2019年07月22日

緑のカーテン2019(13)ウチワドコロにイモムシ(7/22)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

20190722midori01.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回7月14日以降、8日ぶりの更新です。
気温は徐々に高くなってきているものの、日照不足は相変わらず。
7月に入ってから昨日(21日)までの日照時間はわずか21時間。
そろそろ梅雨明けしそうな気配ではありますが、記録的に少ない日照時間です。
5月は軽井沢の気象観測史上もっとも長い日照時間だっただけに、落差がすごいです!

前回同様、ウチワドコロの葉の状態があまりよくありません。そのため、毎日、粉が吹いたり、黄色い斑点の出た葉っぱを少しづつ剪定しています。
さらに、最近になって葉っぱが虫に喰われる量が増えてきました。朝になると葉っぱが虫に喰われて欠けているのですが、犯人の姿はなく、夜間にこっそり食べているようです。

20190722midori03_uchiwadokoro.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン 虫に喰われたウチワドコロの葉っぱ

今日は、たまたま?なのか、葉っぱの裏で葉っぱを食べていたイモムシを見つけました。
食べているのは状態の良いウチワドコロの葉っぱ。粉が吹いたり、黄色い斑点のでた葉っぱは食べないようです。

20190722midori04_uchiwadokoro_imomoshi.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン チワドコロの葉っぱの裏にいたイモムシ

頭の部分が黒いのが特徴です。調べてみたものの、正体が分かりませんでした…
羽化すると、どんな蝶になるのでしょうか?

20190722midori05_uchiwadokoro_imomoshi.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン チワドコロの葉っぱの裏にいたイモムシ(上から)

駆除してしまうのはやめて、再び、ウチワドコロの葉っぱに戻しておきました。

20190722midori06_uchiwadokoro_imomoshi.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン チワドコロの葉っぱの裏にいたイモムシ(頭の部分)

20190722midori02.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 22:26| 緑のカーテン

2019年07月14日

緑のカーテン2019(12)チョウセンゴミシ210cmの高さに達す(7/14)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回7月6日以降、8日ぶりの更新です。
相変わらずの梅雨空、日照不足と低温状態が長く続いています。
7月に入ってからの日照時間は昨日13日まででわずか8.3時間。
本日14日も日照はゼロとなりそうです。

緑のカーテンは、ウチワドコロの葉に粉が吹いたり、黄色い斑点がでたりと状態があまりよくないので、症状の悪いものを毎日みつけては剪定して取り除いています。そのため、成長して増えていく葉っぱと切り取ってなくなってしまう葉っぱがありますが、成長していく葉っぱの方が多いので、緑のカーテン全体でみると少しづつ厚みが増してきています。
とはいえ、日照不足と低温の影響で、ゆるやかな成長が続いているようです。

20190714midori01.jpg
2019年7月14日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(7/6)撮影分。よく見ると、本日(上写真)の方が葉の量が増えています。

20190706midori01.jpg
2019年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)違う角度から(本日撮影)

20190714midori02.jpg
2019年7月14日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真はチョウセンゴミシの絡みついている部分を撮影したものです。
チョウセンゴミシは数年前から軒下に植えて、緑のカーテンとしての利用できるかどうか試しているのですが、蔓がネットに絡みつくのは昨年までなかったので、今年初めて緑のカーテンとして活躍しはじめています。
現在、地面から高さ210aの高さにまで伸びていて、さらに伸び続けていきそうです。
すでにネットにはウチワドコロやヤマノイモの蔓が密に絡みついているので、その隙間を縫って器用に伸びています。葉っぱが比較的小さいですが、今後、緑のカーテンの蔓としてどのくらい活躍してくれるか成長が楽しみです。

20190714midori03.jpg
2019年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシの蔓
posted by kusabanakan at 16:52| 緑のカーテン

2019年07月06日

緑のカーテン2019(11)日照が少なく、成長ゆるやか(7/6)

前回6月29日以降、1週間ぶりの更新です。
6月29日から7月6日までの8日間、平均気温こそ平年並みのようですが、日照時間の合計は約9時間(8日間で)。
お日様の恵みが少なく、植物の成長もゆるやかです。

20190706midori01.jpg
2019年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(6/29)撮影したもので、上の写真が本日撮影分です。
大きな違いは感じませんが、よく見れば葉っぱの密度が僅かながら高くなっています。

20190629midori01.jpg
2019年6月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)違う角度から本日撮影しました。

20190706midori02.jpg
2019年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回(6/29)の日記でもつづったように、ウチワドコロの葉に粉が吹くなど、病気の症状が出ていることから、早めに剪定するようにしています。下の写真の中央から右半分は、葉っぱの状態が悪かったので、剪定して切り取ってしまったため、穴が開いたようになっています。
しかし、切った葉っぱの横から、次の葉っぱが芽吹いてきました。これらの葉っぱが大きくなれば、穴が塞がっていくでしょう。

20190706midori04.jpg
2019年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 20:02| 緑のカーテン

2019年06月29日

緑のカーテン2019(10)ウチワドコロの葉が病気?で剪定(6/29)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回6月21日以来、8日ぶりの更新です。
「各種の蔓が順調に伸びている」、と言いたいところですが、前回(6/21)の後から、一部ウチワドコロの葉っぱに粉が吹いたような病気?の症状が出て、日々剪定を続けています。
全体的には、ウチワドコロも含めて、ノブドウ、イケマ、チョウセンゴミシ、そしてイケマが活発に蔓を伸ばしています。
比率でいうとウチワドコロ70%、ノブドウ20%、ヤマノイモ7%、イケマ2%、チョウセンゴミシ1%といったところです。
※ツルガシワは蔓が伸びることなく成長が止まっています。

以下、詳細です。

20190629midori01.jpg
2019年6月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(6/21)に撮影したものです。緑のカーテンの面積は確実に広くなっていますが、この時期としては少しのんびりとした広がり方です。

20190621midori01.jpg
2019年6月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン

緑のカーテンの面積がのんびりとした広がり方をしている理由は、ウチワドコロの葉っぱが病気にかかってしまったようで、毎日、傷んだ葉っぱを剪定して取り除いているからです。
ここ毎年、同じ症状が見られていますが、今年は特に症状がひどいように思います。
本当に病気なのか、まだわからないのですが、下の写真がその症状です。

20190622midori02_uchiwadokoro.jpg
2019年6月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの病気にかかったいるらしい葉(表)

右の葉っぱと左の葉っぱでは、病気のタイプが違うのか?タイプが違うように思います。
右の葉っぱは葉の裏表に粉が吹いて、色も黄色くなります。
一方左の葉っぱは黄色い斑紋がでます。
また、写真には載せませんでしたが、虫に喰われてしまう葉も少なくありません。

20190622midori01_uchiwadokoro.jpg
2019年6月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの病気にかかったいるらしい葉(裏)

これらの葉っぱを剪定すると、以下のような量になります(本日剪定分)。

20190629midori02_uchiwadokoro.jpg
2019年6月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン 剪定した病気の?ウチワドコロの葉っぱ

こうして選定作業を日々行っているので、緑のカーテン全体としては、まだ隙間も多く、完成形にはまだ時間がかかりそうです。

その他の蔓植物ですが、チョウセンゴミシが緩やかに蔓を伸ばし続けています。全体の中では1%にも満たないような地味な存在ですが、今年初めてネットに絡み、緑のカーテンの一部として活躍してくれそうです。

20190629midori03gomishi.jpg
2019年6月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

20190629midori04gomishi.jpg
2019年6月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

ウチワドコロ、ノブドウ、イケマは以下の写真のような感じでネットに混生して緑のカーテンを形成しています。
特にイケマの蔓が枝分かれしながら、勢いよく伸びていているのが目立っていて、現在地上から115aの高さまで来ています。
※写真は割愛しますが、ヤマノイモも勢いよく蔓を伸ばしています。

20190629midori05ikema.jpg
2019年6月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

つづく

posted by kusabanakan at 17:01| 緑のカーテン

2019年06月21日

緑のカーテン2019(9)ヤマノイモの蔓の成長が早い(6/21)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回6月12日以来、9日ぶりの更新です。
この間、順調に各種の蔓が伸び、だんだんと緑のカーテンらしくなってきました。
ウチワドコロ、ノブドウに続き、3番手のヤマノイモがここに来て、すごい勢いで蔓を伸ばしています。さらにチョウセンゴミシ、イケマも少しづつ蔓を伸ばしています。
全体の比率でいうとウチワドコロ75%、ノブドウ20%、ヤマノイモ4%、その他(チョウセンゴミシ、イケマ、ツルガシワ)1%といったところです。

20190621midori01.jpg
2019年6月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は前回(6/12)撮影した写真で、違いがよくわかります。

20190612midori01.jpg
2019年6月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【ウチワドコロとノブドウ】

ウチワドコロの一部の葉が虫に喰われたりしていますが、共に順調に育っています。

20190621midori02.jpg
2019年6月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロとノブドウ

【ヤマノイモ】

下の写真はヤマノイモの葉っぱです。
ウチワドコロやノブドウよりもだいぶ遅れて芽を出し始めましたが、蔓の伸び方が非常に早く、あっという間に、ノブドウやウチワドコロの蔓や葉の隙間をくぐりぬけて、ネットの上部に蔓が達しています。
現在、蔓の最長高さは地面から188aありました。前回(6/12)は50aでしたから、9日間で138a伸びたことになります。一日あたりの伸びは約15aで、他の蔓植物の成長スピードをはるかにしのぐ値です。

20190621midori04yamanoimo.jpg
2019年6月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン ヤマノイモ

【チョウセンゴミシ】

下の写真にはほとんどウチワドコロの葉っぱしか写っていませんが、チョウセンゴミシの蔓が2本ほどネットに絡まっていて、蔓の最長高さは140aを超えたところです。
成長過程は以下のような具合で、一日3aくらい高く伸びています。

チョウセンゴミシの蔓の高さ
6月21日:140a ← 6月12日:113a ← 6月8日:100a ← 6月2日:90a ← 5月26日:70a

20190621midori05gomishi.jpg
2019年6月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

【イケマ】

イケマの蔓が75aの高さにまで伸びてきました。前回(6/12)からの9日間で、一日5aくらい伸びていることになります。
すでにネットのある高さ以上になっていますが、先着でネットに絡みついているウチワドコロやノブドウが妨げになって、今のところネットに絡みついていません。

イケマの蔓の高さ
6月21日:75a ← 6月12日:30a ← 6月8日:14a

20190621midori03ikema.jpg
2019年6月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマ

【ツルガシワ】

前回(6/12)からほとんど変化がなく、昨年同様、ネットに絡みつくことなく終わってしまいそうな感じです。
現在、先端から蔓は伸びていません。

20190621midori06tsurugashiwa.jpg
2019年6月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン ツルガシワ

つづく
posted by kusabanakan at 16:37| 緑のカーテン

2019年06月12日

緑のカーテン2019(8)ヤマノイモの蔓が伸び始める(6/12)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回6月8日以来、4日ぶりの更新です。この間、梅雨らしい天気が続きました。
日中、曇天か雨の時間帯が多く日照はほとんどありませんが、緑のカーテンの成長は順調に続いています。

前回(6/8)までで、唯一、芽が出ていなかったヤマノイモ(ジネンジョ)が芽を出して、早くもネットに絡み始めました。
全体的にはウチワドコロが緑の面積の8割くらいを占め、残りの2割がノブドウといったところ。チョウセンゴミシ、ツルガシワ、イケマ、ヤマノイモの4種はまだ成長が遅く、すべてを合わせても全体の1%未満です。

20190612midori01.jpg
2019年6月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回(6/8)、ネットに絡みついていたツル植物はノブドウ、ウチワドコロ、チョウセンゴミシの3種、そしてネットには絡みついていないもののツルガシワとイケマが芽を出していました。
今日は、新たにヤマノイモ(ジネンジョ)の芽がデッキ下から出して、そして早くもネットに絡み始めていました(下写真)。ヤマノイモの蔓は地面から50aを超えています。

20190612midori04yamanoimo.jpg
2019年6月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン ネットに絡み始めたヤマノイモの蔓と葉

20190612midori03yamanoimo.jpg
2019年6月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン ネットに絡み始めたヤマノイモ

前回(6/8)確認したイケマはまだデッキ下ですが、前回よりも先が伸びて、もうじきネットに絡んできそうです(下写真)。
※現在、蔓の長さは約30a。前回(6/8)から4日間で倍くらいの長さになっています。

20190612midori06ikema.jpg
2019年6月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン デッキ下から出てきたイケマ

下の写真は前回(6/8)撮影したもので、蔓の長さは14aでした。

20190608midori_ikema01.jpg
2019年6月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン デッキ下から出てきたイケマ

チョウセンゴミシの蔓は、地面から113aまで立ち上がってきました(下写真)。
※下の写真の葉っぱは、ほとんどがウチワドコロです。

20190612midori02.jpg
2019年6月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシの蔓の高さ

チョウセンゴミシの蔓の高さ
6月12日:113a ← 6月8日:100a ← 6月2日:90a ← 5月26日:70a

最後はツルガシワ。
葉っぱが4枚出ていますが、蔓が伸びてきません(下写真)。
このまま、成長が止まってしまうのでしょうか? 観察を続けます。

20190612midori05.jpg
2019年6月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン プランターのツルガシワ

つづく
posted by kusabanakan at 16:20| 緑のカーテン

2019年06月08日

緑のカーテン2019(7)イケマの蔓が伸び始める(6/8)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回6月2日以来、6日ぶりの更新です。
昨日は一日中雨となり、軽井沢のある関東甲信地域は梅雨入りとなりました。
たっぷりと雨水を得て、蔓植物もグングンと伸びています。

20190608midori01.jpg
2019年6月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(上写真)ネットに絡みついた緑色の面積が少しづつ増えてきました。
(下写真)下は前回、6日前の状態です。
20190602midori01.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回(6/2)、ネットに絡みついていたツル植物はノブドウ、ウチワドコロ、チョウセンゴミシの3種、そしてネットには絡みついていないもののツルガシワが出ていました。
今日は、新たにイケマの芽がデッキ下から出ていました(下写真)。蔓は地面から14aの高さにまで生長しており、これからデッキ上のネットに絡みついてきそうです。
※チョウセンゴミシの蔓はネットに絡みつきながら高さ100aにまで伸びてきました(前回6/2は90a)

20190608midori_ikema01.jpg
2019年6月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン デッキ下から出てきたイケマ
posted by kusabanakan at 11:41| 緑のカーテン

2019年06月02日

緑のカーテン2019(6)デッキ下から蔓が続々! ゴミシは90cm (6/2)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回5月26日以来、1週間ぶりの更新です。
わずか7日間ですが、植物の成長が活発でした。
現在、ネットに絡みついている植物はウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシの3種。
ツルガシワは芽が出ているものの、まだネットに絡むに至っておらず、ヤマノイモ、イケマに至ってはまだ芽自体が出てきていません。これからです。

20190602midori01.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(上写真)ネットの下部が部分的に緑色を帯びてきました。
手前の花壇のユウスゲもだいぶ草丈が高くなりました。
(下写真)下は前回、1週間前の状態です。

20190526midori01.jpg
2019年5月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)まだまだ部分的にですが、葉っぱのカーテンが形成されてきました。

20190602midori02.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(上写真)プランターにはノブドウの苗を植えてあって、すでに蔓がネットに絡みついています。
5月に入ってから新芽が出て、そこからさらに蔓を伸ばしています。
ネットに絡みついているのは、そのノブドウとウチワドコロです。

20190602midori03.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)プランターから出たツルガシワは、今のところネットのところまで蔓が伸びてきません。

20190602midori04_tsurugashiwa.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン プランターのツルガシワ

(下写真)チョウセンゴミシは前回(5/26)、地面から高さ70aにまで蔓を伸ばしてネットに絡みついていましたが、今日はさらに20a伸びて、高さ90aのところまで伸びてきました。

20190602midori05_chosengomishi.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【デッキ下から伸びてくる蔓のお世話について】

蔓植物がネットに絡みつきやすいように、軒下の日当たりの良い場所で蔓植物を育てていましたが、
年月がたつにつれ、デッキの奥のほうから芽を出すウチワドコロが増えてきました。

20190602midori06_under.jpg

2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン デッキ下から芽を出したウチワドコロ

(下写真)デッキ下から出た芽はそのまま上に伸びようとして、床の隙間からツルが通過してくることがあります。
放っておくと、踏まれて折れてしまうため、それを再びデッキ下に戻し、さらにネットの外側に移動する必要が出てきます。

20190602midori07_under.jpg

2019年5月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン 床の隙間から出てきたウチワドコロ

そこで活躍しているのが下の写真のマジックハンドです。
デッキ下で伸びているウチワドコロの蔓を手前に引き出すのに欠かせない用具となっています。
それ以外でも、冷蔵庫の横の隙間に落としてしまった布巾や洗濯機の裏に落としてしまった靴下などを拾うのに、このマジックハンドに助けてもらっています。
たしか100円ショップで購入したと記憶していますが、大変優れたグッズなので一家に一台? お勧めです。

20190602midori00_hand01.jpg

デッキ下の蔓を手前に引き出すのに役立っているマジックハンド

つづく
posted by kusabanakan at 20:55| 緑のカーテン

2019年05月26日

緑のカーテン2019(5)ウチワドコロ蔓2m超、ゴミシ開花(5/26)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

20190526midori01.jpg
2019年5月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回(5/18)から8日ぶりの更新です。
軒下からウチワドコロの蔓が次々と出て、ネットに絡みつき始めています。
一番長く伸びた蔓は、地面から2mを超え、それに伴って葉っぱが開いてきました。
その他、ノブドウやチョウセンゴミシの蔓も伸びてきて、緑のカーテンらしくなってきました。

20190526midori_chosengomishi02.jpg
2019年5月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(上写真)ウチワドコロは地面から2mを超え、このまま放置しておくとあっという間に天井に達してしまうため、人為的に蔓を下方に戻して(折り返して)、カーテンが均一の緑になるように毎日手入れをしています。
また、チョウセンゴミシの蔓がネットに絡み始めました。現在、地面から70cmの高さ。前年までは蔓が高くまで伸びずにいたので、今後、どこまで伸びていくか楽しみです。また、チョウセンゴミシに花が咲きました(下写真)。

20190526midori_chosengomishi01.jpg
2019年5月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシの花

(下写真)この8日間、ウチワドコロとノブドウの成長が活発でした。
まだ”緑の壁”というほどの状態ではありませんが、この2種の葉っぱが開いてきて、ネットの所々に緑が目立つようになりました。

20190526midori_nobudo01.jpg
2019年5月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウを植えているプランター

(下写真)蔓の節から出たノブドウの芽から葉っぱが開き、さらにその先から蔓が伸び始めました。

20190526midori_nobudo02.jpg
2019年5月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの若葉

ツルガシワの蔓は、10aの高さに成長しましたが、(日当たりが良すぎて)環境が合わないのか、さらに蔓を伸ばしてネットに絡む状態には至っていません。
また、イケマとヤマノイモの2種については、まだ芽が出ていません。

つづく
posted by kusabanakan at 14:39| 緑のカーテン

2019年05月18日

緑のカーテン2019(4)ノブドウ若葉、ツルガシワの芽、ゴミシに花柄(5/18)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

20190518midori01.jpg
2019年5月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回(5/11)から1週間ぶりの更新です。
ウチワドコロの蔓がいろんなところから出てきて、ネットに絡み始めています。
一番、早くからネットに絡みついたウチワドコロの蔓は地上から1m36cmの高さまで蔓を伸ばして、葉っぱも開き始めています(下写真)。葉っぱが開いてくるとだんだん緑のカーテンらしくなってきます。

20190518midori02_chosengomishi_uchiwadokoro01.jpg
2019年5月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン

昨年まで、なかなかネットに絡みつけず、緑のカーテンの一部になれていないチョウセンゴミシですが、今年は株が立派になり、蔓がネットに絡みついてきそうです(上写真)。
また、チョウセンゴミシに花柄が付きました(下写真)。花が咲いて、秋には実がなるかも知れません。

20190518midori_chosengomishi01.jpg
2019年5月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシの花柄

ノブドウ、そしてツルガシワにも変化が見られました。

20190518midori_nobudo01.jpg
2019年5月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウを植えているプランター

前回(5/11)はまだ芽が出たばかりの状態でしたが、葉が開いてきました。

20190518midori_nobudo02.jpg
2019年5月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの若葉

下の写真は前回(5/11)、まだ芽の時の状態です。

20190511midori_nobudo01.jpg
2019年5月11日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの芽

(下写真)ツルガシワの芽も出てきました。毎年、芽が出て、ある程度は成長してくれるのですが、日当たりやプランターでの環境が合わないのか、最終的にネットに絡みついて緑のカーテンを形成できないまま、毎年終わってしまいます。今年はどうなるでしょうか?

20190518midori_tsurugashiwa01.jpg
2019年5月18日 軽井沢草花館 緑のカーテン ツルガシワの芽

イケマとヤマノイモの2種については今後、芽が出てくると思います。

つづく
posted by kusabanakan at 15:00| 緑のカーテン

2019年05月11日

緑のカーテン2019(3)ウチワドコロがネットに絡み始めました(5/11)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回(5/6)から5日ぶりの更新。まだ、全体的にみると、どの植物もネットに絡みついていないように見え、緑のカーテンとは言えない状態ですが、すでに地面からは次々と芽が出てきており、これから夏にかけて全体が緑に覆われていきます。

20190511midori01.jpg
2019年5月11日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回(5/6)、すでに蔓を伸ばしていたウチワドコロがネットに絡み始めました。また、チョウセンゴミシ、ノブドウも順調に成長しています。
ウチワドコロは地上から70aにまで蔓を伸ばしています(下写真)。後続の蔓もたくさん出てきていて、これからの生長が楽しみです。
チョウセンゴミシは蔓が伸びてきていますが、ネットに絡みついてくれるかどうかは分かりません? 観察を続けます。

20190511midori02_chosengomishi_uchiwadokoro01.jpg
2019年5月11日 軽井沢草花館 緑のカーテン

また、ノブドウの芽が前回(5/6)からの5日間でほんの少し大きくなっていました。とはいえ、まだ1a未満の小さな芽です。

20190511midori_nobudo01.jpg
2019年5月11日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの芽
posted by kusabanakan at 17:49| 緑のカーテン

2019年05月06日

緑のカーテン2019(2)ノブドウに芽(5/6)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回(4/28)から8日ぶりの更新。
本日、ノブドウに芽が出ているのを確認しました。全部で5個ありましたが、今後更に芽が出てきそうです。

20190506midori04nobudo.jpg
2019年5月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの芽(約7_)

ノブドウは木本(樹木)の蔓植物。根が広がりすぎるのも心配だったので、プランターで育てています(下写真)。

20190506midori03nobudo.jpg
2019年5月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウ

また、前回(4/28)芽を出していたウチワドコロとチョウセンゴミシもこの8日間で順調に蔓を伸ばしています。

20190506midori02.jpg
2019年5月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)の蔓

下の写真は全体を撮影したものですが、まだネットに絡みついていないのでスケスケ。
これから徐々に緑のカーテンらしくなっていきます。

20190506midori01.jpg
2019年5月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

つづく
posted by kusabanakan at 16:49| 緑のカーテン

2019年04月28日

緑のカーテン2019(1)ウチワドコロ、五味子に芽(4/28)

今年で9年目、軽井沢草花館、「緑のカーテン(2019)日記」を始めます。

20190428midori01.jpg
2019年4月28日 軽井沢草花館 緑のカーテン

テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作って観察しています。
軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

いまのところ、今年の4月の平均気温(4/27まで)は平年の平均気温よりも1.0度低く、気温の上下動が激しいと感じます。
つい3日前には20度を超える暖かさになりましたが、今朝の最低気温は氷点下3.3度。霜が降りました。

さて、以下に緑のカーテンの現況を報告します。

最初に芽を出したのはチョウセンゴミシです(下写真)。
正確に覚えていませんが、4月中旬にはすでに芽が出ていたと思います。
今まで、緑のカーテンに絡みついたことはありませんが、今年は?
どこまでツルが伸びてくるか楽しみです。

20190428midori_chosengomishi.jpg
2019年4月28日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)の芽吹き

次に、本日確認したばかりの新芽はウチワドコロです(下写真)。
デッキの下で8cmくらいにまで成長していて、5月以降にネットに絡みつてくるでしょう。

20190428midori_uchiwa.jpg
2019年4月28日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの芽

デッキの下に置かれたプランターにはノブドウが植えられていて、毎年、蔓がネットに絡みついています(下写真)。
今年はまだ芽が出ていませんが、5月に入って暖かくなってくると、いつの間にか芽吹き始めます。

20190428midori_nobudo.jpg
2019年4月28日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウを植えているプランター
posted by kusabanakan at 15:38| 緑のカーテン

2018年11月10日

緑のカーテン2018(26)蔓の撤去、本年最終回(11/10)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それらを観察しています。
※チョウセンゴミシとツルガシワは今年、蔓がネットに絡みつきませんでした。

11月3日以来、1週間ぶりの更新です。
昨日(11/9)、ネットに絡みついていた枯れた蔓をすべて撤去しました。
下の写真のようにないもない状態となりました。

20181110midori_01.jpg
2018年11月10日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回、ウチワドコロの若い蔓が伸びているので、もう少し観察を続けると書いたのですが、他のつるはすっかり枯れて茶色に変色。全体的な見栄えが悪くなっていることから、若い蔓も含めて枯れた蔓をすべて撤去しました。
3日前の11月7日は立冬で、暦の上ではもう冬。若い蔓がこのまま成長し続けることはないと判断しました。予告通りでなく、大変失礼しました。
下の写真は昨日、まだ枯れた蔓を撤去する前の状態です。若い蔓を除いて茶色くなっています。

20181109midori_01.jpg
2018年11月9日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回11月3日撮影です。葉っぱは少ないものの、黄色い葉っぱが多く残っていました。

20181103midori_01.jpg
2018年11月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

最後に、今年最も緑のカーテンらしく葉の量が多かった時の写真です(下)。

20180722midori_01.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

今年で8年目となった緑のカーテン。26回にわたって記録をつづってきました。
この夏は記録的な猛暑となりましたが、みごとな緑のカーテンのおかげで、(見た目の印象だけかもしれませんが)涼しさを演出することができました。
特徴としては、ヤマノイモのムカゴ以外、まったく実が生らなかったことです。ウチワドコロの花はたくさん咲きましたが、雌花が咲かなかった?かも知れません。イケマの花は一株だけ咲きましたが、実を付けることはありませんでした。ノブドウにおいては花芽すら付くことなく、当然実は生りませんでした。

ただ、実が付かなかったこと以外は、大きな問題もなく、立派なカーテンに仕上がったので大変満足できるシーズンとなりました。また来年、きれいな緑のカーテンになるよう願っているところです。では、また来年。
posted by kusabanakan at 16:54| 緑のカーテン

2018年11月03日

緑のカーテン2018(25)ほぼ落葉するもウチワドコロの若い蔓が1本(11/3)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それらを観察しています。
※チョウセンゴミシとツルガシワは今年、蔓がネットに絡みつきませんでした。

10月26日以来、8日ぶりの更新です。
緑のカーテンは前回(10/26)まではある程度の葉っぱが残っていましたが、この8日間でほとんどの葉が落ちてしまいました。
朝晩の冷え込みが厳しくなり、ここ4日間は連続して氷点下にまで気温が下がっています。

20181103midori_01.jpg
2018年11月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は昨年の同時期に撮影したものです。おおむね同じような状態ですが、今年の方がやや葉っぱが多く残っています。

20171104midori01.jpg
2017年11月4日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は違う角度から見た写真です(本日11/3)。
テラスの内部がよく見えて、こうなるともはや緑のカーテンとしての役割も終わりです。

20181103midori_02.jpg

2018年11月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(10/26)撮影したものです。
わずか8日間ですが、その間は冷え込みが厳しく、落葉が進みました。

20181026midori_02.jpg
2018年10月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)現在、ネットに絡みついているのはウチワドコロ(90%)とヤマノイモ(10%)の2種類です。
前回(10/26)まで残っていたノブドウの葉はすべて落ちました。
ネット全体ではほとんどの葉が落ちてスケスケの状態ですが、ウチワドコロの比較的若い蔓が1本だけネットに絡みついていて、目立ちます。このウチワドコロの若い蔓がいつまで残るのか? 観察を続けます。

20181103midori_03.jpg
2018年11月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 15:16| 緑のカーテン

2018年10月26日

緑のカーテン2018(24)緑から黄色のカーテンに(10/26)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それらを観察しています。
※チョウセンゴミシとツルガシワは今年、蔓がネットに絡みつきませんでした。

10月13日以来、13日ぶりの更新です。
秋が深まり、緑のカーテンがいつも間にか黄色のカーテンに変りました。

20181026midori_01.jpg
2018年10月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(10/13)、13日前に撮影したものです。
この時は、まだ緑色でした。

20181013midori_01.jpg
2018年10月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は違う角度から見た写真です(本日10/26)。
少しづつ落葉していますが、まだかろうじてカーテンの役割をしてくれています。
これから冷え込みが厳しくなって、強い風でも吹くと、落葉が進みそうです。

20181026midori_02.jpg
2018年10月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20181013midori_02.jpg
2018年10月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)現在、ネットに絡みついているのはヤマノイモ、ウチワドコロ、ノブドウの3種類です。
これから落葉が進み、緑のカーテンの季節も終りに向かいます。

20181026midori_03.jpg
2018年10月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン
続きを読む
posted by kusabanakan at 15:52| 緑のカーテン

2018年10月13日

緑のカーテン2018(23)イケマの葉、落ちきる(10/13)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それらを観察しています。
※チョウセンゴミシとツルガシワは今年、蔓がネットに絡みつきませんでした。

10月3日以来、10日ぶりの更新です。
10月上旬の平均気温が平年値を3.2度も上回り、暖かな日が続いていましたが、今朝は10日ぶりに朝の最低気温が10度を下回りました(6.4度)。

緑のカーテンは黄葉と落葉が少しづつ進んでいて、これから冷え込みが厳しくなるにつれて、進行が早まっていきそうです。

20181013midori_01.jpg
2018年10月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(10/3)、10日前に撮影したものです。
大きな違いが分かりませんが、実際には黄葉と落葉が進んでいます。

20181003midori_01.jpg
2018年10月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は再び本日(2018.10.13)撮影の写真です。

20181013midori_02.jpg
2018年10月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)ネットに絡みついたヤマノイモ、ウチワドコロ、ノブドウの葉は黄色味を帯びながらも、まだしっかりと残っていますが、前回まであったイケマの葉がこの10日間ですべて落葉してしまいました。

20181013midori_03.jpg
2018年10月13日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 15:20| 緑のカーテン

2018年10月03日

緑のカーテン2018(22)10月に入ってほんのり黄葉(10/3)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それらを観察しています。
※チョウセンゴミシとツルガシワは今年、蔓がネットに絡みつきませんでした。

9月20日以来、約2週間ぶりの更新です。
9月下旬になると朝晩10度前後の冷え込みとなり、10月に入ってからは3日続けて10度を下回る冷え込みです。
緑のカーテンもこの2週間ほどで黄葉が進みました。

20181003midori_01.jpg
2018年10月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は前回(9/20)撮影の写真です。
比べると全体的に葉っぱが黄色味を増していますが、落葉は少なく、カーテンとしての役割はまだ十分に果たしてくれています。

20180920midori_01.jpg
2018年9月20日 軽井沢草花館 緑のカーテン

さらに、下の写真は昨年(2017)の同時期に撮影したもので、今年よりもさらにボリュームがありました。

20171007midori01.jpg
2017年10月7日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は再び本日(2018.10.3)撮影の写真です。

20181003midori_02.jpg
2018年10月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

これから、冷え込みが厳しくなってくると、一気に黄葉が進みそうです。

20181003midori_03.jpg
2018年10月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 17:59| 緑のカーテン

2018年09月20日

緑のカーテン2018(21)今年はムカゴ以外の実がならず(9/20)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それらを観察しています。
※チョウセンゴミシとツルガシワは今年、蔓がネットに絡みつきませんでした。

9月12日以来、8日ぶりの更新です。
9月に入ってからはからっと晴れた日がほとんどなく、相変わらずぐずついた日が続いています。
緑のカーテンは、前回と同様に少しづつ黄葉と落葉が進んでいますが、大きな変化はありません。

20180920midori_01.jpg
2018年9月20日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(9/12)撮影したもので、多少黄葉が進んだように見えますが、大きな変化は見られません。

20180912midori_01.jpg
2018年9月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20180920midori_02.jpg
2018年9月20日 軽井沢草花館 緑のカーテン

現在、緑のカーテンとしてネットに絡まっているのはウチワドコロ、ヤマノイモ、ノブドウ、イケマの4蔓草。どれも花が咲いて、実が付くものですが、今年は次のようになりました。

ウチワドコロ:雄花だけ咲いて、雌花が咲かなかったのか? 結局、実はつかず
ノブドウ:花芽すらつかず、開花はなし
ヤマノイモ:花芽すらつかず、開花はなし(但し、ムカゴは付く)
イケマ:つぼみが付いたものの、開花せず

結局、この時期に(ムカゴ以外)実がなることはありませんでした。

20180920midori_03_yamanoimo_mukago.jpg
2018年9月20日 軽井沢草花館 緑のカーテン ヤマノイモ(ジネンジョ)のムカゴ

それぞれのツル草の様子は、下の写真にもあるように、ヤマノイモやノブドウの葉っぱがまだ元気ですが、ウチワドコロは黄葉をが進み、葉っぱの表面に粉が吹いたようにざらざらとしてきたのと、イケマにおいてはほとんどの葉っぱが落葉してしまい、残りの葉っぱは数えるほどになりました。

20180920midori_04.jpg
2018年9月20日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20180920midori_05.jpg
2018年9月20日 軽井沢草花館 緑のカーテン 内側デッキより
posted by kusabanakan at 11:34| 緑のカーテン

2018年09月12日

緑のカーテン2018(20)見栄えはなんとかキープ(9/12)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それらを観察しています。
※チョウセンゴミシとツルガシワは今年、蔓がネットに絡みつきませんでした。

8月31日以来、12日ぶりの更新です。
9月に入ってから日照が少なく、ぐずついた天気が続いています。
9月の上旬まではそれなりに気温の高い日が続いていましたが、9月中旬になった途端、朝晩の冷え込みが厳しくなりました。昨日(9/11)は12度台、今朝は11度台まで気温が下がり、この2日間は暑かった夏が恋しくなるくらいの寒さを感じます。

緑のカーテンは、少しづつ黄葉と落葉が進んでいますが、全体的な”見栄え”は前回から大きな変化がなく、緑のカーテンらしい姿をキープしています。

20180912midori_01.jpg
2018年9月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(8/31)、12日前に撮影したものです。

20180831midori_01.jpg
2018年8月31日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20180912midori_02.jpg
2018年9月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20180912midori_05.jpg
2018年9月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

どのツル植物も成長は止まっているようで、新たに芽吹く葉っぱはありません。
イケマは落葉が進み、残りの葉っぱが残り少なくなりました。
逆に状態が良いのはノブドウで、まだ青々とした葉っぱが付いています。

20180912midori_03.jpg
2018年9月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 14:33| 緑のカーテン