2014年10月01日

小さな庭では草モミジや黄葉

9月の軽井沢は、中旬から下旬(11日から30日)にかけて計8.5_しか雨が降りませんでした。
10月に入ったとたん、午後から小雨となり、久しぶりにうるおいを感じる一日となりました

軽井沢草花館の小さな庭では、ユウスゲ、キキョウを中心に黄葉が進んできました(下写真)。

20141001museum01.jpg
2014年10月1日 軽井沢草花館 小さな庭

ゲンノショウコやアカバナといった小さな草花も、赤く草モミジが始まっており、秋らしさが日に日に増しています。

雲場池の紅葉もうっすらと赤味を帯びてきました。→(参考)雲場池ブログへリンク
posted by kusabanakan at 18:01| 草花館日記

2014年09月04日

中秋の名月(9月8日)が近くなってきました

今年の中秋の名月は9月8日。
テラスにススキとオミナエシを活けてみました。

 20140903museum01susuki.jpg
2014年9月3日 軽井沢草花館 ススキとオミナエシ

ほとんどの場合、中秋の名月は9月中旬から10月初旬に訪れますが、今年のように早くに訪れるのは38年ぶりだそうです。
今年は夏は日照が少なく、特に8月下旬からは気温が低い傾向なので、秋の気配を例年以上に感じます。

ちなみに
昨年2013年は9月19日
来年2015年は9月27日

今年よりもさらに早くに中秋の名月になるのは2052年9月7日だそうで、なんと38年後です!

※軽井沢草花館の展示も9月8日(月)までが一区切りで、
9日(火)の休館後、10日(水)より秋の草花や木の実の作品に変わります。
posted by kusabanakan at 11:07| 草花館日記

2014年08月07日

【ご案内】本日の朝日新聞(長野県版)に草花館が紹介されています

8月7日、朝日新聞(長野県版)の朝刊(28面)に当館の紹介が掲載されています。

 「草花は有情」の山野に注ぐ愛情

と題されて、石川功一の生い立ちから軽井沢で草花を描くまでのこと。
また、代表作として油彩画のユウスゲが紹介されています。
(800字程度の記事です)
注意:長野県版ですので、長野県内のみでの販売です。
posted by kusabanakan at 07:32| 草花館日記

2014年08月05日

【ご案内】8月7日、長野県版朝日新聞「信州この逸品」掲載予定

長野県版朝日新聞、8月7日(木)朝刊

長野県内の美術館や博物館に所蔵されている特色ある作品を紹介する「信州この逸品」という連載の中で、当館(軽井沢草花館)の作品が掲載される予定です。
掲載は、長野県内で販売している朝日新聞のみとなりますので、ご注意ください。

※尚、私的に8月6日(水)とご案内した方がおりますが、8月7日(木)の誤りでした。訂正してお詫びいたします。
posted by kusabanakan at 20:09| 草花館日記

2014年03月23日

2014年4月19日OPEN

2014年度の展示のご案内です。

下の画像をクリックするとA4のPDFチラシがダウンロードできます(622KB)
2014軽井沢草花館A4チラシs.jpg

4月19日(土)OPEN!(4/19、20、21は入館無料で開放します)

【展示概要】
軽井沢の自生草花を描き続けた画家石川功一の草花図(水彩・油彩)を散策メモやエッセーと共に5期にわたって展示いたします(各50点程)。

1.4/19−5/26 春の草花を中心に
2.5/28−7/7 新緑から初夏の草花を中心に
3.7/9−9/8 盛夏の草花を中心に
4.9/10−10/13 夏から初秋の草花を中心に
5.10/15−11/24 秋の草花・木の実を中心に

2014軽井沢草花館A4チラシ水彩.jpg


入館料 500円、小学生以下無料 消費税率の変更後も500円(税込)とさせていただきます
休館日 火曜日 但し、4/29、5/6、9/23の火曜日はOPEN、また8月は無休
※4月19日(土)、20日(日)、21日(月)は2014年度のOPEN記念で入館無料です
開館時間 10:00−17:00

詳しくは軽井沢草花館のホームページをご覧ください
http://www.kusabana.net
posted by kusabanakan at 01:00| 草花館日記

2014年01月01日

平成26年 謹賀新年 午

2014年 謹賀新年 午
kinpouge.jpg
石川功一 軽井沢での草花スケッチ 馬の足形(うまのあしがた) キンポウゲ科

本年度オープンは4月19日(土)となります。
posted by kusabanakan at 00:00| 草花館日記

2013年11月24日

冬期休館のお知らせ

本日11月24日をもちまして、小さな美術館軽井沢草花館の本年度展示が終了しました。明日25日より来春まで冬期休館となります。

尚、来年度のOPENは2014年4月19日(土)を予定しています。

museum-2013-2014winter.jpg
posted by kusabanakan at 17:00| 草花館日記

2013年11月19日

11月24日で今年度の展示が終了します

草花館の展示期間も残り5日となりました。
今年度は11月24日(日)が最終、25日から翌年4月18日まで冬期休館となります。
※最終日24日(日)も通常通り、午後5時まで開館しております。

今年の展示企画は、「石川功一の散策手記をたどる」ということで、石川功一の描いた軽井沢の草花図(水彩スケッチと油彩画)の他に、自生地で草花スケッチした際につけていた散策手記(花名や散策地図のメモ)を合わせて紹介してきました。

春から季節に順じて5期に分けて展示替えを行い、現在秋の木の実の作品を中心に展示をしております。

2013展示A4.jpg

来年2014年は4月19日(土)からのOpenを予定しています。
posted by kusabanakan at 20:31| 草花館日記

2013年10月14日

ヤマシャクヤクの実

昨日、お客様が家(東京)の庭からヤマシャクヤクの実を持ってこられました。
新緑時には深山の樹林下でそっと咲いている姿を想像しますが、東京でも毎年花を咲かすのだそうです。
「軽井沢で種を撒いてみてください」ということでしたが、どうせ、春を待ってからの作業となるため、それまでは鉢に挿して楽しむことにしました。
20131013yamasyakyaku02.jpg
左(黄色):クサボケの実、中央赤&濃紺:ヤマシャクヤクの実、右下(ベージュ):ヤマブドウの実

上写真の背景は館内で販売中の絵はがき(1枚84円)
20131013yamasyakyaku01.jpg
左黄色:クサボケの実、右濃紺:ヤマシャクヤクの実

変わった形状で目につくため、来館されるお客様から「これは何ですか?」と聞かれます。
16日から始まる「石川功一軽井沢の草花展 散策手記をたどる5」では、ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤクの実の時のスケッチを展示予定ですので、今回いただいた実が良い展示資料ともなりそうです。

下は、ノブドウの実です。軽井沢草花館の緑のカーテンとして育てている苗に付いた実で、最初のころは薄ピンクや薄ブルーに色を変えていましたが、徐々に色が抜けて、現在クリーム色になっています。カラフルな色になるイメージが強いノブドウの実ですが、こうして色が抜けることもあるようです。原因は不明?
20131013yamasyakyaku03.jpg
ノブドウの実(軽井沢草花館テラスの緑のカーテンに生ったもの)

以下は、軽井沢の自生地で咲くヤマシャクヤクの写真です。
20090519yamasyakuyaku.jpg
2009年5月19日 軽井沢自生地のヤマシャクヤク(花)

20081021yamasyakuyaku.jpg

2008年10月21日 軽井沢自生地のヤマシャクヤク(実)
 
posted by kusabanakan at 02:00| 草花館日記

2013年09月25日

ワレモコウ咲く

すでに満開を過ぎたころですが、草花館のワレモコウがきれいに咲いています。

20130925waremo.jpg
2013年9月25日 軽井沢草花館 ワレモコウ
(草でかくれて看板文字ほとんど見えず…)

この夏はワレモコウの葉やつぼみを食べてしまう虫が多く発生し(イモムシやカミキリムシのような虫)、開花が遅くなりました。

虫に食べられてしまっても、茎を分岐して新たなつぼみを付け、たくましく生長しました。例年は8月に入ったころから咲き出しますが、今年は9月に入ってから咲き出していました。
マツムシソウやオミナエシ、キキョウの花期がほぼ終りの時期、とても目立っています。
posted by kusabanakan at 19:33| 草花館日記

2013年09月18日

9月19日、中秋の名月は見逃せません

明日9月19日は中秋の名月です。
軽井沢草花館では大きな壺に活けたススキをテラスに置いてみました。

「中秋の名月には満月」と思ってしまいますが、実際には中秋の名月=満月とは限らないようです。

今年(2013年)は中秋の名月=満月になるそうですが、来年以降はイコール(=)にはならず、次に中秋の名月と満月が重なるのは東京オリンピックの後、なんと2021年になるそうです!

明日の夜は是非とも満月を眺めてみたいと思います。

以上の知見は天体専門サイトのAstro Artsさんから得ました。もっと詳しく内容を知りたい方は以下のサイトをご覧下さい。

天文専門サイト「Astro Arts」ホームページ
http://www.astroarts.co.jp/special/2013moon/

20130918susuki.jpg
2013年9月18日 軽井沢草花館 ススキ
posted by kusabanakan at 12:22| 草花館日記

2013年09月16日

台風18号、道路が川のように

天気予報通り、台風18号が日本列島に上陸。そして縦断しました。
京都、滋賀、富山では、気象庁による特別警報が出るほどで、各地で雨風による被害が出ました。軽井沢でも今日一日で100_を超える大雨となりました。

草花館では、台風による被害こそ出ませんでしたが、前面の道路が一時川のようになりました。

今日は朝から強い雨が降っていましたが、草花館はいつも通り10時にオープン。

11時ころには雨も風も激しくなり、どしゃ降り状態。

雨音が大きくなってきたので、2階の窓から外を見ると、道路に水が流れているではありませんか…

20130916rain01.jpg
9月16日 11:36 2階の窓より 

床への浸水など、被害はありませんでしたが、このように水位が上がってくるだけで不安になります。下の写真は草花館の入口から撮影したものですが、道路の上を水が左から右にゆっくり流れていて、川のようでした。

20130916rain02.jpg
9月16日 軽井沢草花館 前面道路 雨量がまして川のように

昼過ぎからは徐々に雨量も少なくなり、14時ころには前面道路の水も引きました。一時的な増水で済んで良かったです。
posted by kusabanakan at 21:30| 草花館日記

2013年06月21日

東急ハーヴェストクラブさまスタッフブログ

昨日、東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス社員の方が軽井沢草花館にフラリと立ち寄ってくださり、その日のうちにブログで紹介してくださいました。下のスタッフブログをご覧下さい。

スタッフブログ
2013年06月20日【周辺情報】小さな美術館 軽井沢草花館 

東急ハーヴェストは会員制のリゾートホテル。各地に宿泊施設があり、軽井沢もその一つ。矢ヶ崎公園・大賀ホールの北側に位置し、軽井沢駅からも近く、すばらしいロケーション。(下地図参考)


大きな地図で見る
※ブラウザーによってうまく表示されない場合がございます。「大きな地図で見る」をクリックすると大きな画面でgoogleマップが表示されます。

そして何より軽井沢草花館に近く、徒歩7〜8分といったところです。
ハーヴェストクラスにお泊りのお客様もよく来ていただいており、大変お世話になっているホテルです。ホテルの概要は下のホームページをご覧ください。

東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックスHP

※ハーヴェストクラブ内の売店では軽井沢草花館のオリジナル絵はがきや一筆箋も販売していただいております。
 
posted by kusabanakan at 13:35| 草花館日記

2013年03月18日

福寿草の開花

つぼみの存在に気づいてから5日目。
プランターの福寿草が1輪咲きました。

0318fukujuso.jpg
2013年3月18日 軽井沢草花館 プランターのフクジュソウ(福寿草)

開花しているものとは別に、プランター内にもう一株がつぼみを付けています。
それらの開花も含めて、しばらくの間、福寿草の花が楽しめそうです。
posted by kusabanakan at 13:37| 草花館日記

2013年03月13日

福寿草のつぼみ

軽井沢草花館で育てているプランターの福寿草(フクジュソウ)
この暖かさで、小さなつぼみが姿をあらわしました!
fukujuso0313.jpg
2013年3月13日 軽井沢草花館 プランターの福寿草
この暖かさが続けば、開花も近いのではないかと思います。
雲場池(くもばいけ)など軽井沢草花館の周辺でも、スミレやイヌノフグリの葉っぱがみられるようになるなど、植物の活動が始まっています。
posted by kusabanakan at 13:57| 草花館日記

2013年01月01日

2013年 謹賀新年

2013年
hebi19890531.jpg
石川功一 軽井沢の草花スケッチ ヘビイチゴ


今年度の展示は4月20日(土)からとなります。

2013kusabanakan.jpg

軽井沢草花館ホームページ http://www.kusabana.net
posted by kusabanakan at 00:00| 草花館日記

2012年11月16日

ゲンノショウコの草紅葉

浅間山が冠雪するなど、軽井沢では冬の訪れを感じるようになっています。
軽井沢草花館の展示期間も残りわずかとなりました(11/25まで)

この季節になると、咲いている花を見かけることはほとんどありませんが、軽井沢草花館の鉢で草紅葉がきれいです。

1116kusamomiji.jpg
2012年11月16日 軽井沢草花館 ゲンノショウコの草モミジ

鉢植えのゲンノショウコがきれいに紅葉。まるで花が咲いているようになっています。
紅葉シーズンはほぼ終わったようですが、小さな秋がまだ残っていました。

※鉢は軽井沢草花館のテラスで見ることが出来ます(11/25まで)。
posted by kusabanakan at 11:09| 草花館日記

2012年10月16日

10月16日ナデシコ開花

今朝、軽井沢草花館の看板の脇でピンク色の花が一輪咲いているのを発見。

nadeshiko.jpg
2012年10月16日 軽井沢草花館 エゾカワラナデシコ

育てているエゾカワラナデシコでした。
今年は夏にたくさんのつぼみが付け、8月から9月にかけてきれいな花を咲かせてくれていました。
10月に入ってからは咲いていなかったと思うのですが… 残暑が厳しく、長く続いた影響でしょうか。うれしい驚きです。
よく見るともう一つつぼみが付いているのが確認できます(写真の左上)。、もしかするとさらに一輪開花してくれるかもしれません。
posted by kusabanakan at 09:11| 草花館日記

2012年10月07日

10月7日フシグロセンノウ開花

昨日つぼみを付けたフシグロセンノウが今日開花しました。
午前中につぼみが開きはじめ、午後には満開の状態になりました。

fushiguro1007.jpg
2012年10月7日 軽井沢草花館 フシグロセンノウ

10月ともなると、野に咲く花の種類も減ってきます。
鮮やかな色のフシグロセンノウが咲き、小さなテラスの空間が少し明るくなったような気がします。
posted by kusabanakan at 15:32| 草花館日記

2012年10月06日

10月のフシグロセンノウ

3連休初日、朝からどんよりとした空模様ですが、冷え込みもなく、風もなく、外へお出かけしても良いし、室内でのんびり過ごすのにもよさそうな休日となっています。

fushiguro.jpg
2012年10月6日 軽井沢草花館 鉢植えのフシグロセンノウ(つぼみ)

10月に入り、軽井沢草花館の小さな庭の花も徐々に少なくなってきています。現在はワレモコウ、マツムシソウ、ミズヒキ、イヌタデ、ナギナタコウジュが咲いていますが、花期が終わりに近くなっています。
そんな中、鉢植えにしていたフシグロセンノウがつぼみを付けました。暖かな気候の影響もあるかもしれません。明日あたりに開花するのではないかと楽しみです。
このフシグロセンノウという花の花期は長く、盛りの時期は8月から9月上旬くらいですが、早いものは7月中から咲きだし、遅いものは10月に入ってからも咲いているのを見かけます。
その他、ヤマホタルブクロも花期が長く、こちらは6月中から咲きだし、10月に入ってからも咲くことがあります。


posted by kusabanakan at 11:03| 草花館日記