2020年05月09日

サクラソウ&チゴユリがきれいに咲きました(2020.5.9)

サクラソウとチゴユリがきれいに咲く季節になりました。
今年も軽井沢草花館の庭で咲きました。

20200509museum-sakuraso.jpg
2020年5月9日 軽井沢草花館 サクラソウ

20200509museum-chigoyuri.jpg
2020年5月9日 軽井沢草花館 チゴユリ
posted by kusabanakan at 22:05| 草花館日記

2020年05月08日

緑のカーテン2020(2)ゴミシ&ウチワドコロ蔓伸びる(5/8)

今年で10年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

20200508midori01.jpg
2020年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

さて、緑のカーテン日記は、前回4月26日以来の更新です。
その間、特に4/29~5/5までのG.W.期間中は初夏のような陽気となり、植物全般に草木の芽吹きが活発でしたが、緑のカーテンのつる植物はようやく芽が出始めたところです。

一番成長の早いのは、チョウセンゴミシで、蔓が地上から34aの高さまで伸びました。あともう少しでネットに絡みつきそうです。次はウチワドコロで、最大で28aの高さまで蔓が伸びていますが、まだ数が少なく、これからといったところ。最後はノブドウで、前回(4/26)芽が出始めたところですが、成長は緩やか。芽吹きまでまだもう少しといったところです。その他、イケマ、ヤマノイモ(ジネンジョ)、ツルガシワの芽はまだ確認できていません。

【チョウセンゴミシ】

(下写真)去年、蔓を切ってしまったので、再び地上付近から伸びた蔓になりますが、高さにして34aの高さにまで成長していました。葉っぱも広がって、この緑のカーテンの中では成長は一番早いです。

20200508midori_chousengomishi01.jpg
2020年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

【ウチワドコロ】

(下写真)最も蔓が高くまで伸びているウチワドコロです。もう少しでネットに絡みつきそうです。

20200508midori_uchiwadokoro02.jpg
2020年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロ

(下写真)ウチワドコロの芽は確認できたもので、わずか7つ。ほとんどがまだ5a前後の高さです。

20200508midori_uchiwadokoro01.jpg
2020年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロ

【ノブドウ】

20200508midori_nobudou01.jpg
2020年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウ

下の写真は前回(4/26)に撮影したノブドウで。まだ芽吹き前ですが、着実に成長しているのが分かります。

20200426midori_nobudou03.jpg
2020年4月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの芽

つづく

続きを読む
posted by kusabanakan at 15:40| 緑のカーテン

2020年05月06日

イヌブナ日記(198)イヌブナ&ブナ、お揃いで芽吹きの様子(5/6)

(2012年5月に種から発芽した実生から9年目のイヌブナ成長日記です)

イヌブナ日記、5月3日以来3日ぶりの更新です。
実生で9年目の芽吹きを果たした安さんと檀さんですが、葉っぱが広がって美しい新緑の季節をむかえました。
本日は、普段別の日記(ブナ日記)で成長記録をつけているブナの崇さんと一緒に、現在の状態を比較してみました。

20200506inubuna9y_an_dan_buna7y_su01.jpg
2020年5月6日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の安さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の檀さん

(下写真)芽吹いたばかりの葉を比べてみました。成長の具合がそれぞれ違うので、単純な比較にはならないかもしれませんが、参考までにメモしておきます。

20200506inubuna9y_an_dan_buna7y_su02.jpg
2020年5月6日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目の安さんと檀さん、ブナ実生7年目の崇さん

【イヌブナ安さん 実生9年目】

まだ芽吹きを始めたばかりですが、枝の上部の方から葉っぱが開いてきました。葉っぱのサイズ(長さ)は大きなもので4a前後。枝の下の方ではまだ芽吹き始めたばかりで、葉っぱもほとんど広がっていません。
葉っぱが付き始めたことで、重みで枝がたわみ、樹高は73a。前回(5/3)の時の測定値78aから5aも低くなりました。逆に全体の幅は広がって142a。前回(5/3)の136aから6a広くなりました。

【イヌブナ檀さん 実生9年目】

美しい若葉が広がって、非常に美しい新緑をむかえました。葉っぱの大きさも長さが5a前後。
安さんと同様、葉っぱの重みで枝がたわみ、樹高は39aから37aへと2a低くなりました。
芽吹きはじめた前回(5/3)は、上に伸びようとするのか、その前日(5/2)よりも1a樹高が上がりましたが、一定以上の重さになると重力に耐えられないようです。

【ブナ崇さん 実生7年目】

まだ、芽吹いたばかりなので、葉っぱが完全に開き切っていません。
でも、イヌブナとブナの葉の違いが、なんとなく印象として違うことが、写真でも分かっていただけるのではないかと思います。

【成長記録】

樹高:2020年5月3日から2020年5月6日の間に、安さんの樹高が5a低くなり、檀さんの樹高も2a低くなりました。共に葉っぱが開いてきたことで重さが増え、枝がたわんで樹高が低くなったようです。

A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a、8/5:62a、8/12:62a、8/19:62a、8/26:62a、9/2:60a(雨粒の重みで枝がたわむ)、9/9:62a、9/16:62a、9/23:63a、9/30:61a(雨の影響)、10/7:64a、10/14:64a、10/21:64a、10/28:64a、11/4:66a、11/11:66a、2019年4/1:80a、5/1:84a、5/5:82a、5/11:72a、5/22:67a、6/6:67a、6/17:69a、7/1:71a、7/15:71a、7/28:73a、8/11:73a、8/25:73a、9/7:73a、9/21:73a、10/5:73a、10/19:73a、11/2:76a、11/23:76a、2020年4/1:76a、4/12:76a、4/24:80a、4/30:80a、5/2:79a、5/3:78a、5/6:73a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a、8/5:27a、8/12:27a、8/19:27a、8/26:27a、9/2:27a、9/9:27a、9/16:28a、9/23:27a、9/30:26.5a(雨の影響)、10/7:27a、10/14:27a、10/21:27a、10/28:27a、11/4:27a、11/11:27a、2019年4/1:30a、5/1、30a、5/5:30a、5/11:28a、5/22:28a、6/6:30a、6/17:32a、7/1:32a、7/15:32a、7/28:35a、8/11:36a、8/25:36a,9/7:36a、9/21:36a、10/5:36a、10/19:36a、11/2:36a、2020年4/1:36a、4/12:36a、4/24:38a、4/30:38a、5/2:38a、5/3:39a、5/6:37a

冬芽:一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。安さん、檀さん共にすでに2020年の芽吹きを始めています。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる、8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_、9/9:15_、9/16:15.5_、9/23:15.5_、9/30:16.5_、10/7:16.5_、10/14:16.5_、10/21:16.5_、10/28:16.5_、11/4:16.5_、11/11:16.5_、2019年4/1:16.5_、5/1:25_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:5_、8/11:7_、8/25:9.5_、9/7:12.0_、9/21:15.5_、10/5:17.0_、10/19:18.0_、11/2:18.0_、11/23:18.0_、2020年4/1:18.0_、4/12:19.0_、4/24:22_、4/30:29_、5/2:36_、5/3:43_で芽吹き始まる

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる、8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_、9/9:20_、9/16:20.5_、9/23:22.0_、9/30:23_、10/7:23_、10/14:23_、10/21:23_、10/28:23_、11/4:23_、11/11:23_、2019年4/1:23_、5/1:60_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:6_、8/11:8_、8/25:11.0_、9/7:12.5_、9/21:15.5_、10/5:16.0_、10/19:17.5_、11/2:17.5_、11/23:17.5_、2020年4/1:17.5_、4/12:19.0_、4/24:23_、4/30:36_、5/2:芽吹き始まる

幹サイズ(直径):2020年5月6日、測定を行いませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)、13.5_(8/5)、13.5_(8/12)、13.5_(8/19)、13.5_(8/26)、13.5_(9/2)、13.5(9/9)、13.5_(9/16)、13.5_(9/23)、13.5_(9/30)、13.5_(10/7)、13.5_(10/14)、13.5_(10/21)、13.5_(10/28)、13.5_(11/4)、13.5_(11/11)、13.5_(2019年4/1)、13.5_(5/5)、13.5_(5/11)、13.5_(5/22)、13.5_(6/6)、13.5_(6/17)、14.0_(7/1)、14.0_(7/15)、14.5_(7/28)、14.5_(8/11)、14.5_(8/25)、14.5_(9/7)、14.5_(9/21)、14.5_(10/5)、14.5_(10/19)、14.5_(11/2)、14.5_(11/23)、14.5_(2020年4/1)、14.5_(4/12)、14.5_(4/24)、14.5_(4/30)、14.5_(5/2)、未測定(5/3)、未測定(5/6)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)、10.5(8/5)、10.5_(8/12)、10.5_(8/19)、10.5_(8/26)、10.5_(9/2)、11.0_→10.5_に訂正(9/9)、10.5_(9/16)、10.5_(9/23)、10.5_(9/30)、10.5_(10/7)、10.5_(10/14)、10.5_(10/21)、10.5_(10/28)、10.5_(11/4)、10.5_(11/11)、10.5_(2019年4/1)、10.5_(5/5)、10.5_(5/11)、10.5_(5/22)、10.5_(6/6)、11.0_(6/17)、11.0_(7/1)、11.0_(7/15)、11.5_(7/28)、11.5_(8/11)、11.5_(8/25)、11.5_(9/7)、11.5_(9/21)、11.5_(10/5)、11.5_(10/19)、11.5_(11/2)、11.5_(11/23)、11.5_(2020年4/1)、11.5_(4/12)、11.5_(4/24)、11.5_(4/30)、11.5_(5/2)、未測定(5/3)、未測定(5/6)

以上
posted by kusabanakan at 19:53| イヌブナ日記

【開催日延期、継続のご案内】石川功一の水彩・油彩展「和歌に詠まれた草花たち」

小さな美術館軽井沢草花館 2020年度展示のご案内

【2020.5.6 開館日延期、継続のお知らせ】

小さな美術館軽井沢草花館は、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点より、4月18日(土)に開催予定だった「石川功一水彩・油彩展 和歌に詠まれた草花たち」の開催日を延期することとし、現在閉館中です。G.W.明けも閉館を継続し、開館は6月以降になる見込みですが、 新たな開催日につきましては、今後の事態収束を見極めながら慎重に決めてまいります。最新情報は当ホームページ(kusabana.net)で発信していきますので、来館予定の方は事前に確認いただきますようお願い申し上げます。
石川功一の水彩・油彩展 「和歌に詠まれた草花たち」

exhibit_700re-enki.jpg

チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

小さな美術館軽井沢草花館 公式ホームページ https://kusabana.net
posted by kusabanakan at 11:07| 展示紹介

2020年05月05日

イカリソウ&クサボケ満開(2020.5.5)

軽井沢草花館の庭で、クサボケとイカリソウの花が満開です。
クサボケはすでに1週間ほど前から咲き始め、徐々に満開の状態となり、一方、イカリソウはここ2~3日で一気に満開の状態となりました。ここ1週間、気温がとても高く、各種植物の成長が活発です。

20200505museum-ikariso-kusaboke.jpg
2020年5月5日 軽井沢草花館 クサボケ

20200505museum-ikariso.jpg
2020年5月5日 軽井沢草花館 
posted by kusabanakan at 19:18| 草花館日記

ブナ日記(146)昨年(2019)から観察の冬芽が芽吹く(5/5)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

既に2日前に芽吹き始めたブナの崇さんですが、本日、昨年(2019)から観察してきた冬芽が芽吹きを始めました。
【ブナ 崇(すう)さん 実生7年目】

(下写真)幹の一番上部にある冬芽が去年から観察を続けている冬芽です。本日、芽吹きを確認しました。樹高については昨年から変化がありません。

20200505buna_su_7y_01.jpg
2020年5月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目

(下写真)昨年から観察を続けている冬芽の芽吹きです。先端が割れて葉っぱが出てきています。冬芽の部分の長さは22.0_なので、昨日と同じでした。
20200505buna_su_7y_02.jpg
2020年5月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝の節についた冬芽(長さ22.0_)

(下写真)昨日(5/4)撮影したものです。芽吹く直前の状態です。

20200504buna_su_7y_02.jpg
2020年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝の節についた冬芽(長さ22.0_)

幹の太さはφ9.0_で昨年秋から変化がありません。というより、さらに遡って、2年前(2018)の7月23日にφ9.0_を記録して以来、変化がありません。今年は、成長してサイズアップしてほしいと願います。

20200505buna_su_7y_03.jpg
2020年5月5日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 幹直径9.0_

【成長記録】

【樹高】2020年5月4日から5月5日までの間、崇さんの樹高に変化はありませんでした。

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_、9/10:320_、9/17:320_、9/24:320_、10/1:320_、10/8:320_、10/15:320_、10/22:320_、10/29:320_、11/5:320_、11/12:320_、2019.4/1:350_、5/5:350_、5/11:350_、5/15:350_、5/25:350_、5/31(幹剪定):140_、6/12:140_、6/27:145_、7/5:145_、7/18:145_、7/30:145_、8/12:145_、8/26:145_、9/8:145_、9/22:145_、10/6:145_、10/20:145_、11/3:145_、11/11:145_、11/20:145_、11/23:145_、2020.4/1:145_、2020.4/12:145_、4/24:145_、5/1:145_、5/3:145_、5/4:145_、5/5:145_

【冬芽】2020年5月4日から5月5日までの一日間で冬芽が芽吹き始めました。

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_、9/10:9.5_、9/17:10.5_、9/24:11.5_、10/1:12.5_、10/8:13.0_、10/15:13.0_、10/22:13.0_、10/29:13.0_、11/5:13.0_、11/12:13.0_、2019.4/1:13.0_、5/5:13.0_、5/11:13.0_(ほかの芽吹き始まる)、5/15:13.0_(ほかの若葉広がる)、5/25:13.0_、5/31(芽吹く前に枝剪定):13.0_、7/5:1.0_、7/18:2.5_、7/30:3.5_、8/12:4.0_、8/26:4.5_、9/8:6.5_、9/22:8.0_、10/6:10.0_、10/20:10.0_、11/3:10.5_、11/11:10.5_、11/20:10.5_、11/23:10.5_、2020.4/1:10.5_、4/12:10.5_、4/24:12.0_、5/1:15.5_、5/3:19.0_(他の冬芽芽吹く)、5/4:22.0_、5/5:22.0_で芽吹き初め

【幹直径】2020年4月28日以来の測定を行いましたが、変化はありませんでした。

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_、9/10:Φ9.0_、9/17:Φ9.0_、9/24:Φ9.0_、10/1:Φ9.0_、10/8:Φ9.0_、10/15:Φ9.0_、10/22:Φ9.0_、10/29:Φ9.0_、11/5:Φ9.0_、11/12:Φ9.0_、2019.4/1:Φ9.0_、5/5:Φ9.0_、5/11:Φ9.0_、5/25:Φ9.0_、5/31:Φ9.0_、6/12:Φ9.0_、6/27:Φ9.0_、7/5:Φ9.0_、7/18:Φ9.0_、7/30:Φ9.0_、8/12:Φ9.0_、8/26:Φ9.0_、9/8:Φ9.0_、9/22:Φ9.0_、10/6:Φ9.0_、10/20:Φ9.0_、11/3:Φ9.0_、11/11:Φ9.0_、11/20:Φ9.0_、11/23:Φ9.0_、2020.4/1:φ9.0_、4/12:φ9.0_、4/24:φ9.0_、5/1:未測定、5/3:未測定、5/4:未測定、5/5:φ9.0_
posted by kusabanakan at 11:52| ブナ日記

2020年05月04日

駐車場、イロハモミジが芽吹き始めました(2020.5.4)

軽井沢草花館の駐車場に植えているイロハモミジが芽吹き始めました。

20200504momiji01.jpg
2020年5月4日 軽井沢草花館 イロハモミジ 芽吹き

(下写真)2階の窓から見たイロハモミジです。これから美しい新緑へと変化していきます。

20200504momiji02.jpg
2020年5月4日 軽井沢草花館(2階より) イロハモミジ 芽吹き
posted by kusabanakan at 17:55| 草花館日記

ブナ日記(145)自生地ブナと鉢植え7年目の芽吹き(5/4)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

昨日芽吹きを始めたブナの崇さん。一日経過した本日の様子と、本日観察した自生地のブナの様子を紹介します。

【ブナ 崇(すう)さん 実生7年目】

(下写真)昨年から観察を続けている冬芽です。こちらの芽はまだ芽吹き前ですが、明日か明後日には芽吹き始めそうです。
冬芽の長さは22.0_で、昨日の19.0_から3ミリも伸びていました。

20200504buna_su_7y_02.jpg
2020年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝の節についた冬芽(長さ22.0_)

(下写真)昨日(5/3)撮影したものです。

20200503buna_su_7y_02.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝の節についた冬芽(長さ19.0_)

(下写真)本日撮影分、違う角度からの一枚です。一部で葉っぱが開き始めています。

20200504buna_su_7y_03.jpg
2020年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目

(下写真)本日撮影分、もう一枚。

20200504buna_su_7y_04.jpg
2020年5月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目

過去5年間、ブナ崇さんの冬芽の大きさと芽吹きの時期は下のようになっています。本日、冬芽の長さが20_を超え(22.0_)、3年前(2017)の22_と同じとなり、通常といえるサイズに戻りました。

3年目:2016.4.23 25_(4/29芽吹きはじめ)
4年目:2017.4.26 22_(5/1芽吹きはじめ)
5年目:2018.4.23 12_(5/10芽吹き始め)
6年目:2019.5.5 13_(5/11芽吹き始め)
7年目:2020.5.4 22.0_(5/3他の冬芽が芽吹き始め)

【自生地のブナ】

(下写真)自生地のブナで、全体の雰囲気が当然ながらブナの崇さんに似ています。
樹高約2m、幹の太さは直径15_程度の若い株で、芽吹きが始まっていました。崇さによりも少し成長が早いようです。

20200504buna_jisei01.jpg
2020年5月4日 軽井沢 自生地のブナ

(下写真)芽吹き始め。

20200504buna_jisei02.jpg
2020年5月4日 軽井沢 自生地のブナ 芽吹き始め

(下写真)葉っぱが開き始めました。

20200504buna_jisei03.jpg
2020年5月4日 軽井沢 自生地のブナ 芽吹き始め

※今回も、幹の太さは測定しませんでした。

【成長記録】

【樹高】2020年5月3日から5月4日までの間、崇さんの樹高に変化はありませんでした。

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_、9/10:320_、9/17:320_、9/24:320_、10/1:320_、10/8:320_、10/15:320_、10/22:320_、10/29:320_、11/5:320_、11/12:320_、2019.4/1:350_、5/5:350_、5/11:350_、5/15:350_、5/25:350_、5/31(幹剪定):140_、6/12:140_、6/27:145_、7/5:145_、7/18:145_、7/30:145_、8/12:145_、8/26:145_、9/8:145_、9/22:145_、10/6:145_、10/20:145_、11/3:145_、11/11:145_、11/20:145_、11/23:145_、2020.4/1:145_、2020.4/12:145_、4/24:145_、5/1:145_、5/3:145_、5/4:145_

【冬芽】2020年5月3日から5月4日までの一日間で冬芽の長さが3.0_伸びました。

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_、9/10:9.5_、9/17:10.5_、9/24:11.5_、10/1:12.5_、10/8:13.0_、10/15:13.0_、10/22:13.0_、10/29:13.0_、11/5:13.0_、11/12:13.0_、2019.4/1:13.0_、5/5:13.0_、5/11:13.0_(ほかの芽吹き始まる)、5/15:13.0_(ほかの若葉広がる)、5/25:13.0_、5/31(芽吹く前に枝剪定):13.0_、7/5:1.0_、7/18:2.5_、7/30:3.5_、8/12:4.0_、8/26:4.5_、9/8:6.5_、9/22:8.0_、10/6:10.0_、10/20:10.0_、11/3:10.5_、11/11:10.5_、11/20:10.5_、11/23:10.5_、2020.4/1:10.5_、4/12:10.5_、4/24:12.0_、5/1:15.5_、5/3:19.0_(他の冬芽芽吹く)、5/4:22.0_

【幹直径】2020年5月3日から5月4日までの間、幹直径の測定は行いませんでした。

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_、9/10:Φ9.0_、9/17:Φ9.0_、9/24:Φ9.0_、10/1:Φ9.0_、10/8:Φ9.0_、10/15:Φ9.0_、10/22:Φ9.0_、10/29:Φ9.0_、11/5:Φ9.0_、11/12:Φ9.0_、2019.4/1:Φ9.0_、5/5:Φ9.0_、5/11:Φ9.0_、5/25:Φ9.0_、5/31:Φ9.0_、6/12:Φ9.0_、6/27:Φ9.0_、7/5:Φ9.0_、7/18:Φ9.0_、7/30:Φ9.0_、8/12:Φ9.0_、8/26:Φ9.0_、9/8:Φ9.0_、9/22:Φ9.0_、10/6:Φ9.0_、10/20:Φ9.0_、11/3:Φ9.0_、11/11:Φ9.0_、11/20:Φ9.0_、11/23:Φ9.0_、2020.4/1:φ9.0_、4/12:φ9.0_、4/24:φ9.0_、5/1:未測定、5/3:未測定、5/4:未測定
posted by kusabanakan at 17:45| ブナ日記

マツブサ日記(20)自生地芽吹く(2020.5.4)

2018年4月3日にマツブサの種を撒き、その後の成長日記です。ただし、2年経った現在でも芽は出てきておらず、本来目的としていた成長記録の更新はできていません。その代わりに自生地のマツブサ観察を気まぐれに行って、紹介します。

さて、本日、自生地のマツブサを観察に行ったところ、芽吹きが始まっていました。
ちょうど去年(2019)の同じ日にも観察に行っていますが、おおよそ同じくらいの成長ぶりでした。

【自生地のマツブサ】

2か所で芽吹きが確認できました。
下の写真は、去年、そして一昨日から観察を続けている個体です。芽吹いた葉っぱがたくさん出ていました。

20200504jisei-matsubusa01.jpg
2020年5月4日 軽井沢 自生地のマツブサ 

下の写真は去年のちょうど同じ日に観察した時の撮影。
今年とほぼ同じような状態です。去年は花がほとんど咲きませんでしたが、今年はどうでしょうか?
通常であれば7月に入ってからの開花です。

20190504jisei-matsubusa02.jpg
2019年5月4日 軽井沢 マツブサの芽吹き

(下写真)違う場所に自生していたマツブサです。こちらもたくさん芽吹いていました。

20200504jisei-matsubusa02.jpg
2020年5月4日 軽井沢 自生地のマツブサ

つづく
posted by kusabanakan at 17:13| マツブサ日記

2020年05月03日

2020(9)ユウスゲ気温高く成長進む、最大280_(5/3)

4月28日以来、5日ぶりのユウスゲ日記、現在のユウスゲ苗の状態です。
4月の終わりころまでは気温が低く、4月の平均気温は5.0度と、1997年以降で(2010年と同じで)最も低くなりました。
そして、4月末から急激に気温が上がっています。一日の最高気温は4月29日に今年初めて20度台(20.1度)を記録し、30日:18.1度、5/1:23.9度、5/2:29.1度、そして本日5/3は25.1度となり、2日続けて夏日となりました。乾燥しているものの、日照時間もたっぷりで、ユウスゲの苗も成長の勢いが増しています。

地植え、プランター2年目、プランター12年目、鉢植え12年目のユウスゲの草丈を測定しました。以下、詳細です。

【ユウスゲ プランター2年目(2019年5月2日種まき分)】

一番大きなもので草丈105_でした。4/28に測定したときは65_だったので、この5日間で40_伸びました。

20200503yusuge_planter_2y_20190502_01.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ 2年目(2019年5月2日種まき) 芽の数:59

20200428yusuge_planter_2y_20190502_01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 2年目(2019年5月2日種まき)

また、芽の数を数えてみると、59ありました。
去年種まきしたときに86粒を撒いているので、発芽率68.6%。
昨年でた芽の数が67だったので、まだその数に達していませんが、まずまずなのではないでしょうか?
下の表は、去年種まきした4つのプランターの発芽を記録したものです。

【表:ユウスゲの種まきしてから発芽率の推移 2019~2020】
2020年ユウスゲ発芽経過0503re.jpg

【ユウスゲ プランター12年目】

一番大きなもので草丈280_でした。4/28に測定したときは175_だったので、この5日間で105_も伸びました。一日当たり20_以上伸びていることになり、すごい成長ぶりです。
現在、軽井沢草花館内で育てているユウスゲで最も草丈の高い苗となりました。

20200503yusuge_planter_12y.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ 12年目(草丈280_)

下の写真は前回(4/28)撮影したもので、この時は草丈の最大が175_でした。

20200428yusuge_planter_12y.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 12年目(草丈175_)

下の写真は前回(4/22)撮影したもので、この時は草丈の最大が118_でした。

20200422yusuge_planter_12y.jpg
2020年4月22日 軽井沢草花館 ユウスゲ 12年目(草丈118_)

【ユウスゲ 鉢植え12年目】

一番大きなもので草丈260_でした。4/28に測定したときは175_だったので、この5日間で85_伸びました。
現在、プランター12年目の苗に次いで2番目に大きな苗です。

20200503yusuge_pot_12y_01.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え 12年目(草丈260_)

下の写真は前回(4/28)撮影したもので、この時は草丈の最大が175_でした。

20200428yusuge_pot_12y_01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え 12年目(草丈175_)

【ユウスゲ 地植え】

一番大きなもので草丈195_でした。4/28に測定したときは110_だったので、この5日間で85_伸びました。

20200503yusuge_jiue01.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 地植え ユウスゲの芽 その1(草丈195_)

下の写真は、前回(4/28)に撮影したものです。

20200428yusuge_jiue01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 地植え ユウスゲの芽 その1(草丈110_)

下の写真は、その他の地植えのユウスゲです。この5日ほどで、数えきれないほどたくさんの芽が出てきています。草丈15a以内の苗がほとんどですが、順調に育っているようです。

20200503yusuge_jiue02.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 地植え ユウスゲの芽(その2)

続きを読む
posted by kusabanakan at 21:04| ゆうすげ日記

ブナ日記(144)実生から鉢植えで7年目、芽吹き始めました!(5/3)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

【ブナ 崇(すう)さん 実生7年目】

本日(5/3)、鉢植えで7年目をむかえたブナの崇さんが芽吹きを始めました!
ここ何年かは状態が芳しくなく、特に昨年は非常に悪い状態だっただけに、この喜びは格別です。
でも、まだ安心はできません。しっかりと観察を続けます。

20200503buna_su_7y_03.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 芽吹きを始めました

以下、詳細です。

(下写真)樹高は前回(5/1)の時と変わらず14.5aでした。

20200503buna_su_7y_01.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目

次に昨年から測定を続けている冬芽の大きさです。

(下写真)冬芽の長さは19.0_。前回(5/1)の15.5_から2日で3.5_伸びました。この冬芽はまだ芽吹いていませんが、その他一部の冬芽が芽吹きを始めました(矢印の冬芽)。

20200503buna_su_7y_02.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝の節についた冬芽(長さ19.0_)

下の写真は前回5/1に撮影したものです。

20200501buna_su_7y_02.jpg
2020年5月1日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝の節についた冬芽(長さ15.5_)

ちなみに、このブナの崇さんのこの時期の冬芽の大きさを過去5年で比べてみると、下のようになります。

3年目:2016.4.23 25_(4/29芽吹きはじめ)
4年目:2017.4.26 22_(5/1芽吹きはじめ)
5年目:2018.4.23 12_(5/10芽吹き始め)
6年目:2019.5.5 13_(5/11芽吹き始め)
7年目:2020.5.3 19.0_(他の冬芽が芽吹き始め)

去年(2018)、一昨年(2019)は冬芽がまだ小さい時期に芽吹き始めていますが、今年は20_前後の大きさになってから芽吹き始めそうです。

※今回、幹の太さは測定しませんでした。

【成長記録】

【樹高】2020年5月1日から5月3日までの間、崇さんの樹高に変化はありませんでした。

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_、9/10:320_、9/17:320_、9/24:320_、10/1:320_、10/8:320_、10/15:320_、10/22:320_、10/29:320_、11/5:320_、11/12:320_、2019.4/1:350_、5/5:350_、5/11:350_、5/15:350_、5/25:350_、5/31(幹剪定):140_、6/12:140_、6/27:145_、7/5:145_、7/18:145_、7/30:145_、8/12:145_、8/26:145_、9/8:145_、9/22:145_、10/6:145_、10/20:145_、11/3:145_、11/11:145_、11/20:145_、11/23:145_、2020.4/1:145_、2020.4/12:145_、4/24:145_、5/1:145_、5/3:145_

【冬芽】2020年5月1日から5月3日までの間に冬芽の長さが3.5_伸びました。

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_、9/10:9.5_、9/17:10.5_、9/24:11.5_、10/1:12.5_、10/8:13.0_、10/15:13.0_、10/22:13.0_、10/29:13.0_、11/5:13.0_、11/12:13.0_、2019.4/1:13.0_、5/5:13.0_、5/11:13.0_(ほかの芽吹き始まる)、5/15:13.0_(ほかの若葉広がる)、5/25:13.0_、5/31(芽吹く前に枝剪定):13.0_、7/5:1.0_、7/18:2.5_、7/30:3.5_、8/12:4.0_、8/26:4.5_、9/8:6.5_、9/22:8.0_、10/6:10.0_、10/20:10.0_、11/3:10.5_、11/11:10.5_、11/20:10.5_、11/23:10.5_、2020.4/1:10.5_、4/12:10.5_、4/24:12.0_、5/1:15.5_、5/3:19.0_(他の冬芽芽吹く)

【幹直径】2020年5月1日から5月3日までの間、幹直径の測定は行いませんでした。

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_、9/10:Φ9.0_、9/17:Φ9.0_、9/24:Φ9.0_、10/1:Φ9.0_、10/8:Φ9.0_、10/15:Φ9.0_、10/22:Φ9.0_、10/29:Φ9.0_、11/5:Φ9.0_、11/12:Φ9.0_、2019.4/1:Φ9.0_、5/5:Φ9.0_、5/11:Φ9.0_、5/25:Φ9.0_、5/31:Φ9.0_、6/12:Φ9.0_、6/27:Φ9.0_、7/5:Φ9.0_、7/18:Φ9.0_、7/30:Φ9.0_、8/12:Φ9.0_、8/26:Φ9.0_、9/8:Φ9.0_、9/22:Φ9.0_、10/6:Φ9.0_、10/20:Φ9.0_、11/3:Φ9.0_、11/11:Φ9.0_、11/20:Φ9.0_、11/23:Φ9.0_、2020.4/1:φ9.0_、4/12:φ9.0_、4/24:φ9.0_、5/1:未測定、5/3:未測定

posted by kusabanakan at 17:56| ブナ日記

イヌブナ日記(197)実生から9年目、安さんに続いて檀さんも芽吹き(5/3)

(2012年5月に種から発芽した実生から9年目のイヌブナ成長日記です)

イヌブナ日記、2日連続の投稿です。
昨日、イヌブナ檀さんが芽吹きを始めたばかりですが、本日、相方の安さんが芽吹きを始めました。
これで、現在2つある鉢、安さん、檀さん共に芽吹きました!

4月終盤から気温が急上昇して、芽吹きもあっという間の出来事のようです。

20200503inubuna9y_an_04-0940.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 昨日の檀さんに続き芽吹きを始める

以下、安さん(実生9年目)、檀さん(実生9年目)の順に観察記録です。

【イヌブナ安さん(実生9年目)】

(下写真)冬芽の一部ですが、安さんの芽吹きが始まりました。

20200503inubuna9y_an_05-1316.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん

樹高の高さは78a、幅は約136aで、昨日より樹高が1a低くなり、幅が1a広がりました。
芽が膨らんで、芽吹きも始まり、重さで枝がたわんだと思われます。

20200503inubuna9y_an_01.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:約78a 巾:約136a

下写真は昨日(5/2)撮影です。葉っぱがほぼ落ち切りましたが、芽の重さで枝がたわんだようです。

20200502inubuna9y_an_01.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:約79a 巾:約135a

次に芽吹き始めた冬芽の状態です。
(下写真)昨年(2019)から観察を続けている冬芽も芽吹き始めました。
冬芽の長さが43.0_で、昨日(5/2)の36.0_から一日で7_も伸びていました。

20200503inubuna9y_an_03-0933.jpg
2020年5月3日 朝9:30 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 枝の最上部の冬芽

(下写真)今日の朝7時に撮影したものです。長さは測定しませんでしたが、芽の先端から緑色の葉が見えて、芽吹き始めたところです。この2時間半後に撮影したのが上の写真です。あっという間に芽吹きが進みました。

20200503inubuna9y_an_02-0659.jpg
2020年5月3日 朝7:00 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 枝の最上部の冬芽

(下写真)昨日の状態です。

20200502inubuna9y_an_02.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 枝の最上部の冬芽

本日、幹の直径の測定は行いませんでした。

【イヌブナ檀さん(実生9年目)】

安さんより一日早く芽吹きを始めた檀さん。
今日は若葉が広がって、新緑の姿に変身していました。

20200503inubuna9y_dan_02.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん

(下写真)眩いばかりに淡く美しい葉っぱ。ふわふわの質感が特徴で、特に葉っぱの裏側が産毛に覆われていてソフトです。
今が一番きれいな状態で、今後、時間の経過とともに硬くなっていき、中には虫に食われたり、卵を産まれたり、虫こぶが出来たりしながら成長を続けていきます。

20200503inubuna9y_dan_03.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん

以下は、いつもの測定結果です。
樹高の高さは39a、幅は約69aとなりました。
昨日(5/3)に比べて、樹高が38a→39aで1aアップ、幅は65a→69aで4aアップ。
わずか1日ですが、成長が早く、生命力を感じます。

20200503inubuna9y_dan_01.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 樹高:約39a 巾:約69a

(下写真)芽吹き始めた昨日の状態です。まだ芽吹きも一部の冬芽からしかされていませんでした。

20200502inubuna9y_dan_01.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 樹高:約38a 巾:約65a

(下写真)再び本日撮影の写真です。芽吹きが始まり、枝の先端が伸び始めました。これによって樹高が高くなり、全体の幅が広がりました。

20200503inubuna9y_dan_04.jpg
2020年5月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん

幹直径の測定は行いませんでした。

【成長記録】

樹高:2020年5月2日から2020年5月3日の間に、安さんの樹高が1a低くなり、檀さんの樹高は1a高くなりました。芽吹きを始めて、重さが増え、枝がたわんで樹高が低くなった安さん。枝の先端が伸びて、樹高が高くなり、全体の幅が広くなった檀さん。

A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a、8/5:62a、8/12:62a、8/19:62a、8/26:62a、9/2:60a(雨粒の重みで枝がたわむ)、9/9:62a、9/16:62a、9/23:63a、9/30:61a(雨の影響)、10/7:64a、10/14:64a、10/21:64a、10/28:64a、11/4:66a、11/11:66a、2019年4/1:80a、5/1:84a、5/5:82a、5/11:72a、5/22:67a、6/6:67a、6/17:69a、7/1:71a、7/15:71a、7/28:73a、8/11:73a、8/25:73a、9/7:73a、9/21:73a、10/5:73a、10/19:73a、11/2:76a、11/23:76a、2020年4/1:76a、4/12:76a、4/24:80a、4/30:80a、5/2:79a、5/3:78a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a、8/5:27a、8/12:27a、8/19:27a、8/26:27a、9/2:27a、9/9:27a、9/16:28a、9/23:27a、9/30:26.5a(雨の影響)、10/7:27a、10/14:27a、10/21:27a、10/28:27a、11/4:27a、11/11:27a、2019年4/1:30a、5/1、30a、5/5:30a、5/11:28a、5/22:28a、6/6:30a、6/17:32a、7/1:32a、7/15:32a、7/28:35a、8/11:36a、8/25:36a,9/7:36a、9/21:36a、10/5:36a、10/19:36a、11/2:36a、2020年4/1:36a、4/12:36a、4/24:38a、4/30:38a、5/2:38a、5/3:39a

冬芽:一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。2020年5月2日から2020年5月3日の間に、安さんの冬芽が43_まで伸びて芽吹きをはじめました。檀さんはすでに昨日芽吹き済。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる、8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_、9/9:15_、9/16:15.5_、9/23:15.5_、9/30:16.5_、10/7:16.5_、10/14:16.5_、10/21:16.5_、10/28:16.5_、11/4:16.5_、11/11:16.5_、2019年4/1:16.5_、5/1:25_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:5_、8/11:7_、8/25:9.5_、9/7:12.0_、9/21:15.5_、10/5:17.0_、10/19:18.0_、11/2:18.0_、11/23:18.0_、2020年4/1:18.0_、4/12:19.0_、4/24:22_、4/30:29_、5/2:36_、5/3:43_で芽吹き始まる

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる、8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_、9/9:20_、9/16:20.5_、9/23:22.0_、9/30:23_、10/7:23_、10/14:23_、10/21:23_、10/28:23_、11/4:23_、11/11:23_、2019年4/1:23_、5/1:60_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:6_、8/11:8_、8/25:11.0_、9/7:12.5_、9/21:15.5_、10/5:16.0_、10/19:17.5_、11/2:17.5_、11/23:17.5_、2020年4/1:17.5_、4/12:19.0_、4/24:23_、4/30:36_、5/2:芽吹き始まる

幹サイズ(直径):2020年5月3日、測定を行いませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)、13.5_(8/5)、13.5_(8/12)、13.5_(8/19)、13.5_(8/26)、13.5_(9/2)、13.5(9/9)、13.5_(9/16)、13.5_(9/23)、13.5_(9/30)、13.5_(10/7)、13.5_(10/14)、13.5_(10/21)、13.5_(10/28)、13.5_(11/4)、13.5_(11/11)、13.5_(2019年4/1)、13.5_(5/5)、13.5_(5/11)、13.5_(5/22)、13.5_(6/6)、13.5_(6/17)、14.0_(7/1)、14.0_(7/15)、14.5_(7/28)、14.5_(8/11)、14.5_(8/25)、14.5_(9/7)、14.5_(9/21)、14.5_(10/5)、14.5_(10/19)、14.5_(11/2)、14.5_(11/23)、14.5_(2020年4/1)、14.5_(4/12)、14.5_(4/24)、14.5_(4/30)、14.5_(5/2)、未測定(5/3)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)、10.5(8/5)、10.5_(8/12)、10.5_(8/19)、10.5_(8/26)、10.5_(9/2)、11.0_→10.5_に訂正(9/9)、10.5_(9/16)、10.5_(9/23)、10.5_(9/30)、10.5_(10/7)、10.5_(10/14)、10.5_(10/21)、10.5_(10/28)、10.5_(11/4)、10.5_(11/11)、10.5_(2019年4/1)、10.5_(5/5)、10.5_(5/11)、10.5_(5/22)、10.5_(6/6)、11.0_(6/17)、11.0_(7/1)、11.0_(7/15)、11.5_(7/28)、11.5_(8/11)、11.5_(8/25)、11.5_(9/7)、11.5_(9/21)、11.5_(10/5)、11.5_(10/19)、11.5_(11/2)、11.5_(11/23)、11.5_(2020年4/1)、11.5_(4/12)、11.5_(4/24)、11.5_(4/30)、11.5_(5/2)、未測定(5/3)

以上
posted by kusabanakan at 17:25| イヌブナ日記

2020年05月02日

イヌブナ日記(196)鉢植え9年目の芽吹きが始まりました(5/2)

(2012年5月に種から発芽した実生から9年目のイヌブナ成長日記です)

イヌブナ日記、前回4/30から2日ぶりの更新です。
夏のような暖かな日が続き、イヌブナ檀さんが芽吹き始めました。

20200502inubuna9y_dan_05.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 芽吹きを始める

安さんもこの2日で冬芽が大きく成長していて、檀さんに続いて近日中に芽吹きを始めそうです。
以下、安さん(実生9年目)、檀さん(実生9年目)の順に観察記録です。

【イヌブナ安さん(実生9年目)】

樹高の高さは79a、幅は約135aで、前回から樹高が1a低くなっていました。
芽吹き前ですが、冬芽がだいぶ膨らんできたので、重さで枝がたわんだ可能性があります。

20200502inubuna9y_an_01.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:約79a 巾:約135a

下写真は前回(4/30)撮影です。見た目には変化が感じられませんが、樹高が1a低くなっていました。

20200430inubuna9y_an_01.jpg
2020年4月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:約80a 巾:約135a

次に冬芽の大きさです。
前回(4/30)測定したときの冬芽の長さは29.0_でしたが、今回(5/2)36.0_になっていました。
2日間で7_も成長していて、今にも芽吹き始めそうです。

20200502inubuna9y_an_02.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 枝の最上部の冬芽

20200430inubuna9y_an_02.jpg
2020年4月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 枝の最上部の冬芽

幹の直径は14.5_で、昨年(2019)から変化がありません(下写真)。

20200502inubuna9y_an_03.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 幹直径14.5_

【イヌブナ檀さん(実生9年目)】

檀さんが(安さんより早く)芽吹きを始めました!

20200502inubuna9y_dan_04.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん

檀さんの過去5年間の芽吹きは以下のようです。今年も順調に芽吹いてくれました。

2016年4月29日
2017年5月1日
2018年4月28日
2019年5月5日
2020年5月2日

以下は、いつもの測定結果です。
樹高の高さは38a、幅は約65aで、前回(4/30)から変化ありません。

20200502inubuna9y_dan_01.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 樹高:約38a 巾:約65a

下の写真が芽吹きを始めた檀さんの若葉です。芽吹いたのは幹の上部の枝に付いた冬芽です。

20200502inubuna9y_dan_06.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 芽吹いた葉

幹の直径は14.5_で、昨年(2019)から変化がありません(下写真)。

20200502inubuna9y_dan_03.jpg
2020年5月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 幹直径11.5_

【成長記録】

樹高:2020年4月30日から2020年5月2日の間に、安さんのみ樹高が1a低くなりました。冬芽が大きくなり、重みで枝がたわんだからだと思います。檀さんの樹高に変化はありませんでした。

A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a、8/5:62a、8/12:62a、8/19:62a、8/26:62a、9/2:60a(雨粒の重みで枝がたわむ)、9/9:62a、9/16:62a、9/23:63a、9/30:61a(雨の影響)、10/7:64a、10/14:64a、10/21:64a、10/28:64a、11/4:66a、11/11:66a、2019年4/1:80a、5/1:84a、5/5:82a、5/11:72a、5/22:67a、6/6:67a、6/17:69a、7/1:71a、7/15:71a、7/28:73a、8/11:73a、8/25:73a、9/7:73a、9/21:73a、10/5:73a、10/19:73a、11/2:76a、11/23:76a、2020年4/1:76a、4/12:76a、4/24:80a、4/30:80a、5/2:79a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a、8/5:27a、8/12:27a、8/19:27a、8/26:27a、9/2:27a、9/9:27a、9/16:28a、9/23:27a、9/30:26.5a(雨の影響)、10/7:27a、10/14:27a、10/21:27a、10/28:27a、11/4:27a、11/11:27a、2019年4/1:30a、5/1、30a、5/5:30a、5/11:28a、5/22:28a、6/6:30a、6/17:32a、7/1:32a、7/15:32a、7/28:35a、8/11:36a、8/25:36a,9/7:36a、9/21:36a、10/5:36a、10/19:36a、11/2:36a、2020年4/1:36a、4/12:36a、4/24:38a、4/30:38a、5/2:38a

冬芽:一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。2020年4月30日から2020年5月2日の間に、安さんは冬芽が大きく成長し、檀さんは芽吹きを始めました。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる、8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_、9/9:15_、9/16:15.5_、9/23:15.5_、9/30:16.5_、10/7:16.5_、10/14:16.5_、10/21:16.5_、10/28:16.5_、11/4:16.5_、11/11:16.5_、2019年4/1:16.5_、5/1:25_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:5_、8/11:7_、8/25:9.5_、9/7:12.0_、9/21:15.5_、10/5:17.0_、10/19:18.0_、11/2:18.0_、11/23:18.0_、2020年4/1:18.0_、4/12:19.0_、4/24:22_、4/30:29_、5/2:36_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる、8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_、9/9:20_、9/16:20.5_、9/23:22.0_、9/30:23_、10/7:23_、10/14:23_、10/21:23_、10/28:23_、11/4:23_、11/11:23_、2019年4/1:23_、5/1:60_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:6_、8/11:8_、8/25:11.0_、9/7:12.5_、9/21:15.5_、10/5:16.0_、10/19:17.5_、11/2:17.5_、11/23:17.5_、2020年4/1:17.5_、4/12:19.0_、4/24:23_、4/30:36_、5/2:芽吹き始まる

幹サイズ(直径):2020年4月30日から2020年5月2日の間に、安さん、檀さん共に幹のサイズに変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)、13.5_(8/5)、13.5_(8/12)、13.5_(8/19)、13.5_(8/26)、13.5_(9/2)、13.5(9/9)、13.5_(9/16)、13.5_(9/23)、13.5_(9/30)、13.5_(10/7)、13.5_(10/14)、13.5_(10/21)、13.5_(10/28)、13.5_(11/4)、13.5_(11/11)、13.5_(2019年4/1)、13.5_(5/5)、13.5_(5/11)、13.5_(5/22)、13.5_(6/6)、13.5_(6/17)、14.0_(7/1)、14.0_(7/15)、14.5_(7/28)、14.5_(8/11)、14.5_(8/25)、14.5_(9/7)、14.5_(9/21)、14.5_(10/5)、14.5_(10/19)、14.5_(11/2)、14.5_(11/23)、14.5_(2020年4/1)、14.5_(4/12)、14.5_(4/24)、14.5_(4/30)、14.5_(5/2)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)、10.5(8/5)、10.5_(8/12)、10.5_(8/19)、10.5_(8/26)、10.5_(9/2)、11.0_→10.5_に訂正(9/9)、10.5_(9/16)、10.5_(9/23)、10.5_(9/30)、10.5_(10/7)、10.5_(10/14)、10.5_(10/21)、10.5_(10/28)、10.5_(11/4)、10.5_(11/11)、10.5_(2019年4/1)、10.5_(5/5)、10.5_(5/11)、10.5_(5/22)、10.5_(6/6)、11.0_(6/17)、11.0_(7/1)、11.0_(7/15)、11.5_(7/28)、11.5_(8/11)、11.5_(8/25)、11.5_(9/7)、11.5_(9/21)、11.5_(10/5)、11.5_(10/19)、11.5_(11/2)、11.5_(11/23)、11.5_(2020年4/1)、11.5_(4/12)、11.5_(4/24)、11.5_(4/30)、11.5_(5/2)

以上
posted by kusabanakan at 13:20| イヌブナ日記

2020年05月01日

ブナ日記(143)初夏のような陽気、冬芽も急成長(5/1)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

【ブナ 崇(すう)さん 実生7年目】

今年になって復活の兆しを見せているブナの崇さん。
前回(4/24)、冬芽の成長を確認したところですが、今回は前回以上の成長を確認しました。

平均気温5.0度(平年値6.8度)で気温の低い4月となりましたが、4月29日に最高気温が今年初め20度台(20.1℃)を記録し、30日18.1℃、そして本日5月1日は23.9℃まで気温が上がり、7月上旬並みの暑さとなりました。4月終盤から気温が急上昇し、冬から春を通り越して夏になってしまったような気分です。ブナの崇さんも、気温の上昇とともに、成長が活発になってきたようです。
以下、詳細です。

(下写真)樹高は前回(4/24)の時と変わらず14.5aでした。

20200501buna_su_7y_01.jpg
2020年5月1日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目

次に冬芽の大きさです。

(下写真)冬芽の長さは15.5_。前回(4/24)の12.0_から1週間で3.5_伸びました。

20200501buna_su_7y_02.jpg
2020年5月1日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝の節についた冬芽(長さ15.5_)

下の写真は前回4/24に撮影したものです。
今年(2020年)に入ってからの冬芽の成長は4月12日:10.5_、4月24日:12.0_、5月1日:15.5_となっていて、成長のスピードが加速してきました。

20200424buna_su_7y_02.jpg
2020年4月24日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝の節についた冬芽(長さ12.0_)

下の写真は前回4/12に撮影したものです。この時は昨年秋に測定したときからの変化がなく、とても心配しました。

20200412buna_su_7y_01.jpg
2020年4月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝の節についた冬芽(長さ10.5_)

ちなみに、このブナの崇さんのこの時期の冬芽の大きさを過去5年で比べてみると、下のようになります。

3年目:2016.4.23 25_(4/29芽吹きはじめ)
4年目:2017.4.26 22_(5/1芽吹きはじめ)
5年目:2018.4.23 12_(5/10芽吹き始め)
6年目:2019.5.5 13_(5/11芽吹き始め)
7年目:2020.5.1 15.5_( ? )

現在(5/1)冬芽の長さは15.5_です。直近の過去2年は12~13_までにしか成長していなかったので、状態が回復しているようで、うれしいです。

※今回、幹の太さは測定しませんでした。

【成長記録】

【樹高】2020年4月24日から5月1日までの間、崇さんの樹高に変化はありませんでした。

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_、9/10:320_、9/17:320_、9/24:320_、10/1:320_、10/8:320_、10/15:320_、10/22:320_、10/29:320_、11/5:320_、11/12:320_、2019.4/1:350_、5/5:350_、5/11:350_、5/15:350_、5/25:350_、5/31(幹剪定):140_、6/12:140_、6/27:145_、7/5:145_、7/18:145_、7/30:145_、8/12:145_、8/26:145_、9/8:145_、9/22:145_、10/6:145_、10/20:145_、11/3:145_、11/11:145_、11/20:145_、11/23:145_、2020.4/1:145_、2020.4/12:145_、4/24:145_、5/1:145_

【冬芽】2020年4月24日から5月1日までの間に冬芽の長さが3.5_伸びました。

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_、9/10:9.5_、9/17:10.5_、9/24:11.5_、10/1:12.5_、10/8:13.0_、10/15:13.0_、10/22:13.0_、10/29:13.0_、11/5:13.0_、11/12:13.0_、2019.4/1:13.0_、5/5:13.0_、5/11:13.0_(ほかの芽吹き始まる)、5/15:13.0_(ほかの若葉広がる)、5/25:13.0_、5/31(芽吹く前に枝剪定):13.0_、7/5:1.0_、7/18:2.5_、7/30:3.5_、8/12:4.0_、8/26:4.5_、9/8:6.5_、9/22:8.0_、10/6:10.0_、10/20:10.0_、11/3:10.5_、11/11:10.5_、11/20:10.5_、11/23:10.5_、2020.4/1:10.5_、4/12:10.5_、4/24:12.0_、5/1:15.5_

【幹直径】2020年4月24日から5月1日までの間、幹直径の測定は行いませんでした。

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_、9/10:Φ9.0_、9/17:Φ9.0_、9/24:Φ9.0_、10/1:Φ9.0_、10/8:Φ9.0_、10/15:Φ9.0_、10/22:Φ9.0_、10/29:Φ9.0_、11/5:Φ9.0_、11/12:Φ9.0_、2019.4/1:Φ9.0_、5/5:Φ9.0_、5/11:Φ9.0_、5/25:Φ9.0_、5/31:Φ9.0_、6/12:Φ9.0_、6/27:Φ9.0_、7/5:Φ9.0_、7/18:Φ9.0_、7/30:Φ9.0_、8/12:Φ9.0_、8/26:Φ9.0_、9/8:Φ9.0_、9/22:Φ9.0_、10/6:Φ9.0_、10/20:Φ9.0_、11/3:Φ9.0_、11/11:Φ9.0_、11/20:Φ9.0_、11/23:Φ9.0_、2020.4/1:φ9.0_、4/12:φ9.0_、4/24:φ9.0_、5/1:未測定
posted by kusabanakan at 21:26| ブナ日記

2020年04月30日

イヌブナ日記(195) 冬芽膨らみ芽吹き近し(4/30)

(2012年5月に種から発芽した実生から9年目のイヌブナ成長日記です)

イヌブナ日記、前回4/24から6日ぶりの更新です。

昨日今日と、20度前後まで気温が上がり、初夏のような陽気となりました。
この暖かさに反応したのか、冬芽が一気に膨らんできました。
芽吹きがすぐ先に迫っているようです。

以下、安さん(実生9年目)、檀さん(実生9年目)の順に観察記録です。

【イヌブナ安さん(実生9年目)】

樹高の高さは80a、幅は約135aで、前回から変化ありません。

20200430inubuna9y_an_01.jpg
2020年4月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:約80a 巾:約135a

下写真は前回(4/24)撮影です。樹高に変化はありませんでしたが、この6日間で去年の枯れ葉がだいぶ落ちました。

20200424inubuna9y_an_01.jpg
2020年4月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:約80a 巾:約135a

次に冬芽の大きさです。
前回(4/24)測定したときの冬芽の長さは22.0_でしたが、今回(4/30)29.0_になっていました。
わずか6日間で7_も成長しました。

20200430inubuna9y_an_02.jpg
2020年4月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 枝の最上部の冬芽

20200424inubuna9y_an_02.jpg
2020年4月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 枝の最上部の冬芽

幹回りの写真は割愛しますが、幹の直径に変化はありませんでした。

【イヌブナ檀さん(実生9年目)】

樹高の高さは38a、幅は約65aで、前回(4/24)から変化ありません。

20200430inubuna9y_dan_01.jpg
2020年4月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 樹高:約38a 巾:約65a

下写真は前回(4/24)撮影です。安さん同様、樹高に変化はありませんでしたが、この6日間で去年の枯れ葉がだいぶ落ちました。

20200424inubuna9y_dan_01.jpg
2020年4月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 樹高:約38a 巾:約65a

イヌブナ檀さんの冬芽は前回(4/24)の23.0_から36.0_へ、なんと13_も伸びていました。
この6日間で13_も長くなったことになり、安さんをはるかにしのぐ成長を見せました。芽吹きが近づいてきました。

20200430inubuna9y_dan_02.jpg
2020年4月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 枝の最上部の冬芽

20200424inubuna9y_dan_02.jpg
2020年4月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 枝の最上部の冬芽

安さん同様、幹回りの写真は割愛しますが、幹の直径に変化はありませんでした。

【成長記録】

樹高:2020年4月24日から2020年4月30日の間に、安さん、檀さん共に変化がありませんでした。

A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a、8/5:62a、8/12:62a、8/19:62a、8/26:62a、9/2:60a(雨粒の重みで枝がたわむ)、9/9:62a、9/16:62a、9/23:63a、9/30:61a(雨の影響)、10/7:64a、10/14:64a、10/21:64a、10/28:64a、11/4:66a、11/11:66a、2019年4/1:80a、5/1:84a、5/5:82a、5/11:72a、5/22:67a、6/6:67a、6/17:69a、7/1:71a、7/15:71a、7/28:73a、8/11:73a、8/25:73a、9/7:73a、9/21:73a、10/5:73a、10/19:73a、11/2:76a、11/23:76a、2020年4/1:76a、4/12:76a、4/24:80a、4/30:80a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a、8/5:27a、8/12:27a、8/19:27a、8/26:27a、9/2:27a、9/9:27a、9/16:28a、9/23:27a、9/30:26.5a(雨の影響)、10/7:27a、10/14:27a、10/21:27a、10/28:27a、11/4:27a、11/11:27a、2019年4/1:30a、5/1、30a、5/5:30a、5/11:28a、5/22:28a、6/6:30a、6/17:32a、7/1:32a、7/15:32a、7/28:35a、8/11:36a、8/25:36a,9/7:36a、9/21:36a、10/5:36a、10/19:36a、11/2:36a、2020年4/1:36a、4/12:36a、4/24:38a、4/30:38a

冬芽:一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。2020年4月24日から2020年4月30日の間に、安さん、檀さん共に冬芽が大きく伸びているのを確認しました。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる、8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_、9/9:15_、9/16:15.5_、9/23:15.5_、9/30:16.5_、10/7:16.5_、10/14:16.5_、10/21:16.5_、10/28:16.5_、11/4:16.5_、11/11:16.5_、2019年4/1:16.5_、5/1:25_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:5_、8/11:7_、8/25:9.5_、9/7:12.0_、9/21:15.5_、10/5:17.0_、10/19:18.0_、11/2:18.0_、11/23:18.0_、2020年4/1:18.0_、4/12:19.0_、4/24:22_、4/30:29_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる、8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_、9/9:20_、9/16:20.5_、9/23:22.0_、9/30:23_、10/7:23_、10/14:23_、10/21:23_、10/28:23_、11/4:23_、11/11:23_、2019年4/1:23_、5/1:60_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:6_、8/11:8_、8/25:11.0_、9/7:12.5_、9/21:15.5_、10/5:16.0_、10/19:17.5_、11/2:17.5_、11/23:17.5_、2020年4/1:17.5_、4/12:19.0_、4/24:23_、4/30:36_

幹サイズ(直径):2020年4月12日から2020年4月24日の間に、安さん、檀さん共に幹のサイズに変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)、13.5_(8/5)、13.5_(8/12)、13.5_(8/19)、13.5_(8/26)、13.5_(9/2)、13.5(9/9)、13.5_(9/16)、13.5_(9/23)、13.5_(9/30)、13.5_(10/7)、13.5_(10/14)、13.5_(10/21)、13.5_(10/28)、13.5_(11/4)、13.5_(11/11)、13.5_(2019年4/1)、13.5_(5/5)、13.5_(5/11)、13.5_(5/22)、13.5_(6/6)、13.5_(6/17)、14.0_(7/1)、14.0_(7/15)、14.5_(7/28)、14.5_(8/11)、14.5_(8/25)、14.5_(9/7)、14.5_(9/21)、14.5_(10/5)、14.5_(10/19)、14.5_(11/2)、14.5_(11/23)、14.5_(2020年4/1)、14.5_(4/12)、14.5_(4/24)、14.5_(4/30)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)、10.5(8/5)、10.5_(8/12)、10.5_(8/19)、10.5_(8/26)、10.5_(9/2)、11.0_→10.5_に訂正(9/9)、10.5_(9/16)、10.5_(9/23)、10.5_(9/30)、10.5_(10/7)、10.5_(10/14)、10.5_(10/21)、10.5_(10/28)、10.5_(11/4)、10.5_(11/11)、10.5_(2019年4/1)、10.5_(5/5)、10.5_(5/11)、10.5_(5/22)、10.5_(6/6)、11.0_(6/17)、11.0_(7/1)、11.0_(7/15)、11.5_(7/28)、11.5_(8/11)、11.5_(8/25)、11.5_(9/7)、11.5_(9/21)、11.5_(10/5)、11.5_(10/19)、11.5_(11/2)、11.5_(11/23)、11.5_(2020年4/1)、11.5_(4/12)、11.5_(4/24)、11.5_(4/30)

以上
posted by kusabanakan at 21:35| イヌブナ日記

2020年04月29日

15年目にして初めてコブシが咲きました(2020.4.29)

本日、軽井沢草花館の庭のコブシが咲いていました。

20200429museum-kobushi.jpg
2020年4月29日 軽井沢草花館 15年目にして初めて咲いたコブシの花

このコブシは、軽井沢草花館がこの地に移転してきた2006年からあり、今年で15年目をむかえましたが、花が咲いたのは、なんとこれが初めてです!
毎年咲いていなかったので、存在すら忘れかけていましたが、本日、木の上部に4輪ほどの花が開いていたのに気づき、感激しました。去年(2019春)、高くなり過ぎた幹を、高さ5mくらいの所で剪定しました。そうしたことも開花につながったのでしょうか? 開花数は少ないですが、来年、再来年と花の数が増えればよいと思います。

また、クロモジの花も咲き始めています。こちらは毎年この時期に咲いているものです(下写真)。

20200427museum-kuromoji.jpg
2020年4月27日 軽井沢草花館 クロモジの花
posted by kusabanakan at 17:08| 草花館日記

2020年04月28日

2020(8)ユウスゲ芽の状況 草丈最大175_(4/28)

4月28日現在、ユウスゲ苗の状態です。
今年(2020)種まきしたものから、12年目となる鉢植えやプランター、そして地植えしている苗までの草丈を測定しました。
前回(4/22)から6日しか経っていませんが、この間に気温が徐々に上がってきており、順調に成長しているのが確認できました。一番大きな苗の草丈は、鉢植え12年目とプランター12年目の175_。地植えでは110_でした。
去年(2019)の同じ日(4/28)に測定したときは、プランター11年目の苗で、草丈180_、地植えで90_だったので、概ね同じくらいの成長です。
以下、詳細です。

【ユウスゲ プランター1年目】

今年(2020)種まきしたものは、4月22日のプランター×2、そして昨日(4/27)の鉢×2です。まだ、種をまいたばかりなので、発芽はもう少し先ですが、状態のみ載せておきます。

20200428yusuge_pot_A&B_1y_2008seed01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 共に2020年4月27日種まき(共に2008年収穫の種)
 左の茶色の鉢:乾いた種20粒、右の白い鉢:6時間水に浸した種30粒

20200428yusuge_planter_1y_20200422_A01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき 2020年4月22日種まき(2019年採取の種35粒)

20200428yusuge_planter_1y_20200422_B01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき 2020年4月22日種まき(2019年採取の種70粒)

【ユウスゲ プランター2年目(2019年5月2日種まき分)】

2019年に種まきしたプランターは全部で4つあります。

1.2019年5月2日種まき分
一番大きなもので草丈65_でした。4/22に測定したときは54_だったので、この6日間で11_伸びました。

20200428yusuge_planter_2y_20190502_01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 2年目(2019年5月2日種まき)

2.2019年5月10日種まき分
一番大きなもので草丈40_でした。4/22に測定したときは30_だったので、この6日間で10_伸びました。
このプランター内では、左側に2018年収穫の種(50粒)を、右側に2017年収穫の種(16粒)を撒きましたが、去年芽を出したのは2018年に収穫した種だけとなりました。今年も現時点で2018年収穫の種からしか芽が出ていません。

20200428yusuge_planter_2y_20190510_01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 2年目(2019年5月10日種まき)

3.2019年5月13日種まき分
一番大きなもので草丈50_でした。

20200428yusuge_planter_2y_20190513_01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 2年目(2019年5月13日種まき)

4.2019年5月14日種まき分
一番大きなもので草丈50_でした。

20200428yusuge_planter_2y_20190514_01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 2年目(2019年5月14日種まき)

【ユウスゲ プランター4年目(2017年5月4日種まき分)】
一番大きなもので草丈85_でした。4/22に測定したときは78_だったので、この6日間で7_伸びました。

20200428yusuge_planter_4y_20170504_01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 4年目(2017年5月4日種まき)

【ユウスゲ プランター5年目(2017年4月12日種まき分)】
一番大きなもので草丈50_でした。4/22に測定したときは30_だったので、この6日間で20_伸びました。

20200428yusuge_planter_5y_20160412_01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 5年目(2016年4月12日種まき)

【ユウスゲ プランター6年目】
一番大きなもので草丈115_でした。4/22に測定したときは98_だったので、この6日間で17_伸びました。

20200428yusuge_planter_6y.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 6年目

【ユウスゲ プランター7年目(2014年4月11日種まき分)】
一番大きなもので草丈100_でした。

20200428yusuge_planter_7y_20140411.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 7年目(2014年4月11日種まき)

【ユウスゲ プランター8年目(2013年4月23日種まき分)】
一番大きなもので草丈98_でした。

20200428yusuge_planter_8y_20130423.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 8年目(2013年4月23日種まき)

【ユウスゲ プランター12年目】
一番大きなもので草丈175_でした。4/22に測定したときは118_だったので、この6日間で57_も伸びました。
現在、鉢植え12年目の苗と並んで、最も大きい苗となりました。

20200428yusuge_planter_12y.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 12年目

下の写真は前回(4/22)撮影したもので、この時は草丈の最大が118_でした。

20200422yusuge_planter_12y.jpg
2020年4月22日 軽井沢草花館 ユウスゲ 12年目

【ユウスゲ 鉢植え12年目】

一番大きなもので草丈175_でした。4/22に測定したときは132_だったので、この6日間で43_伸びました。
現在、プランター12年目の苗と並んで一番大きな苗です。

20200428yusuge_pot_12y_01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え 12年目

【ユウスゲ 地植え】
一番大きなもので草丈110_でした。4/22に測定したときは72_だったので、この6日間で38_伸びました。

20200428yusuge_jiue01.jpg
2020年4月28日 軽井沢草花館 地植え ユウスゲの芽
posted by kusabanakan at 14:21| ゆうすげ日記

2020年04月27日

2020(7)ユウスゲ種まき第2弾(12年前の種)(4/27)

5日前(4/22)に、今年最初の種まきをしたところですが、本日2回目の種まきをしました。
今回の種まきは、「特に必要はないけれど、試してみたかった」ことを実行しました。
※ちなみに植物の研究者ではありません。素人の思いつき実験です。

20200427yusuge_pot_A&B_1y_2008seed01.jpg
2020年4月27日 軽井沢草花館 ユウスゲの種まき(2008年収穫の種)

概要は、12年前(2008年)に収穫したユウスゲの種を、2通りの方法で種まきしました。一つは、通常通りに種を植木鉢にまいたもの。もう一つは、種を6時間ほど水にさらしてから植木鉢にまいたもの。この2つの鉢から発芽するかどうか試します。

昨年(2019)、前年に収穫した種と、2年前に収穫した種を同じ条件でまいてみたところ、前年の種は発芽して育ちましたが、2年前に収穫した種からは一つも芽が出ませんでした。そんな予想外の結果が府に落ちず、再度実験したくなったのです。
2年前の種が一つも発芽しなかったのは、種が古かったからという以外の理由があったのではないか? と思ったのです。

結果は、5月中に出そうなので、経過を観察しようと思います。

以下、実験詳細です。

本日まいた種は、2008年に軽井沢草花館で咲いたユウスゲから収穫した50粒です(下写真)。
種は紙の封筒に入れて、小さな段ボールの中で保管していました。

20200427yusuge_seed_2008-01.jpg
2008年秋に収穫したユウスゲの種

中の種は下の写真の通りです。

20200427yusuge_seed_2008-02.jpg
2008年秋に収穫したユウスゲの種

50粒のうち、20粒を一つの植木鉢にまきました(下写真)。

20200427yusuge_potA_1y_2008seed01.jpg
2020年4月27日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2008年収穫分20粒)

上から1aくらい土をかぶせ、たっぷりと水を与えました(下写真)。
毎年、プランターで種まきしているのと同じ方法です。

20200427yusuge_potA_1y_2008seed02.jpg
2020年4月27日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2008年収穫分20粒)

もう一つの鉢には、種を6時間くらい水に浸してからまきました。

20200427yusuge_2008seed_water01.jpg
2020年4月27日 (2008年収穫の)ユウスゲの種を約6時間水に浸した。

20200427yusuge_potB_1y_2008seed01.jpg
2020年4月27日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2008年収穫分 6時間水に浸した種30粒)

こちらの鉢にも、上から1aくらい土をかぶせ、たっぷりと水を与えました(下写真)。

20200427yusuge_potB_1y_2008seed02.jpg
2020年4月27日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2008年収穫分 6時間水に浸した30粒)

【過去のユウスゲ発芽状況】

2012〜2020年までのユウスゲ種まき日と発芽日
==========================
左から年、種をまいた日、発芽した日、発芽にかかった日数
2020年 4月27日、?、?
2020年 4月22日、?、?
2019年 5月2日、6月1日、30日間
2018年 4月15日、5月12日、27日間
2017年 4月14日、5月19日、35日間
2016年 4月12日、5月12日、30日間
2015年 4月14日、5月9日、25日間
2014年 4月11日、5月25日、44日間
2013年 4月23日、5月31日、38日間
2012年 4月18日、5月9日、21日間
==========================
posted by kusabanakan at 21:19| ゆうすげ日記

矢ヶ崎公園オオヤマザクラ(2020.4.27)3分咲き程度、シダレザクラは5分咲き程度

矢ヶ崎公園、北側歩道沿いのオオヤマザクラ。開花状況はが3分咲き程度です。また、大賀ホールの西側から南西にかけて植えられているシダレザクラは4~5分咲き程度の開花です。

これから、一番きれいな状態に変わっていくところですが、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、観光地・軽井沢町でも、G.W.中における不要不急の外出を控えるよう自粛要請がなされています。
そのような観点から、ゴールデンウィーク中のブログ更新は控えることにいたします。一番の見どころを紹介できないのは大変残念ですが、どうぞご理解ください。次回の更新は今後の状況を見ながら判断します。※このブログでは、2013年以降のこの時期のサクラの様子を紹介しています。

以下、本日(4/27)の様子です。

【北側遊歩道沿いのオオヤマザクラ】

(下写真)個体によって、開花状況がまちまちで、すでに7分咲きくらいになっているものから、まだほとんどがつぼみのものまであります。個人的な感想ですが、全体的には3分咲きくらいだろうと思います。

20200427yagasaki-sakura01.jpg
2020年4月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 北側歩道 オオヤマザクラ

(下写真)5分咲きくらいのオオヤマザクラを下から見上げた写真です。

20200427yagasaki-sakura02.jpg
2020年4月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 北側歩道 オオヤマザクラ

20200427yagasaki-sakura03.jpg
2020年4月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 北側歩道 オオヤマザクラ

(下写真)まだほとんどつぼみの状態のものもあります。

20200427yagasaki-sakura04.jpg
2020年4月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 北側歩道 オオヤマザクラ

【シダレザクラ】

(下写真)ここ数日で、開花が進みました。左のシダレザクラは4分咲き程度、右のシダレザクラは5分咲き程度にまで花が開いていました。例年、オオヤマザクラよりも若干遅れて咲いていますが、今年はすこし早いようです。

20200427yagasaki-shidare-sakuraA01.jpg
2020年4月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール西側のシダレザクラ

(下写真)3日前に撮影したものです。

20200421yagasaki-shidare-sakuraA01.jpg
2020年4月24日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール西側のシダレザクラ(咲き始め)

(下写真)大賀ホールの南西に植えられたシダレザクラです。3日前はまだ2分咲き程度でしたが、今日は5分咲きくらいになっていました。

20200421yagasaki-shidare-sakuraB01.jpg
2020年4月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール南側のシダレザクラ(5分程度の咲き具合)

20200427yagasaki-shidare-yaezakura01.jpg
2020年4月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 芝生広場 八重ザクラ(左)と大賀ホール(中央奥)

(下写真)八重ザクラのつぼみは、まだ硬い状態でした。G.W.明けくらいから咲き始めるでしょうか?
公園内では最後に咲く桜です。

20200427yagasaki-shidare-yaezakura02.jpg
2020年4月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 芝生広場 八重ザクラ
posted by kusabanakan at 19:39| オオヤマザクラ

2020年04月26日

緑のカーテン2020(1)チョウセンゴミシとノブドウに芽吹きの兆し(4/26)

2020年、緑のカーテン日記をはじめます。
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で10年目のシーズンをむかえます。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しに可能性を感じています。

さて、いつもの年であれば、すでに軽井沢草花館がオープンしているのですが、今年は新型コロナウィルスの感染が拡大していることから、現在休館中。下の写真の通り、背景に写っているものが例年と違いますが、ご了承ください。

20200426midori01.jpg
2020年4月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

上の写真を見る限り、芽吹きの気配が感じられません。
例年であれば、先陣を切ってウチワドコロが地面から芽を出してくるころですが、今年は4月の気温が低く、まだ出てきていません。現在、(緑のカーテンの植物の中で)芽吹きの兆しが見られるのは、チョウセンゴミシとノブドウです。

(下写真)チョウセンゴミシの芽で、あと数日で葉っぱが開いてきそうです。去年はある程度ネットの上層まで蔓を伸ばしてきましたが、今年はどうなるでしょうか?
本来、去年の蔓をそのまま残しておけばよかったのですが、誤って蔓を切ってしまったので、今年も低い位置からのスタートです。

20200426midori_chosengomishi.jpg
2020年4月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ

(下写真)ノブドウを育てているプランターです。遠目にはまったく枯れ枝にしか見えませんが、蔓の一部で芽吹きの兆しが見られます。

20200426midori_nobudou01.jpg
2020年4月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウ

(下写真)ノブドウの蔓の節の部分に、小さな芽が確認できました。本当に小さなもので、直径にして1_くらいです。

20200426midori_nobudou03.jpg
2020年4月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの芽

まだ4月下旬です。
天気予報では、今月末から気温が一気に高くなりそうなので、5月以降、植物が一斉に芽吹いてくるかもしれません。

つづく

posted by kusabanakan at 17:09| 緑のカーテン