花館 ヤマホタルブクロ 今季最初の一輪
posted by kusabanakan at 14:49| 草花館日記

2020年06月28日

篠原良子さんのパンフラワー作品【ユウスゲとススキ】(2020年新作)

2020年も篠原良子さんのパンフラワーアート作品(樹脂粘土で作った作品)をお借りして展示しています。
初めて軽井沢草花館で作品紹介したのが2017年(平成29年)ですので、今年で4年目となります。
創意工夫を重ねた独自の技法で、野草の持つ楚々とした雰囲気、そして色や質感をうまく表現しています。

今回紹介するのは新作3点の内の1点で「ユウスゲのススキ」です。
ススキ原に咲くユウスゲをイメージした作品で、大変素敵な仕上がりです。

202006篠原涼子パンフラワーアート_ユウスゲ&ススキ02.jpg
篠原良子 ユウスゲとススキ パンフラワーアート 2020年

石川功一の描いた油彩画「夕焼けのアサマキスゲ(ゆうすげ)」の隣で11月23日まで展示予定です。ご来館いただいた際にはじっくりとご鑑賞ください。

20200611篠原良子ユウスゲ&ススキ.jpg
篠原良子 ユウスゲとススキ パンフラワーアート 2020年

新作残り2点は、ヤマホタルブクロとミズヒキです。こちらも現在、館内で展示しており、今後改めてこのブログで紹介予定です。
posted by kusabanakan at 22:17| 草花館日記

2020年06月27日

シモツケ見ごろに&レンゲショウマにつぼみ(2020.6.27)

2日前にこのブログで紹介した咲き始めのシモツケが見ごろとなりました。しばらくきれいな花が楽しめそうです。(ちなみに去年は7月下旬まで花期が続きました)
そして、レンゲショウマが花茎を伸ばし、つぼみをつけ始めています。

20200627museum-shimotsuke.jpg
2020年6月27日 軽井沢草花館 みごろをむかえたシモツケ

(下写真)レンゲショウマの成長は順調で、現在たくさんの花茎が出ています。
成長の早いもので花茎の高さは85aでした。

20200627museum-rengeshouma01.jpg
2020年6月27日 軽井沢草花館 レンゲショウマ

そしてたくさんのつぼみが付いています。
まだ直径5mm以下の小さなもので、咲き始めるのは8月以降となります。

20200627museum-rengeshouma02.jpg
2020年6月27日 軽井沢草花館 レンゲショウマのつぼみ
posted by kusabanakan at 15:53| 草花館日記

2020年06月25日

シモツケ開花(2020.6.25)

草花館の庭のシモツケが咲き始めました。

20200624museum-shimotsuke.jpg
2020年6月25日 軽井沢草花館 シモツケ

夏の始まりを感じさせてくれる花です。
続いてヤマホタルブクロ、ヤマアジサイ、オカトラノオなどが咲いてきそうです。

20200624museum-shimotsuke02.jpg
2020年6月25日 軽井沢草花館 シモツケ
posted by kusabanakan at 21:52| 草花館日記

2020年06月18日

三浦由紀先生の草木染ストール&ネックウォーマー 2020年入荷しました

20200613kusabanakan_miura_kusakisome.jpg
2020年6月13日 軽井沢草花館 三浦由紀先生の草木染ストール

今年も三浦由紀先生の草木染ストールを入荷・販売しています。
サクラ、アカネ、コブナグサ、藍、ゆうすげ、五倍子、ヨモギ、ワレモコウ等を染料としてをシルク生地に染めた様々な色合いの作品です。また、草木染のネックウォーマーも5点入荷しています(各・税込2,750円)。
価格は税込み4,400円~7,700円。どれも一点ものですので、売り切れ次第終了となります。
在庫については軽井沢草花館までお問い合わせ下さい。→ https://kusabana.net

三浦先生のプロフィール、またイベント情報につきましては以下のサイト「紬樹の雫(ゆきのしずく)」をご覧ください。

posted by kusabanakan at 20:18| 草花館日記

2020年06月16日

ヤマホタルブクロにつぼみ(2020.6.16)

草花館の庭のヤマホタルブクロにつぼみが付き始めました。
6月下旬には咲き始めそうです。
例年7月には花盛りとなり、以降も9月くらいまでちょこちょこ咲いてくれます。

20200616museum-yamahotarubukuro.jpg
2020年6月16日 軽井沢草花館 ヤマホタルブクロ
posted by kusabanakan at 21:23| 草花館日記

2020年06月08日

アヤメ開花(2020.6.8)

草花館の庭のアヤメが咲きました。
5月終わりころからつぼみが出ていたので、ようやく!という感じす。
軽井沢でこの花が咲き始めるのは、梅雨入りの時期。
いつの間にか、緑も深くなってきました。

20200608museum-ayame.jpg
2020年6月8日 軽井沢草花館 アヤメ
posted by kusabanakan at 21:25| 草花館日記

2020年05月23日

駐車場、イロハモミジの新緑(2020.5.23)

軽井沢草花館の駐車場に植えているイロハモミジ、新緑が眩く感じます。

20200523momiji01.jpg
2020年5月23日 軽井沢草花館 イロハモミジ 新緑

下の写真は8日前に撮影したものです。色の変化があり、また、本日の方が葉っぱが完全に広がって、全体の葉っぱの密度が多少高くなりました。

20200515momiji03.jpg
2020年5月15日 軽井沢草花館 イロハモミジ 新緑
posted by kusabanakan at 21:47| 草花館日記

2020年05月20日

レンゲツツジ開花(2020.5.20)

草花館の庭のレンゲツツジの花が咲き始めました。
先週末から、ぐずついた天気が続いており、今日は霧が出て、気温も低め。
鮮やかなオレンジ色の花が際立って見えました。
町内ではヤマツツジの花もすでに咲き始めており、ツツジの季節となっています。

20200520museum-rengetsutsuji.jpg
2020年5月20日 軽井沢草花館 レンゲツツジ
posted by kusabanakan at 21:37| 草花館日記

2020年05月18日

コンロンソウ開花、ヤマアジサイに花芽(2020.5.18)

今日は朝から霧が出て、ぐずついた天気の一日となりましたが、新緑の美し季節となり、草花館の庭ではコンロンソウが咲き始めました。

20200518museum-konronso.jpg
2020年5月18日 軽井沢草花館 コンロンソウ

また、ヤマアジサイには花芽が付き始めました。開花は1か月以上先となりそうですが、そろそろ梅雨入りの季節。つい先日、木々の芽吹きが始まったばかりなのに、時の流れは早いものです。

20200518museum-yamaajisai.jpg
2020年5月18日 軽井沢草花館 ヤマアジサイ
posted by kusabanakan at 23:13| 草花館日記

2020年05月15日

駐車場、イロハモミジの新緑(2020.5.15)

軽井沢草花館の駐車場に植えているイロハモミジが美しい新緑の時期となりました。

20200515momiji03.jpg
2020年5月15日 軽井沢草花館 イロハモミジ 新緑

下の写真は、11日前(5/4)に撮影した一枚で、ちょうど芽吹きを始めたところでした。わずかに期間ですが、緑豊かな姿となりました。

20200504momiji01.jpg
2020年5月4日 軽井沢草花館 イロハモミジ 芽吹き
posted by kusabanakan at 21:08| 草花館日記

2020年05月09日

サクラソウ&チゴユリがきれいに咲きました(2020.5.9)

サクラソウとチゴユリがきれいに咲く季節になりました。
今年も軽井沢草花館の庭で咲きました。

20200509museum-sakuraso.jpg
2020年5月9日 軽井沢草花館 サクラソウ

20200509museum-chigoyuri.jpg
2020年5月9日 軽井沢草花館 チゴユリ
posted by kusabanakan at 22:05| 草花館日記

2020年05月05日

イカリソウ&クサボケ満開(2020.5.5)

軽井沢草花館の庭で、クサボケとイカリソウの花が満開です。
クサボケはすでに1週間ほど前から咲き始め、徐々に満開の状態となり、一方、イカリソウはここ2~3日で一気に満開の状態となりました。ここ1週間、気温がとても高く、各種植物の成長が活発です。

20200505museum-ikariso-kusaboke.jpg
2020年5月5日 軽井沢草花館 クサボケ

20200505museum-ikariso.jpg
2020年5月5日 軽井沢草花館 
posted by kusabanakan at 19:18| 草花館日記

2020年05月04日

駐車場、イロハモミジが芽吹き始めました(2020.5.4)

軽井沢草花館の駐車場に植えているイロハモミジが芽吹き始めました。

20200504momiji01.jpg
2020年5月4日 軽井沢草花館 イロハモミジ 芽吹き

(下写真)2階の窓から見たイロハモミジです。これから美しい新緑へと変化していきます。

20200504momiji02.jpg
2020年5月4日 軽井沢草花館(2階より) イロハモミジ 芽吹き
posted by kusabanakan at 17:55| 草花館日記

2020年04月29日

15年目にして初めてコブシが咲きました(2020.4.29)

本日、軽井沢草花館の庭のコブシが咲いていました。

20200429museum-kobushi.jpg
2020年4月29日 軽井沢草花館 15年目にして初めて咲いたコブシの花

このコブシは、軽井沢草花館がこの地に移転してきた2006年からあり、今年で15年目をむかえましたが、花が咲いたのは、なんとこれが初めてです!
毎年咲いていなかったので、存在すら忘れかけていましたが、本日、木の上部に4輪ほどの花が開いていたのに気づき、感激しました。去年(2019春)、高くなり過ぎた幹を、高さ5mくらいの所で剪定しました。そうしたことも開花につながったのでしょうか? 開花数は少ないですが、来年、再来年と花の数が増えればよいと思います。

また、クロモジの花も咲き始めています。こちらは毎年この時期に咲いているものです(下写真)。

20200427museum-kuromoji.jpg
2020年4月27日 軽井沢草花館 クロモジの花
posted by kusabanakan at 17:08| 草花館日記

2020年04月16日

アズマイチゲ&オオヤマカタバミ開花(2020.4.16)

軽井沢の春の訪れを感じさせてくれる花、アズマイチゲが咲き始めました。
そしてその右隣には、オオヤマカタバミの花も咲いていました。

20200416museum-azumaichige-ooyamakatabami.jpg
2020年4月16日 軽井沢草花館 アズマイチゲ(左)とオオヤマカタバミ(右)
posted by kusabanakan at 21:59| 草花館日記

2020年04月12日

レンゲショウマ&ヤマシャクヤクに芽(2020.4.12)

小さな庭に積もった枯れ草をかき分けると、地面から小さな芽が出ていました。
レンゲショウマとヤマシャクヤクです。
ヤマシャクヤクにおいては、芽は出てある程度までは成長するも、花の咲かない年が続いています。
今年は咲いてくれるかどうか…

(下写真)まだ高さにして30mm程度の大きさですが、この赤色といい、ヤマシャクヤクとわかる佇まいです。

20200412museum-yamasyakuyaku.jpg
2020年4月12日 軽井沢草花館 ヤマシャクヤクの芽

(下写真)レンゲショウマの出たての芽です。まだ直径にして15mm程度の大きさですが、たくさん出てきており、夏の開花が楽しみです。

20200412museum-rengeshoma.jpg
2020年4月12日 軽井沢草花館 レンゲショウマの芽

(下写真)ダンコウバイは3月27日に咲き始めてから半月が経ちました。花の見ごろはすでに終わっており、もうじき葉っぱの芽吹きが始まりそうです。

20200412museum-dankobai.jpg
2020年4月12日 軽井沢草花館 ダンコウバイの花(左)と芽(右)

(下写真)ダンコウバイに続いてアブラチャンが花の旬をむかえています。
ダンコウバイとアブラチャンの花はよく似ているので区別がつきにくいですが、ダンコウバイにはない花の柄が、アブラチャンには付いています。

20200412museum-aburachan.jpg
2020年4月12日 軽井沢草花館 アブラチャンの花(矢印:花の柄)

posted by kusabanakan at 22:52| 草花館日記