2022年08月11日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示作品よりナナカマド】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。

軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【水彩スケッチ ナナカマドの花と実 展示中】
20220811nanakamado19970610.jpg
石川功一 ナナカマドの花 1997年6月10日 水彩スケッチ
 ※9月以降展示替えを行う可能性があります。予めご了承ください。

20220811nanakamado19971016.jpg
石川功一 ナナカマドの実 1997年10月16日 水彩スケッチ
 ※9月以降展示替えを行う可能性があります。予めご了承ください。

【展示案内】

開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(8月も火曜日休館です)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
が定休日です。

2022年9月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
が定休日です。
posted by kusabanakan at 15:57| 展示紹介

2022年07月30日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【オタカラコウ&散策メモ】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。

軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【オタカラコウ スケッチ&油彩画&散策メモ&写真】

8月1日より一部展示替えを行います。
7月31日まで展示する油彩画「ナツツバキ」、水彩スケッチ「シモツケ」に代わって、オタカラコウを描いた水彩&油彩&散策メモ、及び石川功一写真の展示をはじめます。

下のメモは、石川功一が手帳に記載した散策メモです。

20220730otakarako19970819memo.jpg
石川功一散策メモ 軽井沢・大平山国有林 1997年8月19日

20220730otakarako19970819.jpg

石川功一スケッチ(彩色なし) オタカラコウ 1997年8月19日
※館内では上のスケッチをしている石川功一の写真も同時に展示します。

20220730otakarako12F_2000.jpg
石川功一 オタカラコウ 油彩12号 2000年頃

【展示案内】

開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)
2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
が定休日です。
2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
が定休日です。
posted by kusabanakan at 20:28| 展示紹介

2022年07月23日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【ヤマユリ】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。
軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【ヤマユリ】

本日、油彩画ヤマシャクヤクに代わって水彩スケッチのヤマユリを展示しました。
篠原良子さんのパンフラワーアート作品「ヤマユリ」と並べて展示していますので、合わせてご覧ください。
20220723yamayuri19910810.jpg
石川功一 ヤマユリ 1991年8月10日 水彩スケッチ

20220723yamayuri00.jpg
篠原良子 ヤマユリ パンフラワーアート 2022年

篠原さんの作品はこのほか「ルリソウ」も展示されています。
詳しくは、以下リンク先のブログをご覧ください

 2022年4月26日

【展示案内】

開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)
2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
が定休日です。
2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
が定休日です。
posted by kusabanakan at 20:29| 展示紹介

2022年07月14日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【明日よりソバナとオグルマの展示】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。

軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【ソバナとオグルマ】

明日の7月15日より作品3点を入れ替えて公開します。
共に湿気た場所で咲く花で、軽井沢での花期は7月下旬から8月です。

・アヤメ30号(油彩)→ウバユリ50号(油彩)
・カルイザワテンナンショウ(水彩)→ソバナ(水彩)
・ウバユリ(水彩)→オグルマ(水彩)

この中の「ソバナ」と「オグルマ」が以下の作品です

20220714sobana19880812.jpg
石川功一 ソバナ 1988年8月12日 水彩スケッチ

20220714oguruma19860828.jpg
石川功一 オグルマ 1986年8月28日 水彩スケッチ

【展示案内】

開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)
2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
が定休日です。
2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
が定休日です。
posted by kusabanakan at 20:40| 展示紹介

2022年07月05日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示替え10点よりコオニユリとノリウツギ】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。
軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【展示替え10点より2作品】

7月5日、作品10点を入れ替え、7月6日より公開します。今年度の企画展では、不定期に展示の入れ替えを行っています。入れ替えした作品は以下の10点で、現在、軽井沢で開花中、あるいはこれから咲く花です。

・ヤマボウシ(油彩)→ヤマホタルブクロ(油彩)
・カンボク→シモツケ
・ニワトコ(実)→ノリウツギ
・モミジイチゴ(花)→ヤマシャクヤク(花)
・モミジイチゴ(実)→ヤマシャクヤク(実)
・ツマトリソウ→ゲンノショウコ
・バイカウツギ→ナガバノコウヤボウキ(散策メモ付き)
・自画像(油彩)→シャジクソウ
・カイジンドウ→ケブカツルカコソウ(散策メモ付き)
・アカバナシモツケソウ→コオニユリ

この中の「コオニユリ」と「ノリウツギ」が以下の作品です

20220705kooniyuri19930819.jpg
石川功一 コオニユリ 1993年8月19日 水彩スケッチ
20220705noriutsugi19880803.jpg
石川功一 ノリウツギ 1988年8月3日 水彩スケッチ

【展示案内】
開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)
2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
が定休日です。
2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
が定休日です。

posted by kusabanakan at 20:10| 展示紹介

2022年07月03日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示作品よりアサマキスゲ/ユウスゲ3点】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。

軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【油彩画 ユウスゲ】

展示公開中の油彩画ユウスゲ(アサマキスゲ)3点を紹介します。共に今年度11月20日まで展示予定です。

20220703asamakisuge_15F_1997.jpg
石川功一 アサマキスゲ(ゆうすげ) 油彩15号 1997年

20220703asamakisuge_30F_2004.jpg
石川功一 浅間山を背景に咲くアサマキスゲ 油彩30号 2004年

20220703yusuge_60F_1992.jpg
石川功一 ゆうすげ 油彩60号 1992年

【展示案内】

開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)
2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
が定休日です。

2022年8月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
が定休日です。
posted by kusabanakan at 22:38| 展示紹介

2022年06月17日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示作品よりニッコウキスゲとヤナギラン】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。
軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【油彩画 ニッコウキスゲとヤナギラン】
20220618nikkokisuge-yanagiran_30F1999.jpg
石川功一 ニッコウキスゲとヤナギラン 油彩30号 1999年
 ※6月17日まで展示していた油彩画「すみれの園 30号」に代わって、6月18日からの展示作品です。11月20日までの期間中に他の作品に展示替えすることがあります。

【展示案内】
開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
が定休日です。

2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
が定休日です。
posted by kusabanakan at 21:50| 展示紹介

2022年06月14日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示作品よりカイジンドウ】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。

軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【水彩スケッチ カイジンドウ】
20220623kaijindo19990614.jpg
石川功一 カイジンドウ 1999年6月23日 水彩スケッチ
 ※6月13日まで展示していた水彩スケッチ「ベニサラサドウダン」に代わって、6月15日からの展示作品です。11月20日までの期間中に他の作品に展示替えすることがあります。

【展示案内】
開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
が定休日です。

2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
が定休日です。
posted by kusabanakan at 22:15| 展示紹介

2022年06月05日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示作品よりツマトリソウ&ニワトコ実】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。
軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【水彩スケッチ ツマトリソウ】
20220605tsumatoriso19930617.jpg
石川功一 ツマトリソウ 1993年6月17日 水彩スケッチ
 ※6月4日まで展示していた水彩スケッチ「ニッコウネコノメ」に代わって、6月5日からの展示作品です。11月20日までの期間中に他の作品に展示替えすることがあります。

【水彩スケッチ ニワトコの実】
20220605niwatoko19930716.jpg
石川功一 ニワトコの実 1993年7月16日 水彩スケッチ
 ※6月4日まで展示していた水彩スケッチ「ガマズミ」に代わって6月5日からの展示作品です。11月20日までの期間中に他の作品に展示替えすることがあります。

【展示案内】
開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
が定休日です。

2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
が定休日です。
posted by kusabanakan at 15:46| 展示紹介

2022年06月04日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示作品よりヤマボウシ&ナツツバキ】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。

軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【油彩画 ヤマボウシ】
20220606yamaboushi_8F_2002.jpg
石川功一 ヤマボウシ 油彩8号 2002年
 ※6月4日まで展示していた油彩画「すみれ4種」4号に代わって、6月5日からの展示作品です。11月20日までの期間中に他の作品に展示替えすることがあります。

【油彩画 ナツツバキ】
20220605natsutsubaki_15F2000.jpg
石川功一 ナツツバキ 油彩15号 2000年
 ※6月4日まで展示していた油彩画「チョウセンゴミシと自画像」15号に代わって6月5日からの展示作品です。11月20日までの期間中に他の作品に展示替えすることがあります。

【展示案内】
開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
が定休日です。

2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
が定休日です。
posted by kusabanakan at 22:02| 展示紹介

2022年05月29日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示作品よりノイバラ】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシートを入館条件としています。ご協力お願いします。

軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【水彩スケッチ ノイバラの花と実】
20220529noibr19870623.jpg
石川功一 ノイバラの花 1987年6月23日 水彩スケッチ
 ※6月末までの展示予定です。以降、他の作品に入れ替えします。

20220529noibr19941013.jpg
石川功一 ノイバラの実 1994年10月13日 水彩スケッチ
 ※6月末までの展示予定です。以降、他の作品に入れ替えします。

【展示案内】
開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)
 ※新型コロナウィルス等の影響で予定が変更になることもあります。

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
が定休日です。

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
が定休日です。
posted by kusabanakan at 15:27| 展示紹介

2022年05月13日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示作品よりモミジイチゴ】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(日本博物館協会ガイドラインに沿った緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。
軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【水彩スケッチ モミジイチゴの花と実】



20220513momiji_ichigo20000522.jpg
石川功一 モミジイチゴの花 2000年5月22日 水彩スケッチ
 ※5月14日からの展示作品です。11月20日までの期間中に他の作品に展示替えすることがあります。

20220513momiji_ichigo20000628.jpg
石川功一 モミジイチゴの実 2000年5月22日 水彩スケッチ
 ※5月14日からの展示作品です。11月20日までの期間中に他の作品に展示替えすることがあります。

20220513momiji_ichigo20210505.jpg
軽井沢に自生するモミジイチゴ(花) 2021年5月5日撮影

【展示案内】

開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)
 ※新型コロナウィルス等の影響で予定が変更になることもあります。

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
が定休日です。

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
が定休日です。
続きを読む
posted by kusabanakan at 22:42| 展示紹介

2022年05月08日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示作品よりタチガシワ】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(日本博物館協会ガイドラインに沿った緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。

軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【水彩スケッチ タチガシワ】
20220508tachigashiwa20050510_koichi-ishikawa.jpg
石川功一 タチガシワ 2005年5月10日 水彩スケッチ
 ※5月8日現在の展示作品です。11月20日までの期間中展示替えすることがあります。

20220508tachigashiwa.jpg
軽井沢に自生するタチガシワ 2022年5月8日撮影

【展示案内】
開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)
 ※新型コロナウィルス等の影響で予定が変更になることもあります。

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
が定休日です。
posted by kusabanakan at 22:03| 展示紹介

2022年04月28日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展【展示作品よりヒメアマナ他】

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」開催中です。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策として、マスクの着用、検温、チェックシート(日本博物館協会ガイドラインに沿った緊急連絡先や健康状態のご記入)を入館条件としています。ご協力お願いします。

軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

【水彩スケッチ ヒメアマナ】
20220428himeamana19990428.jpg
石川功一 ヒメアマナ 1999年4月28日 水彩スケッチ
 ※4月28日現在の展示作品です。11月20日までの期間中展示替えすることがあります。

20220428himeamana20220420.jpg
軽井沢に自生するヒメアマナ 2022年4月20日撮影

【油彩 湿原5草】

20220428rengeshouma_hoka_1990.jpg
石川功一 湿原5草 1990年頃 カンバス油彩 10号
(レンゲショウマ、アサマフウロ、オグルマ、フシグロセンノウ、ソバナ)
 ※4月28日現在の展示作品です。11月20日までの期間中展示替えすることがあります。

【展示案内】

開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、5/3の火曜日は祝日につき開館)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)
 ※新型コロナウィルス等の影響で予定が変更になることもあります。

2022年4月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
が定休日です。

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
が定休日です。

posted by kusabanakan at 16:35| 展示紹介

2022年03月13日

石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩展

小さな美術館軽井沢草花館 2022年度展示のご案内

2022年4月23日(土)より「石川功一没後15周年 軽井沢の草花スケッチと油彩草花展」を開催します。
但し、今後、新型コロナウィルスの感染状況によっては、日程を変更する可能性があります。最新情報はこのページにてお知らせしていきますので、来館予定の方は、事前に確認いただきますようお願いいたします。

軽井沢草花館チラシ2022_1412.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

軽井沢の自然を愛し、そこに自生する草花を描き続けた画家の石川功一(1937-2007)。
今年で亡くなってから15年になりました。
本展では、石川功一が描いた水彩スケッチと油彩画の中から、軽井沢でよく見られる花、代表的な花、貴重な花等、約40点を厳選。エッセーや散策メモ等の資料と共に、期間中少しずつ展示替えしながら公開していきます。
軽井沢に多くの植物が自生していることを感じながら、ご覧いただければ幸いです。

開催日 2022年4月23日(土)~2022年11月20日(日)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、5/3の火曜日は祝日につき開館)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料
 ※4月23日(土)から25日(月)の3日間は2022年度オープン記念として入館無料で公開しています。

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)
 ※新型コロナウィルス等の影響で予定が変更になることもあります。

2022年4月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
が定休日です。

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
が定休日です。
posted by kusabanakan at 07:00| 展示紹介

2021年11月23日

【ご案内】冬期休館2021-2022

【冬期休館(2021-2022)のご案内】

museum-2021-2022winter-1000_flower.jpg

2021年度 軽井沢草花館 企画展
開館25周年記念 石川功一の草花展(4/24-11/23)は終了しました。

次回の展示は2022年4月下旬からを予定しております。

軽井沢草花館ホームページ https://kusabana.net
posted by kusabanakan at 17:00| 展示紹介

2021年10月28日

「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」【スイカズラ(実)】

小さな美術館軽井沢草花館 2021年度展示のご案内(10/28)
「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」を開催中です。

今年度(2021)の企画展では、石川功一の描いた軽井沢の草花図(水彩・油彩)を中心にしながら、記念展示としてマンガ、イラスト、人物画、風景画の作品を数点ずつ公開しています。
展示作品は不定期に少しづつ入れ替えを行っていますが、今回紹介するのは、10月29日から展示を始めるスイカズラ(水彩スケッチ)です。

【スイカズラの実(忍冬)】
20211028suikazura19891014.jpg
石川功一 スイカズラの実 1989年10月14日 水彩(10/29~11/23展示予定)

つる性植物で、小木などに絡みついて生えています。半常緑で葉を丸めて寒い冬を越します。
6月に花を、そして10月には上のスケッチのような緑色の実を付けますが、熟していくと実は黒くなります。

20211028suikazura20150621.jpg
2015年6月21日 軽井沢 スイカズラの花

20211028suikazura20181022.jpg
2018年10月22日 軽井沢 スイカズラの黒く熟した実

【軽井沢草花館の利用案内】

現在、コロナ感染予防対策として、入館に際して以下の4つの協力をお願いしています。

1.館内でのマスクの着用
2.受付での検温:37.5度以上の方は入館をお断りしています
3.チェックシートの記入:氏名、連絡先、健康状態、渡航歴
4.手指のアルコール消毒

但し、今後のコロナウィルスの感染状況によって、人数制限や日程、営業時間の変更をする可能性がございます。
最新情報はこのページにてお知らせしていきますので、来館予定の方は、事前に確認いただきますようお願いいたします。

軽井沢草花館チラシ2021_1000×708.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

画家・石川功一(1937-2007)の個人美術館として誕生した軽井沢草花館は今年で開館25周年(1997−)をむかえました。
本展では、軽井沢自生の草花図(水彩と油彩画)約40点の他、25年目の記念展示として石川功一のマンガ、イラスト、人物画、風景画等、画業の軌跡を辿る作品を数点ずつ公開します。
マンガ家として出発した20代、画家として本格的な活動を始めた30代、そして軽井沢で草花に出会い、草花図の制作に生涯を捧げた40代以降の作品を一堂に集めました。石川功一の画業変遷や人物像と照らし合わせながらお楽しみ下さい。

開催日 2021年4月24日(土)~2021年11月23日(火・祝)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、11/23は開館)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

・長野県民対象の県民応援前売り割/信州割Specialのクーポン利用できます。

・「信州の安心なお店」認証店に登録されました。お得なクーポン券も販売中です(100部限定、売り切れ次第終了)

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

10月29、30、31日オープン

2021calender_11.jpg

11月24日以降、来春G.W.前まで冬期休館
posted by kusabanakan at 20:14| 展示紹介

2021年10月15日

「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」【ヤマジノテンナンショウ】

小さな美術館軽井沢草花館 2021年度展示のご案内(10/15)
「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」を開催中です。

今年度(2021)の企画展では、石川功一の描いた軽井沢の草花図(水彩・油彩)を中心にしながら、記念展示としてマンガ、イラスト、人物画、風景画の作品を数点ずつ公開しています。
展示作品は不定期に少しづつ入れ替えを行っていますが、今回紹介するのは、10月6日から展示を始めたヤマジノテンナンショウ(水彩スケッチ)です。

【ヤマジノテンナンショウの実(山路天南星)】

20211015yamajinoten_nensho19981015_koichi_ishikawa.jpg
石川功一 ヤマジノテンナンショウ 1998年10月15日 水彩(10/5~11/23展示予定)

通称マムシグサとも呼ばれ、5月下旬から6月上旬にかけて花を咲かせ、10月に実を付けます。
サトイモ科のテンナンショウ属という仲間に分類されますが、他の仲間との見分けがつきにくく、「マムシグサ」と呼んだり、「テンナンショウ」と呼んだりすることが多いです。
軽井沢に自生するテンナンショウ属の仲間では、他にカルイザワテンナンショウ、オオマムシグサ、ミミガタテンナンショウ、コウライテンナンショウなどがあります。

20211015kumoba-mamushigusa.jpg
2021年10月15日 軽井沢 マムシグサの実

【軽井沢草花館の利用案内】

現在、コロナ感染予防対策として、入館に際して以下の4つの協力をお願いしています。

1.館内でのマスクの着用
2.受付での検温:37.5度以上の方は入館をお断りしています
3.チェックシートの記入:氏名、連絡先、健康状態、渡航歴
4.手指のアルコール消毒

但し、今後のコロナウィルスの感染状況によって、人数制限や日程、営業時間の変更をする可能性がございます。
最新情報はこのページにてお知らせしていきますので、来館予定の方は、事前に確認いただきますようお願いいたします。
軽井沢草花館チラシ2021_1000×708.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

画家・石川功一(1937-2007)の個人美術館として誕生した軽井沢草花館は今年で開館25周年(1997−)をむかえました。
本展では、軽井沢自生の草花図(水彩と油彩画)約40点の他、25年目の記念展示として石川功一のマンガ、イラスト、人物画、風景画等、画業の軌跡を辿る作品を数点ずつ公開します。
マンガ家として出発した20代、画家として本格的な活動を始めた30代、そして軽井沢で草花に出会い、草花図の制作に生涯を捧げた40代以降の作品を一堂に集めました。石川功一の画業変遷や人物像と照らし合わせながらお楽しみ下さい。

開催日 2021年4月24日(土)~2021年11月23日(火・祝)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、11/23は開館)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

・長野県民対象の県民応援前売り割/信州割Specialのクーポン利用できます。

・「信州の安心なお店」認証店に登録されました。お得なクーポン券も販売中です(100部限定、売り切れ次第終了)

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

2021calender_10.jpg

2021calender_11.jpg
posted by kusabanakan at 15:26| 展示紹介

2021年10月05日

「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」【マダム・キャラビー】

小さな美術館軽井沢草花館 2021年度展示のご案内(10/5)
「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」を開催中です。

今年度(2021)の企画展では、石川功一の描いた軽井沢の草花図(水彩・油彩)を中心にしながら、記念展示としてマンガ、イラスト、人物画、風景画の作品を数点ずつ公開しています。
展示作品は不定期に少しづつ入れ替えを行っていますが、今回紹介するのは展示中の人物画(美人画)です。

【マダム・キャラビー】

20211005キャラビー1982_6F.jpg
石川功一 マダム・キャラビー 1983年 油彩 6F(~11/23展示予定)

1983 年5 月、(当時)銀座ギャラリーギンゴ「マダム・キャラビーのファッショナブルな世界を描く現代の美人画展」で発表した一点です。油彩画における自身の美人画のスタイルを極めていった時期の作品と言えそうです。石川功一46歳の時の作品です。

【軽井沢草花館の利用案内】

現在、コロナ感染予防対策として、入館に際して以下の4つの協力をお願いしています。

1.館内でのマスクの着用
2.受付での検温:37.5度以上の方は入館をお断りしています
3.チェックシートの記入:氏名、連絡先、健康状態、渡航歴
4.手指のアルコール消毒

但し、今後のコロナウィルスの感染状況によって、人数制限や日程、営業時間の変更をする可能性がございます。
最新情報はこのページにてお知らせしていきますので、来館予定の方は、事前に確認いただきますようお願いいたします。
軽井沢草花館チラシ2021_1000×708.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

画家・石川功一(1937-2007)の個人美術館として誕生した軽井沢草花館は今年で開館25周年(1997−)をむかえました。
本展では、軽井沢自生の草花図(水彩と油彩画)約40点の他、25年目の記念展示として石川功一のマンガ、イラスト、人物画、風景画等、画業の軌跡を辿る作品を数点ずつ公開します。
マンガ家として出発した20代、画家として本格的な活動を始めた30代、そして軽井沢で草花に出会い、草花図の制作に生涯を捧げた40代以降の作品を一堂に集めました。石川功一の画業変遷や人物像と照らし合わせながらお楽しみ下さい。

開催日 2021年4月24日(土)~2021年11月23日(火・祝)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、11/23は開館)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

・長野県民対象の県民応援前売り割/信州割Specialのクーポン利用できます。

・「信州の安心なお店」認証店に登録されました。お得なクーポン券も販売中です(100部限定、売り切れ次第終了)

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

2021calender_10.jpg

2021calender_11.jpg
※11月24日以降、2022年4月下旬まで冬期休館となります。
posted by kusabanakan at 14:00| 展示紹介

2021年09月30日

「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」【下発地の古民家】

小さな美術館軽井沢草花館 2021年度展示のご案内(9/30)
「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」を開催中です。

今年度(2021)の企画展では、石川功一の描いた軽井沢の草花図(水彩・油彩)を中心にしながら、記念展示としてマンガ、イラスト、人物画、風景画の作品を数点ずつ公開しています。
展示作品は不定期に少しづつ入れ替えを行っていますが、今回紹介するのは、展示中の風景画です。

【下発地の古民家】

20210930軽井沢下発地古民家198703_4F.jpg
石川功一 下発地の古民家 1987年3月 油彩 4F(8/4~11/23展示予定)

軽井沢草花館で7点所蔵している軽井沢の古民家(廃屋含む)のうちの1点。1980年代にわずかに残っていた茅葺屋根の古民家も、今では取り壊されて見られなくなりました。石川功一50歳の時の作品です。

【軽井沢草花館の利用案内】

現在、コロナ感染予防対策として、入館に際して以下の4つの協力をお願いしています。

1.館内でのマスクの着用
2.受付での検温:37.5度以上の方は入館をお断りしています
3.チェックシートの記入:氏名、連絡先、健康状態、渡航歴
4.手指のアルコール消毒

但し、今後のコロナウィルスの感染状況によって、人数制限や日程、営業時間の変更をする可能性がございます。
最新情報はこのページにてお知らせしていきますので、来館予定の方は、事前に確認いただきますようお願いいたします。

軽井沢草花館チラシ2021_1000×708.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

画家・石川功一(1937-2007)の個人美術館として誕生した軽井沢草花館は今年で開館25周年(1997−)をむかえました。
本展では、軽井沢自生の草花図(水彩と油彩画)約40点の他、25年目の記念展示として石川功一のマンガ、イラスト、人物画、風景画等、画業の軌跡を辿る作品を数点ずつ公開します。
マンガ家として出発した20代、画家として本格的な活動を始めた30代、そして軽井沢で草花に出会い、草花図の制作に生涯を捧げた40代以降の作品を一堂に集めました。石川功一の画業変遷や人物像と照らし合わせながらお楽しみ下さい。

開催日 2021年4月24日(土)~2021年11月23日(火・祝)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、11/23は開館)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

・長野県民対象の県民応援前売り割/信州割Specialのクーポン利用できます。

・「信州の安心なお店」認証店に登録されました。お得なクーポン券も販売中です(100部限定、売り切れ次第終了)

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

2021calender_10.jpg

2021calender_11.jpg


※11月24日以降、2022年4月下旬まで冬期休館となります。
posted by kusabanakan at 22:18| 展示紹介