2017年06月23日

イヌブナ日記(130)6月23日でようやく全ての葉が開く

(2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)
6月16日以来、1週間ぶりの更新です。

1ヵ月以上遅れて芽吹きを始めたイヌブナ実生4年目の孫さん。
ようやく、すべての葉が開きました。

20170623inubuna_4y_son_02.jpg
2017年6月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

孫さんは今年で4年目をむかえた苗ですが、昨年までは通常の時期に芽吹いていました。
ところが、今年はどういう訳か芽吹きが1ヵ月以上遅れた6月から芽吹きを始め、さらに枝によって、芽吹きの時期が異なりました。
上の写真でも、下の枝が最初に芽吹いたので葉っぱの色が濃くなっていますが、最上部や中間の枝から芽吹いた葉っぱは最近開いたばかりなので、淡く、薄い色合い。若葉なのでふわふわの手触りです。

下の写真は草花館の庭で撮影したものですが、周囲のユウスゲや緑のカーテンの濃い緑と比べて、緑の濃さが異質です。

20170623inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

下の写真は1週間前の孫さん。樹高に変化はありませんが、この1週間で葉っぱが開いて全体のボリュームが増しました。

20170616inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

最後に違う角度からの一枚。
最上部の枝の葉っぱもきれいに葉が開き切りました。

20170623inubuna_4y_son_03.jpg
2017年6月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

つづく
posted by kusabanakan at 23:08| イヌブナ日記

2017年06月16日

イヌブナ日記(129)幹太くなる&孫さんの芽吹きつづく

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

6月10日以来、6日ぶりの更新です。
今回は5月28日以来となる、樹高、幹の直径の測定も行いました。

20170616inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

イヌブナ3株はそれぞれ個性があり、成長の仕方もまちまちですが、元気に育っています。以下、それぞれの詳細です。

【イヌブナ実生6年目 安(あん)さん】

20170616inubuna_6y_an_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高42.5a

前回(5/28)の測定では樹高が38.5aでしたが、この3週間くらいで4a高くなったことになります。
前回の値は、おそらく5月に入ってから芽吹きが始まり、葉っぱの重みで枝がたわんで、樹高が低くなっていたと考えます。
今回は、枝が上に立ち上がってきて、その分樹高が高くなったのではないかと思います。

20170616inubuna_6y_an_02.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 幅120a

幅は前回(5/28)と変わっていません。

20170616inubuna_6y_an_03.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径11.5_

前回(5/28)から幹の直径が0.5_太くなりました。

【イヌブナ実生6年目 檀(だん)さん】

20170616inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高20a

5/28から樹高に変化はありませんでした。

20170616inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幅42a

5/28から幅にも変化ありませんでした。

20170616inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幹直径9_

幹の直径は前回(5/28)測定したときよりも1.0_太くなっていました。

【イヌブナ実生4年目 孫(そん)さん】

1か月以上も芽吹きの時期が遅れているイヌブナの孫さんですが、何事もないようにマイペースで成長を続けています。
6月に入ってから気温の低い日が続いているのも、まだ芽吹きを続けられている理由の一つかもしれません。

20170616inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

本来であれば、一斉に芽吹くはずなのですが、今年の孫さんは違います。
時期が大幅に遅れているうえ、枝ごとに芽吹きのタイミングがずれています。
そのため、葉っぱが開いた順に色が異なり、最初に芽吹いた葉っぱは葉っぱの色が濃くなっています。
樹高は前回(5/18)から1a伸びました。

20170616inubuna_4y_son_02b.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幅23a

幹最上部の冬芽からも葉っぱが開きはじめました(下写真)。
本来であれば5月上旬に開きはじめるものですが、現在6月も半ば過ぎ。かなりの遅れです。
ちょっとおかしなことになっていますが、この調子で、すべての冬芽が芽吹き、葉っぱが開いてほしいものです。
あともう少しで葉っぱが全開、孫さんがんばれ! 気候も暑くなりすぎませんように。

20170616inubuna_4y_son_03.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 最上部の葉っぱが開きはじめました

20170616inubuna_4y_son_04.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幹直径6_

幹の直径は前回(5/28)測定したときよりも0.5_太くなっていました。

【成長記録】

樹高:定規のあて方によって差が出るのと、まだ枝が細いので、葉っぱがあるときと、冬に落葉している時では、葉っぱの重みで枝がたわんで、高さに差が出ます。ある程度の誤差があることをご了承ください。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a

冬芽:芽吹きが終わり、冬芽はありません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_

幹サイズ(直径):3つとも前回(5/28)の測定時よりも幹が太くなっていました。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)

つづく
posted by kusabanakan at 17:57| イヌブナ日記

2017年06月10日

イヌブナ日記(128) 1ヵ月以上遅れて枝先に芽吹き&ゾウムシ現る

1週間ぶりの更新です。

春に4年目をむかえたイヌブナの孫さん。
この苗は、今年、成長のタイミングがおかしくなっていて、本来であれば4月終わりから5月初めころに芽吹くはずなのに、1ヵ月以上遅れて芽吹きを始め、今もなお冬芽を残し、芽吹きを続けています。

20170610inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

下は、1週間前のイヌブナ孫さん。
今日の状態と比べると、この1週間で幹中段の芽吹きが進んだことが分かります。
本来一斉に芽吹くべきところ、1か月以上かけて、段階的に芽吹きが進んでいるのは特異に思えます。
芽吹き時期の違いで葉っぱの色に違いが見られます(上写真)

20170603inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

さらに、枝先の冬芽が膨らんで、芽吹きが始まったようです(下写真)。
もう6月10日なのに…

20170610inubuna_4y_son_02.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

先端だけでなく、幹の上段に残っている冬芽が一斉に芽吹いてきそうな感じです。
注意深く観察を続けます。

【ゾウムシ現る】

まだ芽吹いたばかりでふわふわの葉っぱを観察していたら、葉っぱに虫らしいものがいるのに気づきました。

20170610inubuna_4y_son_07_zoumushi.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

よく見ると、やはり虫でした(下写真)。

20170610inubuna_4y_son_04.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん
葉っぱについた虫(ゾウムシの一種)

しらべてみると、どうもゾウムシの仲間のようです。
ゾウムシの仲間は種類がたくさんあって、どのゾウムシなのかは分かりませんでしたが、口の部分が細長くて、鼻の長い象に似ているからゾウムシという名がついているようです(下写真)。

20170610inubuna_4y_son_05.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さんの葉っぱに潜んでいたゾウムシの一種

体調は長さ4_程度の小さな虫。触ってみたところ、体は堅い甲羅で覆われていました。
調べてみたところ、ブナにつくゾウムシは、幹に穴を空けたり、悪さをするそうです。
たまたまですが、早くに発見できてよかったです。かわいそうですが、駆除しました。

【イヌブナ集合写真】

20170610inubuna_4y_son_06.jpg
2017年6月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生 
安さん(アンさん)=6年目、檀さん(ダンさん)=6年目、孫さん(ソンさん)=4年目

イヌブナ3兄弟の集合写真です。上から
・大きくて、成長の活発なイヌブナ安さん(実生6年目)・樹高は低いものの順調に成長しているイヌブナ壇さん(実生6年目)
・未だに芽吹きの途中で、ゾウムシに狙われたイヌブナ孫さん(実生4年目)

つづく
posted by kusabanakan at 21:44| イヌブナ日記

2017年06月03日

イヌブナ日記(127) 実生4年目、1ヵ月遅れで再び芽吹きの兆候

実生4年目のイヌブナが、6月に入ってから芽吹きの兆候です。
本来であれば1ヵ月前に芽吹きが始まって、すでに葉っぱが広がっている時期なのですが、今年は芽吹きのタイミングが大幅に遅れています。

本来芽吹くべき時期に芽吹かず、2週間以上遅れて全体の半分から下の冬芽が芽吹きました。
そして、半分から上の冬芽が6月の今日になって芽吹き始めようとしています。

20170603inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

下の写真が芽吹き始めた冬芽。先端から割れて、中から葉っぱが出てきました!

20170603inubuna_4y_son_02.jpg
2017年6月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

下の写真は5月31日に撮影したものですが、このときには芽吹きの兆候に気が付きませんでした。

20170531inubuna_4y_son_01.jpg
2017年5月31日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

【参考】

下の写真はイヌブナ実生4年目の孫さんの先月5月14日までの居場所で、この時まで、ブナの実生4年目(崇さんと湯さん)と一緒のプランター内でした。
去年、一昨年は、この条件でブナよりもイヌブナ(孫さん)の方が先に芽吹きを始めていました。
それが、今年はイヌブナ孫さんがなかなか芽吹かなかったので、苗が枯死してしまったのかと思って、あきらめ半分、苗を移動させていたのです。
それが良かったのかどうか分かりませんが、あきらめて処分していたら…と考えるとゾッとします。
とにかく、生き返ってくれて何よりです。

20170514buna&inubana01.jpg
2017年5月14日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ 実生4年目 イヌブナまだ芽吹かず

20170506buna&inubana01.jpg
2017年5月6日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ 実生4年目 ブナが先に芽吹いてしまった

posted by kusabanakan at 22:24| イヌブナ日記

2017年05月28日

イヌブナ日記(126) 実生4年目、若葉大きくひらく

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

前回から4日ぶりの更新です。
1週間前と比べると、安さん、壇さんに大きな変化はありませんが、2週間以上遅れて芽吹きを始めた孫さんだけ、葉っぱが大きく広がりました。

20170528inubuna_4y_an_dan_son_01.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生 
安さん(アンさん)=6年目、檀さん(ダンさん)=6年目、孫さん(ソンさん)=4年目

下は1週間前に撮影した写真です。

20170521inubuna_4y_an_dan_son_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ実生 
安さん(アンさん)=6年目、檀さん(ダンさん)=6年目、孫さん(ソンさん)=4年目

【安(アン)さん】イヌブナ実生6年目

20170528inubuna_A01.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん

枝先が伸びて、幅120aでした。4/16は90aだったので、30aも幅広になりました!

20170528inubuna_A02.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん

【壇(ダン)さん】イヌブナ実生6年目

20170528inubuna_B01.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん

20170528inubuna_B02.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん

【孫(ソン)さん】イヌブナ実生4年目

20170528inubuna_4y_son_01.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

3つの冬芽から芽吹き、葉っぱが大きく開きました。さすがに残りも冬芽が芽吹くことはないでしょう。
まだ、昨年の葉が数枚、落ちずに残っています。

20170528inubuna_4y_son_02.jpg
2017年5月28日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

【成長記録】

樹高:定規のあて方によって差が出るのと、まだ枝が細いので、葉っぱがあるときと、冬に落葉している時では、葉っぱの重みで枝がたわんで、高さに差が出ます。特にAの安さんは、芽吹き前の4/16に44aだったのが、芽吹き後の5/28は葉っぱの重さで枝がたわみ、5.5a低い38.5aになりました。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a

冬芽:芽吹きが終わり、冬芽はありません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_

幹サイズ(直径):0.5_単位での変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)

つづく
posted by kusabanakan at 16:22| イヌブナ日記

2017年05月24日

イヌブナ日記(125) 実生4年目、遅れても若葉美しく

3日前に葉が開き始めたイヌブナ実生のソン(孫)さん。
通常よりも2週間以上遅れましたが、きれいに若葉が開きました。
また、一番下の冬芽からも葉が開きはじめました。

20170524inubuna_4y_son_01.jpg
2017年5月24日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

上の枝についた冬芽からはまだ葉が開く気配はありません。
また、昨年の枯葉がまだほとんど残って付いたままです。

20170524inubuna_4y_son_02.jpg
2017年5月24日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

下の写真は3日前に撮影した葉っぱが開き始めたときの状態です。

20170521inubuna_4y_son_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

つづく
posted by kusabanakan at 22:07| イヌブナ日記

2017年05月21日

イヌブナ日記(124) 実生4年目、葉が開き始める 実生6年目は虫喰い

20170521inubuna_4y_son_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

通常よりも2週間以上も遅れて、芽吹き始めたイヌブナ実生4年目のソンさん。
ようやく葉っぱが開き始めました(下:写真2枚)。

20170521inubuna_4y_son_03.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

20170521inubuna_4y_son_02.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

下は昨日(5/20)の写真ですが、まだ葉が開いていませんでした。

20170520inubuna_4Y_03.jpg
2017年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナ(孫さん) 実生4年目

イヌブナは毎年5月の早い時期から芽吹き始めていたので、このように5月下旬になって葉が開き始めたケースは今回初めてです。下の写真は、同じように軽井沢草花館で育てているイヌブナの6年目の実生(壇さん)で、5月3日に撮影したものです。
ちょうど、今日の4年目実生の孫さんと同じくらいの葉の開き具合で、18日もの差がでました。

20170503inubuna_B02.jpg
2017年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナB(壇さん) 実生6年目 葉っぱが開きはじめる

現在、イヌブナの実生が3株とブナの実生が2株あり、最近、名前を付けたりして、どれがどれだか、混乱してきたので、改めて自己紹介します。

20170521inubuna_4y_an_dan_son_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ実生 
安さん(アンさん)=6年目、檀さん(ダンさん)=6年目、孫さん(ソンさん)=4年目

・イヌブナA(安さん、アンさん) 実生6年目(イヌブナ日記)
・イヌブナB(壇さん、ダンさん) 実生6年目(イヌブナ日記)
・イヌブナA(孫さん、ソンさん) 実生4年目(イヌブナ日記 但し、実生3年目までブナ日記で観察)

(参考)
・ブナA(崇さん、スーさん) 実生4年目(ブナ日記で観察中)
・ブナB(湯さん、タンさん) 実生4年目(ブナ日記で観察中)

名前の由来は、10年ほど前に軽井沢で行われたブナの観察会でご一緒させたいただいたスタン・アンダソンさんのお名前にちなんで付けさせていただきました。数年前にお亡くなりになったとお聞きして、なおさら大切に育てていこうと思っています。

【虫喰い 安さん&壇さん】

昨日今日、2日続けて27度を超え、夏のような暑さとなりました。
草木の成長が早いだけでなく、虫も活発になっているようです。
昨日まで気が付きませんでしたが、安さんと壇さんの葉が虫に喰われていました…
この時期の葉っぱは柔らかくておいしいのでしょう。「犯人は誰だ!」
と探してみるも、すでに逃げられていました。

20170521inubuna_4y_an_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(安さん) 実生6年目

20170521inubuna_4y_dan_01.jpg
2017年5月21日 軽井沢草花館 イヌブナ(壇さん) 実生6年目

つづく
posted by kusabanakan at 16:17| イヌブナ日記

2017年05月20日

イヌブナ日記(123) 実生4年目、ゆっくりと芽吹き中

通常であれば5月過ぎから芽吹きを始めるはずでした。
枯死してしまったと思われた実生から4年目のイヌブナ(ソンさん)。
通常よりも2週間ほど遅れ、5月中旬から芽吹きの兆し。
本日の様子が下の写真です。

20170520inubuna_4Y_03.jpg
2017年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん) 実生4年目

冬芽が開き始めています。2日前の状態が下の写真ですから、確実に成長しているといえます。

20170518inubuna_4Y_02.jpg
2017年5月18日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん) 実生4年目

ただし、芽が出てきたのは、全体の冬芽の中でたったの2つだけ(下写真)。
2つ以外の冬芽は閉じたままで、今のところ開く気配がありません。

20170520inubuna_4Y_01.jpg
2017年5月20日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん) 実生4年目

芽吹き始めた冬芽は、本幹から直接出たもので、他のまだ芽吹きを始めていない冬芽は本幹から分岐した枝に付いているものです。ですから、もしかすると、上のほうの枝だけが枯死しているのでしょうか?
あくまでも勝手な想像ですが、とても興味深い展開になってきたので、さらに観察を続けていこうと思います。
posted by kusabanakan at 15:09| イヌブナ日記

2017年05月18日

イヌブナ日記(122) 実生4年目、時期遅れで芽吹き?

いつもであれば、2012年5月に種から発芽した6年目のイヌブナ実生の成長日記ですが、今日は4年目をむかえたイヌブナ実生の観察日記です。
そもそも、これから記す実生4年目のイヌブナ観察日記は同じユウスゲ日記の中の「ブナ日記」において、2014年5月から記録を取り続けていたもの。
この春、5月中旬(5/14)になってもイヌブナは芽吹くことなく、枯死したと思われたのでブナ日記から外したばかり。

20170514buna&inubana01.jpg
2017年5月14日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ 実生4年目

ただし、奇跡があるかもしれないと思って、イヌブナ実生を違う鉢に植え替えて、様子を見ていたところです。
すると、枯死したと思われたイヌブナ実生の冬芽の先端が割れて、芽吹いてきたようなのです?

20170514inubuna_4Y.jpg
2017年5月14日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生4年目

下は現在(5月18日)のイヌブナの様子。

20170518inubuna_4Y_01.jpg
2017年5月18日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生4年目

イヌブナをよく観察してみると、冬芽の先端が割れて、中から葉っぱが出かかっています!
今後の観察が楽しみです。

20170518inubuna_4Y_02.jpg
2017年5月18日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生4年目

ちなみに、イヌブナ実生6年目の鉢と比べてみる(下写真)と、ボリュームが全然違います。

20170518inubuna4y&6y_01.jpg
2017年5月18日 軽井沢草花館 イヌブナ 手前:実生4年目、 後方:実生6年目

イヌブナ実生の観察は次回以降も、こちら(イヌブナ日記)でつづけていきます。

小さな美術館軽井沢草花館
石川 寛
Tel/Fax 0267-42-0716
posted by kusabanakan at 22:50| イヌブナ日記

2017年05月12日

イヌブナ日記(121)若葉広がる

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

前回5月7日から5日ぶりの更新です。
わずか5日ですが、イヌブナ2株は美しい若葉姿になりました。

20170512inubuna_A&B01.jpg
2017年5月12日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 上:A 下:B

【イヌブナA】

20170512inubuna_A01.jpg
2017年5月12日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 ほぼすべての葉っぱが開き切る

樹高は約40a(上写真)
全体的に5割程度の開き具合だった5日前(下写真)

20170507inubuna_A01.jpg
2017年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 5割程度の葉が開く

【イヌブナB】

イヌブナBはAよりも成長が早く、前回(5/7)の時にほぼ完全に葉っぱが開いていました。
しかし、この5日で葉っぱが大きくなりました。イヌブナAに比べて小さい株ですが、現在のところ、葉っぱの大ききはこちらのイヌブナBの方が大きいです。
また、葉っぱの色も微妙に異なり、こちら(B)の方が少し濃いようですが、芽吹きの時期の差かもしれません。

20170512inubuna_B01.jpg
2017年5月12日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 樹高約18a

下は5日前の状態。葉っぱは広がっていましたが、今日の状態と比べると大きさが違います。

20170507inubuna_B01.jpg
2017年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目

20170512inubuna_B03.jpg
2017年5月12日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 きれいな若葉です
posted by kusabanakan at 16:44| イヌブナ日記

2017年05月07日

イヌブナ日記(120) ふわふわの葉が開く

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

4日前には、葉っぱが広がり始めたイヌブナ(AとB)。
今日の時点では、まだすべての葉っぱが開いているわけではありませんが、ふわふわの葉っぱが次々に開き、美しい新緑シーズンの始まりといったところです。

【イヌブナA】

葉っぱは全体的に5割程度の開き具合ですが、上部の葉っぱはほぼ完全に開いています。

20170507inubuna_A01.jpg
2017年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 5割程度の葉が開く

下の写真は4日前の状態で、まだ芽吹いていませんでした。

20170503inubuna_A01.jpg
2017年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目

(下写真)イヌブナの葉っぱには産毛が生えていて、とてもやわらか。

20170507inubuna_A02.jpg
2017年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目

【イヌブナB】

イヌブナBの方は、ほぼ完全に葉っぱが開きました。
春先に、幹の上部が折れてしまって、心配していましたが、問題なく育ってくれています。

20170507inubuna_B01.jpg
2017年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 ほぼ完全に葉っぱが開く

下は4日前の状態

20170503inubuna_B01.jpg
2017年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 葉っぱが開きはじめる

20170507inubuna_B02.jpg
2017年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目
posted by kusabanakan at 19:56| イヌブナ日記

2017年05月03日

イヌブナ日記(119)葉が広がり始める

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

2鉢あるイヌブナ6年目の苗(AとB)。
一昨日(5/1)、Bの冬芽が割れて芽が出始めました。
そして今日は、葉っぱが開き始めました(下写真)。

20170503inubuna_B01.jpg
2017年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 葉っぱが開きはじめる

葉っぱは産毛でふわふわです(下写真)。

20170503inubuna_B02.jpg
2017年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 葉っぱが開きはじめる

もう一つのAの方はまだ芽吹きが始まっていません(下写真)。
それでも、冬芽が大きく膨らんでいて、芽吹きも近いと思われます。

20170503inubuna_A01.jpg
2017年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 芽吹きがまだ始まっていない

posted by kusabanakan at 20:41| イヌブナ日記

2017年05月01日

イヌブナ日記(118)一部で芽吹き

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

イヌブナ実生もこの春で6年目。
2つ(AとB)の株のうちBの方が芽吹きを始めました。
順調に育っていることが確認できてほっとしました。

【イヌブナ実生A】

ここ数日で昨年の葉っぱがほぼ落ち切りました。

20170501inubuna_A01.jpg
2017年5月1日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目

20170501inubuna_A02.jpg
2017年5月1日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 芽吹き間近の冬芽 約38_

下は9日前に撮影したもので、このときにはまだ葉っぱが残っていました。冬芽の長さが20_から38_へとこの9日間で倍近く伸びました。

20161225inubuna_A02.jpg
2017年4月22日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 冬芽 約20_

【イヌブナ実生B】

イヌブナAと同じように、この9日間で葉っぱがすべて落ち切りました。

20170501inubuna_B01.jpg
2017年5月1日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目

今日になって、いくつかの冬芽が割れて、葉っぱが出始めました。
これから若葉が広がってくることでしょう。

20170501inubuna_B02.jpg
2017年5月1日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目

つづく
posted by kusabanakan at 14:32| イヌブナ日記

2017年04月22日

イヌブナ日記(117)実生から6年目のシーズン始まる

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

2012年春から実生の苗を育て始め、この春で6シーズン目に入りました。
「鉢植え」という特殊な環境で育てているためか、
株のサイズは小さく、結果的に「盆栽」のような楽しみ方になっています。
それでも、しっかりと毎春芽を出し、美しい新緑を楽しみ、
秋にまた黄葉で楽しませてもらっています。

以下、先週4月16日に撮影した写真をメモとして残します。

【イヌブナA】

20170416inubuna_A01.jpg

2017年4月16日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 樹高44.0a、幅約90a

下は前回(2016年12月25日)撮影した時の写真。サイズを比べれば今回のほうが高さプラス1a、幅マイナス10a。
ずいぶん差が出ましたが、霜の有無、定規のあて方の差、等で誤差が生じるのだろうと思います。
基本的には昨年末から変化していないと思います。

20161225inubuna_A01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高43.0a、幅100a

冬芽の長さは20_で、昨年11/30に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_A02.jpg
2017年4月22日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 冬芽 約20_

20161130inubuna_A02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で、8/25に測定したときから変化ありません。

20170416inubuna_A03.jpg
2017年4月16日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生6年目 幹直径11_

20161225inubuna_A03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20170416inubuna_B01.jpg
2017年4月16日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 樹高20a、幅18.5a

前回(3/26)のブログにもメモしましたが、この冬の間に幹(枝)が折れてしまい、全体のプロポーションが大きく変わってしまいました。

20161225inubuna_B01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31(32.5)a、幅48a

(下写真)冬芽の長さは17_。昨年まで測定していた枝が折れてしまったため、前回(12/25)とは別の冬芽を測定しました。

20170416inubuna_B02.jpg

2017年4月16日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 冬芽 約17_

20161225inubuna_B02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_


20170416inubuna_B03.jpg
2016年4月16日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生6年目 幹直径8_

20161225inubuna_B03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:定規のあて方や霜による土の盛り上がりなどで前回の測定値とは若干の差が出ましたが、測定誤差の範囲ではないかと思います。また、イヌブナBはこの冬の間に幹(枝)が折れてしまったため、前回より10a以上、低くなりました・

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、
2017年4/16:20a(枝が折れたため)

冬芽:イヌブナAは昨年10/8から4/16の間で長さに変化はありませんでした。一方イヌブナBは枝が折れたことから、違う芽の大きさを計測。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

幹サイズ:昨年8/25から今年4月16日までの間で幹の直径に変化はありませんでした(A、B共に)

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)

つづく
posted by kusabanakan at 20:23| イヌブナ日記

2017年03月26日

イヌブナ日記(116)枝折れる

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

1月2日以来の更新です。
3月も下旬となりましたが、芽吹きの時期はおおむね5月に入ってから。
あと1か月以上も先になります。

20170326inubuna_A&B01.jpg

2017年3月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 上:イヌブナA、下:イヌブナB

さて、今日は朝から雪、軒下に置いているイヌブナの鉢植えにも、雪がかぶり、真っ白です。

20170326inubunaB01.jpg

2017年3月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 幹(枝)が折れてしまったイヌブナB

これはちょっと前の話になりますが、
3月に入ってから、鉢植えを移動する際に、誤って、幹(枝)を折ってしまいました(上写真)。

下は、昨年末(11月30日)に撮影した写真です。
幹が斜め方向に伸びていましたが、先端から20aくらい短くなりました(下写真参考)

20161130inubuna_B01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

幹(枝)の折れたことは残念ですが、イヌブナBが今後どうやって、大きくなっていくのか楽しみです。
posted by kusabanakan at 13:44| イヌブナ日記

2017年01月02日

イヌブナ日記(115)クリスマスのイヌブナ(実生から5年目)

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

11月30日以来、25日ぶりに観察した12月25日の記録を本日(1月2日)更新します。
クリスマスシーズンでも葉っぱはほとんど残っています。

以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20161225inubuna_A01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高43.0a、幅100a

樹高は43aで、前回(11/30)よりも1a高くなっていますが、定規のあて方の誤差、また霜による土の盛り上がりが考えられるので、実際に枝が伸びているわけではないものと思われます。

20161130inubuna_A01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

冬芽の長さは20_で、10/8に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_A02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

20161130inubuna_A02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で、8/25に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_A03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20161130inubuna_A03.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20161225inubuna_B01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31(32.5)a、幅48a

定規の値は樹高32.5_となり、前回(11/30)の31aに比べて高くなっていましたが、定規のあて方の差や霜による土の盛り上がりによって、高くなっているだけで、実際に枝が伸びているわけではないのだろうと思います。ここでは前回と同じ31.0aとして記録します。

20161130inubuna_B01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

冬芽の長さは25_で、イヌブナA同様、10/8に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_B02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161130inubuna_B02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161225inubuna_B03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

20161130inubuna_B03.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:10/8から変化ないと思われます(A、B共) ※定規のあて方や霜による土の盛り上がりなど測定誤差があるかもしれない

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a

冬芽:10/8から12/25の間で長さに変化はありませんでした(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_

幹サイズ:8/25から12/25の間で幹の直径に変化はありませんでした(A、B共に)

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)

つづく
posted by kusabanakan at 16:54| イヌブナ日記

2016年11月30日

イヌブナ日記(114)イヌブナの葉っぱも完全に茶褐色化

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

11月24日以来、6日ぶりの更新です。また、樹高や冬芽の観察/測定としては、11月13日以来、17日ぶりの更新です。
24日に降った雪もすっかり溶けています。

以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20161130inubuna_A01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

樹高は42aで、前回(11/13)と同じでした。空気も乾燥していて、こういう時は葉っぱが丸まっています。
ほとんど落葉もしていない感じで、見た目の変化も特にありません。

20161113inubuna_A01.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

冬芽の長さは20_で、10/8に測定したときから変化ありません。

20161130inubuna_A02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

20161113inubuna_A03.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で、8/25に測定したときから変化ありません。

20161130inubuna_A03.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20161113inubuna_A04.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20161130inubuna_B01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

樹高は31aで11/13の時と比べて変化はありませんでした。
11/13の時には木の下の方で黄色味を残していた葉っぱも茶褐色化してほかの葉っぱ同様の状態になりました。

20161113inubuna_B01.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

冬芽の長さは25_で、イヌブナA同様、10/8に測定したときから変化ありません。

20161130inubuna_B02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161113inubuna_B03.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

幹の直径は8_で、イヌブナA同様、8/25に測定したときから変化ありません。

20161130inubuna_B03.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

20161113inubuna_B04.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:10/8から変化ないと思われます(A、B共) ※定規のあて方など測定誤差があるかもしれない

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a

冬芽:10/8から11/30の間で長さに変化はありませんでした(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_

幹サイズ:8/25から11/30の間で幹の直径に変化はありませんでした(A、B共に)

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)

つづく
posted by kusabanakan at 15:05| イヌブナ日記

2016年11月24日

イヌブナ日記(113)初雪かぶる 11月としては記録的な積雪量

今季の初降雪です。
未明から降り始めた雪は、昼過ぎには20aを超え、11月としては記録的な大雪となりました。
イヌブナ(実生5年目)の鉢には雪が降り積もり、寒々しい姿になりました。
記録として日記に収めます。

20161124inubuna_A01.jpg
2016年11月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

下は9日前に撮影した写真です。このときは雨上がりで、カラカラに乾燥して丸まっていた葉っぱもすっかり元の形に戻っていました。

20161115inubuna_A01.jpg
2016年11月15日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 

20161124inubuna_A02.jpg
2016年11月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

20161115inubuna_A02.jpg
2016年11月15日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 

20161124inubuna_B01.jpg
2016年11月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

20161115inubuna_B01.jpg
2016年11月15日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

20161124inubuna_B02.jpg
2016年11月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

20161115inubuna_B02.jpg
2016年11月15日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目
posted by kusabanakan at 17:49| イヌブナ日記

2016年11月13日

イヌブナ日記(112)葉っぱが乾燥&茶褐色

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

10月24日以来、19日ぶりの更新です。
10月25日以降、さらに冷え込みが厳しくなりました。朝晩氷点下になることが多く、秋も深まってきました。
イヌブナはA、Bともにすっかり葉が褐色しました。また、今日は空気が乾燥していたこともあり、葉っぱが丸まってすっかり冬の姿になっていました。

以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20161113inubuna_A01.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

樹高は42aで、前回(10/24)と同じでした。
しかし、葉が茶褐色化して、すっかり冬の姿に変わりました。

20161024inubuna_A01.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

下の写真はイヌブナAを上から撮影したものです。すべての葉っぱが乾燥して茶褐色化しています。

20161113inubuna_A02.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

下は前回(10月24日)撮影した写真。この19日間で姿が大きく変わったのがよく分かります。

20161024inubuna_A02.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

冬芽の長さは20_で前回(10/24)と同じ20_でした。さらに遡ると10月8日に測定したときも20_だったので、その時から変化していません。

20161113inubuna_A03.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

20161024inubuna_A03.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で前回(10/24)と同じでした。

20161113inubuna_A04.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20161024inubuna_A04.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20161113inubuna_B01.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

樹高は31aで前回(10/24)の時と比べて変化はありませんでした。

20161024inubuna_B01.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

下の写真はイヌブナBを上から撮影したものです。
イヌブナA同様、ほとんどの葉っぱが乾燥して茶褐色化しました。一部、幹の下の方の葉っぱは、まだ黄色味を帯びていて、完全に乾燥していない状態でした。

20161113inubuna_B02.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

20161024inubuna_B02.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

冬芽の長さはイヌブナAと同様、前回(10/24)の時から変化がなく25.0_でした。さらに遡ると10月8日に測定したときから25.0_の状態が続いています。

20161113inubuna_B03.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161024inubuna_B03.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

幹の直径は8_で前回(10/24)から変化ありませんでした。

20161113inubuna_B04.jpg
2016年11月13日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

20161024inubuna_B04.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:10/8から変化ないと思われます。

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_

冬芽:10/8から10/24の間で長さに変化はありませんでした(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_

幹サイズ:変化ありませんでした

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)

つづく
posted by kusabanakan at 19:00| イヌブナ日記

2016年10月24日

イヌブナ日記(111) 黄葉するも冬芽は成長なし

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

10月8日以来、16日ぶりの更新です。
この16日間に冷え込みが厳しくなり、葉っぱの色が一気に黄色味を帯びました。秋が深まってきたことを見た目からも感じます。
樹高、幹の直径、冬芽の長さに変化は見られませんでした。
以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20161024inubuna_A01.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

樹高は42aで、前回(10/8)と同じでした。
葉っぱの色は大きく変化して黄色くなりました。

20161008inubuna_A01.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

下の写真はイヌブナAを上から撮影したものです。葉っぱの半分以上が黄葉し一部は枯れています。緑の葉っぱも少し残っています。

20161024inubuna_A02.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目

冬芽の長さは20_で前回(10/8)と同じ20_でした。

20161024inubuna_A03.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

20161008inubuna_A02.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で前回(10/8)と同じでした。

20161024inubuna_A04.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20161008inubuna_A03.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20161024inubuna_B01.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

樹高は31aで前回(10/8)の31.5aに比べて0.5aも低くなっていましたが、枝のたわみ具合や定規の当て方による誤差と思われます。

20161008inubuna_B01.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31.5a、幅48a

下の写真はイヌブナBを上から撮影したものです。
上部の葉っぱはすでに落ちていています。
残った葉っぱは上の方が黄葉し、その他大半の葉っぱはまだ緑色です。

20161024inubuna_B02.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目

冬芽の長さはイヌブナAと同様、前回(10/8)の時から変化がなく25.0_でした。
太さにも変化はなさそうです。

20161024inubuna_B03.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161008inubuna_B02.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

幹の直径は8_で前回(10/8)から変化ありませんでした。

20161024inubuna_B04.jpg
2016年10月24日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

20161008inubuna_B03.jpg
2016年10月8日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:10/8から変化ないと思われます。

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a


冬芽:10/8から10/24の間で長さに変化はありませんでした(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_

幹サイズ:変化ありませんでした

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)

つづく
posted by kusabanakan at 16:37| イヌブナ日記