2021年06月07日

ナンバンハコベ日記(4)発芽から順調に成長、一部をプランターに(20210607)

ナンバンハコベ日記は前回5月28日以来、10日ぶりの更新です。

5月20日に発芽を確認してから、今のところ順調に育っています。
小さな鉢2つにたくさんの芽が出ていたため、今回は一つの(白い)鉢の苗を一部プランターに移植しました(下写真)。
うまく育ってくれるか分かりませんが、2つの鉢植を一緒に様子を観察していこうと思います。

20210607nanbanhakobe03.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

下は前回(5/28)2つの鉢だった時の写真です。この10日間でだいぶ緑の密度が高くなりました。

20210528nanbanhakobe01.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

本日(6/7)、鉢を一つずつ拡大して見ると下のような状態です。
前回(5/28)10日前は、最初の2枚葉しか出ていませんでしたが、今回はさらに2枚の葉が出ていました。

20210607nanbanhakobe01.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 (白い鉢)ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

20210607nanbanhakobe02.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 (グレーの鉢)ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

下写真:大きな苗で草丈2aほどになっていました。

20210607nanbanhakobe04.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 (グレーの鉢)ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

つづく
posted by kusabanakan at 16:52| ナンバンハコベ日記

2021年05月28日

ナンバンハコベ日記(3)一部を別鉢に移植(20210528)

前回(5/20)、8日前に発芽を確認したナンバンハコベ。
すくすくと成長しています。
芽の数も増えて、小さな植木鉢が芽で覆われています。

そこで一部の苗を他の植木鉢に植え替えました。
下の写真でいうと、白い鉢に種まきして発芽した一部の苗を黒い鉢に一部移植しました。

20210528nanbanhakobe01.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

イメージとしては一本ずつ苗を分けて、間隔をあけて移植したかったのですが、密集して苗が生えているので、一本ずつに分けるのは大変で、途中であきらめました…
下の写真は苗をばらしてから移植しようとして掘り出したナンバンハコベの苗ですが、簡単にはばらせませんでした。

20210528nanbanhakobe02.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

下の写真は前回5月20日に発芽したばかりの状態を収めたものです。

20210520nanbanhakobe01.jpg
2021年5月20日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月3日に種まき)

posted by kusabanakan at 19:35| ナンバンハコベ日記

2021年05月20日

ナンバンハコベ日記(2)発芽しました!(20210520)

5月3日に種まきしたナンバンハコベに芽が出ました。

20210520nanbanhakobe01.jpg
2021年5月20日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月3日に種まき)

種まきから発芽まで17日間かかりました。
10日ほど前に、誤って鉢を蹴飛ばしてしまい、土を半分くらいこぼしてしまったので、再び土を鉢に戻したことがありました。「大丈夫だろうか…」と心配していましたが、まさかこんなにもたくさんの芽が、しかも一斉に出てくるとは思いませんでした。

20210520nanbanhakobe02.jpg

2021年5月20日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月3日に種まき)

あまりにもたくさんの芽が出たので、近いうちに植え替えしようと思います。

(参考メモ)
最近の天候ですが、15日から雨が降ったり止んだりしながら、梅雨入りしたかのようなどんよりとした天気が続いています。

つづく
posted by kusabanakan at 11:48| ナンバンハコベ日記

2021年05月03日

「ナンバンハコベ日記」始めます。

ナンバンハコベは山野に生えるナデシコ科の多年草です。
枝を分岐させながら、他の植物によりかかったり、覆ったりして生えますが、つる性の植物とは異なります。
夏の終わりころに花を咲かせ、秋にはかわいい実が付きます。
軽井沢の山地でも時々見かけますが、他の植物に絡みつくように生えるので、どちらかというと厄介者の植物として見られることが多いのではないでしょうか。

そんなナンバンハコベですが、昨年秋に軽井沢の知人の庭に生った実をいただいて、発芽するか鉢植えに撒いてみました。
成長過程をこのナンバンハコベ日記で観察していこうと思いますが、種が発芽しなければ、途中でおしまいにするつもりです。あらかじめご了承ください。
たくさん生えたら、緑のカーテンとして、利用してみようと思っています。

まずは、ナンバンハコベを石川功一のスケッチで紹介します(下)。
ひょろひょろとしていて自立できないので、他の植物に寄りかかったりしながら成長し、1.5bくらい伸びるそうです。

20210503midori_nanbanhakobe_ishikawa_koichi19870901.jpg
ナンバンハコベ(花)石川功一 1987年9月1日 水彩スケッチ

花が終わると下の写真のような黒い実が生ります。

20210503midori_nanbanhakobe01.jpg
2021年5月3日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの実

実を割ると中からたくさんの種が出てきます。直径1_程度の小さなものです。

20210503midori_nanbanhakobe02.jpg
2021年5月3日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの種

この種を、本日、鉢植えに植えてみました。

20210503midori_nanbanhakobe03.jpg
2021年5月3日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの種まき

発芽してくれるでしょうか?

つづく
posted by kusabanakan at 20:33| ナンバンハコベ日記