2018年04月22日

マツブサ日記(2)自生地では芽吹き

マツブサ日記の2回目です。
前回4/3に種を撒き、その後水やりをしながら経過を観察していますが、今のところ変化はありません(下写真)。

20180422matsubusa_1y_20180403.jpg
2018年4月22日 軽井沢草花館 マツブサの種まき 2017年11月8日収穫分

今日は軽井沢のマツブサ自生地を訪ねてみました。
すると、早くも芽吹きが始まっていました(下写真)。

20180422jisei-matsubusa01.jpg
2018年4月22日 軽井沢 マツブサの芽吹き

また、マツブサの仲間(マツブサ科)のチョウセンゴミシもマツブサと同時期に芽吹きが始まりました(下写真)。
こちらは自生地というよりも軽井沢草花館の敷地に生えているものです。
葉っぱの付け根からは花のつぼみがみえていて、5月には花を咲かせそうです。
(今年は3月からの気温が高く、例年に比べて10日前後早い芽吹きです)

20180422chousengomishi.jpg
2018年4月22日 軽井沢草花館 チョウセンゴミシの芽吹き

posted by kusabanakan at 15:15| マツブサ日記

2018年04月03日

マツブサ日記(1)種まき

マツブサ日記をはじめます。

昨年収穫した種を鉢に植え、発芽させて成長を観察していきたいと思います。
芽が出なければ、早期に終了してしまう日記かもしれませんが、まずはやってみることにします。

マツブサ20171108-01.jpg
2017年11月8日 軽井沢 マツブサの実

マツブサ(マツブサ科)は落葉のつる性木本。
軽井沢に多く自生するチョウセンゴミシと同じ仲間です。
チョウセンゴミシは赤い実を付けますが、マツブサは黒い実を付けます。

マツブサ20171108-02.jpg
2017年11月8日 軽井沢 マツブサの実

軽井沢では個体数が少なく、山でもほとんど見ません。
写真のマツブサはたまたま見つけた大きな個体。
つるの直径が1a位あり、かなり立派に育っていました。

秋の実を少しだけ収穫し、冬の間屋内で保管。
本日、種を鉢に撒き、発芽実験を開始しました。

マツブサ20180403-01.jpg
2018年4月3日 軽井沢草花館 マツブサの実(乾燥) 2017年11月8日収穫分

計8粒の種を3粒+2粒+3粒と3つの鉢に分けて植えました。
土はホームセンターで売っていた草花用の培養土を使いました。

マツブサ20180403-02.jpg
2018年4月3日 軽井沢草花館 マツブサの種まき 2017年11月8日収穫分

芽が出るかどうか?
楽しみにしています。
posted by kusabanakan at 21:35| マツブサ日記