2017年11月25日

イヌブナ日記(141)すっかり冬の姿に(11/25)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

11月8日以来、17日ぶりの更新です。
前回(11/8)、一部の葉っぱはピンときれいに広がって残り、秋の名残を感じさせてくれましたが、今回はすべての葉っぱが同じように丸まっていました。イヌブナの実生はすっかり、冬の姿になりました。
樹高、冬芽のサイズ、幹直径の測定では、前回の値から変化したものはなく、冬の休眠状態に入ってるようです。

20171125inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

以下、各イヌブナの詳細を記します。

【イヌブナ安さん(実生6年目)】

安さんの樹高は前回(11/8)と同じ56aでした。

20171125inubuna_6y_an_01.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高56a

20171125inubuna_6y_an_02.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  上から見た姿

幹の直径は7/3の測定から約12_で変化ありません。

20171125inubuna_6y_an_03.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

冬芽の長さは前回(11/8)と同じ23_でした。

20171125inubuna_6y_an_04.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  枝の先端の冬芽(23_)

尚、前々回(10/2)、葉っぱの裏に棲みついていたクモらしき虫は、今回も確認できませんでした。乾燥ですべての葉っぱ丸まってしまい、時間をかけて確認しようと試みましたが、丸まっている葉っぱの中を一枚一枚覗いて確認する作業は、予想以上に大変です。ここに棲みかを作ろうとした虫はたいしたもんです! 見つけにくいです。

20171002inubuna_6y_an_04kumo.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  葉っぱの裏ににクモらしき虫

【イヌブナ壇さん(実生6年目)】

壇さんの樹高は前回(11/8)と同じ24aでした。

20171125inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高24a

20171125inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  上から見た姿


幹の直径は7/24の測定(9.5_)から変化がありません。

20171125inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  幹直径9.5_

冬芽の長さは前々回(10/2)の21_から変化がありませんでした。

20171125inubuna_6y_dan_04.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  枝の先端の冬芽(21_)

【イヌブナ孫さん(実生4年目)】

孫さんの樹高は前回(11/8)と同じ22aでした。

20171125inubuna_4y_son_01.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高22a

20171125inubuna_4y_son_02.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  上から見た姿

幹の直径は8/14の測定から変わらず6.5_でした。

20171125inubuna_4y_son_03.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  幹直径6.5_

冬芽の長さは前々回(10/2)の21_から変化ありませんでした。

20171125inubuna_4y_son_04.jpg
2017年11月25日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  枝の先端の冬芽(21_)

【成長記録】

樹高:11月8日から11月5日の間に安さん、壇さん、孫さん共に樹高の変化はありませんでした。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:25a、11/25:25a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a、8/2:20a、8/14:20a、8/26:21a、9/11:21a、10/2:21a、11/8:22a、11/25:22a

冬芽:11月8日から11月5日の間に安さん、壇さん、孫さん共に(枝の一番先端の)冬芽の長さに変化はありませんでした。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_、8/14:7.0_、8/26:9.5_、9/11:15_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_

幹サイズ(直径):11月8日から11月5日の間に安さん、壇さん、孫さん共に幹の太さ(直径)に変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)→6.0_(8/2)→6.5_(8/14)→6.5_(8/26)、6.5_(9/11)、6.5_(10/2)、6.5_(11/8)、6.5_(11/25)
posted by kusabanakan at 21:19| イヌブナ日記

2017年11月08日

イヌブナ日記(140)葉は褐色化、一部落葉(11/8)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

10月2日以来、38日ぶりの更新です。
この中間くらいで一度日記をつけたかったのですが、10月下旬は雨ばかり、しかも2週続けての台風。写真撮影がおっくうになってしまって、この時期になりました。
1ヵ月以上もの時間が経過してこともあり、イヌブナ実生は大きな変化を見せています。

20171108inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年11月8日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

下写真は前回(10/2)の時の状態。あまりにも変化が大きいので驚きです。
まず、葉っぱが褐色化して、部分的に落葉しています。

20171002inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

以下、各イヌブナの詳細を記します。

【イヌブナ安さん(実生6年目)】

安さんの樹高は前々回9/11:52a、前回10/2:54a、そして今回はさらに2a高く、56aありました。
実際に伸びたわけではなく、”定規のあて方の違い”だったり、一部の葉っぱが落ちて、軽くなったぶん横向きに伸びている枝が上向きに立ち上がってきたのかもしれません。

20171108inubuna_6y_an_01.jpg
2017年11月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高56a

幹の直径は7/3の測定から約12_で変化ありません。

20171108inubuna_6y_an_02.jpg
2017年11月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

冬芽の長さは前回(10/2)よりも2_伸びて23_になりました。

20171108inubuna_6y_an_03.jpg
2017年11月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  枝の先端の冬芽(23_)

尚、前回(10/2)、葉っぱの裏に棲みついていたクモらしき虫は、今回確認できませんでした。というのも、乾燥ですべての葉っぱ丸まってしまい、よく分かりませんでした。今後、雨が降って相対湿度が高くなると、葉っぱの丸まりがなくなるので、そういったときに再度確認してみるつもりです。

20171002inubuna_6y_an_04kumo.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  葉っぱの裏ににクモらしき虫

【イヌブナ壇さん(実生6年目)】

前々回(8/26)の測定では樹高24a、前回(9/11)は27aでした。
そして今回は前々回と同じ24aに。
安さんと同様、定規のあて方の違いによるものと思われますが、今回は再び24aということで記録します。

20171108inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年11月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高24a

幹の直径は7/24の測定(9.5_)から変化がありません。

20171108inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年11月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  幹直径9.5_

冬芽の長さは前回(10/2)の21_から変化がありませんでした。

20171108inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年11月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  枝の先端の冬芽(21_)

【イヌブナ孫さん(実生4年目)】

樹高が前回(10/2)の21aから1a伸びて22aになりました。

20171108inubuna_4y_son_01.jpg
2017年11月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高22a

幹の直径は8/14の測定から変わらず6.5_でした。

20171108inubuna_4y_son_02.jpg
2017年11月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  幹直径6.5_

冬芽の長さは前回(10/2)の21_から変化ありませんでした。

20171108inubuna_4y_son_03.jpg
2017年11月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  枝の先端の冬芽(21_)

【成長記録】

樹高:安さんの樹高は54aから56aに。檀さんは24aから25a、孫さんは21aから22aへと、それぞれ1~2a樹高が伸びました。但し、実際に伸びたのではなくて、定規のあて方や枝のたわみ具合による違いと思われます。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:25a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a、8/2:20a、8/14:20a、8/26:21a、9/11:21a、10/2:21a、11/8:22a

冬芽:10/2から11/8の間に、安さんの冬芽が2_伸びましたが、壇さん、孫さんの冬芽は長さには変化がありませんでした。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_、8/14:7.0_、8/26:9.5_、9/11:15_、10/2:21_、11/8:21_

幹サイズ(直径):9/11から10/2にかけて、幹の直径に変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)→6.0_(8/2)→6.5_(8/14)→6.5_(8/26)、6.5_(9/11)、6.5_(10/2)、6.5_(11/8)
続きを読む
posted by kusabanakan at 21:31| イヌブナ日記

2017年10月02日

イヌブナ日記(139)葉っぱにクモの巣、黄葉始まる(10/2)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

9月11日以来、3週間ぶりの更新です。
この3週間で、軽井沢はすっかり秋らしくなりました。
朝晩の冷え込みも厳しくなり、イヌブナの葉っぱがほんのりと黄色味を帯びてきました。

20171002inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

【イヌブナ安さん(実生6年目)】

安さんの樹高は前回9/11から2a高く、54aありました。
実際に伸びたわけではなく、”定規のあて方の違い”だろうと思われます。今回は54aということで記録します。

20171002inubuna_6y_an_01.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高54a

20171002inubuna_6y_an_02.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 上からの写真(幅約120a)

幹の直径は7/3の測定から約12_で変化ありません。

20171002inubuna_6y_an_05.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

冬芽の長さは前回(9/11)よりも3_伸びて21_になりました。

20171002inubuna_6y_an_06.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  枝の先端の冬芽(21_)

なお、安さんの葉っぱの一部に赤茶色系のシミがつきました(下写真)。檀さんと孫さんにはこのようなシミはできていません。
そして、そのうちの一枚の葉っぱが不自然に折れ曲がっているのに気が付きました(下写真の矢印)。

20171002inubuna_6y_an_03kumo.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 

虫が卵でも産んでいるのかと思って、葉っぱの裏側を観察すると、葉っぱが丸められて、その内部に糸で巣ができて、クモらしき虫がいました(下写真)。
ブナの葉っぱは春先まで枝に付いたまま残っていたりするので、このまま冬越しするのでしょうか?観察していきたいと思います。

20171002inubuna_6y_an_04kumo.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  葉っぱの裏ににクモらしき虫

【イヌブナ壇さん(実生6年目)】

前々回(8/26)の測定では樹高24a、前回(9/11)は27aでした。
そして今回は前々回と同じ24aに。
安さんと同様、定規のあて方の違いによるものと思われますが、今回は再び24aということで記録します。

20171002inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高24a

上部の葉っぱだけがきれいに落ちました(下写真)。

20171002inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 上からの写真

下は前回(9/11)の時の状態です。

20170911inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 上からの写真

幹の直径は7/24の測定(9.5_)から変化がありません。

20171002inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  幹直径9.5_

冬芽の長さは前回(9/11)の18_から3_伸びて21_に成長しました。

20171002inubuna_6y_dan_04.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  枝の先端の冬芽(21_)

【イヌブナ孫さん(実生4年目)】

9/11から10/2までの期間、イヌブナ孫さんの樹高に変化はありませんでした。

20171002inubuna_4y_son_01.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高21a

20171002inubuna_4y_son_02re.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 上からの写真

幹の直径は8/14の測定から変わらず6.5_でした。

20171002inubuna_4y_son_03.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  幹直径6.5_

冬芽の長さは前回(9/11)の15_から6.0_伸びて21_に成長しました。

20171002inubuna_4y_son_04.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  枝の先端の冬芽(21_)

【成長記録】

樹高:安さんの樹高は52aから54aになりましたが、定規のあて方の違いによるものと思われます。
また、壇さんの樹高は前回の27aから前々回の24aに戻りました。こちらも安さんと同様に定規のあて方の違いによるものと思います。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a、8/2:20a、8/14:20a、8/26:21a、9/11:21a、10/2:21a

冬芽:9/11から10/2の3週間で、安さん、壇さん、孫さん共に冬芽の長さが伸びました。実生6年目の安さんと檀さんは3_の伸び、実生4年目の孫さんは6_の大きな伸びを記録しました。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_、8/14:7.0_、8/26:9.5_、9/11:15_、10/2:21_

幹サイズ(直径):9/11から10/2にかけて、幹の直径に変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)→6.0_(8/2)→6.5_(8/14)→6.5_(8/26)、6.5_(9/11)、6.5_(10/2)

つづく
posted by kusabanakan at 17:51| イヌブナ日記

2017年09月11日

イヌブナ日記(138)8月から9月、冬芽成長進む、自生地イヌブナには虫こぶ(9/11)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

8月26日以来、約半月ぶりの更新です。

20170911inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

【イヌブナ安さん(実生6年目)】

安さんの樹高は前々回8/14から変化ありませんでした。

20170911inubuna_6y_an_01.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高52a

20170911inubuna_6y_an_02.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 上からの写真(幅約120a)

7/3から幹の直径に変化はありません。

20170911inubuna_6y_an_03.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

冬芽の長さは前回(8/26)よりも5_伸びて18_になりました。

20170911inubuna_6y_an_04.jpg

2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  枝の先端の冬芽(18_)

【イヌブナ壇さん(実生6年目)】

前回(8/26)、檀さんの樹高に24aでした。
今回も樹高に変化はありませんが、前回まで対象としていた先端の枝が、他の枝よりも低い位置にあったため、対象を最も高い位置まで伸びている枝に変えて、樹高を測定した結果、27aでした。
今回、樹高を24から27aに修正しました。

20170911inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高27a

下は前回(8/26)測定したときの樹高。葉っぱで隠れて分かりづらいのですが、枝が上部で分岐して、その分岐したうちの低い方の枝で樹高を計ると約24aでした。


20170826inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高24a

20170911inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 上からの写真

前々回(8/14)から幹の直径に変化はありませんでした。

20170911inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  幹直径9.5_

冬芽の長さは前回(8/26)の13_から5_伸びて18_に成長しました。

20170911inubuna_6y_dan_04.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  枝の先端の冬芽(18_)

【イヌブナ孫さん(実生4年目)】

8/26から9/11までの期間、イヌブナ孫さんの樹高に変化はありませんでした。

20170911inubuna_4y_son_01.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高21a

20170911inubuna_4y_son_02.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 上からの写真

幹の直径は前々回8/14から変わらず6.5_でした。

20170911inubuna_4y_son_03.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  幹直径6.5_

冬芽の長さは前回(8/26)の9.5_から5.5_伸びて15_に成長しました。

20170911inubuna_4y_son_04.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  枝の先端の冬芽(15_)

【自生地のイヌブ】

昨日、軽井沢町内でイヌブナの自生地に行く機会がありました。

20170910inubuna-giseichi02.jpg
2017年9月10日 軽井沢 自生地のイヌブナ

葉っぱには直径4_くらいの赤い円盤状の虫こぶが付いていました。
図鑑で調べてみると、「イヌブナハボタンフシ(犬ぶな葉牡丹節)」という虫こぶで、この虫こぶを形成するのは「イヌブナボタンタマバエ」というハエということのようです。

20170910inubuna-giseichi01.jpg
2017年9月10日 軽井沢 自生地のイヌブナ(赤いのは虫こぶ:イヌブナハボタンフシ)

軽井沢草花館のイヌブナには虫こぶが付いたことはありませんが、来年以降可能性はあります。もし、虫こぶが付いたならば、じっくりと観察してみたいです。

【成長記録】

樹高:8/26からの9/11までの16日間で樹高の変化はありませんでした。但し、壇さんの樹高の測り方を変えたことで、前回(24a)から3a高い値(27a)となりました。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a、8/2:20a、8/14:20a、8/26:21a、9/11:21a

冬芽:8/26から9/11の16日間で、安さん、壇さん、孫さん共に冬芽の長さが5から5.5_伸びました。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_、8/14:7.0_、8/26:9.5_、9/11:15_

幹サイズ(直径):8/26から9/11にかけて、幹の直径に変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)→6.0_(8/2)→6.5_(8/14)→6.5_(8/26)、6.5_(9/11)

つづく
posted by kusabanakan at 15:33| イヌブナ日記

2017年08月28日

イヌブナ日記(137)8月後半、冬芽成長(8/26)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

8月14日以来、2週間ぶりの更新です。
といっても、今回は一昨日8月26日に観察した記録をつづります。

20170826inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

【イヌブナ安さん(実生6年目)】

安さんの樹高は前回8/14から変化ありませんでした。

20170826inubuna_6y_an_01.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高52a

20170826inubuna_6y_an_02.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 上からの写真(幅約120a)

7/3から幹の直径に変化はありません。

20170826inubuna_6y_an_03.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

冬芽の長さは前回(8/14)よりも2.5_伸びて13_になりました。

20170826inubuna_6y_an_04.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  枝の先端の冬芽(13_)

【イヌブナ壇さん(実生6年目)】

前回(8/14)から、檀さんの樹高に変化は見られませんでした。

20170826inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高24a

20170826inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 上からの写真

前回(8/14)から幹の直径に変化はありませんでした。

20170826inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  幹直径9.5_

冬芽の長さは前回(8/14)よりも2.5_伸びて13_ありました。

20170826inubuna_6y_dan_04.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  枝の先端の冬芽(13_)

【イヌブナ孫さん(実生4年目)】

8月14日から8月26日の期間にイヌブナ孫さんの樹高が1a高くなっていましたが、もしかすると、定規の充て方の違いによる誤差かも知れません。

20170826inubuna_4y_son_01.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高21a

20170826inubuna_4y_son_02.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 上からの写真

幹の直径は前回8/14から変わらず6.5_でした。

20170826inubuna_4y_son_03.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  幹直径6.5_

孫さんも冬芽の大きさを測りました(下写真)。一番高い位置に付いた冬芽の大きさで9.5_ありました。

20170826inubuna_4y_son_04.jpg
2017年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  枝の先端の冬芽(9.5_)

【成長記録】

樹高:イヌブナの孫さんの樹高が8/14からの12日間で1a高くなりましたが、定規のあて方による測定誤差の可能性もありそうです。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a、8/2:20a、8/14:20a、8/26:21a

冬芽:8/14から8/26の12日間で、安さん、壇さん、孫さん共に冬芽の長さが2.5_伸びていました。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_、8/14:7.0_、8/26:9.5_

幹サイズ(直径):8/14から8/26にかけて、幹の直径に変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)→6.0_(8/2)→6.5_(8/14)→6.5_(8/26)

つづく
posted by kusabanakan at 22:01| イヌブナ日記

2017年08月14日

イヌブナ日記(136)来年にむけて冬芽の大きさ測る(8/14)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

8月6日以来、8日ぶりの更新。
そして8月2日以来となる樹高、幹の直径の測定も行いました。
さらに、来年の春に向けて、冬芽の大きさも測りました。

20170814inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

(メモ)前回(8/2)、鉢の中に生えたキノコは、その時にすべて取り除きましたが、その後も生えてきました。そのため、2日前に再度取り除きました

【イヌブナ安さん(実生6年目)】

20170814inubuna_6y_an_01.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高52a

前回8/2の48.5aから3.5a高くなりました。さらに先月7月24日(下写真)と比べると、45a→52aで7aの伸び。枝が伸びているわけではなさそうですが、枝の角度が上向きに立ち上げってきているように思います。

20170724inubuna_6y_an_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高45a

20170814inubuna_6y_an_02.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 上からの写真(幅約120a)

7/3から幹の直径に変化はありません。

20170814inubuna_6y_an_03.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

今季初めて、冬芽の大きさを測りました(下写真)。一番高い位置に付いた冬芽の大きさで10.5_ありました。

20170814inubuna_6y_an_04.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  枝の先端の冬芽(10.5_)

【イヌブナ壇さん(実生6年目)】

20170814inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高24a

イヌブナの安さんは8月2日から8月14日の期間に3.5a樹高が高くなっていましたが、こちらの檀さんの樹高に変化はありませんでした。

20170814inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 上からの写真

前回(8/2)から幹の直径に変化はありませんでした。

20170814inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  幹直径9.5_

今季初めて、冬芽の大きさも測りました(下写真)。一番高い位置に付いた冬芽の大きさで10.5_ありました。

20170814inubuna_6y_dan_04.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  枝の先端の冬芽(10.5_)

【イヌブナ孫さん(実生4年目)】

8月2日から8月14日の期間にイヌブナ孫さんの樹高に変化はありませんでした。

20170814inubuna_4y_son_01re.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

20170814inubuna_4y_son_02.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 上からの写真

20170814inubuna_4y_son_03.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  幹直径6.5_

幹の直径は前回8/2(下写真)の6.0_から0.5_太くなって6.5_となりました。

20170802inubuna_4y_son_02.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幹直径6.0_

孫さんも冬芽の大きさを測りました(下写真)。一番高い位置に付いた冬芽の大きさで7.0_ありました。
20170814inubuna_4y_son_04.jpg
2017年8月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  枝の先端の冬芽(7.0_)

【成長記録】

樹高:イヌブナの安さんの樹高が8/2から12日間で3.5a高くなりましたが、枝が伸びたのではなく、枝の角度の変化が主な理由ではないかと思います。また、測定誤差も多少あるかも知れません。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a、8/2:20a、8/14:20a

冬芽:今季初めて冬芽の大きさ(長さ)を計りました。
 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_、8/14:7.0_

幹サイズ(直径):8/2から8/14にかけて、イヌブナの孫さんだけ幹の直径が0.5_太くなりました。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)→6.0_(8/2)→6.5_(8/14)

つづく
posted by kusabanakan at 16:29| イヌブナ日記

2017年08月06日

イヌブナ日記(135)ブナシメジ?今年もキノコ出る(8/6)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

8月2日以来、4日ぶりの更新です。
毎年のことですが、イヌブナの鉢にキノコが出始めました。

20170806inubuna_6y_dan_03kinoko.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目 鉢の中から生えたキノコ

前回(8/2)の時から兆候があって、小さいものがたくさん出ていたのですが、この4日間、湿度が高く、気温も上がり、瞬く間に大きくなってきました。
軽井沢草花館で育てている3株、安さん(実生6年目)、壇さん(実生6年目)、孫さん(実生4年目)共に、キノコが出てきているので、記録を残します。また、ブナの実生(崇さん&湯さん)についても合わせて鉢の中を確認して、記録を残します。

【イヌブナの安さん(実生6年目)】

イヌブナ安さんの鉢には、2種類のキノコが確認できます。
私のような素人には「普段食べているブナシメジだろうか?」と思ってしまいますが、実際のところキノコの種類を同定することができず、ここでは単にキノコとして紹介しておきます。

20170806inubuna_6y_an_01.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナの安さん(実生6年目)

20170806inubuna_6y_an_02.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナの安さん(実生6年目) 鉢の土からでたキノコ(2種)

以下に、2種類のキノコの拡大写真を載せます。

20170806inubuna_6y_an_03kinokoA.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナの安さん(実生6年目) キノコ拡大(その1)

20170806inubuna_6y_an_04kinokoB.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナの安さん(実生6年目) キノコ拡大(その2)

【イヌブナの檀さん(実生6年目)】

イヌブナ壇さんの鉢にもキノコが生えていますが、イヌブナ安さんの鉢にある木のことは少し違う種類のようです。

20170806inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナの壇さん(実生6年目)

檀さんの鉢のキノコは傘のような形状のキノコです。

20170806inubuna_6y_dan_02kinoko.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナの壇さん(実生6年目) 鉢の土からでたキノコ

しかも、強風にあおられた傘のようになっています。

20170806inubuna_6y_dan_03kinoko.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナの安さん(実生6年目) キノコ(横から拡大)

【イヌブナの孫さん(実生4年目)】

最初は「イヌブナ孫さんの鉢には、出ていないのかな?」と思いましたが、よく目を凝らしてみると幹のすぐ近くに小さなキノコが2本出ていました。まだ生まれたての赤ちゃんキノコ。
形状はイヌブナ安さんの鉢に出ているキノコに似ているようですが、同じものかどうかは確認できていません。

20170806inubuna_4y_son_01.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナの孫さん(実生4年目)

幹の近くに小さなキノコが(下写真)

20170806inubuna_4y_son_02.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナの孫さん(実生4年目) 鉢の土からでたキノコ

拡大したものが下の写真です。

20170806inubuna_4y_son_03.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 イヌブナの孫さん(実生4年目) 鉢の土からでたキノコ

【ブナの崇さん(実生4年目)】

一応、ブナ実生の鉢にもキノコが生えているのではないかと思って、確認しました。
まずは、実生4年目のブナ崇さん。
鉢の中にはキノコは確認できませんでした(下写真)。

20170806bunaA_4y_01.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 ブナの崇さん(実生4年目)

【ブナの湯さん(実生4年目)】

実生4年目のブナ湯さんの鉢にもキノコは確認できませんでした(下写真)。

20170806bunaB_4y_01.jpg
2017年8月6日 軽井沢草花館 ブナの湯さん(実生4年目)

【考察】

イヌブナには3鉢共にキノコが出ていますが、ブナには2鉢共にキノコは生えていませんでした。
※撮影後にイヌブナの鉢に生えたキノコは抜いて処分しました。

以上

posted by kusabanakan at 13:32| イヌブナ日記

2017年08月02日

イヌブナ日記(134)樹高わずかに高く(8/2)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

7月24日以来、9日ぶりの更新です。
前回同様、樹高、幹の直径の測定も行いました。
これと言って大きな変化はありませんが、安さんと檀さんは樹高がわずかながら高くなっていました。

20170802inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

20170724inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

以下、それぞれの詳細です。

【イヌブナ実生6年目 安(あん)さん】

20170802inubuna_6y_an_01.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高48.5a

前回(7/24)より樹高が3.5a高くなっていました。
枝が伸びたわけではなく、斜めに伸びていた枝が垂直方向に起き上がってきたためのようです。

20170724inubuna_6y_an_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高45a

20170802inubuna_6y_an_02.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

幹の直径は7/3から変化がありません。

20170724inubuna_6y_an_04.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

【イヌブナ実生6年目 檀(だん)さん】

20170802inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高24a

樹高が0.5a高くなっていましたが、イヌブナAの安さんと同様で、枝の角度が変わってきたためだと思います。

20170724inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高23.5a

20170802inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幹直径9.5_

幹の直径は前回と同じでした。

20170724inubuna_6y_dan_04.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幹直径9.5_

【イヌブナ実生4年目 孫(そん)さん】

1か月以上も芽吹きの時期が遅れたイヌブナの孫さんですが、順調に大きくなっています。

20170802inubuna_4y_son_01.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

樹高に変化は見られませんでした。

20170724inubuna_4y_son_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

20170802inubuna_4y_son_02.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

幹の直径は前回(7/24)と変わりませんでした。

20170724inubuna_4y_son_04.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幹直径6_

【成長記録】

樹高:イヌブナAの安さんとイヌブナBの檀さんは樹高のわずかに高くなりましたが、枝が伸びたのではなく、定規の充て方の違い、枝の角度の変化などが主な理由ではないかと思います。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a、8/2:20a

冬芽:芽吹きが終わり、冬芽はありません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_

幹サイズ(直径):7/24から8/2にかけて、幹の直径に変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)→6.0_(8/2)

つづく
posted by kusabanakan at 23:52| イヌブナ日記

2017年07月24日

イヌブナ日記(133)4年目の孫さんわずかに成長(7/24)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

7月13日以来、11日ぶりの更新です。
前回同様、樹高、幹の直径の測定も行いました。
これと言って大きな変化はありませんが、1か月ほど遅れて芽吹きを始めたイヌブナ実生から4年目の孫さんだけは、枝がわずかに伸びて、全体の幅が広くなりました。また、イヌブナBの檀さんは幹の直径が0.5_太くなっていました。

20170724inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

下の写真は11日前に撮影したものですが、比べると、イヌブナの孫さんだけ枝が伸びて、幅が広がっているのが分かります。

20170713inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

以下、それぞれの詳細です。

【イヌブナ実生6年目 安(あん)さん】

20170724inubuna_6y_an_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高45a

樹高は前々回(7/3)の時と同じでした。

20170724inubuna_6y_an_04.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

幹の直径も前回(7/13)から変化がありませんでした。

【イヌブナ実生6年目 檀(だん)さん】

20170724inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高23.5a

樹高は前回(7/13)の23aから0.5a伸びましたが、定規のあて方の違いによる誤差の可能性もあり。ほとんど変わっていないと思われます。

20170724inubuna_6y_dan_04.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幹直径9.5_

幹の直径が前回(7/13)より0.5_太くなりました。

【イヌブナ実生4年目 孫(そん)さん】

1か月以上も芽吹きの時期が遅れたイヌブナの孫さん。
他のイヌブナ実生はすでに枝葉の成長が止まっているようですが、孫さんはこの時期になっても枝も伸ばし、葉が大きくなっているようです。

20170724inubuna_4y_son_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

樹高は20aで前回(7/13)と同じでした。

20170724inubuna_4y_son_02.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

下は前回(7/13)に撮影した孫さんです。比べると、葉っぱの大きさが少し大きくなり、枝の先端も少し伸びています。

20170713inubuna_4y_son_04.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

20170724inubuna_4y_son_04.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幹直径6_

幹の直径は前回(7/13)と変わりませんでした。

【成長記録】

樹高:イヌブナBの檀さんだけ樹高の測定値が0.5a伸びていましたが、定規の充て方の誤差などによるもので、ほとんど変化がなかったと思われます。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a

冬芽:芽吹きが終わり、冬芽はありません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_

幹サイズ(直径):7/13から7/24にかけて、イヌブナBの檀さんだけ幹の直径が9.0_から9.5_にサイズアップしました。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)

つづく
posted by kusabanakan at 17:00| イヌブナ日記

2017年07月13日

イヌブナ日記(132)大きな変化なくも順調に成長(7/13)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

7月3日以来、10日ぶりの更新です。
前回同様、樹高、幹の直径の測定も行いました。
これと言って大きな変化もなく、順調に成長しているようです。

20170713inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

以下、それぞれの詳細です。

【イヌブナ実生6年目 安(あん)さん】

20170713inubuna_6y_an_01.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高45a

前回(7/3)の測定では樹高が46aだったので、マイナス1aとなりました。
定規の充て方など測定誤差と思われます。

20170713inubuna_6y_an_02.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

前回(7/3)から幹の直径に変化はありません。

【イヌブナ実生6年目 檀(だん)さん】

20170713inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高23a

前回(7/3)の21aから2a伸びました。

20170713inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幹直径9.0_

幹の直径は前回(7/3)のときと同じでした。

【イヌブナ実生4年目 孫(そん)さん】

1か月以上も芽吹きの時期が遅れたイヌブナの孫さんですが、順調に成長を続けています。

20170713inubuna_4y_son_01.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

20170713inubuna_4y_son_02.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

20170713inubuna_4y_son_03.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幹直径6_

幹の直径は前回(7/3)と変わりませんでした。

【成長記録】

樹高:イヌブナA安さんの樹高がマイナス1aとなりましたが、測定誤差の範囲であろうと思います。イヌブナB檀さんの樹高は2a伸びていました。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a

冬芽:芽吹きが終わり、冬芽はありません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_

幹サイズ(直径):3つのイヌブナたちの幹直径は前回(7/3)から変化ありませんでした。
 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)

つづく
posted by kusabanakan at 22:04| イヌブナ日記

2017年07月03日

イヌブナ日記(131)3株3様に夏の緑に(7/3)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

6月23日以来、10日ぶりの更新です。
今回は6月16日以来となる、樹高、幹の直径の測定も行いました。
大きな変化としては、実生4年目となるイヌブナの孫さんの成長ぶり。
孫さんは今春の芽吹きが、他の苗と比べて1か月以上も遅れて始まりました。
前回6/23の時にようやくすべての葉っぱが開いたところですが、さらに枝が伸び、葉っぱが大きくなって、全体のボリュームが増しました。

20170703inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

下はおよそ半月前(6/16)の状態です。イヌブナ孫さんの成長ぶりが際立ちます。

20170616inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

以下、それぞれの詳細です。

【イヌブナ実生6年目 安(あん)さん】

20170703inubuna_6y_an_01.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高46a

前回(6/16)の測定では樹高が42.5aでしたが、この半月ほどで3.5a高くなりました。

20170703inubuna_6y_an_02.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 幅120a

幅は前々回(5/28)から変わっていません。

20170703inubuna_6y_an_03.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

前回(6/16)から幹の直径が0.5_太くなりました。

【イヌブナ実生6年目 檀(だん)さん】

20170703inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高21a

前回(6/16)の20aから1a伸びました。

20170703inubuna_6y_dan_02re.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幅42a

前々回の5/28から幅の変化はありません。※一部の葉が虫にやられました

20170703inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幹直径9.0_

幹の直径は前回(6/16)のときと同じでした。

【イヌブナ実生4年目 孫(そん)さん】

1か月以上も芽吹きの時期が遅れたイヌブナの孫さん。
他の苗とよりも時間がかかりましたが、しっかりと葉を広げて育っています。
前回6月23日に葉っぱがすべて開き、その後10日間で、
葉っぱが大きく、そして枝がぐんぐん伸びました。

20170703inubuna_4y_son_01.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

枝先が伸びて、全体のボリュームが増しました。
※(横に伸びているので、樹高に変化はありません)
下の写真は10日前の状態。
葉っぱはすべて開いていましたが、まだ芽吹いたばかりでやわらかく、垂れ下がっていました。

20170623inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

さらに1週間前(6/16)の状態が下の写真。
このときはまだ芽吹きの途中でした。
20170616inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

20170703inubuna_4y_son_02.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幅37a

幅は前回(6/16:下写真)の23aから37aへと、14aも広がりました。
枝先が伸びて、横に広がり、全体のボリュームがグンと増しました。

20170616inubuna_4y_son_02b.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幅23a

20170703inubuna_4y_son_03.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幹直径6_

幹の直径は前回(6/16)と変わりませでした。

【成長記録】

イヌブナA安さんの樹高が3.5a伸びました。上に伸びたというよりも、横に伸びていた枝が立ち上がってきたようです。
尚、樹高の測定は定規のあて方によって差が出たり、まだ枝が細いので、葉っぱがあるときと、冬に落葉している時では、葉っぱの重みで枝がたわんで、高さに差が出ます。ある程度の誤差があることをご了承ください。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a

冬芽:芽吹きが終わり、冬芽はありません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_

幹サイズ(直径):イヌブナA安さんのみ前回(6/16)よりも0.5_太くなりました。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)

つづく
posted by kusabanakan at 14:37| イヌブナ日記

2017年06月23日

イヌブナ日記(130)6月23日でようやく全ての葉が開く

(2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)
6月16日以来、1週間ぶりの更新です。

1ヵ月以上遅れて芽吹きを始めたイヌブナ実生4年目の孫さん。
ようやく、すべての葉が開きました。

20170623inubuna_4y_son_02.jpg
2017年6月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

孫さんは今年で4年目をむかえた苗ですが、昨年までは通常の時期に芽吹いていました。
ところが、今年はどういう訳か芽吹きが1ヵ月以上遅れた6月から芽吹きを始め、さらに枝によって、芽吹きの時期が異なりました。
上の写真でも、下の枝が最初に芽吹いたので葉っぱの色が濃くなっていますが、最上部や中間の枝から芽吹いた葉っぱは最近開いたばかりなので、淡く、薄い色合い。若葉なのでふわふわの手触りです。

下の写真は草花館の庭で撮影したものですが、周囲のユウスゲや緑のカーテンの濃い緑と比べて、緑の濃さが異質です。

20170623inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

下の写真は1週間前の孫さん。樹高に変化はありませんが、この1週間で葉っぱが開いて全体のボリュームが増しました。

20170616inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

最後に違う角度からの一枚。
最上部の枝の葉っぱもきれいに葉が開き切りました。

20170623inubuna_4y_son_03.jpg
2017年6月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

つづく
posted by kusabanakan at 23:08| イヌブナ日記

2017年06月16日

イヌブナ日記(129)幹太くなる&孫さんの芽吹きつづく

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

6月10日以来、6日ぶりの更新です。
今回は5月28日以来となる、樹高、幹の直径の測定も行いました。

20170616inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

イヌブナ3株はそれぞれ個性があり、成長の仕方もまちまちですが、元気に育っています。以下、それぞれの詳細です。

【イヌブナ実生6年目 安(あん)さん】

20170616inubuna_6y_an_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高42.5a

前回(5/28)の測定では樹高が38.5aでしたが、この3週間くらいで4a高くなったことになります。
前回の値は、おそらく5月に入ってから芽吹きが始まり、葉っぱの重みで枝がたわんで、樹高が低くなっていたと考えます。
今回は、枝が上に立ち上がってきて、その分樹高が高くなったのではないかと思います。

20170616inubuna_6y_an_02.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 幅120a

幅は前回(5/28)と変わっていません。

20170616inubuna_6y_an_03.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径11.5_

前回(5/28)から幹の直径が0.5_太くなりました。

【イヌブナ実生6年目 檀(だん)さん】

20170616inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高20a

5/28から樹高に変化はありませんでした。

20170616inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幅42a

5/28から幅にも変化ありませんでした。

20170616inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幹直径9_

幹の直径は前回(5/28)測定したときよりも1.0_太くなっていました。

【イヌブナ実生4年目 孫(そん)さん】

1か月以上も芽吹きの時期が遅れているイヌブナの孫さんですが、何事もないようにマイペースで成長を続けています。
6月に入ってから気温の低い日が続いているのも、まだ芽吹きを続けられている理由の一つかもしれません。

20170616inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

本来であれば、一斉に芽吹くはずなのですが、今年の孫さんは違います。
時期が大幅に遅れているうえ、枝ごとに芽吹きのタイミングがずれています。
そのため、葉っぱが開いた順に色が異なり、最初に芽吹いた葉っぱは葉っぱの色が濃くなっています。
樹高は前回(5/18)から1a伸びました。

20170616inubuna_4y_son_02b.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幅23a

幹最上部の冬芽からも葉っぱが開きはじめました(下写真)。
本来であれば5月上旬に開きはじめるものですが、現在6月も半ば過ぎ。かなりの遅れです。
ちょっとおかしなことになっていますが、この調子で、すべての冬芽が芽吹き、葉っぱが開いてほしいものです。
あともう少しで葉っぱが全開、孫さんがんばれ! 気候も暑くなりすぎませんように。

20170616inubuna_4y_son_03.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 最上部の葉っぱが開きはじめました

20170616inubuna_4y_son_04.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幹直径6_

幹の直径は前回(5/28)測定したときよりも0.5_太くなっていました。

【成長記録】

樹高:定規のあて方によって差が出るのと、まだ枝が細いので、葉っぱがあるときと、冬に落葉している時では、葉っぱの重みで枝がたわんで、高さに差が出ます。ある程度の誤差があることをご了承ください。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a

冬芽:芽吹きが終わり、冬芽はありません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_

幹サイズ(直径):3つとも前回(5/28)の測定時よりも幹が太くなっていました。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)

つづく
posted by kusabanakan at 17:57| イヌブナ日記

2017年06月10日

イヌブナ日記(128) 1ヵ月以上遅れて枝先に芽吹き&ゾウムシ現る

1週間ぶりの更新です。

春に4年目をむかえたイヌブナの孫さん。
この苗は、今年、成長のタイミングがおかしくなっていて、本来であれば4月終わりから5月初めころに芽吹くはずなのに、1ヵ月以上遅れて芽吹きを始め、今もなお冬芽を残し、芽吹きを続けています。

20170610inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

下は、1週間前のイヌブナ孫さん。
今日の状態と比べると、この1週間で幹中段の芽吹きが進んだことが分かります。
本来一斉に芽吹くべきところ、1か月以上かけて、段階的に芽吹きが進んでいるのは特異に思えます。
芽吹き時期の違いで葉っぱの色に違いが見られます(上写真)

20170603inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

さらに、枝先の冬芽が膨らんで、芽吹きが始まったようです(下写真)。
もう6月10日なのに…

20170610inubuna_4y_son_02.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

先端だけでなく、幹の上段に残っている冬芽が一斉に芽吹いてきそうな感じです。
注意深く観察を続けます。

【ゾウムシ現る】

まだ芽吹いたばかりでふわふわの葉っぱを観察していたら、葉っぱに虫らしいものがいるのに気づきました。

20170610inubuna_4y_son_07_zoumushi.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

よく見ると、やはり虫でした(下写真)。

20170610inubuna_4y_son_04.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん
葉っぱについた虫(ゾウムシの一種)

しらべてみると、どうもゾウムシの仲間のようです。
ゾウムシの仲間は種類がたくさんあって、どのゾウムシなのかは分かりませんでしたが、口の部分が細長くて、鼻の長い象に似ているからゾウムシという名がついているようです(下写真)。

20170610inubuna_4y_son_05.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さんの葉っぱに潜んでいたゾウムシの一種

体調は長さ4_程度の小さな虫。触ってみたところ、体は堅い甲羅で覆われていました。
調べてみたところ、ブナにつくゾウムシは、幹に穴を空けたり、悪さをするそうです。
たまたまですが、早くに発見できてよかったです。かわいそうですが、駆除しました。

【イヌブナ集合写真】

20170610inubuna_4y_son_06.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生 
安さん(アンさん)=6年目、檀さん(ダンさん)=6年目、孫さん(ソンさん)=4年目

イヌブナ3兄弟の集合写真です。上から
・大きくて、成長の活発なイヌブナ安さん(実生6年目)・樹高は低いものの順調に成長しているイヌブナ壇さん(実生6年目)
・未だに芽吹きの途中で、ゾウムシに狙われたイヌブナ孫さん(実生4年目)

つづく
posted by kusabanakan at 21:44| イヌブナ日記

2017年06月03日

イヌブナ日記(127) 実生4年目、1ヵ月遅れで再び芽吹きの兆候

実生4年目のイヌブナが、6月に入ってから芽吹きの兆候です。
本来であれば1ヵ月前に芽吹きが始まって、すでに葉っぱが広がっている時期なのですが、今年は芽吹きのタイミングが大幅に遅れています。

本来芽吹くべき時期に芽吹かず、2週間以上遅れて全体の半分から下の冬芽が芽吹きました。
そして、半分から上の冬芽が6月の今日になって芽吹き始めようとしています。

20170603inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

下の写真が芽吹き始めた冬芽。先端から割れて、中から葉っぱが出てきました!

20170603inubuna_4y_son_02.jpg
2017年6月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

下の写真は5月31日に撮影したものですが、このときには芽吹きの兆候に気が付きませんでした。

20170531inubuna_4y_son_01.jpg
2017年5月31日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

【参考】

下の写真はイヌブナ実生4年目の孫さんの先月5月14日までの居場所で、この時まで、ブナの実生4年目(崇さんと湯さん)と一緒のプランター内でした。
去年、一昨年は、この条件でブナよりもイヌブナ(孫さん)の方が先に芽吹きを始めていました。
それが、今年はイヌブナ孫さんがなかなか芽吹かなかったので、苗が枯死してしまったのかと思って、あきらめ半分、苗を移動させていたのです。
それが良かったのかどうか分かりませんが、あきらめて処分していたら…と考えるとゾッとします。
とにかく、生き返ってくれて何よりです。

20170514buna&inubana01.jpg
2017年5月14日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ 実生4年目 イヌブナまだ芽吹かず

20170506buna&inubana01.jpg
2017年5月6日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ 実生4年目 ブナが先に芽吹いてしまった

posted by kusabanakan at 22:24| イヌブナ日記

2017年05月28日

イヌブナ日記(126) 実生4年目、若葉大きくひらく

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

前回から4日ぶりの更新です。
1週間前と比べると、安さん、壇さんに大きな変化はありませんが、2週間以上遅れて芽吹きを始めた孫さんだけ、葉っぱが大きく広がりました。

20170528inubuna_4y_an_dan_son_01.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生 
安さん(アンさん)=6年目、檀さん(ダンさん)=6年目、孫さん(ソンさん)=4年目

下は1週間前に撮影した写真です。

20170521inubuna_4y_an_dan_son_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ実生 
安さん(アンさん)=6年目、檀さん(ダンさん)=6年目、孫さん(ソンさん)=4年目

【安(アン)さん】イヌブナ実生6年目

20170528inubuna_A01.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん

枝先が伸びて、幅120aでした。4/16は90aだったので、30aも幅広になりました!

20170528inubuna_A02.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん

【壇(ダン)さん】イヌブナ実生6年目

20170528inubuna_B01.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん

20170528inubuna_B02.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん

【孫(ソン)さん】イヌブナ実生4年目

20170528inubuna_4y_son_01.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

3つの冬芽から芽吹き、葉っぱが大きく開きました。さすがに残りも冬芽が芽吹くことはないでしょう。
まだ、昨年の葉が数枚、落ちずに残っています。

20170528inubuna_4y_son_02.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

【成長記録】

樹高:定規のあて方によって差が出るのと、まだ枝が細いので、葉っぱがあるときと、冬に落葉している時では、葉っぱの重みで枝がたわんで、高さに差が出ます。特にAの安さんは、芽吹き前の4/16に44aだったのが、芽吹き後の5/28は葉っぱの重さで枝がたわみ、5.5a低い38.5aになりました。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a

冬芽:芽吹きが終わり、冬芽はありません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_

幹サイズ(直径):0.5_単位での変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)

つづく
posted by kusabanakan at 16:22| イヌブナ日記

2017年05月24日

イヌブナ日記(125) 実生4年目、遅れても若葉美しく

3日前に葉が開き始めたイヌブナ実生のソン(孫)さん。
通常よりも2週間以上遅れましたが、きれいに若葉が開きました。
また、一番下の冬芽からも葉が開きはじめました。

20170524inubuna_4y_son_01.jpg
2017年5月24日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

上の枝についた冬芽からはまだ葉が開く気配はありません。
また、昨年の枯葉がまだほとんど残って付いたままです。

20170524inubuna_4y_son_02.jpg
2017年5月24日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

下の写真は3日前に撮影した葉っぱが開き始めたときの状態です。

20170521inubuna_4y_son_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

つづく
posted by kusabanakan at 22:07| イヌブナ日記

2017年05月21日

イヌブナ日記(124) 実生4年目、葉が開き始める 実生6年目は虫喰い

20170521inubuna_4y_son_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

通常よりも2週間以上も遅れて、芽吹き始めたイヌブナ実生4年目のソンさん。
ようやく葉っぱが開き始めました(下:写真2枚)。

20170521inubuna_4y_son_03.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

20170521inubuna_4y_son_02.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

下は昨日(5/20)の写真ですが、まだ葉が開いていませんでした。

20170520inubuna_4Y_03.jpg
2017年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

イヌブナは毎年5月の早い時期から芽吹き始めていたので、このように5月下旬になって葉が開き始めたケースは今回初めてです。下の写真は、同じように軽井沢草花館で育てているイヌブナの6年目の実生(壇さん)で、5月3日に撮影したものです。
ちょうど、今日の4年目実生の孫さんと同じくらいの葉の開き具合で、18日もの差がでました。

20170503inubuna_B02.jpg
2017年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナB(壇さん) 実生6年目 葉っぱが開きはじめる

現在、イヌブナの実生が3株とブナの実生が2株あり、最近、名前を付けたりして、どれがどれだか、混乱してきたので、改めて自己紹介します。

20170521inubuna_4y_an_dan_son_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ実生 
安さん(アンさん)=6年目、檀さん(ダンさん)=6年目、孫さん(ソンさん)=4年目

・イヌブナA(安さん、アンさん) 実生6年目(イヌブナ日記)
・イヌブナB(壇さん、ダンさん) 実生6年目(イヌブナ日記)
・イヌブナA(孫さん、ソンさん) 実生4年目(イヌブナ日記 但し、実生3年目までブナ日記で観察)

(参考)
・ブナA(崇さん、スーさん) 実生4年目(ブナ日記で観察中)
・ブナB(湯さん、タンさん) 実生4年目(ブナ日記で観察中)

名前の由来は、10年ほど前に軽井沢で行われたブナの観察会でご一緒させたいただいたスタン・アンダソンさんのお名前にちなんで付けさせていただきました。数年前にお亡くなりになったとお聞きして、なおさら大切に育てていこうと思っています。

【虫喰い 安さん&壇さん】

昨日今日、2日続けて27度を超え、夏のような暑さとなりました。
草木の成長が早いだけでなく、虫も活発になっているようです。
昨日まで気が付きませんでしたが、安さんと壇さんの葉が虫に喰われていました…
この時期の葉っぱは柔らかくておいしいのでしょう。「犯人は誰だ!」
と探してみるも、すでに逃げられていました。

20170521inubuna_4y_an_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(安さん) 実生6年目

20170521inubuna_4y_dan_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(壇さん) 実生6年目

つづく
posted by kusabanakan at 16:17| イヌブナ日記

2017年05月20日

イヌブナ日記(123) 実生4年目、ゆっくりと芽吹き中

通常であれば5月過ぎから芽吹きを始めるはずでした。
枯死してしまったと思われた実生から4年目のイヌブナ(ソンさん)。
通常よりも2週間ほど遅れ、5月中旬から芽吹きの兆し。
本日の様子が下の写真です。

20170520inubuna_4Y_03.jpg
2017年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん) 実生4年目

冬芽が開き始めています。2日前の状態が下の写真ですから、確実に成長しているといえます。

20170518inubuna_4Y_02.jpg
2017年5月18日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん) 実生4年目

ただし、芽が出てきたのは、全体の冬芽の中でたったの2つだけ(下写真)。
2つ以外の冬芽は閉じたままで、今のところ開く気配がありません。

20170520inubuna_4Y_01.jpg
2017年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん) 実生4年目

芽吹き始めた冬芽は、本幹から直接出たもので、他のまだ芽吹きを始めていない冬芽は本幹から分岐した枝に付いているものです。ですから、もしかすると、上のほうの枝だけが枯死しているのでしょうか?
あくまでも勝手な想像ですが、とても興味深い展開になってきたので、さらに観察を続けていこうと思います。
posted by kusabanakan at 15:09| イヌブナ日記

2017年05月18日

イヌブナ日記(122) 実生4年目、時期遅れで芽吹き?

いつもであれば、2012年5月に種から発芽した6年目のイヌブナ実生の成長日記ですが、今日は4年目をむかえたイヌブナ実生の観察日記です。
そもそも、これから記す実生4年目のイヌブナ観察日記は同じユウスゲ日記の中の「ブナ日記」において、2014年5月から記録を取り続けていたもの。
この春、5月中旬(5/14)になってもイヌブナは芽吹くことなく、枯死したと思われたのでブナ日記から外したばかり。

20170514buna&inubana01.jpg
2017年5月14日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ 実生4年目

ただし、奇跡があるかもしれないと思って、イヌブナ実生を違う鉢に植え替えて、様子を見ていたところです。
すると、枯死したと思われたイヌブナ実生の冬芽の先端が割れて、芽吹いてきたようなのです?

20170514inubuna_4Y.jpg
2017年5月14日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生4年目

下は現在(5月18日)のイヌブナの様子。

20170518inubuna_4Y_01.jpg
2017年5月18日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生4年目

イヌブナをよく観察してみると、冬芽の先端が割れて、中から葉っぱが出かかっています!
今後の観察が楽しみです。

20170518inubuna_4Y_02.jpg
2017年5月18日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生4年目

ちなみに、イヌブナ実生6年目の鉢と比べてみる(下写真)と、ボリュームが全然違います。

20170518inubuna4y&6y_01.jpg
2017年5月18日 軽井沢草花館 イヌブナ 手前:実生4年目、 後方:実生6年目

イヌブナ実生の観察は次回以降も、こちら(イヌブナ日記)でつづけていきます。

小さな美術館軽井沢草花館
石川 寛
Tel/Fax 0267-42-0716
posted by kusabanakan at 22:50| イヌブナ日記