2022年08月08日

緑のカーテン2022(9)うっすら黄葉(8/8)

前回7月23日以来、16日ぶりの更新です。
++++++++++++++++++
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。
++++++++++++++++++

以下、本日(8/8)、及び(8/1)の様子です。

下写真:8月に入ったころから葉っぱの状態に変化がみられ、うっすら黄葉しはじめました。見た目にもすこし色がくすんだようになって、緑のカーテンは秋に差し掛かったようです。
現在、ヤマノイモがつるを伸ばし続けていますが、その他のウチワドコロ、ヤマブドウ、イケマにおいては成長がみられません。
また、今年花を咲かせたつる植物は、例年通りウチワドコロがたくさん花を咲かせたものの、今のところ雄花ばかりで、実をつける雌花の開花がみられません。
他では、5月〜6月にチョウセンゴミシがわずかに開花したものの。実は付きませんでした。イケマ、ヤマブドウはつぼみを付けることもなく開花しませんでした。

20220808midori01.jpg
2022年8月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真は1週間前に撮影したものです。

20220801midori01.jpg
2022年8月1日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回、16日前の状態です。

20220723midori01.jpg
2022年7月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は本日撮影で、違う角度からの一枚です。

20220808midori02.jpg
2022年8月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回、16日前の状態です。

20220723midori02.jpg
2022年7月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 16:40| 緑のカーテン

2022年07月23日

緑のカーテン2022(8)ウチワドコロ花咲く(7/23)

前回7月6日以来、17日ぶりの更新です。
++++++++++++++++++
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。
++++++++++++++++++

以下、本日の様子です。

下写真:前回(7/6)よりも葉っぱの密度が微増して、緑のカーテンとしての形が出来ました。現在ネットに絡みついている植物はウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシ、ヤマノイモ、イケマの5草。
全体の比率でいうと、ウチワドコロ50%、ヤマノイモ20%、ヤマブドウ20%、イケマとチョウセンゴミシで計10%といったところで、前回から変わりありません。今年はつる植物の成長が鈍化していて、例年にくらべて密度が低めです。
尚、前回ネットに絡み始めたイケマの蔓は、ぐんぐんと伸びて、範囲を拡大しましたが、今のところ花芽はなく、今年も花が咲くことはなさそうです。

20220723midori01.jpg
2022年7月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回、17日前の状態です。

20220706midori01.jpg
2022年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は本日撮影で、違う角度からの一枚です。


20220723midori02.jpg
2022年7月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン


下の写真は前回、17日前の状態です。

20220706midori02.jpg
2022年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【ウチワドコロ開花】

ウチワドコロにたくさんの花序が付いて、小さな花が咲き始めました。

20220723midori03_uchiwadokoro.jpg
2022年7月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロ
posted by kusabanakan at 13:28| 緑のカーテン

2022年07月06日

緑のカーテン2022(7)イケマが伸び、ウチワドコロに花序(7/6)

前回6月23日以来、13日ぶりの更新です。
++++++++++++++++++
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。
++++++++++++++++++

以下、本日の様子です。

下写真:前回よりも葉っぱの密度が増して、緑のカーテンらしくなってきました。現在ネットに絡みついている植物はウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシ、ヤマノイモ。そして新たにイケマがネットに絡み始めました。
全体の比率でいうと、ウチワドコロ50%、ヤマノイモ20%、ヤマブドウ20%、イケマとチョウセンゴミシで計10%といったところでしょうか。6月後半になってから、ヤマノイモの蔓がたくさん出始めて、現在、最も勢いよく成長しています。
また、プランターで育てているナンバンハコベがネットに寄りかかりながら高さ81aにまで伸びています。

20220706midori01.jpg
2022年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は13日前の状態です。

20220623midori01.jpg
2022年6月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は本日撮影で、違う角度からの一枚です。

20220706midori02.jpg
2022年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は13日前の状態です。

20220623midori02.jpg
2022年6月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【イケマの蔓がネットに絡み始める】

前回(6/23)以降、イケマが芽吹き、現在地上からH=1.6mのところまでネットに絡みついています(下写真)。
ここ数年は、ある程度まで蔓が伸びるものの、ほかの蔓植物に負けてしまい、他よりも早くに黄葉して落葉しています。花も咲かないことの方が多いですが、今年咲いてくれるかどうか? 観察を続けます。

20220706midori03_ikema.jpg
2022年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマ(H=1.6m)

【ウチワドコロに花序】

6月終わりころからウチワドコロに花序が付き始めました。
これから花の季節をむかえます。

20220706midori04_uchiwadokoro.jpg
2022年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロ

【ナンバンハコベ 寄りかかってH=81cm】

去年(2021)の5月3日に種をまいて育てているナンバンハコベのプランターを緑のカーテンのネットを這わしているデッキ下に
設置しておいたところ、伸びた茎がネット方向に寄りかかるようになりました。
前回(6/23)、デッキよりも少し高いところまで、寄りかかるように茎を伸ばしていましたが、今回はさらに上のネットに寄り添うように伸びて、高さ81aにまで成長しました。
蔓性の植物ではありませんが、こうして、他の植物などにもたれかかって、どさくさ紛れに成長していく、たくましさを感じます。

20220706midori05_nanbanhakobe.jpg
2022年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン ナンバンハコベ(2021.5.3種まき)

下写真は前回(6/23)撮影です。この時はデッキのレベル(高さ50a)まで伸びていました。

20220623midori03_nanbanhakobe.jpg
2022年6月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン ナンバンハコベ(2021.5.3種まき)
posted by kusabanakan at 17:40| 緑のカーテン

2022年06月23日

緑のカーテン2022(6)ナンバンハコベが寄りかかり始める(6/23)

前回6月13日以来、10日ぶりの更新です。
++++++++++++++++++
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。
++++++++++++++++++

以下、本日の状態です。

下写真:前回(6/13)からネットに絡んだ植物の密度が増して、緑のカーテンらしくなってきました。現在ネットに絡みついている植物はウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシ、ヤマノイモですが、プランターで育てているナンバンハコベがネットに寄りかかるように、伸びてきました。

20220623midori01.jpg
2022年6月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は10日前の状態です。

20220613midori01.jpg
2022年6月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は本日撮影で、違う角度からの一枚です。

20220623midori02.jpg
2022年6月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は10日前の状態です。

20220613midori02.jpg
2022年6月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【ナンバンハコベが寄りかかり始める?】

去年(2021)の5月3日に種をまいて育てているナンバンハコベのプランターを緑のカーテンのネットを這わしているデッキ下に
設置しておいたところ、伸びた茎がネット方向に寄りかかるようになりました。
これから、どのように成長していくのか? 観察を続けます。

20220623midori03_nanbanhakobe.jpg
2022年6月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン ナンバンハコベ(2021.5.3種まき)
posted by kusabanakan at 20:30| 緑のカーテン

2022年06月13日

緑のカーテン2022(5)ヤマノイモがネットに絡み始めました(6/13)

前回6月5日以来、8日ぶりの更新です。
++++++++++++++++++
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。
++++++++++++++++++

以下、本日の状態です。

下写真:前回(6/5)、ネットに絡みついていた植物はウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシの3種でしたが、この8日間で新たにヤマノイモのツルがネットに絡み始めました。

20220613midori01.jpg
2022年6月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は8日前の状態です。

20220605midori01.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は本日撮影です。

20220613midori02.jpg
2022年6月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は8日前の状態です。

20220605midori02.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【ウチワドコロ、チョウセンゴミシ、ヤマノイモ】

前回(6/5)までは見られなかったヤマノイモのツルがネットに絡み始めました(下写真)。
ヤマノイモはこれから次々に芽を出してネットに絡んでくるでしょう。成長が早く、緑のカーテンの主力としての活躍が期待されます。

20220613midori03.jpg

2022年6月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロ、チョウセンゴミシ、ヤマノイモ
続きを読む
posted by kusabanakan at 21:58| 緑のカーテン

2022年06月05日

緑のカーテン2022(4)緑のカーテンらしくなってきました(6/5)

前回5月22日以来、2週間ぶりの更新です。
++++++++++++++++++
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。
++++++++++++++++++

以下、本日の状態です。

下写真:この2週間で、ウチワドコロの蔓が増え、成長が活発になってきました。ネットに絡み始めたものはすごいスピードで蔓を伸ばし、葉っぱを開かせています。
全体的に葉っぱが目立ち始め、緑のカーテンらしくなってきました。
現在、ネットに絡みついている植物はウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシの3種で、占有の割合も多い順で、ウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシとなっています。

20220605midori01.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は2週間前の状態です。ネットに絡んでいたツルはまだほんの一部で、目立ちませんでした。

20220522midori01.jpg
2022年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20220605midori02.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【ウチワドコロとノブドウ】

20220605midori04.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウとウチワドコロ

【一部のウチワドコロを剪定】

20220605midori05.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロ

ウチワドコロの成長が勢いを増していますが、一部の葉っぱが粉が吹いたように、斑点がついて状態がよくありません。
そこで、それらの葉っぱをハサミで剪定しました。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、少し黄ばんでいて表面に斑点が出ています(下写真)。

20220605midori03.jpg
2022年6月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの剪定した葉っぱ

つづく
posted by kusabanakan at 15:34| 緑のカーテン

2022年05月22日

緑のカーテン2022(3)ウチワドコロ背丈の高さまで伸びる(5/22)

前回5月8日以来、2週間ぶりの更新です。
++++++++++++++++++
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。
++++++++++++++++++

以下、今日の様子です。

下写真:前回2週間前と同様、まだカーテンとしての役割は果たしていませんが、ウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシのツルがじわりじわりと範囲を拡大していて、6月以降、緑のカーテンらしくなっていきそうです。

20220522midori01.jpg
2022年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は2週間前の状態です。緑のカーテンとしてみるとほとんど変わっていないように見えますが、庭の植物を比較すると、2週間で緑が豊かになったことがわかります。

20220508midori01.jpg
2022年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20220522midori02.jpg
2022年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【チョウセンゴミシ】

現時点ではもっとも成長しているのがチョウセンゴミシです。葉っぱが広がって、さらにツルを伸ばし始めています。今年は花が一輪だけ咲いていますが、実がつくようなことはなさそうです。
ウチワドコロのツルも追いかけるようにツルの範囲を広げています。

20220522midori03b.jpg
2022年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシとウチワドコロ

【ウチワドコロ】

現在、テラスのデッキ下からたくさんのウチワドコロが生えてきています。
ここ1週間ほどで成長が進んで、次々にネットに絡み始めています。

最も高くまで伸びたツルで1b70a。
人の背丈くらいになりました。

20220522midori04.jpg
2022年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロ

20220522midori06.jpg
2022年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロ

【ノブドウ】

しっかりと葉っぱが開きました。枝先からは新たなツルがたくさん出てきており、さらに範囲を拡大していきそうです。

20220522midori05.jpg
2022年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウ

【ツルガシワ】

プランターから芽が出てきました。毎年、芽を出すものの、他の植物との競争に勝てず、控えめに成長して終わってしまっています。ネットに絡みつくくらいまで成長してくれたらうれしいのですが、期待は高くありません。

20220522midori07.jpg
2022年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン ツルガシワ

つづく

posted by kusabanakan at 14:14| 緑のカーテン

2022年05月08日

緑のカーテン2022(2)ウチワドコロの蔓が絡み始めました(5/8)

前回4月27日以来、11日ぶりの更新です。

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。

以下、今日現在の状態です。

下写真:前回と同様、まだカーテンとしての役割を果たしていませんが、ウチワドコロの蔓がネットに絡み始め、これからの成長が楽しみになってきました。

20220508midori01.jpg
2022年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20220508midori02.jpg
2022年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【チョウセンゴミシ】

前回(4/27)の時点で、芽吹きを始めていましたが、さらに成長が進んで、蔓が着々と伸びてきています。

20220508midori_chousengomishi01.jpg
2022年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

【ウチワドコロ】

草花館の緑のカーテンでは、毎年このウチワドコロが大活躍。
全体の半分くらいが、このウチワドコロの葉っぱで覆われます。
現在、地面から出た蔓がネットに絡み始めたところです。

20220508midori_chousengomishi_uchiwadokoro01.jpg
2022年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロとチョウセンゴミシ

【ノブドウ】

ようやく葉っぱが開き始めました。

20220508midori_nobudo.jpg
2022年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウ

つづく
posted by kusabanakan at 21:39| 緑のカーテン

2022年04月27日

緑のカーテン2022(1)チョウセンゴミシ&ノブドウ&ウチワドコロ芽吹き(4/27)

2022年、緑のカーテン日記をはじめます。

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。

下写真:まだカーテンとしての役割を果たしていませんが、これからの各種つる性植物の成長と共にカーテンが出来ます。

20220427midori01.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【チョウセンゴミシ】

木本(樹木)の蔓植物です。
昨年からネットに絡まったままの状態で冬を越し、今年4月に入ったころからすでに芽吹きが始まりました。

20220427midori02.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

20220427midori_chousengomishi.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

【ノブドウ】

ノブドウをプランターで育て、緑のカーテンとして利用しています。蔓の節から芽が出てきました。

20220427midori_nobudou01.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウ

蔓の節から所々芽が出てきています。

20220427midori_nobudou02.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの芽

【ウチワドコロ】

軒下からウチワドコロ(らしき植物)が2本出てきていました。まだ10aそこそこの大きさですが、緑のカーテンとして大変重要な役割を果たしてくれています。

20220427midori_uchiwadokoro01.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの蔓

20220427midori_uchiwadokoro02.jpg
2022年4月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの蔓

つづく
posted by kusabanakan at 20:15| 緑のカーテン

2021年11月05日

緑のカーテン2021(16)今年の最終回、ほぼ落葉する(11/3)

※一昨日(11/3)観察した日記となります。前回10月18日以来、16日ぶりの更新です。

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
前回10/18の時で、すでに大半の葉が落葉していましたが、現在ほとんどの葉が散っていて、今年の緑のカーテンも終了といったところです。
今年もきれいな緑のカーテンとなりましたが、全体のボリュームは昨年の方が厚みがあったように感じます。
ヤマノイモとウチワドコロの蔓が主力となり、次にノブドウ、イケマ、チョウセンゴミシと続きました。
残念ながら実のものは付きませんでした。チョウセンゴミシの実が付きかけたものの、すぐに枯れてしまい、実も未成熟のまま落ちてしまいました。あえて付いたと言えばヤマノイモのムカゴです。こちらは100個近くできたでしょうか? 収穫できたものは炊き込みご飯で食べました。

今年はこれで最終回となりますが、また来年観察していこうと思っています。

20211102midori01.jpg
2021年11月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(10/18)の時の状態です。

20211018midori01.jpg
2021年10月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20211102midori02.jpg
2021年11月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(10/18)の時の状態です。

20211018midori02.jpg
2021年10月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン

つづく

posted by kusabanakan at 20:51| 緑のカーテン

2021年10月18日

緑のカーテン2021(15)秋深まり、落葉進む(10/18)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回10月6日以来、12日ぶりの更新です。

10月に入ってから暖かな日が続いていましたが、昨日の午後から気温が下がり続け、今朝は0.7度まで気温が下がりました。
昨日は木枯らしかと思うような強い風が吹いて、緑のカーテンの葉がだいぶ落ちてしまい、今季終盤の姿になりました。
残っている葉っぱの内訳はヤマノイモが8割、ウチワドコロが2割、ノブドウの葉っぱは5枚ほど確認できる程度で、イケマはすべて落葉していました。チョウセンゴミシも5月に花を咲かせ、6月に実を付けたものの7月になると元気がなくなってしまい、早々に実が落ちて、葉っぱもいつの間にかなくなっていました。
今年はウチワドコロの成長がいま一つだったようで、全体のボリュームが例年に比べて小さなものとなりました。

20211018midori01.jpg
2021年10月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(10/6)の時の状態です。

20211006midori01.jpg
2021年10月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

さらに下の写真は昨年(2020)の10月15日に撮影したものです。
比較すると、今年の方が落葉する時期が早くに訪れたようです。

20201015midori01.jpg
2020年10月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20211018midori02.jpg
2021年10月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(10/6)の時の状態です。

20211006midori02.jpg
2021年10月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真:本日(10/18)撮影、別角度からの一枚です。大半がヤマノイモの葉っぱです。

20211018midori03.jpg
2021年10月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真:ヤマノイモの黄葉です。落葉が進んでカーテンとしての役割は無くなりました。

20211018midori04.jpg
2021年10月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン ヤマノイモの黄葉

つづく
posted by kusabanakan at 16:35| 緑のカーテン

2021年10月06日

緑のカーテン2021(14)3分の1くらい落葉(10/6)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回9月15日以来、3週間ぶりの更新です。

少しづつ黄葉が進み、3分の1くらいの葉が落葉しました。

この3週間は比較的暖かな日が多く、厳しい冷え込みがありません。
最低気温が10度を下回った日はわずか4日間で、最も気温が低くなったのが10月3日の8.9度。
これから冷え込みが厳しくなっていくと、落葉が進みそうです。

20211006midori01.jpg
2021年10月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(9/15)の時の状態です。

20210915midori01.jpg
2021年9月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20211006midori02.jpg
2021年10月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(9/15)の時の状態です。

20210915midori02.jpg
2021年9月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真:本日(10/6)撮影、別角度からの一枚です。

20211006midori03.jpg
2021年10月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真:落葉が進んだ場所です。落葉が進み、カーテンとしての役割は無くなりつつあります。

20211006midori04.jpg
2021年10月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

つづく
posted by kusabanakan at 20:30| 緑のカーテン

2021年09月15日

緑のカーテン2021(13)イケマ黄葉&落葉(9/15)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回8月29日以来、17日ぶりの更新です。

ここ数日でイケマの黄葉が進み、一部の葉が落葉を始めました。
今後冷え込みが厳しくなっていくと落葉が進み、今年の役割は終わりそうです。

20210915midori03_ikema.jpg
2021年9月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン 黄葉したイケマの葉

以下、緑のカーテンの全体の様子です。

20210915midori01.jpg
2021年9月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(8/29)の時の状態です。

20210829midori01.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20210915midori02.jpg
2021年9月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(8/29)の時の状態です。

20210829midori02.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン

つづく
posted by kusabanakan at 21:37| 緑のカーテン

2021年08月29日

緑のカーテン2021(12)イケマ実らず、ヤマノイモにはムカゴ(8/29)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回8月12日以来、17日ぶりの更新です。

6年ぶりに花を咲かせてくれたイケマ。
オクラのような形の実が付くのを楽しみにしていたのですが、虫に喰われてしまったのか、花がいつの間にかきれいになくなっていました(下写真)。
これでは実は付きません… が、来年以降に楽しみにしたいと思います。

20210829midori03_ikema.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン 虫に喰われてしまった?イケマ

下の写真は前回8月12日に撮影したもので、この時には花が咲いていました。

20210812midori03_ikema.jpg
2021年8月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマの花

一方、ヤマノイモのツルには、ムカゴが付き始めました。直径にして8_くらいの大きさになっていて、収穫して食べることもできそうな大きさです(下写真)。

20210829midori04_yamanoimo_mukago.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン ヤマノイモのムカゴ

以下、緑のカーテンの全体の様子です。

20210829midori01.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(8/12)の時の状態です。大きな変化はありませんが、若干葉っぱが黄色みを帯びてきているのが分かります。

20210812midori01.jpg
2021年8月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20210829midori02.jpg

2021年8月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(8/12)の時の状態です。

20210812midori02.jpg
2021年8月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

つづく
posted by kusabanakan at 15:21| 緑のカーテン

2021年08月12日

緑のカーテン2021(11)イケマ開花始まる(8/12)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回8月7日以来、5日ぶりの更新です。

5日前に花芽が出ていたイケマですが、開花を始めました(下写真)。
毎年、蔓を伸ばして葉を広げ、緑のカーテンとしては活躍してくれていましたが、開花となると2015年以来6年ぶりです。
順調に成長すれば実が付くだろうと思いますが、花の姿からは想像できない実なので、今後が楽しみです。

20210812midori03_ikema.jpg
2021年8月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマの花

以下、緑のカーテンの全体の様子です。

20210812midori01.jpg
2021年8月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20210812midori02.jpg
2021年8月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

つづく
posted by kusabanakan at 11:29| 緑のカーテン

2021年08月07日

緑のカーテン2021(10)イケマに花芽(8/7)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回7月26日以来、12日ぶりの更新です。

この12日間は日照時間がたっぷりと長く、暑い日が続きました。緑のカーテンは成長が衰えることなく、さらに密度を増してきました。一番成長が進んでいるのがヤマノイモです。
今年はウチワドコロの成長がいまいちで、全体の密度が例年に比べて低くなっていますが、ヤマノイモが代わりに頑張ってくれています。
そして、タイトルにもあるように、イケマに花芽が付きました。
今年は芽吹きが遅く、きちんと蔓を伸ばしてくれるかどうか心配していましたが、芽吹き後は順調に蔓を伸ばし、現在も伸び続けています。このイケマの花が最後に咲いたのは2015年。今年咲けば6年ぶりになります。

以下詳細です。

20210807midori01.jpg
2021年8月7日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(7/26)の状態です。大きな違いは感じられませんが、地道にヤマノイモのツルが伸び続けていて、きれいな状態をキープしています。

20210726midori01.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20210807midori02.jpg
2021年8月7日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真:横からみると厚みがあって、立派な壁(カーテン)になっています。

20210807midori03.jpg
2021年8月7日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真:イケマの花芽です。あと数日で開花しそうです。

20210807midori04_ikema.jpg
2021年8月7日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマの花芽

下の写真は6年前にこの緑のカーテンで咲いたイケマの花です。開花は7月15日だったので、今年これから咲くとすれば、約1か月遅れということになります。

20150715midori01ikema.jpg
(参考)2015年7月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマの花

下写真:外側から見た緑のカーテンの表面です。現在、植物別の比率ですが、ウチワドコロ45%、ヤマノイモ40%、ノブドウ10%、イケマ5%、チョウセンゴミシ1%未満といったところ。イケマの葉っぱはこの中ではひときわ大きくて目立ちますが、全体の割合からするとわずかです。

20210807midori05.jpg
2021年8月7日 軽井沢草花館 緑のカーテン 
posted by kusabanakan at 15:53| 緑のカーテン

2021年07月27日

緑のカーテン2021(9)密度は低いものの、カーテンらしくなりました(7/26)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

今回の日記は昨日(7/26)観察した内容で、7月14日以来、12日ぶりの更新です。

16日に梅雨明けしてからは好天が続いていますが、緑のカーテンの植物は、今のところ成長がゆっくり進んでいるように感じます。

20210726midori01.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(7/14)の状態です。密度が高くなってきましたが、この時期としては、成長スピードが遅めです。

20210714midori01.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20210726midori02.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真:見ると角度によっては、葉っぱが密集しているように見えます。

20210726midori03.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20210726midori06.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの花

下写真:外側から見た緑のカーテンの表面です。この場所ではヤマノイモとウチワドコロばかりです。

20210726midori04.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン 

次の写真も外側から見た緑のカーテンの表面です。この場所ではノブドウとイケマの葉が多く見られます。

20210726midori05.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 20:10| 緑のカーテン

2021年07月14日

緑のカーテン2021(8)イケマがネットに絡み始める(7/14)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回、6月26日以来、18日間ぶりの更新です。

この18日間、ぐずついた天気が多く、日照時間の少なさがちょっと気になります。
気温は平年値よりやや低め。雨量はそこそこ平年並みに降っているようです。

緑のカーテンはゆっくりと成長を続けている感じです。
大きな変化としては、中旬に入ってからウチワドコロに花序が付き始めました。
また、実が付いていたチョウセンゴミシですが、ツル自体が元気をなくしてきて、実のほとんどが落ちてしまいました。

20210714midori01.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(6/26)18日前の状態です。確実に密度が高くなってきましたが、この時期としては、成長スピードが遅めです。

20210626midori01.jpg
2021年6月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20210714midori02.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20210626midori02.jpg
2021年6月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真:ウチワドコロの花序で他にもたくさん出ています。
これから開花ですが、雌花が咲けば実が付く可能性があります。

20210714midori_uchiwadokoro01.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの花序

下写真:チョウセンゴミシの実ですが、わずか一粒見られるだけになりました。
環境が合わないからなのか、ツル全体が枯れ始めていて、この最後の実も時期に落ちてしまいそうです。

20210714midori_chosengomishi01.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシの実

つづく
posted by kusabanakan at 16:09| 緑のカーテン

2021年06月26日

緑のカーテン2021(7)イケマがネットに絡み始める(6/26)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回、6月16日以来、10日間ぶりの更新です。

順調に育っている緑のカーテンの各ツル植物。
毎年緑のカーテンとしてツルを伸ばしてくれているイケマがようやくこの時期になってネットに絡み始めました。

まず、全体は下の写真のような状態です。

20210626midori01.jpg
2021年6月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(6/16)10日前の状態です。
この10日間で、着実に密度が高くなっています。

20210616midori01.jpg
2021年6月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20210626midori02.jpg
2021年6月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真:新たにネットに絡み始めたイケマのツル。まだ1本だけですが、80cmくらいの高さにまで成長しています。
今後、どれだけ範囲を広げるのか? また、花が咲くかどうかも気になるところです。

20210626midori_ikema01.jpg
2021年6月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマのツル

20210626midori_ikema02.jpg
2021年6月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマのツル

つづく
posted by kusabanakan at 20:09| 緑のカーテン

2021年06月16日

緑のカーテン2021(6)1週間の成長早く、カーテンらしく(6/16)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回、6月9日以来、1週間ぶりの更新です。
一昨日(6/14)、梅雨入りしました。今日は15時過ぎから雨となり、一時激しくも降りました。

緑のカーテンの植物はこの時期成長が早く、1週間でだいぶ緑のカーテンらしい姿になりました。
放っておくと、あっという間に天井までツルが伸びてしまうので、ネットに絡みついたツルを少しほどいて、また下に戻す作業が毎日欠かせなくなってきました。
また、ウチワドコロの葉っぱは密度が高くなりすぎるので、早めに開いた葉っぱで痛みを出始めてものなど、取り除いてあげることで、後から出てきた葉っぱが成長しやすくしています。

20210616midori01.jpg
2021年6月16日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(6/9)1週間前の状態です。
この1週間で、だいぶ緑のカーテンらしくなってきました。

20210609midori01.jpg
2021年6月9日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)再び本日撮影で別角度からの一枚です。

20210616midori02.jpg
2021年6月16日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(6/9)1週間前の状態です。

20210609midori02.jpg
2021年6月9日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 22:15| 緑のカーテン