2017年07月12日

2017(28)ユウスゲ今年3輪目開花(7/12)

7月8日、11日に続いて、今年3輪目のユウスゲが咲きましした。
1&2輪目とは違う花茎から出たつぼみが咲いたもの。
花茎の高さは107aと、軽井沢草花館の庭のユウスゲとしては小さな個体ですが、今日咲いた花と合わせて8つのつぼみが付きました。残りの7つのつぼみは、明日以降から、順次開花していくでしょう。

20170712yusuge_jiue01-1646.jpg
2017年7月12日 16:45 軽井沢草花館 ユウスゲ

P.S.相変わらず、アブラムシの姿が見られません…

つづく
posted by kusabanakan at 18:09| ゆうすげ日記

緑のカーテン2017(10)全体の厚み増す

今年で7年目、2011年から始めた緑のカーテンの観察日記。
7月2日以来、10日ぶりの更新です。

暑い日が続いています。
緑のカーテンの成長は続いていて、10日前に比べて緑の厚みが一層増しました。

20170712midori00.jpg
2017年7月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は10日前の状態です。所々に見られた隙間にもしっかりと葉っぱが開き、緑のカーテン全体で厚みが増しました。

20170702midori00.jpg
2017年7月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

各種のつる(ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ(ジネンジョ)、チョウセンゴミシ)がネットに絡み、緑のカーテンを形成しています。
現在、ウチワドコロの葉が全体の8割くらいを占めていて、残りの2割はノブドウ、イケマ、そしてジネンジョのツルが続きます。
ウチワドコロには花序が付き始め、蔓の成長はだいぶ落ち着いてきたように思いますが、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモは蔓をぐんぐん伸ばし、勢力拡大に目まぐるしい成長ぶりです。
20170712midori01.jpg
2017年7月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20170712midori02.jpg
2017年7月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン
つづく
posted by kusabanakan at 17:55| 緑のカーテン

2017年07月11日

2017(27)ユウスゲ今年2輪目開花 アブラムシは未だに見られず(7/11)

7月8日に今年最初のユウスゲが一輪咲き、3日後の今日、2輪目の花が咲きました。

20170711yusuge_jiueA01-1556.jpg
2017年7月11日 15:55 軽井沢草花館 ユウスゲ(開き始め)

16時前には上の写真のように花びらが開きました。
とっても上品な姿です。
さらに1時間くらいすると、下の写真のように花びらは反り返るくらいに大きく開きました。

20170711yusuge_jiueA02-1703.jpg
2017年7月11日 17:05 軽井沢草花館 ユウスゲ(満開)

今年は、アブラムシの姿を見ていません。
毎年、この時期には葉っぱや花茎、そしてつぼみや花にもアブラムシが付いているものですが、1匹も見ていないのです。
こういう年もあるのでしょうか? それとも、これから発生するのか?
観察を続けます。
posted by kusabanakan at 17:48| ゆうすげ日記

2017年07月10日

ブナ日記(80) ブナの湯さん、6枚中2枚の葉枯れる(7/10)

(この4月で4年目、2014年春に種から発芽したブナの生長記録です)
7月7日以来、3日ぶりの更新です。

3日前までは何とか6枚の葉で頑張っていたブナBの湯さん。
しかし、昨日から上部2枚の葉っぱが丸まり始め、今日で完全に枯れてしましました。

20170710bunaB_4y_01.jpg
2017年7月10日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん) 実生4年目

軽井沢では今日を含めて3日連続で気温が28度を超え、陽ざしも強く、真夏以上の暑さ。
もともと葉っぱが6枚しかなく、夏バテしたのでしょうか…

20170710bunaB_4y_02.jpg
2017年7月10日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん) 実生4年目 枯れてしまった2枚の葉(DとE)

残っている4枚の葉。そして、4枚目の葉っぱCの下に付いている”芽”に可能性を託すしかありません。

20170710bunaB_4y_03.jpg
2017年7月10日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん) 実生4年目 幹についた芽

引き続き観察を続けます。
posted by kusabanakan at 18:01| ブナ日記

2017年07月09日

2017(26)ユウスゲ2006-2016の開花グラフ(7/9)

昨夕、今年最初に咲いたユウスゲ。
しかし、美しい姿は一晩限り。

朝には下の写真のように萎れてしまいます。

20170709yusuge_jiueA01-0559.jpg
2017年7月9日 6:00 軽井沢草花館 ユウスゲ

一日花のユウスゲは、その名の通り、夕方から花が咲き、朝の日差しで萎れてしまいます。
はかない気もしますが、夜空の下でにひっそりと咲く姿にユウスゲの詩的な魅力を感じます。

今日はユウスゲの開花がありませんでした。
花茎は確認できただけで合計60本に増え、つぼみも多数出てきています。
次の開花は明日以降からになりますが、本格的には7月中頃から開花数が増えていきそうです。

下のグラフは過去、軽井沢草花館で咲いたユウスゲの合計数を日にちごとにまとめたものです。

ユウスゲ開花数2006-2016グラフ.png
グラフ:2006から2016年のユウスゲ開花数(横軸:日にち 縦軸:ユウスゲ開花数)

その年によって、差がありますが、
11年間の平均でみると、開花が最も多くなるのは8月4日から8月7日の4日間。
その時期を境に開花数が減っていきます。
今年はやや早めに咲き始めているので、このまま暑い日が続けば、最盛期は早まりそうです。
posted by kusabanakan at 22:11| ゆうすげ日記

カラスvsアスター(103)

カラスvsアスター(103)

カラス&アスター257ブログ用.jpg
第257話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2017年07月08日

2017(25)ユウスゲ今季最初の一輪開花!(7/8)

2017年、最初のユウスゲが咲きました!
夕方16:40には花が完全に開き、美しい姿になりました。

他のユウスゲが本格的に咲きはじめるのは来週以降からとなりそうですが、これから8月20日前後までユウスゲの花が楽しめそうです。※7/8現在、確認できた花茎の本数は49。

20170708yusuge_jiueA03-1642.jpg
2017年7月8日 16:40 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

軽井沢草花館において過去2006年からの開花記録からみると、
今年は平年並みかやや早めの開花です。
ちなみに、昨年2016年は今までで最も早い時期に開花していて、今年よりも5日早い7月3日に開花しました。

下は、15:50に撮影した一枚。
つぼみの先端が割れて、ふわっと花開きました。

20170708yusuge_jiueA01-1549.jpg
2017年7月8日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

下は、さらに遡って、14:55。
つぼみの先端が割れ始めた時です。

20170708yusuge_jiueA02-1455.jpg
2017年7月8日 14:55 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

下は、このユウスゲの花茎高を毎日測り、グラフにしたものです。
咲いた時の花茎は132aでした。

2017花茎高グラフ0708.png
2017年 軽井沢草花館 ユウスゲの花茎高の変化
posted by kusabanakan at 19:35| ゆうすげ日記

2017年07月07日

2017(24)ユウスゲ、明日開花か?(7/7)

七夕の今日、もしかしたら今年最初のユウスゲが咲くかも?
と期待していましたが、明日以降のお預けとなりました。

【開花が近い地植えのユウスゲ】

20170707yusuge_jiueA01.jpg
2017年7月7日 16:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)

開花の期待があったユウスゲ(上写真)は花茎の高さが132a。
つぼみの色は緑から黄色に変わり、今にも咲きだしそうな雰囲気がありました。
しかし、夜になっても花は開きません。明日以降の開花です。

【プランター9年目】

プランター内に花茎が3本出ています(下写真)。
一番大きな株の花茎で高さ136a。
つぼみがまだ小さいので、開花まで、あと1週間はかかりそうです
尚、昨年はこのプランターから花茎が5本出ていたので、今後花茎の数が増えるかもしれません。

20170707yusuge_planterA_9y_01.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)

【鉢植え8年目 今年初めての花茎】

この鉢植えからは、今年になって初めて花茎を確認しました。
現在、花茎(53a)は一本だけですが、まだまだ伸びそうです。

20170707yusuge_8y_potA.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え8年目

20170707yusuge_8y_potA_02.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え8年目(花茎先端)

つづく
posted by kusabanakan at 21:33| ゆうすげ日記

ブナ日記(79) 葉の変色微増(7/7)

(この4月で4年目、2014年春に種から発芽したブナの生長記録です)

6月28日以来、9日ぶりの更新です。
前回、ブナA崇さんの葉っぱの縁が茶色くなるという問題が発生。
その後、他の葉っぱも茶色くなるのではないかと心配していました。
今日の観察で範囲が微増していましたが、それほど大きな広がりではないことから、さらに様子を観察することにしました。

20170707bunaA&B01_4y_01.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 後ろ:ブナA(崇さん) 手前:ブナB(湯さん) 共に実生4年目

【ブナA(崇さん)】

樹高は26aでした。
6月13日にプランターから今の鉢に植え替えした影響と、定規の当て方の誤差があると思いますが、過去の測定値は5/31の28a、6/28の25a、そして本日7/7の26a。測定値が安定しませんが、5月31日からほとんど変化がないと思われます。

20170707bunaA_4y_01.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目 樹高26a

20170707bunaA_4y_02.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目 幅35a

葉っぱの縁が茶色くなっている範囲を前回(下写真)と比べてみると、複数枚に、新たな変色が見られます。ただし、9日間でこの程度の広がりなので、もう少し経過を観察してみようと思います(下写真は9日前)。

20170628bunaA_4y_01.jpg
2017年6月28日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目

下は拡大した写真。

20170707bunaA_4y_03.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目

今日の状態を見ると、葉っぱの縁の茶色く変色した部分が濃くなっていて、その部分が乾燥して丸まってきているのが分かります。下は9日前の写真で、比較すると、色の違い、乾燥の差がよく分かります。

20170628bunaA_4y_02.jpg
2017年6月28日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目

幹の太さは前回の測定値(6/28の7.0_)から変化ありませんでした(下写真)。

20170707bunaA_4y_04.jpg
2017年7月7日 ブナA(崇さん)実生4年目(幹直径7.0_)

【ブナB(湯さん)】

ブナBの湯さんは依然として6枚の葉っぱで頑張っています。

20170707bunaB_4y_01.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目

樹高は27aでした。
6月9日にプランターから今の鉢に植え替えした影響と、定規の当て方の誤差もあるかと思いますが、過去の測定値は5/31の27a、6/28の23a。測定値が安定しませんが、5月31日からほとんど変化がないと思われます。

葉っぱは6枚をキープ(下写真)。なんとか秋まで枯れずに残っていてほしいと願います。
がんばれ湯(たん)さん!

20170707bunaB_4y_02.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目

幹の太さは前回の測定値(6/28の5.5_)から変化ありませんでした(下写真)。

20170707bunaB_4y_03.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目(幹直径5.5_)

【成長記録】

【樹高】6月28日から7月7日までの9日間でブナA(崇さん)、ブナB(湯さん)共に大きな変化はなかったと思われます。ブナA(崇さん)は6月13日に、そしてブナB(湯さん)は6月9日に、プランターから鉢に植え替えしました。その際に、根の深さだったり、幹の角度に違いが出たことで、計測値に差が出ています。

ブナA(スーさん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_

ブナB(タンさん) 2015.5/1:108_、5/9:113_、5/28:113_、6/12:113_、6/28:115_、7/12:157_、7/22:157_、8/10:165_、9/5:168_、9/18:168_、10/5:168_、10/24:168_、11/12:168_、11/29:168_、12/30:168_、2016.4/1:170_、4/23:170_、5/1:170_、5/8:200_、5/20:200_、5/29:200_、6/5:200_、6/22:210_、7/4:210_、7/17:210_、8/5:210_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:210_、5/31:270_、6/28:230_(※6/9鉢に植え替えした)、7/7:270_

【冬芽】芽吹き後のため、冬芽はなし。

ブナA(スーさん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_

ブナB(タンさん) 2015.9/5:7_、9/18:9_、10/5:12_、10/24:12_、11/12:12_、11/29:12_、12/30:12_、2016.4/1:12_、4/23:18_、5/1:芽吹きはじめ、8/5:6.5_、8/25:10.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:19_


【幹直径】6月28日から7月7日までの9日間、ブナA(崇さん)、ブナB(湯さん)共に、幹の直径に変化はありませんでした。

ブナA(スーさん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_

ブナB(タンさん) 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.0_、7/17:φ4.0_、8/5:φ4.0_、8/25:φ4.0_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.0_、10/13:φ5.0_、10/27:Φ5.0_、11/15:Φ5.0_、11/28:Φ5.0_、12/25:Φ5.0_、2017.4/26:Φ5.0_、5/31:Φ5.0_、6/28:Φ5.5_、7/7:Φ5.5_
posted by kusabanakan at 20:07| ブナ日記

2017年07月05日

2017(23)ユウスゲつぼみ37_開花近し(7/5)

6月の下旬から気温が高く、そして雨がよく降ります。
ユウスゲの成長がここにきて、早まってきたように感じます。
現在、軽井沢草花館の庭で確認できた花茎は地植え、プランター、鉢植えの合計で35本。
日に日に増えています。
また、今年はアブラムシの姿をまだ一度も見ていません。
ユウスゲにアブラムシは付き物ですが、いったいどうしてしまったのでしょうか?
※防虫剤も木酢液も散布していません。

20170705yusuge_jiueA01.jpg
2017年7月5日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)

一番開花が近いと思われる地植えのユウスゲ苗(上写真)は、花茎が128aになりました。
そして、つぼみの長さは37_(下写真)。

20170705yusuge_jiueA02.jpg
2017年7月5日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え) つぼみ

この様子だと、今年最初の開花は明後日の七夕、あるいはその後数日以内になりそうです。
当初は7月中頃に開花が始まりそうだと予想しましたが、はずれそうです…

その他のユウスゲでは

【看板前のユウスゲ】

20170705yusuge_kanban01.jpg
2017年7月5日 軽井沢草花館 看板前のユウスゲ

こちらは花茎が120aになりました。花茎の先端につぼみが付きはじめていることから、あと1週間くらいで開花を始めそうです。

【入口前のユウスゲ】

20170705museum-irikuchi01.jpg
2017年7月5日 軽井沢草花館 看板前のユウスゲ

入口前には花茎が2本出ていて、大きな方の花茎は109a。
まだ、つぼみが出てきていないので、開花まで1週間以上かかりそうです。

【地植えのユウスゲ】

20170705yusuge_jiueB01.jpg
2017年7月5日 軽井沢草花館 地植えのユウスゲ

ニュキニョキと各所から花茎が出てきています。
大きなもので、高さ100a超。
但し、葉っぱと花茎は同じような色をしているので、まだ背の低い花茎は見つけにくいです。

その他の草花では

【オカトラノオ】

オカトラノオが咲きはじめました。

20170705okatoranoo.jpg
2017年7月5日 軽井沢草花館 オカトラノオ

つづく
posted by kusabanakan at 21:17| ゆうすげ日記

2017年07月03日

石川功一×おくやまひさし【おいしい山菜】イタドリ

本日7月3日は、故・石川功一の命日で、ちょうど没後10年となります。
さて、開催中の企画展示

石川功一 × おくやまひさし
「軽井沢のおいしい山菜・木の実展」T−X(4/22-11/23)

は、明日7月4日(火)の休館日を挟み7月5日(水)より、第3期目の展示が始まります。
公開予定の作品よりイタドリを紹介します。


草花館2017-03.jpg
今年度の企画テーマは「食べられる植物」。
画家・石川功一が描いた軽井沢の草花図(水彩・油彩)と、植物・昆虫など自然をテーマに数多くの出版物を手掛けるおくやまひさしが描いた水彩画、および山菜レシピの共演です。

 石川功一とおくやまひさしのプロフィールはこちら ↓ をご覧ください。

【イタドリ】

山地のどこにでも生える大型の多年草で、大きなものは人の背丈以上にもなります。
北海道から九州まで国内の広い範囲に分布し、都心の空き地などでも見られます。スカンポ、イタコン、タカズッポウ等、各地で様々な呼び名を持っています。若い茎には水分が多く含まれ、そのまま生食できます。
20170703museum2017-tenji03_ishikawa_itadori.jpg
石川功一 水彩スケッチ イタドリ(花の時) 1989年7月11日

20170703museum2017-tenji03_itadori.jpg
2014年5月24日 軽井沢 イタドリの若葉

茎は中空で円柱状、タケノコのように節があります。
水分を多く含むのは春先から夏にかけて茎がポキンと折れるくらいまでの時期。
酸味のある味がします。
茎は秋から冬にかけ枯れて木質化します。

根は木質で黄色(皮は褐色)。地中で長く伸びて、各所に芽をだして増えていきます。
下はおくやま氏が描いた「イタドリの根」です。
20170703museum2017-tenji03_okuyama-itadori01.jpg
おくやまひさし 水彩画 イタドリの根 2007年頃

最後にレシピですが、茎は生でも、調理しても食べられます。下の写真はイタドリの塩漬け。
20170703museum2017-tenji03_okuyama-itadori02.jpg
おきやまひさし 写真 イタドリの若い茎の塩漬け

============================
展示概要と第3期目(7/5-9/4)の案内
============================
2017年A4チラシweb.jpg

2017年4月22日(土)から11月23日
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、8月は無休)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料
ウェブサイト http://www.kusabana.net

第3期目(7/5から9/4)は、石川功一の油彩画(11点)、水彩スケッチ(28点)、そしておくやまひさしの根や若芽を描いた水彩画(13点)の計52作品を展示予定です。
各作品にはおくやまひさしの山菜・木の実のレシピが解説されていて、様々な食べ方を紹介しています。

主な作品は、
・山菜26種:ヤブカンゾウ、ヤマユリ、ユウスゲ、イワタバコ、ツユクサ、シオデ、ヨモギ、春の七草など
・木の実7種:オニグルミ、ナナカマド、ヤマブドウ、サンショウ、ミツバアケビ、チョウセンゴミシなど
・その他(山菜以外):レンゲショウマなど
posted by kusabanakan at 17:00| 展示紹介

2017(22)鉢植のユウスゲにも花茎(7/3)

今日の最高気温は27.5度。
これは軽井沢の一番暑い時期(8月上旬)よりも暑い一日でした。

20170703yusuge_9y_potA.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え9年目 花茎42a

さて、鉢植9年目のユウスゲに花茎が1本出ました。
今年、すでに地植えとプランターのユウスゲには花茎が出ていますが、鉢植えのユウスゲからは初めての花茎です。
花茎の高さは42a。順調に成長すれば、7月の後半以降に咲きはじめそうです。

下は花茎の拡大写真です。葉っぱと同じ色をしているので、気が付きにくいです。

20170703yusuge_9y_potA_02.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え9年目 花茎42a
posted by kusabanakan at 16:49| ゆうすげ日記

イヌブナ日記(131)3株3様に夏の緑に(7/3)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

6月23日以来、10日ぶりの更新です。
今回は6月16日以来となる、樹高、幹の直径の測定も行いました。
大きな変化としては、実生4年目となるイヌブナの孫さんの成長ぶり。
孫さんは今春の芽吹きが、他の苗と比べて1か月以上も遅れて始まりました。
前回6/23の時にようやくすべての葉っぱが開いたところですが、さらに枝が伸び、葉っぱが大きくなって、全体のボリュームが増しました。

20170703inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

下はおよそ半月前(6/16)の状態です。イヌブナ孫さんの成長ぶりが際立ちます。

20170616inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

以下、それぞれの詳細です。

【イヌブナ実生6年目 安(あん)さん】

20170703inubuna_6y_an_01.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高46a

前回(6/16)の測定では樹高が42.5aでしたが、この半月ほどで3.5a高くなりました。

20170703inubuna_6y_an_02.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 幅120a

幅は前々回(5/28)から変わっていません。

20170703inubuna_6y_an_03.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

前回(6/16)から幹の直径が0.5_太くなりました。

【イヌブナ実生6年目 檀(だん)さん】

20170703inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高21a

前回(6/16)の20aから1a伸びました。

20170703inubuna_6y_dan_02re.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幅42a

前々回の5/28から幅の変化はありません。※一部の葉が虫にやられました

20170703inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幹直径9.0_

幹の直径は前回(6/16)のときと同じでした。

【イヌブナ実生4年目 孫(そん)さん】

1か月以上も芽吹きの時期が遅れたイヌブナの孫さん。
他の苗とよりも時間がかかりましたが、しっかりと葉を広げて育っています。
前回6月23日に葉っぱがすべて開き、その後10日間で、
葉っぱが大きく、そして枝がぐんぐん伸びました。

20170703inubuna_4y_son_01.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

枝先が伸びて、全体のボリュームが増しました。
※(横に伸びているので、樹高に変化はありません)
下の写真は10日前の状態。
葉っぱはすべて開いていましたが、まだ芽吹いたばかりでやわらかく、垂れ下がっていました。

20170623inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

さらに1週間前(6/16)の状態が下の写真。
このときはまだ芽吹きの途中でした。
20170616inubuna_4y_son_01.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

20170703inubuna_4y_son_02.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幅37a

幅は前回(6/16:下写真)の23aから37aへと、14aも広がりました。
枝先が伸びて、横に広がり、全体のボリュームがグンと増しました。

20170616inubuna_4y_son_02b.jpg
2017年6月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幅23a

20170703inubuna_4y_son_03.jpg
2017年7月3日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幹直径6_

幹の直径は前回(6/16)と変わりませでした。

【成長記録】

イヌブナA安さんの樹高が3.5a伸びました。上に伸びたというよりも、横に伸びていた枝が立ち上がってきたようです。
尚、樹高の測定は定規のあて方によって差が出たり、まだ枝が細いので、葉っぱがあるときと、冬に落葉している時では、葉っぱの重みで枝がたわんで、高さに差が出ます。ある程度の誤差があることをご了承ください。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a

冬芽:芽吹きが終わり、冬芽はありません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_

幹サイズ(直径):イヌブナA安さんのみ前回(6/16)よりも0.5_太くなりました。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)

つづく
posted by kusabanakan at 14:37| イヌブナ日記

2017年07月02日

緑のカーテン2017(9)ウチワドコロ花穂つく

今年で7年目、2011年から始めた緑のカーテンの観察日記。
6月24日以来、8日ぶりの更新です。

7月に入り、これから本格的な夏のシーズンに向います。
緑のカーテンのネットにはツルが幾重にも絡みつき、葉量が増えた分、だいぶ厚みを増してきました。
これからさらにツルが伸びて、密度の高いカーテンが期待できそうです。
見た目の清涼感や、ちょっとした熱の侵入緩和に、役立ってくれそうです。

現在、各種のつる(ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ(ジネンジョ)、チョウセンゴミシ)が順調に伸び続けていています。
相変わらず、9割がウチワドコロの葉で構成されていますが、ノブドウ、イケマ、そしてジネンジョのツルも成長を続け、葉っぱが大きくなってきたせいか、目につくようになっています。
また、存在感は少ないものの、チョウセンゴミシのツルも、ネットの下の方に絡みつき、ほんの僅かですが、緑のカーテンの一部となっています。
今後、すべてのツルがさらに伸びて、緑のカーテンの密度は増していきそうです。

20170702midori00.jpg
2017年7月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

緑のカーテンのツルは1日で10a以上伸びてしまうので、毎日の手入れが欠かません。
どうしても、ツルは上へ上へと伸びるので、放っておくと、すぐに天井面にまでツルが達してしまいます。
そこで、ある程度上に伸びた蔓を、下の方に巻き直す作業を日々行っています。

下は8日前(6/24)の様子。

20170624midori00.jpg
2017年6月24日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20170702midori01.jpg

2017年7月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン 葉っぱ3種(イケマ、ウチワドコロ、ノブドウ)

20170702midori02.jpg
2017年7月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

ウチワドコロには花穂が付きはじめました(下写真)。
ウチワドコロは雌雄異株の植物で、おそらく雄株のほうの花穂(雄穂)ではないかと思います。

20170702midori03.jpg
2017年7月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの花穂

20170702midori04.jpg
2017年7月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 11:44| 緑のカーテン

2017年07月01日

2017(21)ユウスゲ草丈118cm、つぼみ24_(7/1)

7月に入りました。平年の7割程度しか雨の降らなかった6月ですが、7月に入ったとたんに雨。
夕方まで、降り続けた降水量は77.5_。よく降りました。

【ユウスゲ】

さて、軽井沢草花館の庭のユウスゲは、地植えやプランター含め、20本ほどの苗に花茎が出ています。
そのうち花茎が最も高いものは118aで、花茎の先端についたつぼみの長さは24_でした。
早ければ、あと1週間くらいで咲くかもしれません。
ただ、これから花茎が出始める苗が大半なので、本格的な開花は7月中頃以降からではないかとみています。

20170701yusuge_jiueA01.jpg
2017年7月1日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え) つぼみ

【ヤマホタルブクロ】

つぼみを付けているヤマホタルブクロがあちらこちらに出ていて、ここ数日で次々に開花しています。
明日以降も、たくさん咲きそうです。

20170701yamahotarubukuro.jpg
2017年7月1日 軽井沢草花館 ヤマホタルブクロ

【シモツケ】

シモツケも開花しています。株が小さいので、たくさんは咲きませんが、ピンクの花が目立ってきれいです。

20170701shimotsuke.jpg
2017年7月1日 軽井沢草花館 シモツケ
posted by kusabanakan at 21:06| ゆうすげ日記

2017年06月30日

2017(20)ユウスゲ草丈115cm、花茎18本(6/30)

軽井沢草花館の敷地で育てているユウスゲ。
現在、花茎18本を確認し、草丈は最も高いもので115aです。

さて、昨日のユウスゲ日記は地植えの苗にでた花茎の成長を主に記録しましたが、今日はプランターや鉢植えの苗の様子を中心に記録をつづります。
6月12日に記録した草丈と比べながら見ていきます。

【鉢植え9年目のユウスゲ】
20170630yusuge_9y_potA.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え9年目 草丈最大80a
(6/12の76aから18日間で4a伸びました)

花茎はまだ出ていません。

【プランター9年目のユウスゲA】
20170630yusuge_planterA_9y_02.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ9年目(A) 草丈最大90a

草丈は6/12の78aから18日間で12a伸びました。
また、6/12の時にはまだなかった花茎が2本出ていて、大きい方は110aにまで成長しています。

花茎の先端には花芽が付き、長さにして1aくらい(下写真)。
開花まであと2~3週間といったとっころです。

20170630yusuge_planterA_9y_02.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ9年目(A) 花芽の長さ1a

【プランター9年目のユウスゲB】
20170630yusuge_planterB_9y.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ9年目(B) 草丈最大85a
(6/12の70aから18日間で15a伸びました)

花茎はまだ出ていません。

【鉢植え8年目のユウスゲA】
20170630yusuge_8y_potA.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え8年目(A) 草丈最大80a
(6/12の70aから18日間で10a伸びました)

花茎はまだでていません。

【鉢植え8年目のユウスゲB】
20170630yusuge_8y_potB_yasuge.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え8年目(B) 草丈最大50a

草丈は6/12の50aから18日間経過しましたが、変化がありませんでした。
花茎はまだ出ていません。下は6月12日撮影の写真。成長が止まってしまったかのようです。

20170612yusuge_8y_potB_yasuge.jpg
2017年6月12日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え8年目(B)

※ユウスゲのつもりで育てている苗ですが、毎年葉っぱにシミが付き、葉幅が広い個体。
鉢の状態で毎年花を咲かせてくれますが、花期が比較的早く、咲く時間帯が普通のユウスゲよりも遅く完全に日が暮れた夜から咲きはじめます。

【プランター5年目のユウスゲ】
20170630yusuge_planter_5y_20130423.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ5年目(20130423種まき) 草丈最大40a

今年初めて草丈を計測してみました。花茎は出ていません。

【プランター4年目のユウスゲ】
20170630yusuge_planter_4y_20140411.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ4年目(20140411種まき) 草丈最大47a
(6/12の40aから18日間で7a伸びました)

花茎はでていません。

【プランター3年目のユウスゲA】

20170630yusuge_planter_3y_A_20150414.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ3年目A(20150414種まき) 草丈最大50a
(6/12の48aから18日間で2a伸びました)

花茎は出ていません。

【プランター3年目のユウスゲB】
20170630yusuge_planter_3y_B_20150510.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ3年目B(20150510種まき) 草丈最大62a
(6/12の52aから18日間で10a伸びる)

花茎は出ていません。

【プランター2年目のユウスゲ】
20170630yusuge_planter_2y_A&B_20160412.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ2年目×2(共に20160412種まき)草丈最大20a

6/12の20aから18日間で草丈(高さ方向)に変化はありませんが、草そのものの長さは伸びているようです。下は18日前(6/12)の写真



20170612yusuge_planter_2y_A&B0412.jpg
2017年6月12日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ2年目×2(共に20160412種まき)  草丈最大20a
【プランター1年目のユウスゲ】

今年種まきしたユウスゲは、原因は分かりませんが、発芽率が悪く、プランターの中が寂しい状況です。
それでも、前回6月12日に測定したときよりも、大きく成長し、また芽の数も増えています。
引き続き、観察を続けます。

20170630yusuge_planter_1yA&B_20170414&20170504-01.jpg

2017年6月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ1年目×2

〇4月14日種まき
6月12日 草丈最大7a、芽の数×12
6月30日 草丈最大17a、芽の数×27

〇5月4日種まき
6月12日 草丈最大3.2a、芽の数×4
6月30日 草丈最大13a、芽の数×6

【地植えのユウスゲ】

地植えのユウスゲは順調に成長を続けています。

20170630yusuge-jiue01.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 地植えのユウスゲ

最も草丈の高い葉っぱは115aです。
草丈はこれ以上伸びると、横にたわんでしまうので、さらに上には伸びていきません。

20170630yusuge-jiue02.jpg
2017年6月30日 軽井沢草花館 地植えのユウスゲ 草丈115a


つづく
posted by kusabanakan at 14:55| ゆうすげ日記

2017年06月29日

2017(19)ユウスゲ花茎1b超え、つぼみ15_(6/29)

3日ぶりの更新です。

ユウスゲに花茎が出始めたのを確認してから8日。
現在確認できる花茎は10本ほどですが、少しづつ増えてきています。
花茎の高さは一番高いもので107cm(昨日の時点で1bを超えました)。
開花まであと2週間前後と思われます。
また、この時期になるとユウスゲの葉や花茎にアブラムシが付くものですが、今のところ見かけません。

以下、花茎の付いたユウスゲ5株の記録です。

【地植えのユウスゲ1(現在、最も花茎が高い)】

6月25日に花茎を確認したときはすでに80aの高さがありました。
4日間で27a、一日当たり8aくらい伸びています。

20170629yusuge_jiueA01.jpg
2017年6月29日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え) 花茎高さ107cm

つぼみの大きさも一番立派です。長さにして15_ほどです(下写真)。
6/25の時には6_だったので、この4日間でだいぶ大きくなりました。

20170629yusuge_jiueA02.jpg
2017年6月29日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)のつぼみ

【地植えのユウスゲ2】

20170629yusuge_jiueB01.jpg
2017年6月29日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え) 花茎高さ83cm

【ユウスゲ プランター9年目】

プランターのユウスゲも花茎が1bを超えました。

20170629yusuge_planterA_9y_01.jpg
2017年6月29日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター9年目 花茎高さ104cm

【ユウスゲ 看板前】

毎年、早くに咲きはじめるユウスゲの苗です。
花茎の高さは86a。順調に成長しています。

20170629yusuge_kanban01.jpg
2017年6月29日 軽井沢草花館 ユウスゲ 看板前 花茎高さ86cm

【ユウスゲ 入口前】

こちらは、4日前に花茎を確認したばかり。
その時は35aでしたが、この4日間で27a伸びて62aです。

20170629yusuge_entrance01.jpg
2017年6月29日 軽井沢草花館 ユウスゲ 入口前 花茎高さ62cm

つづく
posted by kusabanakan at 18:46| ゆうすげ日記

2017年06月28日

ブナ日記(78) 実生4年目ブナの崇さん 一部の葉の縁が茶色に

(この4月で4年目、2014年春に種から発芽したブナの生長記録です)

6月21日以来、一週間ぶりの更新です。

20170628bunaA&B01_4y_01.jpg
2017年6月28日 軽井沢草花館 左:ブナA(崇さん) 右:ブナB(湯さん) 共に実生4年目

2つの苗A(崇さん)、B(湯さん)共に、見た目では大きさに変化がないように見えますが、幹の太さに若干変化がありました。
また、Aの崇さんは下の方の枝から出た葉っぱが縁の部分だけ茶色くなっています。

【ブナA(崇さん)】

20170628bunaA_4y_01.jpg
2017年6月28日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目

葉っぱの色は夏の深い緑になり、手触りもしっかり硬いものになっています。
但し、下の枝から出ている一部の葉っぱが、縁の部分だけ茶色に変色してきました(下写真)。

20170628bunaA_4y_02.jpg
2017年6月28日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目

病気かもしれないので、注意深く観察して、症状が広がるようなら、剪定しようと思います。
樹高については、6/13にプランターから鉢に植え替えし、根の深さだったり、幹の角度が変わってしまったため、、今日の測定値は前回(5/31の280_)よりも30_低い250_となりました。実質的に樹高の変化はほとんどなかったと思われます。
幹の太さは前回測定時(5/31の6_)に比べて1_太くなりました(下写真)。

20170628bunaA_4y_03.jpg
2017年6月28日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目

【ブナB(湯さん)】

ブナBの湯さんは何とか6枚の葉っぱで頑張っています。

20170628bunaB_4y_01.jpg
2017年6月28日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目

樹高については、6/9にプランターから鉢に植え替えし、根の深さや角度などの条件が変わってしまったため、今日の測定値は前回(5/31の270_)よりも40_低い230_となりました。実質的に樹高の変化はほとんどなかったと思われます。

20170628bunaB_4y_02.jpg
2017年6月28日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目

一つだけついている芽は元気です(上写真)。
幹の太さは前回測定時(5/31の5_)に比べて0.5_太い5.5_になりました(下写真)。

20170628bunaB_4y_03.jpg
2017年6月28日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目

【成長記録】

【樹高】5月31日から6月28日までの約1か月間でブナA(崇さん)、ブナB(湯さん)共に大きな変化はなかったと思われます。ブナA(崇さん)は6月13日に、そしてブナB(湯さん)は6月9日に、プランターから鉢に植え替えしました。その際に、根の深さだったり、幹の角度に違いが出たことで、計測値が低くなっています。

ブナA(スーさん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)

ブナB(タンさん) 2015.5/1:108_、5/9:113_、5/28:113_、6/12:113_、6/28:115_、7/12:157_、7/22:157_、8/10:165_、9/5:168_、9/18:168_、10/5:168_、10/24:168_、11/12:168_、11/29:168_、12/30:168_、2016.4/1:170_、4/23:170_、5/1:170_、5/8:200_、5/20:200_、5/29:200_、6/5:200_、6/22:210_、7/4:210_、7/17:210_、8/5:210_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:210_、5/31:270_、6/28:230_(※6/9鉢に植え替えした)

【冬芽】芽吹き後のため、冬芽はなし。

ブナA(スーさん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_

ブナB(タンさん) 2015.9/5:7_、9/18:9_、10/5:12_、10/24:12_、11/12:12_、11/29:12_、12/30:12_、2016.4/1:12_、4/23:18_、5/1:芽吹きはじめ、8/5:6.5_、8/25:10.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:19_


【幹直径】5月31日から6月28日までの約1か月間、ブナA(崇さん)、ブナB(湯さん)共に、わずか太くなりました。

ブナA(スーさん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_
ブナB(タンさん) 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.0_、7/17:φ4.0_、8/5:φ4.0_、8/25:φ4.0_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.0_、10/13:φ5.0_、10/27:Φ5.0_、11/15:Φ5.0_、11/28:Φ5.0_、12/25:Φ5.0_、2017.4/26:Φ5.0_、5/31:Φ5.0_、6/28:Φ5.5_

posted by kusabanakan at 14:45| ブナ日記

2017年06月26日

2017(18)ユウスゲ蕾にアリ&シモツケ他開花(6/26)

【ユウスゲ】

今日はユウスゲのつぼみにアリがやってきていました。
表面をなめているように見えましたが、いったい何をしているのでしょう?
美味しい蜜でも出ているのでしょうか?

20170626yusuge_rojiAAA01-tsubomi.jpg
2017年6月26日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)のつぼみ

ユウスゲと言えば、葉や花茎にアブラムシがよく付くものですが、今年は、まだアブラムシを見ていません。
そろそろ姿を現しそうな季節です。

【シモツケ】

昨日はヤマホタルブクロが咲きはじめましたが、今日はこのシモツケが咲きはじめました。
夏の到来を感じさせてくれる花の一つです。

20170626shimotsuke.jpg
2017年6月26日 軽井沢草花館 シモツケ

【(キバナノ)ヤマオダマキ】

20170626kibananoyamaodamaki.jpg
2017年6月26日 軽井沢草花館 (キバナノ)ヤマオダマキ

【ドクダミ】

咲きはじめのドクダミ、とてもきれいです。

20170626dokudami.jpg
2017年6月26日 軽井沢草花館 ドクダミ

【マツムシソウ】

つぼみが付きはじめましたが、開花は1か月後くらいからとなりそうです。

20170626matsumushisou.jpg
2017年6月26日 軽井沢草花館 マツムシソウ つぼみが付きはじめました

つづく
posted by kusabanakan at 20:14| ゆうすげ日記

2017年06月25日

2017(17)ユウスゲに蕾&ホタルブクロ開花&その他の植物成長(6/25)

2日ぶりの更新です。

朝方の雨は上がりましたが、どんよりとした梅雨空の日曜日です。

20170625museum-garden.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館の庭の様子

【ユウスゲにつぼみ】

さて今朝、今年初めてユウスゲのつぼみを確認しました。
現在、何本かのユウスゲに花茎が出ていますが、そのうちの1本の花茎につぼみが付きはじめていました。

20170625yusuge_rojiAAA01-tsubomi.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)のつぼみ

長さにして6_と小さなものですが、過去の記録から、順調に育てば、今後3週間くらいで花が咲きはじめます。
下は、少し離れて撮影したもの。花茎の高さは80aでした。

20170625yusuge_rojiAAA02-tsubomi.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)のつぼみ

【ヤマホタルブクロ開花】

いよいろホタルブクロの季節が始まりました。花期が長く、数は減りますが、9月くらいになっても咲いてくれます。
今日咲いたのは白いホタルブクロ(薄いピンク)。軽井沢草花館内では濃い紅色のホタルブクロが主流で、これから次々に咲きそうです。

20170625yamahotarubukuro.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館 ヤマホタルブクロ 今年初めての開花です。

【レンゲショウマ】

レンゲショウマの苗は、順調に成長を続けていて、花茎は(最大で)80a。
つぼみはまだ小さくて直径4_くらい。開花は8月以降です。

20170625rengeshouma01.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館 レンゲショウマのつぼみ

20170625rengeshouma02.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館 レンゲショウマ

【コアジサイとタマアジサイ】

コアジサイが咲いています。1週間くらい前から咲きはじめていたとみられますが、小さな株で、タマアジサイの陰に隠れて気が付きませんでした… 満開の時期を過ぎ、散り始めています。

20170625koajisai.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館 コアジサイ(散り始め)

下はタマアジサイです。タマアジサイの花期は8月の後半からなので、まだ2カ月近く先の話ですが、「球(たま)」が付きはじめています。

20170625tamaajisai01.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館 タマアジサイ

まん丸の球ではなく、上から見ると楕円形の球です(下写真)。
これから時間をかけてこの球が大きく、そして球の形もきれいな丸になっていきます。

20170625tamaajisai02.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館 タマアジサイの球(たま)

【ユキノシタ】

軽井沢草花館の入り口脇に植えているユキノシタが満開です。

20170625yukinoshita.jpg
2017年6月25日 軽井沢草花館 ユキノシタ

つづく
posted by kusabanakan at 11:55| ゆうすげ日記