2021年06月23日

ブナ日記(178)幹回り太く&冬芽も成長(6/22)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

※昨日(6/22)観察した日記となります。前回6月12日以来10日ぶりの更新です。

前回(6/12)から樹高の変化はありませんが、約1年ぶりに幹回りの直径が太くなっていました。
また、冬芽の長さにも成長が見られました。

20210622buna_su_8y_00.jpg
2021年6月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高20.5cm)

下写真:上から見た崇さんです。

20210622buna_su_8y_01.jpg
2021年6月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:左下の色の薄い葉っぱは5月23日以降に開いた若葉です。
他の葉っぱとの色の違いが徐々になくなりつつあります。

20210622buna_su_8y_02.jpg
2021年6月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:前回(6/12)初めて確認した冬芽です。前回は長さ1.0_でしたが、今回1.5_あって、0.5_長くなりました。

20210622buna_su_8y_03re.jpg
2021年6月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さんの冬芽(長さ1.5_)

(下写真)幹の太さに大きな変化がありました。
前回(6/12)の測定では幹回りの直径が9.5_でしたが、今回(6/22)10.5_になっていました。
10日間で1_も太くなり、急激な成長です。
前回、幹の太さに変化があったのは、昨年(2020)の7月3日なので、約1年ぶりの変化です。

20210622buna_su_8y_04.jpg
2021年6月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径10.5_

20210612buna_su_8y_05.jpg
2021年6月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

【イヌブナとの比較】

下の写真には、実生から10年目、イヌブナの檀さんと一緒に撮影したものです。
(右上がブナの崇さんで左はイヌブナの檀さんです)
成長の違いはありますが、どちらも順調に成長を続けています。


20210622inubuna10y_dan_04.jpg
2021年6月22日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目檀さん&ブナ実生8年目崇さん

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降

つづく
posted by kusabanakan at 19:59| ブナ日記

ブナ日記【記録編】

軽井沢草花館のブログ「ユウスゲ日記」よりブナ日記の成長記録をまとめたものです。


ブナの成長記録(2015年5月1日以降)

【樹高】

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_、9/10:320_、9/17:320_、9/24:320_、10/1:320_、10/8:320_、10/15:320_、10/22:320_、10/29:320_、11/5:320_、11/12:320_、2019.4/1:350_、5/5:350_、5/11:350_、5/15:350_、5/25:350_、5/31(幹剪定):140_、6/12:140_、6/27:145_、7/5:145_、7/18:145_、7/30:145_、8/12:145_、8/26:145_、9/8:145_、9/22:145_、10/6:145_、10/20:145_、11/3:145_、11/11:145_、11/20:145_、11/23:145_、2020.4/1:145_、2020.4/12:145_、4/24:145_、5/1:145_、5/3:145_、5/4:145_、5/5:145_、5/12:170_、5/16:170_、5/24:170_、6/1:170_、6/14:170_、6/23:170_、7/3:170_、7/12:170_、7/24:170_、8/2:170_、8/12:170_、8/23:170_、9/3:170_、9/13:170_、9/22:170_、10/2:170_、10/12:170_、10/22:170_、11/5:170_、11/19:170_、2021.3/20:180_、4/16:180_、4/25:180_、4/30:180_、5/4:180_、5/9:180_、5/17:190_、5/23:20a、6/2:20a、6/12:20.5a、6/22:20.5_

【冬芽】:一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_、9/10:9.5_、9/17:10.5_、9/24:11.5_、10/1:12.5_、10/8:13.0_、10/15:13.0_、10/22:13.0_、10/29:13.0_、11/5:13.0_、11/12:13.0_、2019.4/1:13.0_、5/5:13.0_、5/11:13.0_(ほかの芽吹き始まる)、5/15:13.0_(ほかの若葉広がる)、5/25:13.0_、5/31(芽吹く前に枝剪定):13.0_、7/5:1.0_、7/18:2.5_、7/30:3.5_、8/12:4.0_、8/26:4.5_、9/8:6.5_、9/22:8.0_、10/6:10.0_、10/20:10.0_、11/3:10.5_、11/11:10.5_、11/20:10.5_、11/23:10.5_、2020.4/1:10.5_、4/12:10.5_、4/24:12.0_、5/1:15.5_、5/3:19.0_(他の冬芽芽吹く)、5/4:22.0_、5/5:22.0_で芽吹き初め、6/23:1.0_、7/3:2.0_、7/12:3.0_、7/24:4.0_、8/2:5.0_、8/12:6.0_、8/23:8.0_、9/3:10.0_、9/13:11.0_、9/22:12.5_、10/2:13.5_、10/12:14.0_、10/22:14.0_、11/5:14.0_、11/19:14.0_、2021.3/20:14.0_、4/16:14.0_(別の冬芽9.5_)、4/25:14.0_(別の冬芽11.0_)、4/30(別の冬芽13.5_)、5/4:14.0_で成長せず(観察していなかった他の冬芽が芽吹く)、6/12:1.0_、6/22:1.5_

【幹サイズ(直径)】

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_、9/10:Φ9.0_、9/17:Φ9.0_、9/24:Φ9.0_、10/1:Φ9.0_、10/8:Φ9.0_、10/15:Φ9.0_、10/22:Φ9.0_、10/29:Φ9.0_、11/5:Φ9.0_、11/12:Φ9.0_、2019.4/1:Φ9.0_、5/5:Φ9.0_、5/11:Φ9.0_、5/25:Φ9.0_、5/31:Φ9.0_、6/12:Φ9.0_、6/27:Φ9.0_、7/5:Φ9.0_、7/18:Φ9.0_、7/30:Φ9.0_、8/12:Φ9.0_、8/26:Φ9.0_、9/8:Φ9.0_、9/22:Φ9.0_、10/6:Φ9.0_、10/20:Φ9.0_、11/3:Φ9.0_、11/11:Φ9.0_、11/20:Φ9.0_、11/23:Φ9.0_、2020.4/1:φ9.0_、4/12:φ9.0_、4/24:φ9.0_、5/1:未測定、5/3:未測定、5/4:未測定、5/5:φ9.0_、5/12:φ9.0_、5/16:φ9.0_、5/24:φ9.0_、6/1:φ9.0_、6/14:φ9.0_、6/23:φ9.0_、7/3:φ9.5_、7/12:φ9.5_、7/24:φ9.5_、8/2:φ9.5_、8/12:φ9.5_、8/23:φ9.5_、9/3:φ9.5_、9/13:φ9.5_、9/22:φ9.5_、10/2:φ9.5_、10/12:φ9.5_、10/22:φ9.5_、11/5:φ9.5_、11/19:φ9.5_、2021.3/20:φ9.5_、4/16:φ9.5_、4/25:φ9.5_、4/30:φ9.5_、5/4:φ9.5_、5/9:φ9.5_、5/17:φ9.5_、5/23:φ9.5_、6/2:φ9.5_、6/12:φ9.5_、6/22:φ10.5_


続きを読む
posted by kusabanakan at 19:52| ブナ日記

2021年06月13日

ブナ日記(177)冬芽出始める(6/12)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

※昨日(6/12)観察した日記となります。前回6月2日以来10日ぶりの更新です。

すっかり夏の姿になったブナの崇さん、見た目の上では前回(6/2)から大きな差は見られませんが、樹高が5_伸びていました。
また、枝の節から冬芽が付いているのを確認しました。

20210612buna_su_8y_00.jpg
2021年6月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高20.5cm)

下写真:上から見た崇さんです。艶があり、元気に育っています。
一番大きなサイズで長さ8a。5~6aのものが中心、前回とほとんど同じです。

20210612buna_su_8y_01.jpg
2021年6月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:前回(6/2)撮影です。上の写真と比べて大きさはほとんど同じです。

20210602buna_su_8y_01.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:左下の色の薄い葉っぱは5月23日以降に開いた若葉です。

20210612buna_su_8y_02.jpg
2021年6月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:前回(6/2)の状態です。5月23日以降に遅れて出てきた葉っぱ(薄い色)は、この10日で少し大きくなったことが分かります。

20210602buna_su_8y_02.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下の写真は、今年芽吹いた部分の葉っぱで、節(白丸)には冬芽が付いています。

20210612buna_su_8y_03.jpg
2021年6月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(節に出始めた冬芽)

下の写真は冬芽の部分を拡大したものです。長さにして1_程度です。

20210612buna_su_8y_04.jpg
2021年6月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(節に出始めた冬芽の拡大)

(下写真)幹の太さに変化はありませんでした。

20210612buna_su_8y_05.jpg
2021年6月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

【イヌブナとの比較】

下の写真には、実生から10年目、イヌブナの檀さんと一緒に撮影したものです。
(右上がブナの崇さんで左はイヌブナの檀さんです)
成長の違いはありますが、どちらも順調に成長を続けています。

20210612inubuna10y_dan_buna8y_su_01.jpg
2021年6月12日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目檀さん&ブナ実生8年目崇さん

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 10:07| ブナ日記

2021年06月03日

ブナ日記(176)少し遅れて若葉(6/2)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

※昨日(6/2)観察した日記となります。前回5月23日以来10日ぶりの更新です。

前回の時よりも葉っぱが横向きになり、さらにたくましい姿になりました。
樹高は前回と変わらず20a。写真では高くなったように見えますが、枝が上に伸びたのではなくて、葉っぱが上向きに反り返ったため、高く見えるだけです。
また、少し遅れて芽吹いた葉っぱが開きました。

20210602buna_su_8y_00.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高20.0cm)

下の写真は前回(5/23)の時の状態です。この10日間で葉っぱがさらに横向きになって、全体的にたくましい姿になりました(上写真)。
また、上下の写真を見比べて大きく変わったのが、左下から伸びた枝。前回芽吹き始めたものが、この10日間で枝を伸ばしました。

20210523buna_su_8y_00.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高20.0cm)

下の写真は前々回(5/17)の時の状態です。この時はまだ若葉が開いたばかりで、葉っぱが下向きにお辞儀していました。

20210517buna_su_8y_00.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高19.0cm)

下写真:上から見た崇さんです。
葉っぱはかなりしっかりとした硬さになっていて、手触りとしてはゴワゴワした感じ。
一番大きなサイズで長さ8a。5~6aのものが中心です。

20210602buna_su_8y_01.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210523buna_su_8y_01.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:左下の色の薄い葉っぱは前回5月23日以降に開いた若葉です。
昨年(2020)ほどではありませんが、通常とは違うタイミングで芽吹く葉っぱが一部ありました。
※昨年2020年は7月半ばに芽がでました。

20210602buna_su_8y_02.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

(下写真)幹の太さに変化はありませんでした。

20210602buna_su_8y_03.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

【イヌブナとの比較】

下の写真には、実生から10年目、イヌブナの檀さんと一緒に撮影したものです。
(右がブナの崇さんで左はイヌブナの檀さんです)
成長の違いはありますが、どちらも順調に成長を続けています。

20210602inubuna10y_dan_buna8y_su_02.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目檀さん&ブナ実生8年目崇さん

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 13:46| ブナ日記

2021年05月24日

ブナ日記(175)新緑美しく(5/23)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

※昨日(5/23)観察した日記となります。前回5月17日以来6日ぶりの更新です。

実生から8年目にして、一番順調に芽吹き、若葉、そして新緑の時期をむかえています。
イヌブナの実生(イヌブナ日記)と同様で、出始めの若葉の頃は葉っぱが下向きにお辞儀していましたが、それがこのわずか6日で横向きに出るようになりました。

20210523buna_su_8y_00.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高20.0cm)

下の写真は前回(5/17)の時の状態です。この6日間で向きが下向きから横向きに変わったのが分かります。
また、枝先が伸びて樹高が1a高くなりました(19.0a→20.0a)。

20210517buna_su_8y_00.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高19.0cm)

20210523buna_su_8y_01.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210517buna_su_8y_01.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:葉っぱのサイズは長さにして6aくらいが主。一番大きなものは幹の下部から出た枝についた葉っぱで約8a。
イヌブナの実生は、この時期、幹上部についた葉っぱの方が大きいですが、ブナの崇さんはその逆です。
また、この春の芽吹で、枝先がぐんぐんと伸びています。

20210523buna_su_8y_02.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:葉っぱの表面と裏面です。イヌブナのようなふわふわのうぶ毛はなく、しっかりとしています。
また、昨年ついた冬芽が一部芽を出しませんでした。枯死したと思われるので、剪定する予定です。

20210523buna_su_8y_03.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

(下写真)幹の太さに変化はありませんでした。

20210523buna_su_8y_04.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

【イヌブナとの比較】

下の写真には、実生から10年目、イヌブナの檀さんと一緒に撮影したものです。
成長の違いはありますが、どちらも順調に成長を続けています。

20210523inubuna10y_dan_buna8y_su_01.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目檀さん&ブナ実生8年目崇さん

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 11:37| ブナ日記

2021年05月18日

ブナ日記(174)ブナの崇さん、元気に成長(5/17)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

※昨日(5/17)観察した日記となります。前回5月12日以来5日ぶりの更新です。

種から発芽してから今年で8年目となるブナの崇さんですが、今までで一番元気にこの新緑シーズンをむかえています。

20210517buna_su_8y_00.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高19.0cm)

下の写真は前回(5/12)の時の状態です。4日間で葉っぱしっかりと開きました。
そして、枝先が伸びたことで樹高が1a高くなっていました(18.0a→19.0a)。

20210512buna_su_8y_00.jpg
2021年5月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

20210517buna_su_8y_01.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:葉っぱの長さは6aくらい。立派なサイズになりました。
さらに大きくなるでしょうか。

20210517buna_su_8y_02.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

(下写真)幹の太さに変化はありませんでした。

20210517buna_su_8y_03.jpg
2021年5月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

【イヌブナとの比較】

下の写真には、実生から10年目、イヌブナの檀さんと一緒に撮影したものです。
イヌブナの葉に比べると色が濃く、ツヤもあります。

20210517inubuna10y_dan_02.jpg

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 19:58| ブナ日記

2021年05月12日

ブナ日記(173)最後の芽吹きは最上部の冬芽 イヌブナとは逆?(5/12)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

前回5月9日以来3日ぶりの更新です。

今のところ順調に芽吹きを続けているブナの崇さん。
残り1つとなっていた冬芽が開き始め、(枯れてしまった冬芽を除いて)すべての冬芽が芽吹きました。
下の写真のように、まだ枯れ葉が残っている部分に付いている冬芽は、枯れてしまったのか、芽吹いていません。

20210512buna_su_8y_00.jpg
2021年5月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

下の写真は前回(5/9)の時の状態ですが、3日間で若葉が広がってきたのが分かります。

20210509buna_su_8y_00.jpg
2021年5月9日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

ブナの崇さんは木の下の枝の方から、そして枝の根元の方から芽吹き始めるようです。
今年、最後の芽吹きとなった冬芽も幹の一番上に付いたものでした(下写真、上部の白丸枠)。

20210512buna_su_8y_01re02.jpg
2021年5月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下の写真は2年前(2019)の5月19日の状態ですが、幹の一番下の冬芽が最初に芽吹いています。

20190519buna_su_6y_01.jpg
2019年5月19日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生6年目

【イヌブナ安さん(実生10年目)との違い】

逆に、イヌブナの安さんは幹の上部で枝の先端から芽吹きをはじめています(下写真)。
そして幹の下部に付いた冬芽が最後に芽吹くようです。

20210512inubuna10y_an_00.jpg
2021年5月12日 軽井沢草花館 イヌブナの安さん 実生10年目

20210512inubuna10y_an_00re.jpg
2021年5月12日 軽井沢草花館 イヌブナの安さん 実生10年目

20210512inubuna10y_an_03.jpg
2021年5月12日 軽井沢草花館 イヌブナの安さん 実生10年目(幹の最上部の若葉)

20210512inubuna10y_an_02.jpg
2021年5月12日 軽井沢草花館 イヌブナの安さん 実生10年目(幹の最下部の若葉)

20210512inubuna10y_an_01.jpg
2021年5月12日 軽井沢草花館 イヌブナの安さん 実生10年目

観察を続けます。

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 19:31| ブナ日記

2021年05月09日

ブナ日記(172)順調に若葉広げる(5/9)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

前回5月4日以来5日ぶりの更新です。

5月4日に芽吹き始めたブナの崇さん。その後、順調に成長が進み、若葉が広がってきました。
毎年のように、なにか問題があり、順調に成長してくれない崇さんですが、今年はおおむね順調な芽吹き、そして若葉の季節を迎えています。
問題点を挙げるとすれば、枝の先端付近についた冬芽の多くがまだ芽吹いておらず、おそらく枯れてしまったようです。

20210509buna_su_8y_04.jpg
2021年5月9日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 若葉(大きな葉っぱで長さ2.5aくらい)

20210509buna_su_8y_00.jpg
2021年5月9日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

下の写真は前回(5/4)、5日前の状態です。
若葉が広がって来て、樹木らしくなってきました。

20210504buna_su_8y_00re.jpg
2021年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)
※白枠は一番最初に芽吹き始めた冬芽

下写真:上からの一枚です。

20210509buna_su_8y_01.jpg
2021年5月9日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:枝の先端付近の冬芽だけがほとんど芽吹いていません。

20210509buna_su_8y_01re.jpg
2021年5月9日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:横からの一枚です。

20210509buna_su_8y_02.jpg
2021年5月9日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:角度を変えて、上からの一枚

20210509buna_su_8y_03.jpg
2021年5月9日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210509buna_su_8y_05.jpg
2021年5月9日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

下の写真は前回(5/4)撮影です。

20210504buna_su_8y_04.jpg
2021年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

観察を続けます。
【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 14:39| ブナ日記

2021年05月04日

ブナ日記(171)予想外の冬芽から芽吹き始めました(5/4)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

前回4月30日以来4日ぶりの更新です。

前回までに分かったことは、昨年から観察を続けてきた、いちばん上の枝の先端についた冬芽は、この春になっても成長が見られず、枯れてしまったこと。次に、枯れてしまった冬芽以外の多くは春になってから成長しているということです。

そして本日(5/4)、今年最初の芽吹きを確認しました。
小さな冬芽の先端が割れて、中から葉っぱが出てきました(下写真)。

20210504buna_su_8y_02re.jpg
2021年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 今年最初の芽吹き

(上写真)芽吹いた冬芽の長さが13.5_しかなく、小さすぎるのではないか?
と心配になりますが、この後、葉っぱが広がってくれるか、観察を続けます。

どこの冬芽が芽吹いたかと言えば、下の写真にあるように、幹のいちばん下の枝の中間に付いた冬芽が芽吹き始めました。
(白枠の中の冬芽です)

20210504buna_su_8y_00re.jpg
2021年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

上の方の枝のほうから芽吹き始めるだろうと思って、最上部の先端に付いた冬芽の観察を昨年から続けていましたが、まったく予想していなかった下方の枝に付いた冬芽が芽吹き始めて驚きです。

20210504buna_su_8y_01.jpg
2021年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm) ※白枠内が芽吹きた冬芽

順調な芽吹きと言ってよいのか分かりませんが、とりあえずホッとしました。

まとめると、下の写真のように
@昨年から観察の冬芽は、春になっても大きさに変化がなく、枯れてしまったようです。
A成長を続けている冬芽の一つは現在長さ23.0_(前回4/25は14.5_)
B現在最も大きな冬芽は長さ26.0_
C今季最初に芽吹いた冬芽(冬芽の長さ13.5_の時)

20210504buna_su_8y_03.jpg
2021年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

20210504buna_su_8y_04.jpg
2021年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

予想通りには成長してくれないブナの崇さんですが、観察を続けます。

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 17:07| ブナ日記

2021年04月30日

ブナ日記(170)芽吹きの兆候、冬芽19.5_(4/30)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナの成長記録です)

前回4月25日以来5日ぶりの更新です。
実生から育てて、この春で8年目のシーズンをむかえたブナの崇さんです。
過去7年間をふり返ると、順調に成長してきたとは言えず、今年もちゃんと芽吹いてくれるか心配していました。

前回(4/25)の観察では、昨年から成長を観察してきた枝の先端についている冬芽がこの時期になっても変化がなかったものの、その他の冬芽が膨らんできていることを確認。
そして、今回も前回(4/25)からの5日間で冬芽がさらに成長していることを確認できました。

20210430buna_su_8y_00.jpg
2021年4月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

(下写真)まずは、昨年の秋から観察を続けている、崇さんの枝の一番高いところについた冬芽です。
芽の位置としては下の写真の白丸の部分です。

20210430buna_su_8y_01re.jpg
2021年4月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝の新芽(A)

(下写真)枝の先端の冬芽については、長さ14.0_で前回から変化はありません。昨年の10月から14.0_のまま変化がないので、この冬芽は枯れてしまっている可能性が高そうです。
さらに、同じ枝についている冬芽の一つ一つを見てみると、先端から4つ目までは前回からの成長が確認できませんが、5つ目の冬芽は11.5_(4/25)から14.5_(4/30)へと成長が確認できました!
全部の芽が枯れてしまっているわけではなかったので、一安心です…

20210430buna_su_8y_01re3.jpg
2021年4月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝に出た新芽

20210425buna_su_8y_01re3.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝に出た新芽

次は昨年の7月に出てきた季節外れの新芽(若葉)から出た枝についた冬芽の観察です。

下写真の円内が昨年の7月に出てきた季節外れの新芽(若葉)の部分です。

20210430buna_su_8y_03re.jpg
2021年4月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝の新芽(B)

  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(2020年7/12)の参考記事:「ブナ日記(154)

(下写真)上の写真の拡大です。
枝の先端の冬芽は9.5_から9.5_で前回(4/25)から変化がありませんが、その下についた冬芽(白枠)は11.0_から13.5_へと前回4/25からの5日間で2.5_長くなっていました。
さらに、その下についた冬芽(ピンク枠)も調べてみると、12.0_から14.5_へと、こちらも4/25からの5日間で2.5_長くなっていました。

20210430buna_su_8y_03re.jpg
2021年4月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝に出た冬芽

下写真:前回(4/25)撮影です。

20210425buna_su_8y_03re3.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝に出た冬芽

そして、今回はさらに他の枝の冬芽についても測定してみました。
下写真の白枠内の枝の先端に付いた冬芽の長さを測ってみると、19.5_ありました。

20210430buna_su_8y_04re.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝先に出た冬芽(C)

下写真は白枠部分の拡大です。
現在、ブナの崇さんについている冬芽で最も大きく成長していて長さ19.5_あります。
暖かな日が続けばゴールデンウィーク中に芽吹きが始まるかもしれません。

20210430buna_su_8y_04.jpg
2021年4月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝先に出た冬芽

最後は樹高です。
こちらは前回(4/25)からというより昨年から変化がありません。

20210430buna_su_8y_05.jpg
2021年4月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 14:18| ブナ日記

2021年04月26日

ブナ日記(169)一部、冬芽の変化見られる(4/25)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(4/25)観察した日記となります。4月16日以来9日ぶりの更新です。
実生から育てて、この春で8年目のシーズンをむかえたブナの崇さんです。
過去7年間において、順調に成長してきたとは言えず、心配の絶えない苗です。
今年は問題なく芽吹いてくれるだろうか?と願いながら日々の観察です。
昨日の測定では、昨年から観察を続けている冬芽には変化がなかったものの、同じ枝の他の冬芽に変化が見られました。
順調?とは言えないかもしれませんが、成長が続いていることが確認できてほっとしました。

20210425buna_su_8y_00.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

下の写真は前回(4/16)撮影の崇さんです。

20210416buna_su_8y_00.jpg
2021年4月16日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

(下写真)崇さんの枝の一番高いところについた冬芽、そして今回はその枝の根元方向2つ目の冬芽の長さも計りました。どちらの長さも前回(4/16)から変化がありませんでした。

20210425buna_su_8y_01re2.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 冬芽 14.0mm と 14.5mm

20210416buna_su_8y_01re2.jpg
2021年4月16日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 冬芽 14.0mm と 14.5mm

(下写真)左下の円で囲んだ部分は昨年の7月に出てきた季節外れの新芽(若葉)の部分です。

20210425buna_su_8y_02.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝先の新芽

  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(2020年7/12)の参考記事:「ブナ日記(154)

(下写真)上の写真の拡大です。冬芽の大きさは、前回(4/16)の9.5_から変化がありませんでした。
ところが、同じ枝の違う冬芽に成長が見られました。楕円で囲んだ冬芽は前回(4/16)9.5_でしたが、今回(4/25)11.0_になっていました。

20210425buna_su_8y_03re2.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝先に出た冬芽

下の写真は前回(4/16)の状態です。一番先端の冬芽も楕円で囲んだ部分の冬芽も長さ9.5_でした。

20210416buna_su_8y_03re2.jpg
2021年4月16日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝先に出た冬芽

(下写真)幹の太さは前回(4/16)から変化がありませんでした。

20210425buna_su_8y_04.jpg
2021年4月25日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 11:40| ブナ日記

2021年04月17日

ブナ日記(168)冬芽の大きさ変わらず(4/16)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(4/16)観察した日記となります。3月20日以来27日ぶりの更新です。
実生から育てて、この春で8年目のシーズンをむかえたブナの崇さんです。
過去7年間において、順調に成長してきたとは言えず、心配の絶えない苗ですが、その分愛おしく感じます。
時期的に、今回もしかしたら「冬芽が少し伸びているかも?」と期待しましたが、変化は見られませんでした。
以下詳細です。

20210416buna_su_8y_00.jpg
2021年4月16日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

下の写真は前回(3/20)撮影の崇さんです。今回と見た目に変化はありません。

20210320buna_su_8y_00.jpg
2021年3月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

(下写真)こちらの冬芽は、崇さんの枝の一番高いところについた冬芽です。長さは14.0_で前回(3/20)から変化がありませんでした。過去の観察記録から、概ねこの時期から芽が大きくなっていって、4月の終わりから5月初めころに芽吹いています。
順調に育っていれば、そろそろ成長をはじめそうなので、注意深く観察していこうと思います。

20210416buna_su_8y_01.jpg
2021年4月16日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 冬芽 14.0mm

(下写真)左下の円で囲んだ部分は昨年の7月に出てきた季節外れの新芽(若葉)の部分です。

20210416buna_su_8y_02.jpg
2021年4月16日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝先の新芽

  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(2020年7/12)の参考記事:「ブナ日記(154)

(下写真)上の写真の拡大です。冬芽の大きさは、前回(3/20)の9.5_から変化がありませんでした。

20210416buna_su_8y_03.jpg
2021年4月16日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝先に出た冬芽

20210320buna_su_8y_03.jpg
2021年3月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝先に出た冬芽

(下写真)幹の太さは前回(3/20)から変化がありませんでした。

20210416buna_su_8y_04.jpg
2021年4月16日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 20:25| ブナ日記

2021年03月21日

ブナ日記(167)実生から8年目のシーズンをむかえました(3/20)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(3/20)観察した日記となります。昨年11月20日以来、約4か月ぶりの更新です。
実生から育てているブナの崇さんですが、この春で8年目のシーズンに入りました。
過去7年間において、順調に成長してきたとは言えず、心配の絶えない苗ですが、その分愛おしく感じます。
5月ころになって、順調に芽吹いてくれるか?
まずは、そこに注目しながら観察を続けたいと思います。
以下、昨日(3/20)に撮影して観察した記録です。

20210320buna_su_8y_00.jpg
2021年3月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高18.0cm)

下の写真は昨年(2020年11/19)撮影の崇さんです。ほとんど変わっていませんが、枯れ葉が昨年の時よりも垂れ下がっているでしょうか?
また、樹高が昨年の17.0aから今年18.0aに高くなていましたが、霜で鉢の土が盛り上がったことによる誤差か、あるいは、やや斜めに伸びている上部の細い枝が上向きに立ち上がってきたからかも知れません。
姉妹日記ともいえる「イヌブナ日記(218)」でも同様のことが起こっています。

20201119buna_su_7y_00.jpg
2020年11月19日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

(下写真)こちらの冬芽は、崇さんの枝の一番高いところについた冬芽です。長さは14.0_で昨年(2020年11/19)から変化がありませんでした。

20210320buna_su_8y_01.jpg
2021年3月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 冬芽 14.0mm

(下写真)左下の円で囲んだ部分は昨年の7月に出てきた季節外れの新芽(若葉)の部分です。

20210320buna_su_8y_02.jpg
2021年3月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝先の新芽

  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(2020年7/12)の参考記事:「ブナ日記(154)

(下写真)上の写真の拡大です。冬芽の大きさは、前回(11/5)の9.5_から変化がありませんでした。

20210320buna_su_8y_03.jpg
2021年3月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 枝先に出た冬芽
(下写真)幹の太さは昨年(2020年11/19)から変化がありませんでした。

20210320buna_su_8y_04.jpg
2021年3月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径9.5_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 11:53| ブナ日記

2020年11月20日

ブナ日記(166)来春に向けて休眠(11/19)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(11/19)観察した日記となります。11月5日以来、2週間(14日)ぶりの更新です。
この14日間において、葉っぱがすっかり茶褐色化しました。完全に冬の姿になって、来年の芽吹き迄休眠です。
昨年の崇さんは枯れかかったりしながら、なんとか生き延びてきた感じですが、今年は順調に成長してくれて、復活の兆しが見えてきました。来年の春、元気に芽吹いてくれることを願います。

20201119buna_su_7y_00.jpg
2020年11月19日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

下の写真は前回(11/5)撮影の崇さんです。このときは部分的にまだかろうじて黄色い葉っぱも見られましたが、この2週間で完全に枯れました。落葉はほとんどありませんでした。

20201105buna_su_7y_00.jpg
2020年11月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

(下写真)こちらの冬芽は、崇さんの枝の一番高いところについた冬芽です。長さは14.0_で前回(11/5)から変化がなく、成長は観察できませんでした。

20201119buna_su_7y_01.jpg
2020年11月19日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 14.0mm

20201105buna_su_7y_02.jpg
2020年11月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 14.0mm

20201022buna_su_7y_02.jpg
2020年10月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 14.0mm

(下写真)左下の円で囲んだ部分は7月から出てきた新芽(若葉)の部分です。

20201119buna_su_7y_02.jpg
2020年11月19日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽

  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(7/12)の参考記事:ブナ日記(154)

(下写真)2週間(14日)前の撮影です。

20201105buna_su_7y_04.jpg
2020年11月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽

(下写真)上の写真の拡大です。冬芽の大きさは、前回(11/5)の9.5_から変化がありませんでした。

20201119buna_su_7y_03.jpg
2020年11月19日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先に出た冬芽

(下写真)幹の太さは前回(11/5)から変化がありませんでした。

20201119buna_su_7y_04.jpg
2020年11月19日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 幹直径9.5_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 11:20| ブナ日記

2020年11月06日

ブナ日記(165)黄葉進み、冬芽も一部が成長(11/5)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(11/5)観察した日記となります。10月22日以来、2週間(14日)ぶりの更新です。
この14日間においては、葉っぱが黄色から茶色に変色し、すっかり冬の姿へと変わりました。
冬芽の成長は観察できず、休眠状態に入ったようです。

20201105buna_su_7y_00.jpg
2020年11月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

下の写真は前回(10/22)撮影の崇さんです。この期間中(14日間)、朝晩の気温が氷点下を記録した日が5日間あり、冷え込みが厳しくなってきました。崇さんの葉も、あっという間に枯れていきました。

20201022buna_su_7y_00.jpg
2020年10月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

(下写真)こちらの冬芽は、崇さんの枝の一番高いところについた冬芽です。長さは14.0_で前回(10/22)から変化がなく、成長は観察できませんでした。

20201105buna_su_7y_02.jpg
2020年11月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 14.0mm

20201022buna_su_7y_02.jpg
2020年10月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 14.0mm

(下写真)左下の円で囲んだ部分は7月から出てきた新芽(若葉)の部分です。

20201105buna_su_7y_04.jpg
2020年11月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽

  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(7/12)の参考記事:「ブナ日記(154)

(下写真)2週間(14日)前の撮影です。

20201022buna_su_7y_04.jpg
2020年10月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽

(下写真)上の写真の拡大です。冬芽の大きさは、前回(10/22)の9.5_から変化がありませんでした。
なお、冬芽の長さの変化をもうすこし前から振り返ると、8/23:3.0_→9/3:4.5_→9/13:5.5_→9/22:7.0_→10/2:8.0_→10/12:9.0_→10/22:9.5_と成長が続いていましたが、11/5までの2週間で成長は確認できませんでした。

20201105buna_su_7y_03.jpg
2020年11月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先に出た冬芽

20201022buna_su_7y_03.jpg
2020年10月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先に出た冬芽

(下写真)幹の太さは前回(10/22)から変化がありませんでした。

20201105buna_su_7y_01.jpg
2020年11月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 幹直径9.5_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 16:54| ブナ日記

2020年10月23日

ブナ日記(164)黄葉進み、冬芽も一部が成長(10/22)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(10/22)観察した日記となります。10月13日以来、10日ぶりの更新です。
この10日間において、黄葉がだいぶ進み、冬芽の成長も一部で観察できました。

20201022buna_su_7y_00.jpg
2020年10月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

下の写真は前回(10/12)撮影の崇さんです。この10日間で黄葉が進み、すっかり秋らしい姿になりました。

20201012buna_su_7y_00.jpg
2020年10月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

(下写真)こちらの冬芽は、崇さんの枝の一番高いところについた冬芽です。長さは14.0_で前回(10/12)から変化がなく、成長は観察できませんでした。

20201022buna_su_7y_02.jpg
2020年10月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 14.0mm

20201012buna_su_7y_02.jpg
2020年10月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 14.0mm

(下写真)左下の円で囲んだ部分は7月から出てきた新芽(若葉)の部分です。

20201022buna_su_7y_04.jpg
2020年10月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽

  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(7/12)の参考記事:「ブナ日記(154)

(下写真)10日前の撮影です。

20201012buna_su_7y_04.jpg
2020年10月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽

(下写真)上の写真の拡大です。冬芽の大きさは長さにして9.5_になっていて、前回(10/12)の9.0_から、この10日間で0.5_伸びていました。枝の一番高いところについた冬芽はこの10日間で長さの変化が見られませんでしたが、遅れて芽吹いたこの枝についた冬芽はわずかながら成長が観察できました。

なお、冬芽の長さの変化をもうすこし前から振り返ると、8/23:3.0_→9/3:4.5_→9/13:5.5_→9/22:7.0_→10/2:8.0_→10/12:9.0_→10/22:9.5_と続いています。この枝の先端だけ、芽吹きが通常よりも2か月近く遅れましたが、10月後半になっても成長が確認できています。

20201022buna_su_7y_03.jpg
2020年10月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先に出た冬芽

20201012buna_su_7y_03.jpg
2020年10月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先に出た冬芽

(下写真)幹の太さは前回(10/12)から変化がありませんでした。

20201022buna_su_7y_01.jpg
2020年10月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 幹直径9.5_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 11:28| ブナ日記

2020年10月13日

ブナ日記(163)黄葉が少し進む、冬芽も成長(10/12)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(10/12)観察した日記となります。10月3日以来、10日ぶりの更新です。
この10日間において、黄葉が少し進みました。また、冬芽もわずかながら成長していました。

20201012buna_su_7y_00.jpg
2020年10月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

下の写真は前回(10/2)撮影の崇さんです。この10日間で黄葉がわずかながら進みました。

20201002buna_su_7y_00.jpg
2020年10月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

(下写真)イヌブナの安さんや檀さんと一緒に撮影したものです。
中央がブナの崇さん(実生7年目)で、両サイドが実生から9年目のイヌブナです。
崇さんはようやく黄葉が始まったところですが、イヌブナ安さんと檀さんはすっかり葉っぱが枯れて、茶褐色化しています。

20201012inubuna9y_an_dan_buna7y_su02.jpg
2020年10月2日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の檀さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の安さん

(下写真)こちらの冬芽は、崇さんの枝の一番高いところについた冬芽です。前回(10/2)は長さ13.5_でしたが、この10日間で0.5_伸びて14.0_になっていました。

20201012buna_su_7y_02.jpg
2020年10月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 14.0mm

20201002buna_su_7y_02.jpg
2020年10月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 13.5mm

(下写真)左下の円で囲んだ部分は7月から出てきた新芽(若葉)の部分です。

20201012buna_su_7y_04.jpg
2020年10月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽
  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(7/12)の参考記事:「ブナ日記(154)

(下写真)上の写真の拡大です。冬芽の大きさは長さにして9.0_になっていました。前回(10/2)は8.0_だったので、この10日間で1.0_伸びました。
なお、冬芽の長さの変化をもうすこし前から振り返ると、8/23:3.0_→9/3:4.5_→9/13:5.5_→9/22:7.0_→10/2:8.0_→10/12:9.0_と続いています。この枝の先端だけ、芽吹きが通常よりも2か月近く遅れましたが、順調に成長を続けています。

20201012buna_su_7y_03.jpg
2020年10月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先に出た冬芽

(下写真)幹の太さは前回(10/2)から変化がありませんでした。

20201012buna_su_7y_01.jpg
2020年10月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 幹直径9.5_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降
posted by kusabanakan at 13:00| ブナ日記

2020年10月03日

ブナ日記(162)黄葉変化少ないものの冬芽は成長(10/2)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(10/2)観察した日記となります。9月23日以来、10日ぶりの更新です。
この10日間において、外見上の変化はほとんど見られませんでしたが、冬芽はしっかりと成長を続けていました。

20201002buna_su_7y_00.jpg
2020年10月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

下の写真は前回(9/22)撮影の崇さんです。この10日間でこれといった変化は見られんせんでした。

20200922buna_su_7y_00.jpg
2020年9月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

(下写真)イヌブナの安さんや檀さんと一緒に撮影したものです。
中央がブナの崇さん(実生7年目)で、両サイドが実生から9年目のイヌブナです。

20201002inubuna9y_an_dan_buna7y_su01.jpg
2020年10月2日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の安さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の檀さん

(下写真)こちらの冬芽は、崇さんの枝の一番高いところについた冬芽です。前回(9/22)は長さ12.5_でしたが、この10日間で1.0_伸びて13.5_になっていました。

20201002buna_su_7y_02.jpg
2020年10月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 13.5mm

20200922buna_su_7y_02.jpg
2020年9月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 12.5mm

(下写真)左下の円で囲んだ部分は7月から出てきた新芽(若葉)の部分です。

20201002buna_su_7y_04.jpg
2020年10月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽
  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(7/12)の参考記事:「ブナ日記(154)

(下写真)上の写真の拡大です。冬芽の大きさは長さにして8.0_になっていました。前回(9/22)は7.0_だったので、この10日間で1.0_伸びました。
また、冬芽の長さの変化をもうすこし前から振り返ると、8/23:3.0_→9/3:4.5_→9/13:5.5_→9/22:7.0_→10/2:8.0_と続いています。この枝の先端だけ、芽吹きが通常よりも2か月近く遅れましたが、順調に成長を続けています。

20201002buna_su_7y_03.jpg
2020年10月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先に出た冬芽

(下写真)幹の太さは前回(9/22)から変化がありませんでした。

20201002buna_su_7y_01.jpg
2020年10月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 幹直径9.5_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降

posted by kusabanakan at 13:20| ブナ日記

2020年09月23日

ブナ日記(161)ほんのりと黄葉、冬芽は成長(9/22)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(9/13)観察した日記となります。9月13日以来、9日ぶりの更新です。
この9日間においても、全体的な見た目に大きな変化はありませんが、葉っぱがやや黄色みを帯びてきた感じです。そして、冬芽はしっかりと成長を続けていました。

20200922buna_su_7y_00.jpg
2020年9月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

下の写真は前回(9/13)撮影の崇さんです。この9日間でわずかながら黄葉しました。

20200913buna_su_7y_00.jpg
2020年9月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

(下写真)イヌブナの安さんや檀さんと一緒に撮影したものです。
中央がブナの崇さん(実生7年目)で、両サイドが実生から9年目のイヌブナです。

20200922inubuna9y_an_dan_buna7y_su01.jpg
2020年9月22日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の安さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の檀さん

(下写真)こちらの冬芽は、崇さんの枝の一番高いところについた冬芽です。前回(9/13)は長さ11_でしたが、この9日間で1.5_伸びて12.5_になっていました。

20200922buna_su_7y_02.jpg
2020年9月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 12.5mm

20200913buna_su_7y_02.jpg
2020年9月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 11.0mm

(下写真)左下の円で囲んだ部分は7月から出てきた新芽(若葉)の部分です。

20200922buna_su_7y_04.jpg
2020年9月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽

  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(7/12)の参考記事:「ブナ日記(154)

(下写真)上の写真の拡大です。冬芽の大きさは長さにして7.0_になっていました。前回(9/13)は5.5_だったので、この9日間で1.5_伸びました。
また、冬芽の長さの変化をもうすこし前から振り返ると、8/23:3.0_→9/3:4.5_→9/13:5.5_→9/22:7.0_となり、1か月で倍以上の長さになっていて、順調に成長を続けています。

20200922buna_su_7y_03.jpg
2020年9月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の節に出た冬芽

20200913buna_su_7y_03.jpg
2020年9月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の節に出た冬芽

(下写真)幹の太さは前回(9/13)から変化がありませんでした。

20200922buna_su_7y_01.jpg
2020年9月22日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 幹直径9.5_

【成長記録】

【樹高】2020年9月13日から9月22日までの9日間、樹高の変化は見られませんでした。

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_、9/10:320_、9/17:320_、9/24:320_、10/1:320_、10/8:320_、10/15:320_、10/22:320_、10/29:320_、11/5:320_、11/12:320_、2019.4/1:350_、5/5:350_、5/11:350_、5/15:350_、5/25:350_、5/31(幹剪定):140_、6/12:140_、6/27:145_、7/5:145_、7/18:145_、7/30:145_、8/12:145_、8/26:145_、9/8:145_、9/22:145_、10/6:145_、10/20:145_、11/3:145_、11/11:145_、11/20:145_、11/23:145_、2020.4/1:145_、2020.4/12:145_、4/24:145_、5/1:145_、5/3:145_、5/4:145_、5/5:145_、5/12:170_、5/16:170_、5/24:170_、6/1:170_、6/14:170_、6/23:170_、7/3:170_、7/12:170_、7/24:170_、8/2:170_、8/12:170_、8/23:170_、9/3:170_、9/13:170_、9/22:170_

【冬芽】一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。9月13日から9月22日までの9日間で長さが1.5_伸びて12.5_になりました。

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_、9/10:9.5_、9/17:10.5_、9/24:11.5_、10/1:12.5_、10/8:13.0_、10/15:13.0_、10/22:13.0_、10/29:13.0_、11/5:13.0_、11/12:13.0_、2019.4/1:13.0_、5/5:13.0_、5/11:13.0_(ほかの芽吹き始まる)、5/15:13.0_(ほかの若葉広がる)、5/25:13.0_、5/31(芽吹く前に枝剪定):13.0_、7/5:1.0_、7/18:2.5_、7/30:3.5_、8/12:4.0_、8/26:4.5_、9/8:6.5_、9/22:8.0_、10/6:10.0_、10/20:10.0_、11/3:10.5_、11/11:10.5_、11/20:10.5_、11/23:10.5_、2020.4/1:10.5_、4/12:10.5_、4/24:12.0_、5/1:15.5_、5/3:19.0_(他の冬芽芽吹く)、5/4:22.0_、5/5:22.0_で芽吹き初め、6/23:1.0_、7/3:2.0_、7/12:3.0_、7/24:4.0_、8/2:5.0_、8/12:6.0_、8/23:8.0_、9/3:10.0_、9/13:11.0_

【幹直径】2020年9月13日から9月22日までの9日間で、幹の直径に変化はありませんでした。

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_、9/10:Φ9.0_、9/17:Φ9.0_、9/24:Φ9.0_、10/1:Φ9.0_、10/8:Φ9.0_、10/15:Φ9.0_、10/22:Φ9.0_、10/29:Φ9.0_、11/5:Φ9.0_、11/12:Φ9.0_、2019.4/1:Φ9.0_、5/5:Φ9.0_、5/11:Φ9.0_、5/25:Φ9.0_、5/31:Φ9.0_、6/12:Φ9.0_、6/27:Φ9.0_、7/5:Φ9.0_、7/18:Φ9.0_、7/30:Φ9.0_、8/12:Φ9.0_、8/26:Φ9.0_、9/8:Φ9.0_、9/22:Φ9.0_、10/6:Φ9.0_、10/20:Φ9.0_、11/3:Φ9.0_、11/11:Φ9.0_、11/20:Φ9.0_、11/23:Φ9.0_、2020.4/1:φ9.0_、4/12:φ9.0_、4/24:φ9.0_、5/1:未測定、5/3:未測定、5/4:未測定、5/5:φ9.0_、5/12:φ9.0_、5/16:φ9.0_、5/24:φ9.0_、6/1:φ9.0_、6/14:φ9.0_、6/23:φ9.0_、7/3:φ9.5_、7/12:φ9.5_、7/24:φ9.5_、8/2:φ9.5_、8/12:φ9.5_、8/23:φ9.5_、9/3:φ9.5_、9/13:φ9.5_、9/22:φ9.5_
posted by kusabanakan at 11:23| ブナ日記

2020年09月14日

ブナ日記(160)葉っぱはまだ夏の緑、冬芽は成長(9/13)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(9/13)観察した日記となります。9月3日以来、10日ぶりの更新です。
この10日間においても、葉っぱの色の変化はほとんどありません。しかし、冬芽はしっかりと成長を続けていました。

20200913buna_su_7y_00.jpg
2020年9月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

下の写真は前回(9/3)撮影の崇さんです。この10日間で見た目の変化はほとんどありませんでした。

20200903buna_su_7y_00.jpg
2020年9月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

(下写真)イヌブナの安さんや檀さんと一緒に撮影したものです。
中央がブナの崇さん(実生7年目)で、両サイドが実生から9年目のイヌブナです。

20200913inubuna9y_an_dan_buna7y_su01.jpg
2020年9月13日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の安さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の檀さん

(下写真)こちらの冬芽は、崇さんの枝の一番高いところについた冬芽です。前回(9/3)10_だった冬芽が、この10日間で1_伸びて11_になっていました。

20200913buna_su_7y_02.jpg
2020年9月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 11.0mm

20200903buna_su_7y_02.jpg
2020年9月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 10.0mm

(下写真)左下の円で囲んだ部分は7月から出てきた新芽(若葉)の部分です。

20200913buna_su_7y_04.jpg
2020年9月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽

  (参考)季節外れの新芽が出てきた時(7/12)の参考記事:「ブナ日記(154)

(下写真)上の写真の拡大です。冬芽の大きさは長さにして5.5_になっていました。前回(9/3)は4.5_だったので、この10日間で1.0_の成長です。

20200913buna_su_7y_03.jpg
2020年9月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の節に出た冬芽

20200903buna_su_7y_03.jpg
2020年9月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の節に出た冬芽

(下写真)幹の太さは前回(9/3)から変化がありませんでした。

20200913buna_su_7y_01.jpg
2020年9月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 幹直径9.5_

(下写真)イヌブナ檀さんと一緒に撮影した写真です。イヌブナの檀さんはすでに黄葉が進んでいますが、ブナの崇さんの葉っぱはまだ夏の緑です。

20200913inubuna9y_dan_04.jpg
2020年9月13日 軽井沢草花館 上:イヌブナ安さん、下:ブナ崇さん

【成長記録】

【樹高】2020年9月3日から9月13日までの10日間、樹高の変化は見られませんでした。

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_、9/10:320_、9/17:320_、9/24:320_、10/1:320_、10/8:320_、10/15:320_、10/22:320_、10/29:320_、11/5:320_、11/12:320_、2019.4/1:350_、5/5:350_、5/11:350_、5/15:350_、5/25:350_、5/31(幹剪定):140_、6/12:140_、6/27:145_、7/5:145_、7/18:145_、7/30:145_、8/12:145_、8/26:145_、9/8:145_、9/22:145_、10/6:145_、10/20:145_、11/3:145_、11/11:145_、11/20:145_、11/23:145_、2020.4/1:145_、2020.4/12:145_、4/24:145_、5/1:145_、5/3:145_、5/4:145_、5/5:145_、5/12:170_、5/16:170_、5/24:170_、6/1:170_、6/14:170_、6/23:170_、7/3:170_、7/12:170_、7/24:170_、8/2:170_、8/12:170_、8/23:170_、9/3:170_、9/13:170_

【冬芽】一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。9月3日から9月13日までの10日間で長さが1_伸びて11_になりました。

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_、9/10:9.5_、9/17:10.5_、9/24:11.5_、10/1:12.5_、10/8:13.0_、10/15:13.0_、10/22:13.0_、10/29:13.0_、11/5:13.0_、11/12:13.0_、2019.4/1:13.0_、5/5:13.0_、5/11:13.0_(ほかの芽吹き始まる)、5/15:13.0_(ほかの若葉広がる)、5/25:13.0_、5/31(芽吹く前に枝剪定):13.0_、7/5:1.0_、7/18:2.5_、7/30:3.5_、8/12:4.0_、8/26:4.5_、9/8:6.5_、9/22:8.0_、10/6:10.0_、10/20:10.0_、11/3:10.5_、11/11:10.5_、11/20:10.5_、11/23:10.5_、2020.4/1:10.5_、4/12:10.5_、4/24:12.0_、5/1:15.5_、5/3:19.0_(他の冬芽芽吹く)、5/4:22.0_、5/5:22.0_で芽吹き初め、6/23:1.0_、7/3:2.0_、7/12:3.0_、7/24:4.0_、8/2:5.0_、8/12:6.0_、8/23:8.0_、9/3:10.0_、9/13:11.0_

【幹直径】2020年9月3日から9月13日までの10日間で、幹の直径に変化はありませんでした。

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_、9/10:Φ9.0_、9/17:Φ9.0_、9/24:Φ9.0_、10/1:Φ9.0_、10/8:Φ9.0_、10/15:Φ9.0_、10/22:Φ9.0_、10/29:Φ9.0_、11/5:Φ9.0_、11/12:Φ9.0_、2019.4/1:Φ9.0_、5/5:Φ9.0_、5/11:Φ9.0_、5/25:Φ9.0_、5/31:Φ9.0_、6/12:Φ9.0_、6/27:Φ9.0_、7/5:Φ9.0_、7/18:Φ9.0_、7/30:Φ9.0_、8/12:Φ9.0_、8/26:Φ9.0_、9/8:Φ9.0_、9/22:Φ9.0_、10/6:Φ9.0_、10/20:Φ9.0_、11/3:Φ9.0_、11/11:Φ9.0_、11/20:Φ9.0_、11/23:Φ9.0_、2020.4/1:φ9.0_、4/12:φ9.0_、4/24:φ9.0_、5/1:未測定、5/3:未測定、5/4:未測定、5/5:φ9.0_、5/12:φ9.0_、5/16:φ9.0_、5/24:φ9.0_、6/1:φ9.0_、6/14:φ9.0_、6/23:φ9.0_、7/3:φ9.5_、7/12:φ9.5_、7/24:φ9.5_、8/2:φ9.5_、8/12:φ9.5_、8/23:φ9.5_、9/3:φ9.5_、9/13:φ9.5_
posted by kusabanakan at 11:52| ブナ日記