2017年04月22日

イヌブナ日記(117)実生から6年目のシーズン始まる

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

2012年春から実生の苗を育て始め、この春で6シーズン目に入りました。
「鉢植え」という特殊な環境で育てているためか、
株のサイズは小さく、結果的に「盆栽」のような楽しみ方になっています。
それでも、しっかりと毎春芽を出し、美しい新緑を楽しみ、
秋にまた黄葉で楽しませてもらっています。

以下、先週4月16日に撮影した写真をメモとして残します。

【イヌブナA】

20170416inubuna_A01.jpg

2017年4月16日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 樹高44.0a、幅約90a

下は前回(2016年12月25日)撮影した時の写真。サイズを比べれば今回のほうが高さプラス1a、幅マイナス10a。
ずいぶん差が出ましたが、霜の有無、定規のあて方の差、等で誤差が生じるのだろうと思います。
基本的には昨年末から変化していないと思います。

20161225inubuna_A01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高43.0a、幅100a

冬芽の長さは20_で、昨年11/30に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_A02.jpg
2017年4月22日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 冬芽 約20_

20161130inubuna_A02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で、8/25に測定したときから変化ありません。

20170416inubuna_A03.jpg
2017年4月16日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 幹直径11_

20161225inubuna_A03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20170416inubuna_B01.jpg
2017年4月16日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 樹高20a、幅18.5a

前回(3/26)のブログにもメモしましたが、この冬の間に幹(枝)が折れてしまい、全体のプロポーションが大きく変わってしまいました。

20161225inubuna_B01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31(32.5)a、幅48a

(下写真)冬芽の長さは17_。昨年まで測定していた枝が折れてしまったため、前回(12/25)とは別の冬芽を測定しました。

20170416inubuna_B02.jpg

2017年4月16日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 冬芽 約17_

20161225inubuna_B02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_


20170416inubuna_B03.jpg
2016年4月16日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 幹直径8_

20161225inubuna_B03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:定規のあて方や霜による土の盛り上がりなどで前回の測定値とは若干の差が出ましたが、測定誤差の範囲ではないかと思います。また、イヌブナBはこの冬の間に幹(枝)が折れてしまったため、前回より10a以上、低くなりました・

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、
2017年4/16:20a(枝が折れたため)

冬芽:イヌブナAは昨年10/8から4/16の間で長さに変化はありませんでした。一方イヌブナBは枝が折れたことから、違う芽の大きさを計測。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

幹サイズ:昨年8/25から今年4月16日までの間で幹の直径に変化はありませんでした(A、B共に)

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)

つづく
posted by kusabanakan at 20:23| イヌブナ日記

2017年03月26日

イヌブナ日記(116)枝折れる

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

1月2日以来の更新です。
3月も下旬となりましたが、芽吹きの時期はおおむね5月に入ってから。
あと1か月以上も先になります。

20170326inubuna_A&B01.jpg

2017年3月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 上:イヌブナA、下:イヌブナB

さて、今日は朝から雪、軒下に置いているイヌブナの鉢植えにも、雪がかぶり、真っ白です。

20170326inubunaB01.jpg

2017年3月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 幹(枝)が折れてしまったイヌブナB

これはちょっと前の話になりますが、
3月に入ってから、鉢植えを移動する際に、誤って、幹(枝)を折ってしまいました(上写真)。

下は、昨年末(11月30日)に撮影した写真です。
幹が斜め方向に伸びていましたが、先端から20aくらい短くなりました(下写真参考)

20161130inubuna_B01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

幹(枝)の折れたことは残念ですが、イヌブナBが今後どうやって、大きくなっていくのか楽しみです。
posted by kusabanakan at 13:44| イヌブナ日記

2017年01月02日

イヌブナ日記(115)クリスマスのイヌブナ(実生から5年目)

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

11月30日以来、25日ぶりに観察した12月25日の記録を本日(1月2日)更新します。
クリスマスシーズンでも葉っぱはほとんど残っています。

以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20161225inubuna_A01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高43.0a、幅100a

樹高は43aで、前回(11/30)よりも1a高くなっていますが、定規のあて方の誤差、また霜による土の盛り上がりが考えられるので、実際に枝が伸びているわけではないものと思われます。

20161130inubuna_A01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

冬芽の長さは20_で、10/8に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_A02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

20161130inubuna_A02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で、8/25に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_A03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20161130inubuna_A03.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20161225inubuna_B01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31(32.5)a、幅48a

定規の値は樹高32.5_となり、前回(11/30)の31aに比べて高くなっていましたが、定規のあて方の差や霜による土の盛り上がりによって、高くなっているだけで、実際に枝が伸びているわけではないのだろうと思います。ここでは前回と同じ31.0aとして記録します。

20161130inubuna_B01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

冬芽の長さは25_で、イヌブナA同様、10/8に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_B02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161130inubuna_B02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161225inubuna_B03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

20161130inubuna_B03.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:10/8から変化ないと思われます(A、B共) ※定規のあて方や霜による土の盛り上がりなど測定誤差があるかもしれない

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a

冬芽:10/8から12/25の間で長さに変化はありませんでした(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_

幹サイズ:8/25から12/25の間で幹の直径に変化はありませんでした(A、B共に)

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)

つづく
posted by kusabanakan at 16:54| イヌブナ日記

2016年11月30日

イヌブナ日記(114)イヌブナの葉っぱも完全に茶褐色化

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

11月24日以来、6日ぶりの更新です。また、樹高や冬芽の観察/測定としては、11月13日以来、17日ぶりの更新です。
24日に降った雪もすっかり溶けています。

以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20161130inubuna_A01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

樹高は42aで、前回(11/13)と同じでした。空気も乾燥していて、こういう時は葉っぱが丸まっています。
ほとんど落葉もしていない感じで、見た目の変化も特にありません。

20161113inubuna_A01.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

冬芽の長さは20_で、10/8に測定したときから変化ありません。

20161130inubuna_A02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

20161113inubuna_A03.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で、8/25に測定したときから変化ありません。

20161130inubuna_A03.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20161113inubuna_A04.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20161130inubuna_B01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

樹高は31aで11/13の時と比べて変化はありませんでした。
11/13の時には木の下の方で黄色味を残していた葉っぱも茶褐色化してほかの葉っぱ同様の状態になりました。

20161113inubuna_B01.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

冬芽の長さは25_で、イヌブナA同様、10/8に測定したときから変化ありません。

20161130inubuna_B02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161113inubuna_B03.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

幹の直径は8_で、イヌブナA同様、8/25に測定したときから変化ありません。

20161130inubuna_B03.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

20161113inubuna_B04.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:10/8から変化ないと思われます(A、B共) ※定規のあて方など測定誤差があるかもしれない

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a

冬芽:10/8から11/30の間で長さに変化はありませんでした(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_

幹サイズ:8/25から11/30の間で幹の直径に変化はありませんでした(A、B共に)

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)

つづく
posted by kusabanakan at 15:05| イヌブナ日記

2016年11月24日

イヌブナ日記(113)初雪かぶる 11月としては記録的な積雪量

今季の初降雪です。
未明から降り始めた雪は、昼過ぎには20aを超え、11月としては記録的な大雪となりました。
イヌブナ(実生5年目)の鉢には雪が降り積もり、寒々しい姿になりました。
記録として日記に収めます。

20161124inubuna_A01.jpg
2016年11月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

下は9日前に撮影した写真です。このときは雨上がりで、カラカラに乾燥して丸まっていた葉っぱもすっかり元の形に戻っていました。

20161115inubuna_A01.jpg
2016年11月15日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 

20161124inubuna_A02.jpg
2016年11月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

20161115inubuna_A02.jpg
2016年11月15日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 

20161124inubuna_B01.jpg
2016年11月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

20161115inubuna_B01.jpg
2016年11月15日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

20161124inubuna_B02.jpg
2016年11月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

20161115inubuna_B02.jpg
2016年11月15日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目
posted by kusabanakan at 17:49| イヌブナ日記

2016年11月13日

イヌブナ日記(112)葉っぱが乾燥&茶褐色

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

10月24日以来、19日ぶりの更新です。
10月25日以降、さらに冷え込みが厳しくなりました。朝晩氷点下になることが多く、秋も深まってきました。
イヌブナはA、Bともにすっかり葉が褐色しました。また、今日は空気が乾燥していたこともあり、葉っぱが丸まってすっかり冬の姿になっていました。

以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20161113inubuna_A01.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

樹高は42aで、前回(10/24)と同じでした。
しかし、葉が茶褐色化して、すっかり冬の姿に変わりました。

20161024inubuna_A01.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

下の写真はイヌブナAを上から撮影したものです。すべての葉っぱが乾燥して茶褐色化しています。

20161113inubuna_A02.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

下は前回(10月24日)撮影した写真。この19日間で姿が大きく変わったのがよく分かります。

20161024inubuna_A02.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

冬芽の長さは20_で前回(10/24)と同じ20_でした。さらに遡ると10月8日に測定したときも20_だったので、その時から変化していません。

20161113inubuna_A03.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

20161024inubuna_A03.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で前回(10/24)と同じでした。

20161113inubuna_A04.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20161024inubuna_A04.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20161113inubuna_B01.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

樹高は31aで前回(10/24)の時と比べて変化はありませんでした。

20161024inubuna_B01.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

下の写真はイヌブナBを上から撮影したものです。
イヌブナA同様、ほとんどの葉っぱが乾燥して茶褐色化しました。一部、幹の下の方の葉っぱは、まだ黄色味を帯びていて、完全に乾燥していない状態でした。

20161113inubuna_B02.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

20161024inubuna_B02.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

冬芽の長さはイヌブナAと同様、前回(10/24)の時から変化がなく25.0_でした。さらに遡ると10月8日に測定したときから25.0_の状態が続いています。

20161113inubuna_B03.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161024inubuna_B03.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

幹の直径は8_で前回(10/24)から変化ありませんでした。

20161113inubuna_B04.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

20161024inubuna_B04.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:10/8から変化ないと思われます。

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_

冬芽:10/8から10/24の間で長さに変化はありませんでした(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_

幹サイズ:変化ありませんでした

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)

つづく
posted by kusabanakan at 19:00| イヌブナ日記

2016年10月24日

イヌブナ日記(111) 黄葉するも冬芽は成長なし

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

10月8日以来、16日ぶりの更新です。
この16日間に冷え込みが厳しくなり、葉っぱの色が一気に黄色味を帯びました。秋が深まってきたことを見た目からも感じます。
樹高、幹の直径、冬芽の長さに変化は見られませんでした。
以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20161024inubuna_A01.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

樹高は42aで、前回(10/8)と同じでした。
葉っぱの色は大きく変化して黄色くなりました。

20161008inubuna_A01.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

下の写真はイヌブナAを上から撮影したものです。葉っぱの半分以上が黄葉し一部は枯れています。緑の葉っぱも少し残っています。

20161024inubuna_A02.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

冬芽の長さは20_で前回(10/8)と同じ20_でした。

20161024inubuna_A03.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

20161008inubuna_A02.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で前回(10/8)と同じでした。

20161024inubuna_A04.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20161008inubuna_A03.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20161024inubuna_B01.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

樹高は31aで前回(10/8)の31.5aに比べて0.5aも低くなっていましたが、枝のたわみ具合や定規の当て方による誤差と思われます。

20161008inubuna_B01.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31.5a、幅48a

下の写真はイヌブナBを上から撮影したものです。
上部の葉っぱはすでに落ちていています。
残った葉っぱは上の方が黄葉し、その他大半の葉っぱはまだ緑色です。

20161024inubuna_B02.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

冬芽の長さはイヌブナAと同様、前回(10/8)の時から変化がなく25.0_でした。
太さにも変化はなさそうです。

20161024inubuna_B03.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161008inubuna_B02.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

幹の直径は8_で前回(10/8)から変化ありませんでした。

20161024inubuna_B04.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

20161008inubuna_B03.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:10/8から変化ないと思われます。

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a


冬芽:10/8から10/24の間で長さに変化はありませんでした(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_

幹サイズ:変化ありませんでした

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)

つづく
posted by kusabanakan at 16:37| イヌブナ日記

2016年10月08日

イヌブナ日記(110)わずかに黄葉 冬芽成長続く

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

9月24日以来、14日ぶりの更新です。
10月に入り、葉っぱの色がわずかに黄色くなってきましたが、葉っぱはまだしっかりと残っています。
樹高や幹の直径に変化は見られませんでしたが、イヌブナA、イヌブナB共に冬芽が成長していました。
以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20161008inubuna_A01.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

樹高が42aで、前回(9/24)の40.5a、前々回(9/5)の43.0aと安定しませんが、枝のたわみや定規の当て方などが原因と思われます。基本的に枝自体が伸びているわけではなさそうです。
また、葉っぱの色がやや黄色味を帯びてきました。

20160924inubuna_A01.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高40.5a、幅100a

冬芽の長さは20_で前回(9/24)の時よりも2_長くなっていました。

20161008inubuna_A02.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

20160924inubuna_A02.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約18_

幹の直径は11_で前回(9/24)と同じでした。

20161008inubuna_A03.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20160924inubuna_A03.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20161008inubuna_B01.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31.5a、幅48a

樹高は31.5aで前回(9/24)の29.0aに比べて2.5aも高くなっていましたが、枝のたわみ具合や定規の当て方による誤差が影響していると思われます。イヌブナAと同様、枝自体が伸びているわけではなさそうです。

20160924inubuna_B01.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高29a、幅48a

冬芽の長さは25_で前回(9/24)の時よりも2.0_長くなっていました。

20161008inubuna_B02.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20160924inubuna_B02.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約23_

幹の直径は8_で前回(9/24)から変化ありませんでした。

20161008inubuna_B03.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

20160924inubuna_B03.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:9/24から変化ないと思われます。

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a


冬芽:9/24から10/8の間に冬芽が2_長くなりました(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_

幹サイズ:変化ありませんでした

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)

つづく
posted by kusabanakan at 16:31| イヌブナ日記

2016年09月24日

イヌブナ日記(109)冬芽成長続く キノコ再び

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)


9月5日以来、19日ぶりの更新です。
イヌブナA、イヌブナB共に冬芽が成長していました。
以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20160924inubuna_A01.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高40.5a、幅100a

樹高は前回(9/5)よりも2.5a低くなって40.5_でした。秋の長雨に打たれ続けて、重みで枝がたわんだわけではないと思います。写真の写し方、あるいは測定誤差の範疇かも知れません。全体のボリュームで見た目の変化は見られませんでした。

20160905inubuna_A01.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高43a、幅100a

冬芽の長さは18_で前回(9/5)の時よりも4_長くなっていました。

20160924inubuna_A02.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約18_

20160905inubuna_A02.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約14_

幹の直径は11_で前回(8/25)と同じでした。

20160924inubuna_A03.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20160905inubuna_A03.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

また、長雨で湿度が高かったこともあり、2種類のキノコが生えてきました(下写真)。
1種類は8月に生えたものと同じようですが、もう1種類違うものが生えていました。

20160924inubuna_A04.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 鉢に生えたキノコ

薄い色のキノコは前回(8/5)と同じと思われますが、黒っぽいキノコは初めてです。
(写真撮影後、これらのキノコはすべて駆除しました)

20160924inubuna_A05.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 鉢に生えたキノコ

【イヌブナB】

20160924inubuna_B01.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高29a、幅48a

樹高、幅ともに変化ありませんでした。

20160905inubuna_B01.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高29a、幅48a


20160924inubuna_B02.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約23_

冬芽の長さは23_で前回(9/5)の時よりも4.0_長くなっていました。

20160905inubuna_B02.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約19_


20160924inubuna_B03.jpg
2016年9月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

幹の直径は8_で前回(9/5)から変化ありませんでした。

20160905inubuna_B03.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:9/5から変化ないと思われます。

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a


冬芽:9/5から9/24の間に冬芽が4_長くなりました(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_


幹サイズ:変化ありませんでした

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)

つづく
posted by kusabanakan at 16:52| イヌブナ日記

2016年09月05日

イヌブナ日記(108)8月から9月で冬芽成長

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

8月25日以来、11日ぶりの更新です。
わずか11日ですが、イヌブナA、イヌブナB共に冬芽が成長していました。
以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20160905inubuna_A01.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高43a、幅100a

樹高は43aで前回(8/25)よりも0.5a高くなりました。横向きに伸びていた枝が、上向きに起き上がってきたために、樹高が高くなったと思われます。

20160825inubuna_A01.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.5a、幅100a

冬芽の長さは14_で前回(8/25)の時よりも3_長くなっていました。昨年も8月から9月にかけて冬芽が成長していて、今年も同じ傾向で成長しています。

20160905inubuna_A02.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約14_

20160825inubuna_A02.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約11_

20160905inubuna_A03.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

幹の直径は11_で前回(8/25)と同じでした。

20160825inubuna_A03.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20160905inubuna_B01.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高29a、幅48a

樹高は29aで前回(8/25)よりも2a低くなりました。
冬芽が成長してその分の重みが増し、横に伸びた枝が重みで下がり、樹高が低くなったということも考えられますが、本当のことはよくわかりません。測定誤差、定規の当て方の問題も考えられます。

20160825inubuna_B01.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a


20160905inubuna_B02.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約19_

冬芽の長さは19_で前回(8/25)の時よりも3.0_長くなっていました。昨年も8月から9月にかけて冬芽が成長していて、今年も同じ傾向で成長しています。

20160825inubuna_B02.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約16_

20160905inubuna_B03.jpg
2016年9月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

幹の直径は8_で前回(8/2)から変化ありませんでした。

20160825inubuna_B03.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_


【成長記録】

樹高:
 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a
 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a

冬芽:8/25から9/5の間に冬芽が大きくなりました。
 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_
 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_

幹サイズ:8/2から8/25の間に太くなりました(A、B共に)
 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)
 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)

つづく
posted by kusabanakan at 15:29| イヌブナ日記

2016年08月25日

イヌブナ日記(107)冬芽伸び、幹太く

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

8月5日以来、20日ぶりの更新です。

20160825inubuna_A&B01.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目

前回は鉢の中に生えたキノコについての記録でしたが、きれいに取り除いたため、その後キノコは生えていません。まったく生えてこないのでちょっと寂しい気もしましたが、本来生えてこないほうが良いので、「これでよかった」と思って、さらなる成長を見守ります。
さて、以下に前々回(8/2)の日記と比べながら、本日の成長記録を書き残します。

【イヌブナA】

20160825inubuna_A01.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.5a、幅100a

樹高は42.5aで前回(8/2)よりも1.5a高くなりました。横向きに伸びていた枝が、上向きに起き上がってきたために、樹高が高くなったと思われます。
全体の幅は100aで前回(8/2)、さらに遡って6/8に測定したときから変化がありませんでした。

20160802inubuna_A01.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高41a、幅100a

冬芽の長さは11_で前回(8/2)の時よりも3.5_長くなっていました。

20160825inubuna_A02.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約11_

20160802inubuna_A03.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約7.5_

幹の直径は11_で前回(8/2)より0.5_太くなっていました。
20160825inubuna_A03.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_
【イヌブナB】

20160825inubuna_B01.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

樹高は31aで前回(8/2)よりも4a高くなりました。イヌブナAと同様に横向きに伸びていた枝が、上向きに起き上がってきたために、樹高が高くなったと思われます。
全体の幅は48aで前回(8/2)の時よりも2a狭くなりました。こちらも枝が上向きに立ち上がった影響と思われます。

20160802inubuna_B01.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高27a、幅50a

20160825inubuna_B02.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約16_

冬芽の長さは16_で前回(8/2)の時よりも6.0_長くなっていました。

20160802inubuna_B03.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約10_

幹の直径は8_で前回(8/2)より1.0_太くなっていました。

20160825inubuna_B03.jpg
2016年8月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_
【成長記録】

樹高:8/2から8/25の間にイヌブナA、イヌブナBともに樹高が伸びました。
 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a
 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a

冬芽:8/2から8/25の間に冬芽が大きくなりました。
 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_
 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_

幹サイズ:8/2から8/25の間に太くなりました(A、B共に)
 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)
 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)

キノコ:A、B共に鉢の土にキノコが生えました(種類分からず)
8月5日に取り除いてから生えてこない(8/25現
posted by kusabanakan at 20:26| イヌブナ日記

2016年08月05日

イヌブナ日記(106)キノコ(その2)

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

8月2日以来、3日ぶりの更新です。
今日の日記の内容は、普段の更新で書き残しているイヌブナ実生の樹高や冬芽の大きさではなく、8月2日に記載したキノコの続編です。

8月2日、イヌブナAとイヌブナBの両方の鉢植えでキノコが発生していました。その日はイヌブナAの鉢に発生したキノコを軽く取り除く程度の対応で終わりました。

そして、3日後の今日の様子を以下に書き残します。

【イヌブナA】

20160805inubuna_A01.jpg
2016年8月5日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

鉢の土の部分には、キノコがたくさん!
前回は勝手に「ブナシメジ」ではないだろうか?
と自分が思いついた種類を書いてみたものの、実際は何の種類だかわかりません。
仮に「キノコA」としておきます

20160805inubuna_A02.jpg
2016年8月5日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 キノコA

下の写真は3日前の状態。今日の状態と比べるとキノコの傘が成長ぶりがわかります。

20160802inubuna_A04.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 キノコA


【イヌブナB】

イヌブナBの鉢にはキノコが2種類。
イヌブナAのキノコと同様、種類がわからないので、
仮に茶色いほうを「キノコB1」とし、白いほうを「キノコB2」とします。

20160805inubuna_B01.jpg
2016年8月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 キノコB1(茶色)とキノコB2(白)

下の写真は3日前の状態です。今日の状態と比べると3日間でだいぶ大きく成長しています。
(※:前回駆除せずに、そのままにしていました)

20160802inubuna_B04.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 キノコB1(茶色)とキノコB2(白)

20160805inubuna_B02.jpg
2016年8月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 キノコB1

20160805inubuna_B04.jpg
2016年8月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 キノコB2

20160805inubuna_B06.jpg
2016年8月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 キノコB1(茶色)とキノコB2(白)

20160805inubuna_B05.jpg
2016年8月5日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 キノコB1(茶色)とキノコB2(白)

【撮影後にキノコ駆除】

このまま鉢の中でキノコの世話を続けることは、イヌブナにとってよくはないであろうと判断して、
この日記を付けるためにキノコを写真に収めた後、すべて駆除して処分しました。
また生えてくるかもしれませんが、その時はまた考えて対処しようと思います。
posted by kusabanakan at 22:53| イヌブナ日記

2016年08月02日

イヌブナ日記(105)ブナシメジ?&冬芽の測定

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

7月3日以来、約1か月ぶりの更新です。

【イヌブナA】

20160802inubuna_A01.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高41a、幅100a

20160703inubuna_A01.jpg
2016年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高41a、幅100a

樹高は41a、幅100aで前回(7/3)、さらに遡って6/8に測定したときから変化がありませんでした。
下の写真は情報から撮影したものです。

20160802inubuna_A02.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

また、枝に冬芽が付くようになったので、今回から測定します。苗の一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測ってみたところ、7.5_ありました。

20160802inubuna_A03.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約7.5_

今回は、この時期ならではの考察があります。
7月28日に梅雨が明けたとはいえ、梅雨明けしてからのほうがむしろ雨量が多く、梅雨っぽい天気が続いています。
すると鉢の中にはキノコが!(下写真)
これは、毎年、気候がジメジメしたときに出てくるキノコで、今年初めて出たものではありませんが、レポートします。

20160802inubuna_A04.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 ブナシメジ?

今までは、このキノコが出始めると、雑草のごとき取り除くだけでしたが、
今回はまじまじと眺めてみました。
長さは3a程度、密集しているわけではありませんが、1a間隔くらいで10本前後のかたまりになって、何カ所かに生えていました。
キノコの傘の裏側をのぞいてみると、ひだがあり、ブナシメジっぽいです。
キノコの種類は定かでありませんが、ブナの木の下に生えているのだから、ブナシメジではないだろうか?と勝手に想像しています。撮影後、おおざっぱに取り除きました(もちろん食べたりしていません)。

2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 ブナシメジ?

【イヌブナB】

20160802inubuna_B01.jpg

2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高27a、幅50a

樹高は27.0a。
6月からさかのぼってみると
6/8:16.5a、6/20:20.0a、7/3:23.5a、8/2:27a
という風に着実に高くなっています。
但し、幹が伸びたというよりも、横に伸びていた幹が上方向に立ち上がってきたことが大きいようです。

20160703inubuna_B01.jpg
2016年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高23.5a、幅50a

20160802inubuna_B02.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 上から見た写真

イヌブナAと同様に、枝に冬芽が付くようになったので、今回から測定します。苗の一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測ってみたところ、10.0_ありました。

20160802inubuna_B03.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約10_

また、イヌブナA同様、鉢にキノコが生えてきました。
キノコは2種類観察できて、
細長いほうのキノコは、イヌブナAに生えているものと同じで、細くで茶色。
もう1種は白っぽくて、傘の幅が10_ほどあるキノコ。
種類はわかりませんが、鉢の土の栄養が奪われていくような気がするので、取り除きました。

20160802inubuna_B04.jpg
2016年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 鉢に生えたキノコ2種類

【成長記録】

樹高:(イヌブナAには変化がありませんでしたが、イヌブナBは23.5aから27aに樹高が高くなりました)
 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a
 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a

冬芽:(8/2)測定開始しました。
 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_
 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_

幹サイズ:(イヌブナA、B共に変化がありませんでした)
 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)
 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)

キノコ:A、B共に鉢の土にキノコが生えました(種類分からず)

つづく
posted by kusabanakan at 16:24| イヌブナ日記

2016年07月03日

イヌブナ(104)葉っぱのようなものの裏に産毛

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

6月20日以来13日ぶりの更新です。

【イヌブナA】

20160703inubuna_A01.jpg
2016年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高41a、幅100a

樹高は41a、幅100aで前回(6/20)、前々回(6/8)から変化がありませんでした。
下の写真は情報から撮影した一枚、まだまだ盆栽サイズの苗ですが、樹木らしい姿になりました。

20160703inubuna_A02.jpg
2016年6月20日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

下の写真は幹の直径を測った時のもの。
直径は10.5_で、前回(6/20)からわずか0.5_太くなりました。

20160620inubuna_A03.jpg
2016年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径10.5_

【イヌブナB】

20160703inubuna_B01.jpg
2016年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高23.5a、幅50a

樹高は23.5aありました。
6/8:16.5a、6/20:20.0a、7/3:23.5aとコンスタントに樹高が高くなってきましたが、
実際には幹が伸びたわけではなく、横に伸びていた幹が上方向に立ち上がってきたためです。
下写真は12日前(6/20)撮影の一枚。

20160620inubuna_B07.jpg
2016年6月20日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高20a、幅50a

幹は根元の一番太いところで直径7_。前回(6/20)、前々回(6/8)から変化ありません(下写真)。

20160703inubuna_B03.jpg
2016年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径7_

また、前回(6/20)でもふれた、イヌブナBにだけ見られる「葉っぱのようなもの」
今回も変わらず、付いています(下写真)。
枝(幹)の節の部分についていていますが、
必ず節についているわけでもなく、不規則です。
いまだにどういうものなのかわかりませんが、メモ代わりに記録を残します。

20160703inubuna_B04.jpg
2016年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 枝の節の部分についた小さな葉っぱ?

拡大してみると(下写真)、「葉っぱのようなもの」の裏には産毛が生えていることが分かりました。
イヌブナの葉っぱと似ています。
裏に毛があったことは多分小さなことだろうと思いますが、観察を続けていると、このような小さな発見は大変うれしいことで、今日の最大の収穫として日記に収めます。

20160703inubuna_B05.jpg
2016年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 枝の節の部分についた小さな葉っぱ?の裏に産毛

【成長記録】

樹高:(イヌブナAには変化がありませんでしたが、イヌブナBは16.5aから20aに樹高が高くなりました)
 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a
 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a

冬芽:
 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる
 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる

幹サイズ:(イヌブナA、B共に変化がありませんでした)
 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)
 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)

つづく
posted by kusabanakan at 16:05| イヌブナ日記

2016年06月20日

イヌブナ日記(103)節から小さな葉っぱ?

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

6月8日以来12日ぶりの更新です。

【イヌブナA】

20160620inubuna_A01.jpg
2016年6月20日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高41a、幅100a

樹高は41a、幅100aで前回(6/8)から変化がありませんでした。

20160620inubuna_A02.jpg
2016年6月20日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

下の写真は幹の直径を測った時のもの。直径は10_で、5月7日に測定したときから変化がありません。

20160620inubuna_A03.jpg
2016年6月20日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径10_

【イヌブナB】

20160620inubuna_B07.jpg
2016年6月20日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高20a、幅50a

樹高は20a。前回(6/8)に測定したときは16.5aだったので、3.5aも垂直方向に伸びました。
全体的なボリュームに変化は感じませんが、横に長く伸びた枝が、上方向に立ち上がってきたためだと思います。
下の写真は前回(6/8)に撮影した時のものです。

20160608inubuna_B01.jpg
2016年6月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

幹は根元の一番太いところで直径7_。前回(6/8)から変化がありません(下写真)。

20160620inubuna_B03.jpg
2016年6月20日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径7_

また、今回イヌブナAには見られませんでしたが、このイヌブナBには、枝の節の部分に、小さな葉っぱのようなものがついていました。これが何なのかはわかりませんが、メモ代わりに記録として残します。

20160620inubuna_B04.jpg
2016年6月20日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 枝の節の部分についた小さな葉っぱ?

拡大してみると(下写真)、節の部分に、5〜10_の葉っぱのようなものがついていて、またその葉っぱもどきの真ん中から茶褐色をした細長いしっぽのようなものがついていました。

20160620inubuna_B05.jpg
2016年6月20日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 枝の節の部分についた小さな葉っぱ?

反対側から見ると下の写真のような感じです。

20160620inubuna_B06.jpg
2016年6月20日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 枝の節の部分についた小さな葉っぱ?


【成長記録】

樹高:(イヌブナAには変化がありませんでしたが、イヌブナBは16.5aから20aに樹高が高くなりました)
 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a
 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a

冬芽:
 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる
 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる

幹サイズ:(イヌブナA、B共に変化がありませんでした)
 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)
 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)

つづく
posted by kusabanakan at 11:23| イヌブナ日記

2016年06月08日

イヌブナ日記(102)樹高が葉っぱの重みで低くなる

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

5月21日以来18日ぶりの更新です(前回の写真は5/20のもの)。

【イヌブナA】

20160608inubuna_A01.jpg
2016年6月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

樹高は41a。
4/29の49a、5/7の47a、5/20の47a、そして今回41aとだんだん低くなってきました。
樹高が低くなる?
と不思議な現象のように感じますが、
実際には、葉っぱが出そろって、その重みで枝先がたわんできたからだと思われます。
樹高は低くなっても、葉っぱの色も濃くなり、厚みが出ているので、全体の印象は大きく感じます。
また、上から見た時の幅(葉っぱの先から葉っぱの先)は約100a。前回(5/20)と同じでした。
下の写真は前回の様子(5/20撮影)

20160520inubuna_A01.jpg
2016年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

下の写真は幹の直径を測った時のもの。直径は10_で、前回(5/20)から変化がありませんでした。

20160608inubuna_A02.jpg
2016年6月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径10_

【イヌブナB】

20160608inubuna_B01.jpg
2016年6月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

樹高は16.5a。
イヌブナBもイヌブナAと同様、樹高が葉っぱの重みで低くなったようです(下写真は前回5/20の時:17.0a)。

20160520inubuna_B01.jpg
2016年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 

20160608inubuna_B02.jpg
2016年6月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 上から見た様子

下の写真は幹の直径を測った時のもの。直径は7_で、前回(5/20)の6.0_から1.0_太くなりました。
昨年9月16日に6.0_を計測して以来、久しぶりに幹が太くなりました。

20160608inubuna_B03.jpg
2016年6月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径7_

【成長記録】

樹高:(イヌブナA、イヌブナB共に葉っぱの重みで樹高が低くなりました)
 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a
 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a

冬芽:
 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる
 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる

幹サイズ:(イヌブナBの幹が直径で1.0_太くなりました)
 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)
 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)

つづく
posted by kusabanakan at 16:54| イヌブナ日記

2016年05月21日

イヌブナ日記(101)

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

5月7日以来2週間ぶりの更新です(ただし写真は5/20撮影)。

【イヌブナA】

20160520inubuna_A01.jpg
2016年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

樹高は47aで前回(5/7)の時と変わらず。
しかし、葉っぱがしっかりと生えそろいました。

また、昨年の写真(下写真)と比べると、一回り大きくなっていることが分かります。
一年前の樹高が24aでしたから、一年でおよそ倍に高さになったことになります。

20150524inubuna_A01.jpg
2015年5月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生4年目

下の写真は上から見た様子。幅は最大で100aに達していました。

20160520inubuna_A02.jpg
2016年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

枝の先のほうをよく見ると、今年になってから成長して伸びた枝の部分が観察できます。
今年になって、枝先が10aほど伸びています(下写真)。

20160520inubuna_A03.jpg
2016年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 枝先部分


【イヌブナB】

20160520inubuna_B01.jpg
2016年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 

樹高は17aで前回(5/7)から変わらず。
昨年の同時期(下写真)は樹高12aだったので約1年で1.5倍くらいの高さになりました。
イヌブナAに比べると、成長の具合が小さいようですが、植木鉢のサイズが小さく単純に比較はできません。
何れにしろ、元気に育っているのが何よりです。

20150524inubuna_B01.jpg
2015年5月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生4年目

下の写真は、イヌブナBを上から見た様子です。
イヌブナAのように幹が上に伸びず、横に伸びている点は不思議です。
いずれ、上向きになっていくのかどうか?
観察を続けたいと思います。

20160520inubuna_B02.jpg
2016年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

【成長記録】

樹高:
 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a
 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a

冬芽:
 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる
 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる

幹サイズ:
 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)
 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)
posted by kusabanakan at 15:17| イヌブナ日記

2016年05月07日

イヌブナ日記(100) 5年目の新緑 幹径1a

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

イヌブナ日記は今回で100回目、4月29日以来8日ぶりの更新です。
わずか1週間ほどですが、5年目をむかえたイヌブナの実生は若葉が開いて、見事な新緑となっています。

20160507inubuna_A01.jpg
2016年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

前回(4/29)の時には、まだ芽吹きが始まったばかりで、今回(上の写真)のように、葉っぱがたくさんありませんでした。
そのため、4/29時の樹高は49aを記録していましたが、今回(5/7)は葉っぱがすべて出揃い、重みが加わって、枝がたわんだためと思われますが、樹高は47aとなりました。

20160507inubuna_A02.jpg
2016年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

幹の直径は約1a、
前回(4/1)の測定よりも0.5_太くなりました(下写真)。

20160507inubuna_A03.jpg
2016年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹の直径(約1a)

イヌブナBのほうも、新緑となり、元気に育っています(下写真)。
樹高は17aで前回(4/1)測定時をと変わらず。

20160507inubuna_B01.jpg
2016年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

幹の直径も前回同様、6.0_でした(下写真)。

20160507inubuna_B02.jpg
2016年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹の直径(約1a)


イヌブナのA、B共に、新緑となり、元気に育ています。
Aだけは幹の直径が太くなって、5年目で1aとなりました。

つづく

【成長記録】

樹高:
 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:57a
 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a

冬芽:
 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる
 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる

幹サイズ:
 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)
 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)
posted by kusabanakan at 11:04| イヌブナ日記

2016年04月29日

イヌブナ日記(99)芽吹きが始まりました

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

4月1日以来、約1か月ぶりの更新です。
5年目の春をむかえています。
先週23日、2鉢あるうちの大きな株のほうを大きなものに変えました。

20160429inubuna_A01.jpg
2016年4月29日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 丸い鉢から四角い鉢に変える(4/23)

自生地では大木になるイヌブナ。
こちらでは、小さな鉢に入れたまま、半ば盆栽のように育てているかたち。
露地植えして大きく育ててみたいとも思うのですが、
なかなか判断がつかず、5年目も鉢植えで育てて、観察することにしました。

鉢を変えた後も変化なく、順調に芽吹きが始まっています(例年に比べて早い)。

20160429inubuna_A02.jpg
2016年4月29日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 芽吹きが始まる

下の写真は3日前に撮影したもの。枝の一番上の冬芽から芽吹きが始まりました。

20160426inubuna_A01.jpg
2016年4月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目

つづく
posted by kusabanakan at 20:47| イヌブナ日記

2016年04月01日

イヌブナ日記(98)5年目の春をむかえました

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

1月23日以来、久しぶりの更新です。
今季は比較的暖冬で、雪も1月下旬にまとまって降った以外は、それほどでもなく、現在残雪はゼロです。
2012年春に実生から育てているイヌブナもこの春で5年目のシーズンに入りました。
以下、昨年12月30日の時と比べて成長を観察します。

20160401inubuna_A&B01.jpg
2016年4月1日 軽井沢草花館 上:イヌブナA、下:イヌブナB 共に実生5年目

もう4月に入ったというのに、葉っぱがほとんど落葉せずに残っていました。

20151230inubuna_A&B01.jpg
2015年12月30日 軽井沢草花館 上:イヌブナA、下:イヌブナB 共に実生4年目

【イヌブナA】

20160401inubuna_A01.jpg
2016年4月1日 軽井沢草花館 上:イヌブナA、下:イヌブナB 共に実生5年目

大きな変化を見せたのは、樹高です。
昨年末12月30日の時は40aでしたが、7a位高くなって47センチ。
枝が伸びたというよりも、横に伸びていた枝が上向きに立ち上がってきたように見えます。

20151230inubuna_A01.jpg
2015年12月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生4年目

ちなみに約1年前(2015年4月18日)は下のような姿でした。
樹高が21aだったので、1年で倍以上の大きさになりました!

20150418inubuna_A01.jpg
(1年前)2015年4月18日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生4年目 

下は幹の太さを測ったもので、直径9.5_でした。
2015年12月30日に測った時は9.0_だったので、
わずか0.5_ですが、この冬太くなったことになります。

20160401inubuna_A03.jpg
2016年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 直径9.5_

【イヌブナB】

イヌブナA同様、樹高が高くなっていました。
昨年末12月30日は16.5_あったので、0.5_伸びたことになります。

20160401inubuna_B01.jpg
2016年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

20151230inubuna_B01.jpg
2015年12月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生4年目

下の写真は約1年前(2015年4月18日)の状態です。
樹高は10.5aだったので、この1年間で6.5a伸びたことになります。

20150418inubuna_B01.jpg
2015年4月18日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生4年目

冬芽の大きさは変化が見られませんでした。

20160401inubuna_B02.jpg
2016年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナBの冬芽(長さ約25_) 実生5年目

20151230inubuna_B02.jpg
2015年12月30日 軽井沢草花館 イヌブナBの冬芽(長さ約25_) 実生4年目

幹の直径については6.0_と前回12/30から変化が見られませんでした。

20160401inubuna_B03.jpg
2016年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 直径6.0_

【考察】
前回12月30日からの比較でみるとイヌブナA、B共に、樹高が高くなりました。
また、イヌブナAの幹の直径は0.5_太くなりましたが、イヌブナBは変化が見られませんでした。
冬芽の大きさは、これといった変化は見られませんでした。

樹高:
 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a
 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a

冬芽:
 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_
 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_

幹サイズ:
 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)
 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)

つづく
posted by kusabanakan at 22:31| イヌブナ日記