2021年06月23日

2021(21)草丈最大で1b超え、花茎は94aに(6/23)

梅雨のこの時期、毎年ユウスゲの成長が活発です。
地植えしているユウスゲの草丈が1bを超えるようになり、今日測定したものでは、最大103aでした。

20210622ユウスゲ_地植01.jpg
2021年6月23日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)

また、花茎の本数は前回(6/20)6本でしたが、1本増えて計7本になりました。
最も高く伸びた花茎で94a。
明日当たり1bを超えるかも知れません。

20210622ユウスゲ_地植A01花茎.jpg
2021年6月23日 軽井沢草花館 花茎の出たユウスゲ 地植え

posted by kusabanakan at 20:19| ゆうすげ日記

2021年06月20日

2021(20)花茎77a、種まき1年目、新たに発芽(6/20)

軽井沢草花館の庭のユウスゲは順調に成長を続けています。
地植えのユウスゲでは草丈の最大高さが97aで、もう少しで1bに達しそうです。

【地植えのゆうすげ 花茎77a】

8日前(6/12)に今年初めて確認した花茎は、現在77aの高さになりました(下写真)。
花茎の本数は敷地内全体で計6本です。

20210620ユウスゲ_地植A01花茎.jpg
2021年6月20日 軽井沢草花館 花茎の出たユウスゲ 地植え

【ユウスゲ プランター1年目】

今年の4月4日にプランターに種まきしたユウスゲです。

20210620yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年6月20日 軽井沢草花館 ユウスゲ(2021年4月4日に種まき) 白丸は新たな発芽

2つのプランターには異なる種がまかれています。
1.草花館のユウスゲ苗をいったん軽井沢町大日向の知人宅で数年間育て、その種(2020年産)を再び草花館でまいたもの
2.草花館で昨年収穫した種をまいたもの

現時点(6/20)での発芽率は
 1.大日向採取の種:74/74=100%(最大草丈20a)※前回(6/13)74/74=100%
 2.草花館採取の種:56/66=85%(最大草丈20a)※前回(6/13)55/66=83%

前回(6/13)、草花館で採取した種の発芽率は55/66でしたが、この1週間でさらに1つ発芽して85%(56/66)になりました。
下の写真(ピンクで囲った部分)は、新たに発芽した芽です。4月4日にまいた種なので、2か月半経過してようやく発芽したことになります。

20210620yusuge_planter_1y_20210404_02.jpg
2021年6月20日 軽井沢草花館 ユウスゲの発芽(2021年4月4日に種まき)
posted by kusabanakan at 15:16| ゆうすげ日記

2021年06月18日

2021(19)地植えのユウスゲ、草丈最大95aに(6/18)

地植えしているユウスゲの草丈が最大で95aになりました。
4日前の6/14に90aに達しているので、ペースが少し落ちていますが、順調な成長ぶりです。

20210618ユウスゲ_地植全体01.jpg
2021年6月18日 軽井沢草花館 ユウスゲ

花茎の本数は2日前と変わらず計5本です(花茎の最大高さ66a)。
あまり早くに花茎が出始めると、早くに咲きはじめ、ユウスゲの花期も早くに終わってしまいます。
8月終わりころまでは花を見ていたいので、正直なところ、7月に入ってから花茎が出てきてほしいと思っていますが… そんな都合の良いことにはなかなかなりません。
posted by kusabanakan at 16:56| ゆうすげ日記

2021年06月16日

2021(18)地植えのユウスゲ花茎が計5本に(6/16)

6月12日に最初の花茎を確認し、14日にもう一本、そして本日新たに3本確認。
花茎の数は合計5本となりました。すべて地植えの苗から出たもので、プランターや鉢の苗からはまだ確認できていません。

下写真のユウスゲは、最初(6/12)に花茎を確認した苗で、花茎の高さは55aになりました。写真には写っていませんが、本日、下の方からもう一本の花茎を確認しました(30a)。

20210616ユウスゲ_地植A01花茎.jpg
2021年6月16日 軽井沢草花館 花茎の出たユウスゲ 地植え

下の写真の苗からは本日2本の花茎を確認し、計3本。
大きなもので高さ55aありました。
(小さなものは29a)

20210616ユウスゲ_地植B01花.jpg
2021年6月16日 軽井沢草花館 花茎の出たユウスゲ 地植え
posted by kusabanakan at 22:28| ゆうすげ日記

2021年06月14日

2021(17)梅雨入り、ユウスゲ草丈最大90cmに(6/14)

本日(6/14)、関東甲信地域が梅雨入りしたらしいと発表されました。
昨年よりも3日、平年よりも7日遅いそうです。
5月中旬に梅雨のような天気が続いていたので、今年は2回に分けて梅雨が訪れたような感じがしますが、「梅雨」を明確に区切ることはとても難しいことなんだろうと思います。
願うことは、この時期らしい雨量と日照があって、農作物や草花の生育に大きな影響が出ずに夏をむかえたいということです。

さて、ユウスゲの状況です。
2日前(6/12)に今季初めての花茎を確認したところ。今日も新たに1本の花茎を確認しました。
他の苗も順調に成長を続けていて、地植えのユウスゲは最大の草丈が90aに達しました。

以下、プランター13年目、鉢植え13年目、プランター5年目、3年目、2年目、1年目、地植えの順に詳細です。※写真はほとんどが昨日(6/13)撮影したものですが、測定値は本日行ったものです。

【プランター13年目のゆうすげ】

今年で13年目をむかたプランター最長老の苗です。
葉っぱが太く、シダレザクラのように先端が下向きにお辞儀している状態です。
折れ曲がってしまったものもあり、少しづつ剪定しているような状況ですが、今のところなんとか元気に成長を続けています。
現在(6/14)の草丈は最大で75a。
そろそろ花茎が出る時期なので、この苗も花茎を出して13年目の花を咲かせてほしいと願っています。

20210613ユウスゲ_プランター13年目01.jpg
2021年6月13日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター 13年目(草丈75a)

【鉢植え13年目のゆうすげ】

5月24日、苗の状態が悪かったので、葉のつけ根から裁断したユウスゲです。
現在(6/14)、最大草丈35aになりました。
6月3日の時は21aだったので、11日間で14a伸びていて、だんだん他のユウスゲに負けないくらい立派な葉っぱになってきました。

20210613ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年6月13日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)※5月24日に裁断 草丈35a

【プランター5年目のゆうすげ】

5年目の苗は草丈最大で現在(6/14)50aでした。
前回(6/3)も50aだったので変化がありませんが、葉っぱが細く伸びて横に広がってしまったためだと思われます。
プランター内に苗が密集しすぎていることも原因かもしれません。

20210613ユウスゲ_プランター5年目20170504種まき01.jpg
2021年6月13日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター5年目(2017年5月4日種まき)草丈50a

【プランター3年目のゆうすげ】

この苗は、この春、最初に芽の出たユウスゲです。
現在(6/14)の草丈は最大で45a。
前回(6/3)の時は38aだったので。11日間で7a高くなりました。
こちらの苗も、成長して葉っぱが横に広がってきたので、高さ方向の計測値は思ったほど伸びていません。

20210613ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき01.jpg
2021年6月13日 ユウスゲの芽 プランター3年目(2019年5月13日種まき)最大草丈45a

【プランター2年目のゆうすげ】

昨年(2020年)種まきして、今年2年目の苗です。
(6/14)草丈の最大は45a。前回(6/3)は33aだったので、この11日間で12a高くなりました。
苗が若くて葉っぱが細い割には、折れ曲がったり、横にたわむことも少なく、立派なサイズに成長しています。

20210613ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき01.jpg
2021年6月13日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター2年目(2020年4月22日種まき)草丈45a

【ユウスゲ プランター1年目】

今年の4月4日にプランターに種まきしたユウスゲです。
5月17日に最初の発芽を確認し、その後y順調に成長しています。
6月6日付けのユウスゲ日記でも記載したように、2つの内、1つのプランターで発芽率100%を達成していますが、もう一方のプランターの発芽率もわずかながら上がっています。

20210613yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年6月13日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)

2つのプランターには異なる種がまかれています。
1.草花館のユウスゲ苗をいったん軽井沢町大日向の知人宅で数年間育て、その種(2020年産)を再び草花館でまいたもの
2.草花館で昨年収穫した種をまいたもの

現時点(6/14)での発芽率は
 1.大日向採取の種:74/74=100%(最大草丈16a)
 2.草花館採取の種:55/66=83%(最大草丈15a)

と極めて良好です。草花館で採取した種の発芽率は6月6日の82%から1%上がって83%になりました。

【地植えのゆうすげ】

地植えのゆうすげもまずまず順調に成長を続けています。
草丈最大で90aとなり、現在軽井沢草花館のユウスゲの中で最も大きな苗となっています。

20210613ユウスゲ_地植01.jpg
2021年6月13日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植え(草丈65a)

20210614ユウスゲ_地植B02花茎.jpg
2021年6月14日 軽井沢草花館 花茎の出たユウスゲ 地植え

下写真:上の写真の拡大です。花茎の高さは42aです。
※一昨日(6/12)最初に見つけた花茎は、(6/12)21a、(6/13)29a、(6/14)40aと成長しています。

20210614ユウスゲ_地植B03花茎.jpg
2021年6月14日 軽井沢草花館 花茎の出たユウスゲ 地植え (花茎の高さ42a)

つづく
posted by kusabanakan at 11:53| ゆうすげ日記

2021年06月12日

2021(16)今期最初、ユウスゲの花茎確認(6/12)

本日(6/12)、ユウスゲの花茎を1本確認しました。
軽井沢草花館の庭のユウスゲとしては例年よりもすこし早めで、このまま順調に成長すると7月上旬から花が咲きはじめそうです。

20210612ユウスゲ_地植A02花茎.jpg
2021年6月12日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)の花茎(21cm)

下の写真は株全体です。草丈は75a。順調に成長しています。

20210612ユウスゲ_地植A03花茎.jpg
2021年6月12日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)草丈75a

*******************
軽井沢草花館のユウスゲ 各年の花茎&開花 開始日
(※花茎の確認と最初の開花は必ずしも同じ株ではありません)

【2021年】
花茎の確認:6月12日 確認時の高さ21.0a
最初の開花:?
【2020年】
花茎の確認:6月18日 確認時の高さ70.0a
最初の開花:7月13日
【2019年】
花茎の確認:6月19日 確認時の高さ20.0a
最初の開花:7月22日
【2018年】
花茎の確認:6月13日 確認時の高さ25.0a
最初の開花:7月7日
【2017年】
花茎の確認:6月21日 確認時の高さ50.0a
最初の開花:7月8日
【2016年】
花茎の確認:6月11日 確認時の高さ31.0a
最初の開花:7月3日
【2015年】
花茎の確認:6月17日 確認時の高さ22.5a
最初の開花:7月15日
【2014年】
花茎の確認:6月27日 確認時の高さ65a
最初の開花:7月14日
【2013年】
花茎の確認:6月24日 確認時の高さ45a
最初の開花:7月14日
【2012年】
花茎の確認:7月2日 確認時の高さ20a
最初の開花:7月25日
※この2012年は5/28にひょう被害、6/19に台風被害があり、ユウスゲたちにとって過酷な年でした。
【2011年】
花茎の確認:?
最初の開花:7月10日

過去のブログ「ユウスゲ日記」より
*******************
posted by kusabanakan at 20:07| ゆうすげ日記

2021年06月06日

2021(15)1年目のユウスゲ発芽率100%達成!草丈最大は地植え70a(6/6)

前回6/3から3日ぶりのユウスゲ日記です。

まず、今年(2021)種まきしたプランター2つの内の1つのプランターで発芽率100%を達成しました。撒いた種がすべて発芽したことが今まで一度もなかったので、大変驚いていると同時にうれしいです。
もう一つのプランターも前回(6/3)52/66=79%だった発芽率が54/66=82%となり、こちらも優秀な発芽率となっています。

そして、状態が悪く、5月24日に裁断した鉢植え13年目のユウスゲですが、その後の成長が著しく、前回(6/3)最大草丈21aでしたが、今回(6/6)26aになっていました。3日間で5aの伸びたことになり、ハイペースでの成長を続けています。

その他のユウスゲでは
・プランター13年目のユウスゲ:草丈最大65a
・地植え:草丈最大70a(現在、軽井沢草花館の庭の中で最大)
といったところで、順調に成長しています。

以下、プランター1年目、鉢植え13年目(裁断後)の詳細です。

【ユウスゲ プランター1年目】

今年の4月4日、2つのプランターに種まきしたユウスゲです。

20210603yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年6月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)

2つのプランターには異なる種がまかれています。
1.草花館のユウスゲ苗をいったん軽井沢町大日向の知人宅で数年間育て、その種(2020年産)を再び草花館でまいたもの
2.草花館で昨年収穫した種をまいたもの

現時点(6/6)での発芽率は
 1.大日向採取の種:74/74=100%(最大草丈13a)
 2.草花館採取の種:54/66=82%(最大草丈10a)

大日向で育てた苗から採取した種の発芽率が100%となりました!
草花館で採取した種からの発芽率は80%を超えました。大日向産と比べると低いものの、優秀な発芽率と言えそうです。今後さらなる発芽も期待できそうです。
今回、大日向産と草花館産の種とでは種まき日と最初の発芽日は同時ですが、発芽率と成長スピードに差が出ています。大日向産の種は以前、草花館で育てた苗を知人に差し上げたもので、同じ町内の大日向で10年近く育っているものです。
日当たりも良く、毎年賑やかに花を咲かせているようで、苗としての状態が良いものです。草花館産の種は、ここ数年で開花数が減ってきていて全体的に状態がよいとは言えません。

20210606yusuge_planter_1y_20210404_02.jpg
2021年6月6日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)

【鉢植え13年目のゆうすげ】

5月24日、苗の状態が悪かったので、葉のつけ根から裁断したユウスゲですが、その後、ハイペースで葉が伸びてきて、以下の写真のような姿になっています。
前回(6/3)の時点で最大草丈21aでしたが、本日(6/6)26aになっていました。花が咲くようなことがあるでしょうか?

20210606ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年6月6日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)※5月24日に裁断

20210606ユウスゲ_鉢植13年目02.jpg
2021年6月6日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)※5月24日に裁断

つづく
posted by kusabanakan at 16:38| ゆうすげ日記

2021年06月03日

2021(14)1年目のユウスゲ発芽率99%!草丈最大は地植え65a(6/3)

6月に入りました。
例年、6月の半ば過ぎくらいからユウスゲに花茎が出始めて、早ければ7月上旬、通常7月半ばくらいから開花が始まっています。今年はおおむね平年並みに成長を続けていますが、今後の成長が楽しみです。

今回の観察で興味深いのは、5月24日に裁断したユウスゲがすごい勢いで葉を伸ばしてきたことです。復活してからの開花があるのか?と期待してしまいます。また、今年種まきしたユウスゲの発芽率が過去最高の成績です。
以下、プランター13年目、鉢植え13年目、プランター5年目、3年目、2年目、1年目、地植えの順に詳細です。

【プランター13年目のゆうすげ】

葉っぱが垂れ下がって、少し元気のないところが気がかりな苗です。
葉が黄色く変色するものもあり、見つけた時に、はさみでその部分だけ取り除いています。
今年で13年目をむかえ、老化があるのでしょうか?
それでも、草丈は60aになり、5/28に測定したときの55aより高くなっていました。
成長は続いています。

20210603ユウスゲ_プランター13年目02.jpg
2021年6月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター 13年目(草丈60a)

【鉢植え13年目のゆうすげ】

5月24日、苗の状態が悪かったので、葉のつけ根から裁断したユウスゲですが、その後、すごいペースで葉が伸びてきて、以下の写真のような姿になっています。
裁断してから今日で10日目となりますが、一番成長したもので草丈21a。一日当たり2a以上伸びていることになります。

20210603ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年6月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)※5月24日に裁断

20210603ユウスゲ_鉢植13年目02.jpg
2021年6月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)※5月24日に裁断

下の写真は5月24日に裁断した直後に撮影したものです。

20210524ユウスゲ_鉢植13年目05.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)※裁断直後

【プランター5年目のゆうすげ】

5年目の苗は草丈最大で50aになりました。5月14日に測定したときは30aだったので、20日間で20a伸びたことになります。

20210603ユウスゲ_プランター5年目20170504種まき01.jpg
2021年6月3日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター5年目(2017年5月4日種まき)

【プランター3年目のゆうすげ】

この苗は、この春、最初に芽の出たユウスゲです。
現在の草丈は最大で38a。5月24日の測定では35aだったので、10日間でわずか3a高くなっただけでした。
しかし、高さでは3aしか変わっていませんが、まだ3年目のか細い葉っぱなので、傾いてしまったり、折れ曲がったりしてしまったりで、高さとしては増えていないだけで、葉っぱ自体の長さは成長していると思います。

20210603ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき01.jpg
2021年6月3日 ユウスゲの芽 プランター3年目(2019年5月13日種まき)最大草丈38a

下の写真は前回5月24日に撮影したものです。

20210524ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき01.jpg
2021年5月24日 ユウスゲ プランター3年目(2019年5月13日種まき) 最大草丈35a

【プランター2年目のゆうすげ】

昨年(2020年)種まきして、今年2年目の苗です。
草丈の最大は33a。前回(5/24)の20aから13a高くなりました。順調に成長しています。

20210603ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき01.jpg
2021年6月3日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター2年目(2020年4月22日種まき)

【ユウスゲ プランター1年目】

今年の4月4日にプランターに種まきしたユウスゲです。
5月17日に最初の発芽を確認し、その後とてもよく成長しています。

20210603yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年6月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)

2つのプランターには異なる種がまかれています。
1.草花館のユウスゲ苗をいったん軽井沢町大日向の知人宅で数年間育て、その種(2020年産)を再び草花館でまいたもの
2.草花館で昨年収穫した種をまいたもの

現時点(6/3)での発芽率は
 1.大日向採取の種:73/74=99%(最大草丈12a)
 2.草花館採取の種:52/66=79%(最大草丈9a)

と極めて良好です。特に大日向で育てた苗から採取した種の発芽率はほぼ100%となっていて、過去最高です。今後、草花館で採取した種からの発芽率がどこまで上がるのか楽しみです。

【地植えのゆうすげ】

地植えのゆうすげもまずまず順調に成長を続けています。
草丈最大で65aとなり、現在軽井沢草花館のユウスゲの中で最も大きな苗となっています。

20210603ユウスゲ_地植01.jpg
2021年6月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植え(草丈65a)

つづく
posted by kusabanakan at 20:00| ゆうすげ日記

2021年05月31日

2021(13)ユウスゲの葉にアブラムシ(5/31)

毎年のことではありますが、ユウスゲの葉にアブラムシが付きはじめました。
5月中の発生で例年よりも少し早いかもしれません。

20210531ユウスゲ_アブラムシ.jpg
2021年5月31日 軽井沢草花館 ユウスゲの葉に付いたアブラムシ

発生したのは葉っぱの裏側です。かぞえたところ全部で79匹(白77、茶色2)いました。
放置しておくと、凄まじいペースで繁殖してしまうので、この撮影の後に駆除しました。

ユウスゲやニッコウキスゲ、ヤブカンゾウなどにこのアブラムシが付くのは「付き物」のようなもので、自生地でもごく当たり前のように見ます。

希釈した木酢液を噴霧すると、多少予防になるようで、過去試してみたこともありますが、劇的に効くということもなく、アブラムシが付いたからと言って花が咲かなくなるようなこともないことから、ここ数年は、気が付いたら駆除する程度の対応をしています。
※基本的に指で取り除いて駆除しています。
posted by kusabanakan at 15:07| ゆうすげ日記

2021年05月28日

2021(12)地植えのユウスゲ草丈60a(5/28)

前回5月24日以来4日ぶりの更新です。
地植えのユウスゲが草丈が(最大で)60aに達しました。
前回は最大で50aだったので、4日で10a伸びたことになり、ぐんぐんと成長しています。

今年種まきした1年目のユウスゲは前回確認した時よりも発芽数が増えました。

また、状態が悪く裁断した鉢植え13年目のユウスゲは、切ったところから葉が伸びてきました。

以下詳細

【鉢植え13年目のユウスゲ 裁断するも成長続く】

前回(5/24)、苗の状態が悪く、思い切って苗を裁断した鉢植え13年目のユウスゲの続報です。
苗の生命力は強く、切ったところから葉が伸びてきました。

20210528ユウスゲ_鉢植13年目0524裁断後01.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)

20210528ユウスゲ_鉢植13年目0524裁断後02.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)

下は前回(5/24)、苗をせん断した直後に撮影した写真です。

20210524ユウスゲ_鉢植13年目05.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)

(参考)下の写真は裁断する前の苗

20210524ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)

【プランター13年目のユウスゲ】

前回(5/24)まで軽井沢草花館のユウスゲの中で最も大きく成長していた株でしたが、草丈が高くならず、逆に低くなっていました。
13年目の立派な苗なので、葉っぱが太く重さがあるので、葉っぱがしなって横に伸びているからかもしれません。
※一部の葉っぱが黄色くなっていたので、その部分ははさみで取り除きました。

20210528ユウスゲ_プランター13年目02.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ(プランター13年目) 最大草丈55a

下の写真は前回(5/24)撮影の一枚

20210524ユウスゲ_プランター13年目02.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(プランター13年目) 最大草丈58a 

【プランター1年目のユウスゲ】

今年(2021年)4月4日に種まきした1年目の苗です。

2つのプランターには
1.草花館のユウスゲ苗をいったん軽井沢町大日向の知人宅で数年間育て、その種(2020年産)を再び草花館でまいたもの
2.草花館で昨年収穫した種をまいたもの
の苗を育てています。

20210528yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター1年目(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)
 ※上:大日向産の種74粒、下:草花館産の種66粒

どちらも同じ日に種まきし、同じ日に発芽を始めていますが、発芽率に差が生じています。
今のところ、大日向のユウスゲの方が発芽率が高くなっています。

(大日向)
74粒中68発芽:発芽率92%(前回73%)

(草花館)
66粒中39発芽:発芽率59%(前回41%)

【地植えのユウスゲ】

最も大きなもので草丈60aに達しました。
プランター13年目の苗を抜いて、軽井沢草花館の中で最も草丈の高いユウスゲとなりました。

20210528ユウスゲ_地植01.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植え 草丈最大60a

20210524ユウスゲ_地植01.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植え 草丈最大50a
posted by kusabanakan at 20:22| ゆうすげ日記

2021年05月24日

2021(11)13年目のユウスゲ弱る(5/24)

5月の半ばから梅雨入りしたかのような天気が続きます。
今日も朝から曇り時々晴れ、そして夕方一時的に雨も降りました。
日照時間が短く、このままの天気が続くと、ユウスゲを含む植物への影響も心配です。

そんな中、軽井沢草花館のユウスゲの中で13年目をむかえた古い株が弱ってしまったため、裁断しました。
今日のユウスゲ日記は、裁断したユウスゲの詳細と、1年目、2年目、3年目、13年目(共にプランター)、地植えのユウスゲの状況をつづります。

【鉢植え13年目のユウスゲ → 裁断へ】

昨日、軽井沢草花館で育てているユウスゲのなかでも古い株が弱っているのに気が付きました。
鉢植えでは最も古い13年目の苗です。

20210524ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)

この株は去年(2020)から状態が悪く、去年は花が咲きませんでした。
今年は、1週間くらい前まではしっかりと葉を茂らせて元気に育っていましたが、
徐々に元気がなくなってきて葉っぱに張りがなく、黄色や茶色に変色したり、折れ曲がったりするようになってしまいました。

20210524ユウスゲ_鉢植13年目02.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)

下の写真は、黄色くなってしまった葉っぱ。病気なのか?

20210524ユウスゲ_鉢植13年目03.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)

このまま世話を続けても、改善しないだろうと判断し、思い切って裁断しました。

20210524ユウスゲ_鉢植13年目04.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目) 下のマットは50センチ角タイル

下の写真は裁断後の鉢植えです。根はそのままなので、土を改良して来年(14年目のシーズン)に備えてみます。
もう長い年月咲いてきた苗なので寿命なのかも知れませんが、確認の意味も含めて今後の成長を見届けたいと思います。

20210524ユウスゲ_鉢植13年目05.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)

【プランター13年目のユウスゲ】

こちらの苗も13年目をむかえたユウスゲです。

20210524ユウスゲ_プランター13年目02.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(プランター13年目) 最大草丈58a

現在、地植えを含めて軽井沢草花館内で最も大きく育っている株となります。
草丈は最大58a。
葉っぱの幅が他に比べて太くて立派だからかも知れませんが、葉の先端が垂れ下がっています。

気になるのは、一部の葉に痛みがあり、黄色く変色したものも見られます。
鉢植えのユウスゲのように弱ってくるかもしれないと、心配にもなります。
去年は花も咲かせている苗ですが、今後の成長を注意深く観察したいと思います。

【プランター3年目のユウスゲ】

3年目のユウスゲは草丈35aに成長しています。前回5月14日に測定したときは最大草丈が23aだったので、10日間で12a伸びました。
現在の芽の数は35。種まきしたときの種の数が56粒だったので、発芽率は63%となります。
3年目としてはまずまずといったところではないでしょうか。

20210524ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき01.jpg
2021年5月24日 ユウスゲ プランター3年目(2019年5月13日種まき) 最大草丈35a

下の写真は10日前に撮影した写真です。

20210514ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき01.jpg
2021年5月14日 ユウスゲ プランター3年目(2019年5月13日種まき) 草丈最大23a

【プランター2年目のユウスゲ】

2年目の苗です。草丈最大は20aですが、葉っぱの幅が1a未満と細いため、横に傾いてしまっています。
葉っぱ自体の長さは最大で40aありました。

20210524ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき01.jpg
2021年5月24日 ユウスゲ プランター2年目(2020年4月22日種まき) 最大草丈20a

【プランター1年目のユウスゲ】

ちょうど1週間前に発芽を始めた1年目の苗です。
2つのプランターに異なる種をまきました。
1.草花館のユウスゲ苗をいったん軽井沢町大日向の知人宅で数年間育て、その種(2020年産)を再び草花館でまいたもの
2.草花館で昨年収穫した種をまいたもの

20210524yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター1年目(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)
 ※上:大日向産の種74粒、下:草花館産の種66粒

2つのプランターとも同じ日に種をまき、同じ日に芽が出ていますが、発芽率に差が出ています。

・大日向産の種

20210524yusuge_planter_1y_20210404_oohinata01.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ (2021年4月4日に種まき、2020年大日向産の種)

 74粒中54発芽:発芽率73%
 草丈最大:7.5a

・草花館産の種

20210524yusuge_planter_1y_20210404_kusabanakan01.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ (2021年4月4日に種まき、2020年草花館産の種)

 66粒中27発芽:発芽率41%
 草丈最大:7.0a

種まきの条件、環境は同じですが、発芽率にかなり差が出ています。
今後、差が縮まっていくのか、それともさらに開いていくのか?
観察を続けます。

【地植えのユウスゲ】

順調に大きくなっています。
草丈40センチ程度のものが多く、最大で50aありました。

20210524ユウスゲ_地植01.jpg
2021年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植え 草丈最大50a

posted by kusabanakan at 20:17| ゆうすげ日記

2021年05月17日

2021(10)今年まいたユウスゲの種から芽が出ました(5/17)

本日(5/17)、4月4日に種まきしたユウスゲの種から芽が出ました。
種まきから43日間かかりましたが、おおむね順調な成長ぶりではないでしょうか。
1つのプランターには昨年(2020)、軽井沢草花館で育ったユウスゲの種をまきました。
そしてもう一方のプランターには、10年近く前になると思いますが、軽井沢草花館のユウスゲ苗を軽井沢町大日向の知人に株分けして、その苗が育って(2020)収穫した種をいただいて、それをまいたものです。
結果として、本日、2つのプランターから同時(同日)に芽が出ました!

20210517yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)

2012〜2021年までのユウスゲ種まき日と発芽日
==========================
左から年、種をまいた日、発芽した日、発芽にかかった日数
2021年 4月4日、5月17日、43日間
2020年 4月22日、5月25日、33日間
2019年 5月2日、6月1日、30日間
2018年 4月15日、5月12日、27日間
2017年 4月14日、5月19日、35日間
2016年 4月12日、5月12日、30日間
2015年 4月14日、5月9日、25日間
2014年 4月11日、5月25日、44日間
2013年 4月23日、5月31日、38日間
2012年 4月18日、5月9日、21日間
--------------------------------------------
芽が出るまでにかかる日数の平均 33日間(10年間の平均)
==========================

【軽井沢草花館のユウスゲ種】

昨年(2020)、軽井沢草花館で咲いたユウスゲにできた種をまいたプランターには2つの芽が出ました(種66粒中)。

20210517yusuge_planter_1y_20210404_kusabanakan01.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽(2021年4月4日に種まき、2020年軽井沢草花館にて採取の種)

20210517yusuge_planter_1y_20210404_kusabanakan02.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽(2021年4月4日に種まき、2020年軽井沢草花館にて採取の種)

芽が出たばかりなので、まだ1aほどの小さな芽です。

20210517yusuge_planter_1y_20210404_kusabanakan03.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽(2021年4月4日に種まき、2020年軽井沢草花館にて採取の種)

【軽井沢町大日向のユウスゲ種】

昨年(2020)、軽井沢町大日向の知人宅で咲いたユウスゲにできた種をまいたプランターには5つの芽が出ました(種74粒中)。

20210517yusuge_planter_1y_20210404_oohinata01.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽(2021年4月4日に種まき、2020年大日向にて採取の種)

20210517yusuge_planter_1y_20210404_oohinata02.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽(2021年4月4日に種まき、2020年大日向にて採取の種)

こちらの芽もまだ1a程度の小さなものです。

20210517yusuge_planter_1y_20210404_oohinata03.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽(2021年4月4日に種まき、2020年大日向にて採取の種)
続きを読む
posted by kusabanakan at 19:34| ゆうすげ日記

2021年05月14日

2021(9)ユウスゲ草丈最大で45a(5/14)

軽井沢草花館で育てているユウスゲは順調に成長を続けています。
一番成長の早いもので、草丈45aに達しました。
以下、プランター13年目、鉢植え13年目、プランター5年目、プランター3年目、プランター2年目×2、地植え×2か所の観察記録です。

【プランター13年目のゆうすげ】

現在、軽井沢草花館のユウスゲの中で最も大きく成長している苗です。
今年で(種から)13年目をむかえ、草丈45aになりました。

20210514ユウスゲ_プランター13年目01.jpg
2021年5月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター 13年目(草丈45a)

下は前回(4/25)測定時で、この時は草丈30aを超えたくらいでした。

20210425ユウスゲ_プランター13年目01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター 13年目(草丈30a)

【鉢植え13年目のゆうすげ】

こちらも今年で13年目をむかえたユウスゲです。
草丈は35aで、プランター13年目の苗ほどではありませんが、立派な成長ぶりです。

20210514ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年5月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え 13年目(草丈35a)

下の写真は前回(4/25)の時の状態です。

20210425ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え 13年目(草丈20a)

【プランター5年目のゆうすげ】

5年目の苗では最大草丈30a。順調に成長を続けています。

20210514ユウスゲ_プランター5年目20170504種まき01.jpg
2021年5月14日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター5年目(2017年5月4日種まき)

【プランター3年目のゆうすげ】

この苗は、この春、最初に芽の出たユウスゲです。
3月27日に芽が出始めましたが、その後の成長はゆっくりで、現在の最大草丈は23aとなっています。

20210514ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき01.jpg
2021年5月14日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター3年目(2019年5月13日種まき)

下の写真は、3月27日に今年最初に芽が出た時に撮影したものです。

20210327ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき01.jpg
2021年3月27日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター3年目(2019年5月13日種まき)

【プランター3年目のゆうすげ】

こちらもプランターで育てて3年目の苗ですが、上で紹介した同じ3年目の苗と比べて、全体的に細くて弱々しい感じです。
最大草丈は17aでした。

20210514ユウスゲ_プランター3年目20190502種まき01.jpg
2021年5月14日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター3年目(2019年5月2日種まき)

【プランター2年目のゆうすげ】

昨年(2020年)種まきして、今年2年目の苗ですが、成長がとても良いです。
草丈は最大で27a。2年目にしては太さも立派です。
芽の数は48で、前回(4/25)数えた時の42に比べて、6つ増えていました。
昨年70粒の種を撒いたので、今年の発芽率は7割近く(69%)で、まずますの結果です。

20210514ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき01.jpg
2021年5月14日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター2年目(2020年4月22日種まき)

下の写真は前回(4/25)撮影したものです。

20210425ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター2年目(2020年4月22日種まき)

【ユウスゲ プランター1年目】

今年の4月4日にプランターに種まきしたユウスゲですが、本日5月14日現在、まだ芽が出てきていません。
下の写真は昨日5月13日に撮影したものですが、本日も芽は出てきませんでした。

20210513yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年5月13日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)

【地植えのゆうすげ】

地植えのゆうすげも順調に成長を続けています。
下の写真の苗は草丈が35a程となり、とても元気です。

20210514ユウスゲ_地植A01.jpg

2021年5月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植えA(草丈35a)

前回(4/25)撮影。上の写真と同じ苗。

20210425ユウスゲ_地植A01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植えA(草丈13a)

下の写真は上とは違う場所のユウスゲです。
草丈は大きなもので35aほど。元気に成長しています。

20210514ユウスゲ_地植B01.jpg

2021年5月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植えB

20210425ユウスゲ_地植B01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植えB

つづく
posted by kusabanakan at 20:34| ゆうすげ日記

2021年05月13日

2021(8)プランター7年目のユウスゲを地植えに植え替え(5/13)

前回4月25日以来、18日ぶりの更新です。
プランターや鉢植え、そして地植えのユウスゲは順調に成長を続けています。
本日のブログでは、それらの成長ぶりではなく、プランター7年目のユウスゲをプランターから出して、地植えに植え替えをしたことを書き留めておこうと思います。
また、今年種まきしたユウスゲの経過も最後にメモします。

【植替え プランター から 地植え へ】

下の写真はプランターで育てて、今年で7年目をむかえたユウスゲです。
今年も順調に芽を出し、草丈30a近くまで育ちました。

20210513ユウスゲ_プランター7年目01.jpg
2021年5月13日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター7年目

この苗を、地植えに植え替えることにしました。
(毎年、種から育てた苗を少しづつ地植えに植え替えています)
プランターから取り出すと、下の写真のように、びっちりと根っこが張っています。

20210513ユウスゲ_プランター7年目02.jpg
2021年5月13日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター7年目

結構大変な作業ですが、根っこをほぐしてみると下の写真のようになりました。
草丈よりも長く、40aくらいありました。
一昔前まで、ユウスゲはユリ科に分類(エングラー)され、一般的な図鑑でもユリ科として紹介されていましたが、近年のAPG分類ではススキノキ科に分類され、新しく出版された図鑑ではススキノキ科として紹介されるようになっています。
根を見ると、オニユリ、コオニユリ、ヤマユリなどに見られる「ゆり根」とは形状がまったく違います。

20210513ユウスゲ_プランター7年目03.jpg
2021年5月13日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター7年目

根の部分のアップです(下写真)。

20210513ユウスゲ_プランター7年目04.jpg
2021年5月13日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター7年目

これらの苗を敷地内に地植えしました。今年花が咲くか分かりませんが、来年でも再来年でも花を咲かせてくれればうれしいです。

【ユウスゲ プランター1年目】

今年の4月4日にプランターに種まきしたユウスゲですが、まだ芽が出てきていません。

20210513yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年5月13日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)

種を撒いていてから、今日で39日目。
今年は例年よりも早めに種を撒いたものの、芽の出る時期は遅れているようです。
4月、そして5月の気温が比較的低いことも影響しているでしょうか?
今まで、芽が出なかった年は一度もないので、そのうち芽が出てくれると信じています。

2012〜2020年までのユウスゲ種まき日と発芽日
==========================
左から年、種をまいた日、発芽した日、発芽にかかった日数
2021年 4月4日、?、?
2020年 4月22日、5月25日、33日間
2019年 5月2日、6月1日、30日間
2018年 4月15日、5月12日、27日間
2017年 4月14日、5月19日、35日間
2016年 4月12日、5月12日、30日間
2015年 4月14日、5月9日、25日間
2014年 4月11日、5月25日、44日間
2013年 4月23日、5月31日、38日間
2012年 4月18日、5月9日、21日間
==========================
posted by kusabanakan at 22:08| ゆうすげ日記

2021年04月25日

2021(7)プランターユウスゲの芽が30a超に(4/25)

4月10日付(写真は4/9)のアップから半月ぶりの更新です。
鉢植え、プランター、地植えのユウスゲはこの半月の間にだいぶ成長が進みました。
いちばん大きなもので、プランター13年目が30a超え、鉢植え13年目は約20aなど、一日一日大きくなってきています。
全体的にこの時期としての成長が早く、4月に記録的な暖かさだった2018年と同等か、それ以上の早さです。

【プランター13年目のゆうすげ】

前回(4/9)の時で草丈が15aになっていましたが、この半月で30aを超える大きさになりました。
13年目をむかえたこの苗は太さも15_くらいあり、全体的にどっしりとしていて立派です。

20210425ユウスゲ_プランター13年目01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター 13年目

【鉢植え13年目のゆうすげ】

前回(4/9)の草丈は大きなもので6aでしたが、今回(4/25)は20a近くにまで成長していました。
根元の部分の太さは12_ありました。プランター13年目の15_とまではいきませんが、とても立派な苗として成長を続けてくれています。

20210425ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え 13年目

下の写真は前回(4/9)の時の状態です。

20210409ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え 13年目

【プランター2年目のゆうすげ】

前回(4/9)に9aだった草丈も、今回(4/25)は14aありました。
芽の数は42個。昨年まいた種の数が70粒なので、発芽率は60%。まずまずといったところでしょうか。

20210425ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター2年目(2020年4月22日種まき)

下の写真は前回(4/9)撮影したものです。

20210409ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき01.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター2年目(2020年4月22日種まき)

【プランター1年目のゆうすげ】

今年の4月4日に種まきしたプランターは、ちょうど3週間が経過しましたが、まだ芽が出てきていません。

20210425yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)

【地植えのゆうすげ】

地植えのゆうすげも成長が進みました。
また、前回(4/9)から約半月の間に、新たにたくさんの芽が出てきています。

下の写真の苗は前回草丈が4aを超えたくらいでしたが、今回13aくらいに成長して、現時点で最も大きな苗です。

20210425ユウスゲ_地植A01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植えA(草丈13a)

前回(4/9)撮影。上の写真と同じ苗。

20210409ユウスゲ_地植A01.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植えA(草丈4a)

下の写真は上とは違う場所のユウスゲです。
新たにたくさんの芽が出ていて、草丈は10a以下のものがほとんどです。

20210425ユウスゲ_地植B01.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植えB

つづく
posted by kusabanakan at 16:34| ゆうすげ日記

2021年04月10日

2021(6)プランターユウスゲの芽が15aに(4/9)

きのう4/9に観察したユウスゲ日記です。
3月31日以来、9日ぶりのユウスゲの芽を観察しました。
今回はプランター13年目、鉢植え13年目、プランター3年目、プランター2年目、地植えの5か所です。

3月の時はまだ芽が出て間もない頃だったので、芽の数が少なく、サイズも小さなものでしたが、4月に入ってからだいぶ成長していました。

【プランター13年目のゆうすげ】

芽の数が増え、サイズも大きくなりました。最も大きなサイズの芽の高さは15aで、3月30日に測定したときの芽のサイズ(4.5a)よりも3倍以上高くなりました。

20210409ユウスゲ_プランター13年目01.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター 13年目

20210409ユウスゲ_プランター13年目02.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター13年目(芽の高さ:最大で15a)

下の写真は4月30日に撮影した写真です。

20210330ユウスゲ_鉢植13年目02.jpg
2021年3月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター13年目(芽の高さ:最大で4.5a)

【鉢植え13年目のゆうすげ】

3月31日に観察した時には、まだ芽が出始めで、大きなサイズでも芽の高さが22_しかありませんでしたが、今回は大きなもので60_ありました。芽の数も8個から12個へと4個増えました。
芽の数は全部で8つ。最大で高さ22ミリでした。
昨日も確認したはずですが、そのときには芽の存在に気がつきませんでした。

20210409ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え 13年目

20210409ユウスゲ_鉢植13年目021.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え13年目(芽の高さ:最大で6a)

20210331ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年3月31日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え13年目(芽の高さ:最大で2.2a)

【ユウスゲ 3年目プランター】

3月27日に高さ1.5aになったユウスゲの芽を確認しましたが、今回4/9の測定では、最大で7aを超えていました。
約2週間で1.5aから7a超へと、4倍以上になりました。

20210409ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき02.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター3年目(2019年5月13日種まき)

20210409ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき01.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター3年目(2019年5月13日種まき)

20210327ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき01.jpg
2021年3月27日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター3年目(2019年5月13日種まき)

【ユウスゲ 2年目プランター】

3月27の時には、芽の大きさは最大4aでしたが、今回(4/9)は最大9aになっていました。

20210409ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき01.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター2年目(2020年4月22日種まき)

下写真は、3月27日に観察した時に撮影したもの

20210327ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき01.jpg
2021年3月27日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター2年目(2020年4月22日種まき)

【地植えのゆうすげ】

地植えのゆうすげも芽が大きくなっていました。
3月31日に8ミリ程度だった小さな芽が、4aを超える大きさに成長していました。

20210409ユウスゲ_地植A01.jpg
2021年4月9日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植え

20210331ユウスゲ_地植A01.jpg
2021年3月31日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植え

つづく
posted by kusabanakan at 22:04| ゆうすげ日記

2021年04月04日

2021(5)種まきしました(4/4)

本日、プランター2つにユウスゲの種を撒きました。
この春は非常に気温が高いというのもありますが、ここ10年で最も早い時期の種まきです。
プランターの土はホームセンターで売っているごく一般的な培養土ですが、少しだけ(5%くらい)赤玉を混ぜています。

20210404yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2020年採取の種)※穴に2粒ずつ

2つのプランターは
・2020年秋に軽井沢草花館の庭で咲いたユウスゲから収穫した種を66粒
・2020年秋に大日向の知人宅で咲いたユウスゲの種を74粒 ※元・草花館の庭のユウスゲを移植
の2通りにしました。
もともと草花館の庭で咲いていたユウスゲですが、一方は同じ軽井沢町内の大日向に株分け(移植)して育てていただいている株から採れた種です。

20210404yusuge_planter_1y_20210404_02.jpg
2021年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2020年採取の種)

下の表は過去10年の種まき日/発芽日の記録をまとめたものです。
種まきから発芽までの期間は最短で3週間、長い時は一か月半かかっていますが、今年はどうなるでしょうか?

2012〜2020年までのユウスゲ種まき日と発芽日
==========================
左から年、種をまいた日、発芽した日、発芽にかかった日数
2021年 4月4日、?、?
2020年 4月22日、5月25日、33日間
2019年 5月2日、6月1日、30日間
2018年 4月15日、5月12日、27日間
2017年 4月14日、5月19日、35日間
2016年 4月12日、5月12日、30日間
2015年 4月14日、5月9日、25日間
2014年 4月11日、5月25日、44日間
2013年 4月23日、5月31日、38日間
2012年 4月18日、5月9日、21日間
==========================
posted by kusabanakan at 21:28| ゆうすげ日記

2021年03月31日

2021(4)鉢植え13年目&地植えのゆうすげに芽が出ました(3/31)

今日も暖かな一日となりました。
朝の気温は4日続けてプラス気温、3月の平均気温(30日までで3.6度)は気象観測史上最も高くなることがほぼ確実となりました。

さて、本日、鉢植え、そして地植えのゆうすげに芽が出ていることを確認しました。
これで、プランター、鉢植え、地植えのすべてで芽が出たことになります。
3月末としては、これまでになかった早い芽吹きです。

【鉢植え13年目のゆうすげ】

鉢植えで13年目をむかえた苗から芽が出ていました。
芽の数は全部で8つ。最大で高さ22ミリでした。
昨日も確認したはずですが、そのときには芽の存在に気がつきませんでした。

20210331ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年3月31日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え13年目

【地植えのゆうすげ】

地植えのゆうすげも芽を出していました。
地面から出てきたばかりの芽で、高さにして8ミリくらいでした。

20210331ユウスゲ_地植A01.jpg
2021年3月31日 軽井沢草花館 ユウスゲ 地植え

つづく
posted by kusabanakan at 22:09| ゆうすげ日記

2021年03月30日

2021(3)プランター13年目のゆうすげ、今年も芽がでました!(3/30)

暖かな3月ですが、月の終盤に来てさらに気温が上がってきました。
昨日(3/29)までの3月の平均気温は3.4度で、3年前(2018)に記録した3月の平均気温記録3.5度を超えていきそうなです。
また、3月は軽井沢の気象観測史上初めての積雪ゼロセンチになる可能性が高くなりました。

さて、こんな暖かな陽気に、ゆうすげの芽が次々と出てきています。
今日は、種から育てて13年目のシーズンを迎えたプランターのゆうすげが芽を出していました。

20210330ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年3月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター13年目

下写真:さすが13年目の芽。2年目、3年目の芽とは比べると太いです。

20210330ユウスゲ_鉢植13年目02.jpg
2021年3月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター13年目(約45_)

ゆうすげは多年草ですが、13年も続いて芽を出してくれるとは、本当にうれしく思います。
地植えのゆうすげはまだ見つけられていませんが、そろそろ出てきそうです。

【おまけ】

ゆうすげの咲くプランターでナメクジを見つけました。
暖かくなって、出てきたのでしょう。

20210330なめくじ.jpg
2021年3月30日 軽井沢草花館 なめくじ
posted by kusabanakan at 21:42| ゆうすげ日記

2021年03月27日

2021(2)プランターから次々に芽が(3/27)

前回(3/16)のブログでは、軽井沢草花館で記録を取り始めた2012年から最も早くに芽が出たことを報告しました。
この時の3年目プランターのその後、そして新たに2年目のプランターからも芽が出ていたので様子をメモします。

【ユウスゲ 3年目プランター】

下の写真は前回(3/16)初めての芽を確認し種から育てて3年目のプランターです。
芽の高さは前回の8_から15_に成長していましたが、まだまだ小さくて、遠目には気が付かないほどです。
それでも、次々に芽が出てきていて、前回は4つしか確認できなかった芽ですが、今回は17個確認できました。

20210327ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき01.jpg
2021年3月27日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター3年目(2019年5月13日種まき)

下写真は一番成長の早い芽で、高さにして15_ありました。

20210327ユウスゲ_プランター3年目20190513種まき02.jpg
2021年3月27日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター3年目(2019年5月13日種まき) 芽の数17個(最大15_)

【ユウスゲ 2年目プランター】

前回(3/16)の時には、気が付きませんでしたが、こちら2年目のプランターからもたくさんの芽が出ていました。
3年目の芽よりも大きく、最も大きな芽で高さ4a。
芽の数も20あり、3年目のプランターよりも多く出ていました。

20210327ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき01.jpg
2021年3月27日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター2年目(2020年4月22日種まき)

下の写真は、2年目プランターの中で最も大きな芽で、高さにして最大4aありました。

20210327ユウスゲ_プランター2年目20200422種まき02.jpg
2021年3月27日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター2年目(2020年4月22日種まき) 芽の数20個(最大40_)

以上
posted by kusabanakan at 20:33| ゆうすげ日記