2021年09月07日

ナンバンハコベ日記(13)開花続き、実も付き始めました(20210907)

ナンバンハコベに実が付き始めました。

実が付いたのはプランターで育てているナンバンハコベで、8月29日に花が咲きはじめてから9日後のことです。
まだ、緑色をしていて、今後は黒く熟していくはずですが、どのくらい時間をかけて熟していくのか観察が楽しみです。

20210907nanbanhakobe02.jpg
2021年9月7日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベの実

実が付き始めたとはいえ、花もまだ咲いています(下写真)。ソメイヨシノの桜のように一斉に咲くのではなく、つぼみが少しづつ付いていって、花も少しづつ咲いていくようです。
花は何度見ても愛嬌があって可愛いです。

20210907nanbanhakobe01.jpg
2021年9月7日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベの花

プランターのナンバンハコベの現在の状態は下の写真のように、つぼみ&花&実が同時に付いていて、観察するのにとても楽しい状態です。つぼみは次から次へと少しづつ付いてきていて、しばらく花が楽しめそうな予感です。

20210907nanbanhakobe03.jpg
2021年9月7日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベ つぼみ&花&実

プランター全体の様子が下の写真です。上の写真のつぼみ&花&実が、下の写真の白い丸脇内に対応しています。

20210907nanbanhakobe00b.jpg
2021年9月7日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベ つぼみ&花&実

一方、鉢植え(×2つ)で育てているナンバンハコベですが、こちらは前回(8/29)の時と大きく変化がなく、つぼみも出てきていません。プランターの苗と違って、小さな鉢に密度高く育てているので、条件が悪いのかもしれません。
このままの状態で観察を続けます(下写真)。

20210907nanbanhakobe04.jpg
2021年9月7日 軽井沢草花館 鉢植え(×2) ナンバンハコベ 
posted by kusabanakan at 20:01| ナンバンハコベ日記

2021年08月29日

ナンバンハコベ日記(13)種まきから約4か月で開花しました(20210829)

本日、ナンバンハコベの花が咲きました。
5月3日に種まきしてから4か月ほどで開花となりました。

20210829nanbanhakobe03.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベの花(最初の一輪)

本日咲いたのは、プランターで育てていた苗からの一輪です。
5月3日に種まきし、発芽は5月20日。
5日前の8月24日に花芽を出していました。

下の写真は違う角度からの一枚です。
下向きに咲き咲く姿がホタルブクロにも似ますが、花びらの部分は先端の白い部分だけで小さなもの。
一般的には、はびこると厄介なので、”雑草の一種”として扱われてしまう植物かも知れませんが、花は愛嬌のある姿をしています。
ただ、こうしてプランターや鉢で育てる分には良いですが、露地植えは増えすぎる危険もあるので、お勧めはしません。

20210829nanbanhakobe02.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベの花

下の写真はプランター全体を写したものです。白い丸枠の部分に今回の花が咲きました。

20210829nanbanhakobe01b.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 ナンバンハコベのプランター(全体)

プランターの他、同時に育てている鉢植え×2ですが、こちらの方はまだつぼみも出ておらず、プランターに比べると成長が遅れています。

20210829nanbanhakobe04.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

下の写真は1週間前の撮影です。

20210822nanbanhakobe06.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

下の写真は本日(8/29)、横からの撮影です。各鉢の草丈ですが、左の鉢(深緑)の草丈は19a、右の鉢(白)は15aでした。
左の鉢の草丈は1週間(8/22)と比べて4a低くなっていましたが、茎が倒れて地面を這うように伸びはじめたからのようです。

20210829nanbanhakobe05.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)
posted by kusabanakan at 15:58| ナンバンハコベ日記

2021年08月24日

ナンバンハコベ日記(12)花芽が付きました(20210824)

8月22日以来、2日ぶりの更新です。
2日前には想像もしていなかったことですが、プランターのナンバンハコベに花芽が付いていました。
今年の5月3日に種まきし、5月20日に発芽を確認。
ここ1週間ほど前から葉っぱが虫に喰われる被害が出ていたので、その後の成長を心配していたところですが、本日8月24日、初めての花芽を確認です!
(※鉢植え×2のナンバンハコベにはまだ花芽が付いていませんでした)

20210824nanbanhakobe01a.jpg
2021年8月24日 軽井沢草花館 プランターのナンバンハコベ

花芽の部分を拡大したものが、下の写真です。本日確認することのできた花芽は2つだけですが、生命力の強そうな植物なので、虫に葉っぱを喰われながらも、花芽は増えていきそうです。
開花は近日中? となるでしょうか?
観察を続けます。

20210824nanbanhakobe02.jpg
2021年8月24日 軽井沢草花館 プランター 初めて付いたナンバンハコベの花芽
posted by kusabanakan at 17:59| ナンバンハコベ日記

2021年08月22日

ナンバンハコベ日記(11)葉っぱを虫に喰われる(20210822)

前回8/8の観察以来、2週間ぶりの更新です。

ナンバンハコベを種から育てて、成長を観察しています。
種まきしたのが5月3日、そして最初に発芽を確認したのが5月20日でした。
現在、苗はプランター×1、植木鉢×2の3か所に分けて育てていて、それぞれ成長の度合いは違いますが、成長を続けています。

前回(8/8)の時点で茎が横に這うように伸び始めていましたが、それがさらに成長しています。
ところが、ここ4~5日前から、虫に葉っぱや茎を食べられてしまう被害がでていました。
あれあれ!困ったもんだと思っていましたが、今朝、犯人を見つけました(下の写真)。

20210822nanbanhakobe00.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの葉を食べる毛虫

茎に登って、葉っぱをむしゃむしゃと食べていた毛虫くん。
(調べてみたものの、詳細は分かりませんでした)
日中は見かけないので、夜から早朝にかけて活動しているのでしょうか?
成虫させてあげたい気持ちもありましたが、ナンバンハコベのために駆除しました。

軽井沢ではナンバンハコベの花期は8月から9月にかけてです。
発芽から1年目で花が咲くかどうか分かりませんが、もう花芽が出ていてもおかしくない時期です。
茎の先端部分をだいぶ食べられてしまいましたが、ことし開花する可能性がまだあるだろうと思って、今後の成長に期待しています。

さて、以下、ナンバンハコベの現況です。

今までと違うのは、1週間ほど前から、プランター×1、鉢植え×2の配置を変えたことです。
伸びた茎が寄りかかれるように、プランターをユウスゲの苗の脇に配置し、鉢×2をテラス側の緑のカーテンの下に配置しました。

20210822nanbanhakobe01.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

まずプランターの苗から詳細を記録します。下の写真からも分かるように、横方向への広がりが増しました。

20210822nanbanhakobe02.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 プランターのナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

下写真:草丈(高さ)の最大は20aで前回(8/8)の24aから4aも低くなりました。虫に喰われたことが原因の一つですが、茎が横に伸びていることも原因だろうと思います(下写真)。そのうちユウスゲの葉にもたれかかりながら、上方向にも伸びていってくれることを期待しています。

20210822nanbanhakobe03a.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 プランターのナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

下写真:虫に喰われずに成長した茎の先端部分です。花芽が出て来そうな雰囲気もありますが、今のところどうなっていくか分かりません。

20210822nanbanhakobe04.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 プランターのナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

下写真:虫に喰われてしまった茎です。こうした食べ跡が多数あります。

20210822nanbanhakobe05a.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 プランターのナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

次は鉢植え×2の現況です。

20210822nanbanhakobe06.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

下の写真は前回、2週間前の撮影です。

20210808nanbanhakobe05.jpg
2021年8月8日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

下写真:左の鉢(深緑)の草丈は23a、右の鉢(白)は15aありました。
前回は(左)20aと(右)17aだったので、右の白い鉢は前回よりも低くなりましたが、虫に喰われた影響が大きいと思われます。茎の長さは最大で32aありました。

20210822nanbanhakobe07a.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

下写真は前回(8/8)撮影分です。

20210808nanbanhakobe06.jpg
2021年8月8日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

下の写真は毛虫くんによる食べ跡です。ほとんどの葉っぱが食べれられてしまっています。

20210822nanbanhakobe09.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(白の鉢植え)

つづく
posted by kusabanakan at 14:47| ナンバンハコベ日記

2021年08月08日

ナンバンハコベ日記(10)這うようにして茎がL=45aに(20210808)

前回7/26の観察以来、13日ぶりの更新です。

ナンバンハコベを種から育てて、成長を観察しています。
種まきしたのが5月3日、そして最初に発芽を確認したのが5月20日でした。
現在、苗はプランター×1、植木鉢×2の3か所に分けて育てていて、それぞれ成長の度合いは違いますが、元気に成長を続けています。
前回の観察時には、密度が高くなり過ぎた鉢植えの苗を少し間引きしようと考えましたが、その後何も実行しておらず、そのままの状態での成長観察です。

さて、プランター×1、鉢植え×2の全体の様子が下の写真です。

20210808nanbanhakobe01.jpg
2021年8月8日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

下の写真は前回(7/26)撮影したものです。全体的に密度が高くなっているのと、プランターや鉢の外にはみ出る茎が目立つようになりました。

20210726nanbanhakobe01.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

一番よく成長しているのがプランターの苗です(下写真)。草丈(高さ)の最大は24aで前回(7/26)の22aから2aしか高くなっていませんが、茎は横に長く伸びているようです。(下写真)。

20210808nanbanhakobe03b.jpg
2021年8月8日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター)

下の写真は前回(7/26)撮影したものです。

20210726nanbanhakobe03.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター)

下写真:横に這って伸びた茎は長いもので約50cmありました。

20210808nanbanhakobe02b_re.jpg
2021年8月8日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター)

下の写真は前回(7/26)撮影したものです。この時は長いもので35aでした。

20210726nanbanhakobe02.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター)

下は鉢植え×2です。
前回(7/26)の時点で苗が密集しすぎていたので、間引くつもりでしたが、実行できずそのままです。
前回からしっかりと成長していますが、プランターの苗の成長に比べると、ゆるやかなです。

20210808nanbanhakobe05.jpg
2021年8月8日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

下の写真は前回(7/26)撮影したものです。

20210726nanbanhakobe05.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

下写真:左の鉢(深緑)の草丈が20aで右の鉢(白)は17aありました。
前回は両方とも16aだったので、どちらも少し高くなった程度です。
鉢の外側に伸びた茎は成長が早く、深緑の鉢では茎の長さが最大で32aありました。

20210808nanbanhakobe06.jpg
2021年8月8日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

つづく
posted by kusabanakan at 16:16| ナンバンハコベ日記

2021年07月26日

ナンバンハコベ日記(9)地面を這って伸びていきたい?(20210726)

前回7/14の観察以来、12日ぶりの更新です。

ナンバンハコベを種から育てて、成長を観察しています。
種まきしたのが5月3日、そして最初に発芽を確認したのが5月20日でした。
現在、苗はプランター×1、植木鉢×2の3か所に分けて育てていて、順調に成長しているようですが、ここにきてプランターの株と鉢植えの株とで成長の差が大きくなってきました。

20210726nanbanhakobe01.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

プランターの株が一番よく成長していてます。草丈としては最大で22a。葉っぱのサイズ(長さ)は4a程になりました(下写真)。

20210726nanbanhakobe03.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター)

草丈が20aを超えるようになりましたが、よく観察すると、茎は地面を這うようにして伸びていて、下の写真のように茎の長さを追ってみると、一番長いもので35aありました。
ナンバンハコベを図鑑で調べると、蔓性植物とは書かれていませんが、「茎はツルのようで1.5mほどにもなる」と解説されています。別名「ツルセンノウ」とも呼ばれるそうで、確かに「ツル」っぽい植物です。

20210726nanbanhakobe02.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター)

ナンバンハコベは本来、茎を地面を這うように横伸ばしていって、さらに他の植物に寄りかかったりしながら成長するようなので、地面が四方に広くないと窮屈で成長に悪いのかもしれません。
下の、鉢植えでは、密集しすぎているうえに、茎が横に伸びていけないので、プランターよりも成長が遅いです。

20210726nanbanhakobe05.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

左の鉢(深緑)も右の鉢(白)も草丈は16a
葉っぱのサイズ(長さ)は左の鉢(深緑)が長さ3a、右の鉢(白)が2.5aと若干差が出ています。

20210726nanbanhakobe04.jpg
2021年7月26日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え)

今後の成長をどのように見守っていけばよいか
1.間引きする、2.このまま、3.地植えにする
など考えられますが、地植えにして広がりすぎてしまうのも困るので、このままの状態で育て、鉢植えは2つのうち一つは間引きしてみようと思っています。

つづく
posted by kusabanakan at 17:01| ナンバンハコベ日記

2021年07月14日

ナンバンハコベ日記(8)草丈最大で15aに(20210714)

前回7/5の観察以来、9日ぶりの更新です。

最初に発芽を確認したのが5月20日で、その後、順調に育っています。
現在、苗はプランター×1、植木鉢×2の3か所に分けて育てています。

20210714nanbanhakobe01.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

下の写真は1週間前(7/5)の状態です。この9日間で密度が増し、順調に成長しています。

20210705nanbanhakobe01.jpg
2021年7月5日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

草丈の最大は以下のようで、数字だけ見ると前回からそれほど高くなっていないように思いますが、全体のボリュームはだいぶ増しました。ナンバンハコベの茎はまっすぐに上方向に伸びているわけではなく、隣の株に寄りかかったり、斜めに傾いたりして伸びているようです。

プランター:15a(14)
鉢植え(黒):15a(12)
鉢植え(白):13a(11)
※( )内は前回(7/5)の値

20210714nanbanhakobe02.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 プランターのナンバンハコベ

20210714nanbanhakobe03.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 プランターのナンバンハコベ

下写真:9日前の状態です。

20210705nanbanhakobe03.jpg
2021年7月5日 軽井沢草花館 プランターのナンバンハコベ(9日前)

下写真:鉢植えのナンバンハコベです。左の鉢(深緑)に1本だけ横に倒れるようにして伸びている茎があります。

20210714nanbanhakobe04.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 鉢植え(白と深緑)のナンバンハコベ

下写真:倒れるように伸びている茎ですが、力強くしっかりとしています。

20210714nanbanhakobe05.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 鉢植え(深緑)のナンバンハコベ

下写真:上の写真の拡大です。茎の節のところが角度をもって折れ曲がっていて、この状態でしっかりと固まっています。ナンバンハコベならではの特徴でしょうか?

20210714nanbanhakobe06.jpg
2021年7月14日 軽井沢草花館 鉢植え(深緑)のナンバンハコベ

つづく
posted by kusabanakan at 16:37| ナンバンハコベ日記

2021年07月05日

ナンバンハコベ日記(7)草丈最大で14aに(20210705)

前回6/28の観察以来、1週間ぶりの更新です。

最初に発芽を確認したのが5月20日で、その後、順調に育っています。
現在、苗はプランター×1、植木鉢×2の3か所に分けて育てています。

20210705nanbanhakobe01.jpg
2021年7月5日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

下の写真は1週間前(6/28)の状態です。この1週間で順調に成長しています。

20210628nanbanhakobe01.jpg
2021年6月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

下写真:斜め上から撮影した一枚です。草丈が増して、草丈の最大は
プランター:14a(10)
鉢植え(黒):12a(8)
鉢植え(白):11a(7)
※( )内は前回(6/28)の値
1週間で4a高くなっていました。

20210705nanbanhakobe02.jpg
2021年7月5日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター&鉢植え)

20210705nanbanhakobe03.jpg
2021年7月5日 軽井沢草花館 上から見たナンバンハコベ(プランター)

下写真:横から見たナンバンハコベです。
茎には細かい産毛がたくさん付いています。

20210705nanbanhakobe04.jpg
2021年7月5日 軽井沢草花館 横から見たナンバンハコベ(プランター)

つづく
posted by kusabanakan at 21:06| ナンバンハコベ日記

2021年06月30日

ナンバンハコベ日記(6)草丈最大で10aに(20210628)

2日前(6/28)に観察したナンバンハコベ日記です。
前回6月21日以来、1週間ぶりの更新となります。

最初に発芽を確認したのが5月20日で、その後、順調に育っています。
現在、苗はプランター×1、植木鉢×2の3か所に分けて育てています。

20210628nanbanhakobe01.jpg

2021年6月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

下の写真は1週間前(6/21)の状態です。この1週間で急成長しました。

20210621nanbanhakobe01.jpg
2021年6月21日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

20210607nanbanhakobe03.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

【プランタの苗】

前回よりもだいぶ緑の面積が増しました。成長が早いです。

20210628nanbanhakobe04.jpg

2021年6月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター)

草丈は6~8aの苗がほとんどですが、一株だけ草丈10aに成長したものがありました。

20210628nanbanhakobe03.jpg
2021年6月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター)

【鉢植えの苗】

こちらも、順調な成長ぶりです。

20210628nanbanhakobe05.jpg

2021年6月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え×2)

草丈は7~8aのものが大半です。
また、苗は元々白い鉢で発芽したものですが、密集してきたので5月28日にもう一つの深緑の鉢に植え替えしています。
植替えしてちょうど1か月経ちましたが、葉っぱの色や葉っぱのサイズに若干の違いが見られます。
土の違いが影響しているのでしょうか? 

20210628nanbanhakobe02.jpg

2021年6月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え×2)

下の写真は前回(6/21)、1週間前の状態です。

20210621nanbanhakobe03.jpg
2021年6月21日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え1)

20210621nanbanhakobe04.jpg
2021年6月21日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え2)

つづく
続きを読む
posted by kusabanakan at 16:48| ナンバンハコベ日記

2021年06月21日

ナンバンハコベ日記(5)草丈7aに(20210621)

ナンバンハコベ日記は前回6月7日以来、2週間ぶりの更新です。

5月20日に発芽を確認してから約1か月、順調に育っています。
前回(6/7)、鉢2つで育てていたナンバンハコベの苗を、一部プランターに植え替えし、全部で3つ(鉢×2、プランター×1)に分けて育てています。

現在の様子が下の写真です。
植え替えしたプランターの苗も、すべて根付いたようで元気です。

20210621nanbanhakobe01.jpg
2021年6月21日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

下は2週間前(6/7)の状態です。だいぶ成長が進んだことが分かります。

20210607nanbanhakobe03.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(2021年5月20日に発芽)

(下写真)一番大きく成長したものはプランターの苗で、草丈にして高さ7a。
また、成長と共に対生の葉っぱが2枚づつ増えていて、
現在、子葉(2枚)+2+2+2+2の葉っぱが付いています。
よく見ると茎には産毛がついています。

20210621nanbanhakobe02.jpg
2021年6月21日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター)

20210621nanbanhakobe05.jpg
2021年6月21日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(プランター)

下写真:鉢植え(×2)の苗です。
密集が激しくなってきました。

20210621nanbanhakobe03.jpg
2021年6月21日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え1)

20210607nanbanhakobe01.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え1)

20210621nanbanhakobe04.jpg
2021年6月21日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え2)

20210607nanbanhakobe02.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 ナンバンハコベ(鉢植え2)

この苗が成長を続けていった先のこと考えると、一つは軽井沢草花館のテラスに設けている緑のカーテンのネットに伸びた苗をもたれ掛けさせる。というアイデアがありますが、もう少し観察を続けてみます。

つづく
posted by kusabanakan at 14:18| ナンバンハコベ日記

2021年06月07日

ナンバンハコベ日記(4)発芽から順調に成長、一部をプランターに(20210607)

ナンバンハコベ日記は前回5月28日以来、10日ぶりの更新です。

5月20日に発芽を確認してから、今のところ順調に育っています。
小さな鉢2つにたくさんの芽が出ていたため、今回は一つの(白い)鉢の苗を一部プランターに移植しました(下写真)。
うまく育ってくれるか分かりませんが、2つの鉢植を一緒に様子を観察していこうと思います。

20210607nanbanhakobe03.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

下は前回(5/28)2つの鉢だった時の写真です。この10日間でだいぶ緑の密度が高くなりました。

20210528nanbanhakobe01.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

本日(6/7)、鉢を一つずつ拡大して見ると下のような状態です。
前回(5/28)10日前は、最初の2枚葉しか出ていませんでしたが、今回はさらに2枚の葉が出ていました。

20210607nanbanhakobe01.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 (白い鉢)ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

20210607nanbanhakobe02.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 (グレーの鉢)ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

下写真:大きな苗で草丈2aほどになっていました。

20210607nanbanhakobe04.jpg
2021年6月7日 軽井沢草花館 (グレーの鉢)ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

つづく
posted by kusabanakan at 16:52| ナンバンハコベ日記

2021年05月28日

ナンバンハコベ日記(3)一部を別鉢に移植(20210528)

前回(5/20)、8日前に発芽を確認したナンバンハコベ。
すくすくと成長しています。
芽の数も増えて、小さな植木鉢が芽で覆われています。

そこで一部の苗を他の植木鉢に植え替えました。
下の写真でいうと、白い鉢に種まきして発芽した一部の苗を黒い鉢に一部移植しました。

20210528nanbanhakobe01.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

イメージとしては一本ずつ苗を分けて、間隔をあけて移植したかったのですが、密集して苗が生えているので、一本ずつに分けるのは大変で、途中であきらめました…
下の写真は苗をばらしてから移植しようとして掘り出したナンバンハコベの苗ですが、簡単にはばらせませんでした。

20210528nanbanhakobe02.jpg
2021年5月28日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月20日に発芽)

下の写真は前回5月20日に発芽したばかりの状態を収めたものです。

20210520nanbanhakobe01.jpg
2021年5月20日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月3日に種まき)

posted by kusabanakan at 19:35| ナンバンハコベ日記

2021年05月20日

ナンバンハコベ日記(2)発芽しました!(20210520)

5月3日に種まきしたナンバンハコベに芽が出ました。

20210520nanbanhakobe01.jpg
2021年5月20日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月3日に種まき)

種まきから発芽まで17日間かかりました。
10日ほど前に、誤って鉢を蹴飛ばしてしまい、土を半分くらいこぼしてしまったので、再び土を鉢に戻したことがありました。「大丈夫だろうか…」と心配していましたが、まさかこんなにもたくさんの芽が、しかも一斉に出てくるとは思いませんでした。

20210520nanbanhakobe02.jpg

2021年5月20日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの芽(2021年5月3日に種まき)

あまりにもたくさんの芽が出たので、近いうちに植え替えしようと思います。

(参考メモ)
最近の天候ですが、15日から雨が降ったり止んだりしながら、梅雨入りしたかのようなどんよりとした天気が続いています。

つづく
posted by kusabanakan at 11:48| ナンバンハコベ日記

2021年05月03日

「ナンバンハコベ日記」始めます。

ナンバンハコベは山野に生えるナデシコ科の多年草です。
枝を分岐させながら、他の植物によりかかったり、覆ったりして生えますが、つる性の植物とは異なります。
夏の終わりころに花を咲かせ、秋にはかわいい実が付きます。
軽井沢の山地でも時々見かけますが、他の植物に絡みつくように生えるので、どちらかというと厄介者の植物として見られることが多いのではないでしょうか。

そんなナンバンハコベですが、昨年秋に軽井沢の知人の庭に生った実をいただいて、発芽するか鉢植えに撒いてみました。
成長過程をこのナンバンハコベ日記で観察していこうと思いますが、種が発芽しなければ、途中でおしまいにするつもりです。あらかじめご了承ください。
たくさん生えたら、緑のカーテンとして、利用してみようと思っています。

まずは、ナンバンハコベを石川功一のスケッチで紹介します(下)。
ひょろひょろとしていて自立できないので、他の植物に寄りかかったりしながら成長し、1.5bくらい伸びるそうです。

20210503midori_nanbanhakobe_ishikawa_koichi19870901.jpg
ナンバンハコベ(花)石川功一 1987年9月1日 水彩スケッチ

花が終わると下の写真のような黒い実が生ります。

20210503midori_nanbanhakobe01.jpg
2021年5月3日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの実

実を割ると中からたくさんの種が出てきます。直径1_程度の小さなものです。

20210503midori_nanbanhakobe02.jpg
2021年5月3日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの種

この種を、本日、鉢植えに植えてみました。

20210503midori_nanbanhakobe03.jpg
2021年5月3日 軽井沢草花館 ナンバンハコベの種まき

発芽してくれるでしょうか?

つづく
posted by kusabanakan at 20:33| ナンバンハコベ日記