2018年04月14日

矢ヶ崎公園オオヤマザクラ(2018.4.13) 一部で開花進む

昨日(4/13)の様子となりますが、以下、矢ヶ崎公園の(北側)オオヤマザクラ並木の開花の様子です。

20180413yagasaki-sakura09.jpg
2018年4月13日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ

まだ、一部の個体のみですが、開花が始まっています。

20180413yagasaki-sakura07.jpg
2018年4月13日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ

全体的には、まだところどころに開花が確認できる程度(写真・上下)。

20180413yagasaki-sakura11.jpg
2018年4月13日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ

20180413yagasaki-sakura10.jpg
2018年4月13日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ(一番開花の進んだ個体:ごく一部)

20180413yagasaki-sakura08.jpg
2018年4月13日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ(つぼみの個体:ほとんどがこの状態)

posted by kusabanakan at 08:53| オオヤマザクラ

2018年04月11日

矢ヶ崎公園オオヤマザクラ(2018.4.11)早くも開花しました!

20180411yagasaki-sakura03.jpg
2018年4月11日 12:00頃 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ

いつもの年よりも10日前後早いのではないでしょうか。
本日、矢ヶ崎公園北側のオオヤマザクラが咲き始めていました。

ただ、咲いていたのは、花びらが半分くらい開きかけのものも含めて7~8輪。
オオヤマザクラ並木全体でいうと、まだほとんど咲いていません(下写真)。

20180411yagasaki-sakura01.jpg
2018年4月11日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ並木

20180411yagasaki-sakura04.jpg
2018年4月11日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ

前回(4/7)の時、すでにつぼみが膨らんでいたので、いつ咲いてもおかしくないような感じでしたが、
その日(4/7)から平年並みかやや低めの気温に戻ったためか、昨日までは開花が確認できませんでした。

20180411yagasaki-sakura02.jpg
2018年4月11日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ

今後のお天気にもよりますが、これから暖かな日が続けば、来週中に見ごろが始まりそうです。
posted by kusabanakan at 14:59| オオヤマザクラ

2018年04月09日

アズマイチゲ咲く

春を告げてくれる軽井沢らしい花の一つ。アズマイチゲです。
庭のアズマイチゲが一輪咲きました。

20180408azumaichige01.jpg
2018年4月9日 軽井沢草花館 アズマイチゲ

見つけた時にはきれいに花が開いていたのですが、写真を撮るまでの間に日当たりが悪くなってしまい、花びらが閉じてしまいました(上写真)。

posted by kusabanakan at 21:41| 草花館日記

2018年04月08日

カラスvsアスター(122)

カラスvsアスター(122)

カラス&アスター266ブログ用.jpg
第266(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2018年04月07日

アブラチャン咲く

軽井沢草花館の庭でアブラチャンが咲きました。

20180407museum-aburachan01.jpg
2018年4月7日 軽井沢草花館 アブラチャン

20180407museum-aburachan02.jpg
2018年4月7日 軽井沢草花館 アブラチャン

軽井沢草花館でちょうど1週間前に咲いたのがダンコウバイ(下写真)。
同じ黄色い花でよく似ています。
山でも多く自生していてこの時期目立ちますが、ダンコウバイなのかアブラチャンなのかよく迷います。
アブラチャンは花に柄があるので、近くでよくよく見ると分かります。

20180331museum2018-dankobai01.jpg
2018年3月31日 軽井沢草花館 ダンコウバイの花(先週3/31)

20180407museum-dankobai01.jpg
2018年4月7日 軽井沢草花館 ダンコウバイの花(盛期をすぎてしおれてきている)
posted by kusabanakan at 22:20| 草花館日記

矢ヶ崎公園オオヤマザクラ(2018.4.7)つぼみがピンク色に そしてコブシ咲く

20180407yagasaki-sakura02.jpg
2018年4月7日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラのつぼみ

例年よりもだいぶ早い時期から草木の花、そして芽吹きが始まっています。
3月から4月にかけての気温の推移は少なくても気象観測がはじまってから経験のない暖かさ。

矢ヶ崎公園のオオヤマザクラもごく一部ではありますが、つぼみの先端がピンク色になり開花が間近といったところ。
来週には咲き始めそうな状況です。
但し、下の写真のように桜並木を見渡す限り、花が咲きそうな雰囲気には見えません。

20180407yagasaki-sakura01.jpg
2018年4月7日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ並木

下の写真は昨年2017年4月21日に矢ヶ崎公園で撮影したオオヤマザクラのつぼみです。
このときもつぼみの先端から赤い花びらが顔を出し始めた時でした。
昨年と今年を比べると、今年の方が2週間くらい桜の成長が早いようです。
通常は4月下旬に満開になることが多いのですが、このままでは早々に咲き終わってしまいそう。
そんなに急がなくていいよ~ と言いたくなります。

20170421yagasaki-sakura02.jpg
2017年4月21日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ 膨らみ始めたつぼみ

20180407yagasaki-sakura03.jpg
2018年4月7日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール西 シダレザクラ

シダレザクラはまだ咲く気配が見られません。ただし、中央からやや左にあるコブシに花が咲いています。前回(4/3)にはまだ咲いていなかったので、この4日間で咲いたようです。
コブシは軽井沢の町木。町内各所で咲き始めています。こちらの開花も例年より10日から2週間くらい早いような気がします。
posted by kusabanakan at 21:48| オオヤマザクラ

2018年04月04日

2018(2)暖かな春、芽がぐんぐんと成長

軽井沢の観測史上で最も気温の高かった3月(3月の平均気温3.5度で平年より+3.0度)。
4月に入ってからも日中の気温が20度前後まで上がり、5月並みの暖かさです。

先月3月23日に芽が出始めたユウスゲですが、その後次々に芽が出ています。
ユウスゲ日記を始めた2011年からの芽の成長では最速で進んでいるようです。

以下、プランターと鉢植えの芽吹きの様子を記録します。

20180404yusuge_planter_2y_20170504_01.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター2年目(2017年5月4日種まき)

近づいて観察すると、ユウスゲの芽が沢山出ていました。

20180404yusuge_planter_2y_20170504_02.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター2年目(2017年5月4日種まき)

20180404yusuge_planter_3y_20160412_01.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター3年目(2016年4月12日種まき)

20180404yusuge_planter_3y_20160412_02.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター3年目(2016年4月12日種まき)

20180404yusuge_planter_5y_20140411_A01.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター5年目 その1(2014年4月11日種まき)

20180404yusuge_planter_5y_20140411_A02.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター5年目 その1(2014年4月11日種まき)

20180404yusuge_planter_5y_20140411_B01.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター5年目 その2(2014年4月11日種まき)

芽の草丈は大きなもので高さ8~9a。立派です。

20180404yusuge_planter_5y_20140411_B02.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター5年目 その2(2014年4月11日種まき)

20180404yusuge_pot_9y_A01.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 鉢植え 9年目

鉢植え9年目の苗からようやく芽が出てきました。
まだ丈は低いものの、太くて立派です。

20180404yusuge_pot_9y_A02.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 鉢植え 9年目

20180404yusuge_pot_10y_A01.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 鉢植え 10年目

日当たりの良くない場所に置いているためだと思いますが、10年目の鉢植えはまだ芽が出ていません。
そのうち芽が出てくると思われます。

20180404yusuge_pot_10y_A02.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 鉢植え 10年目

※それぞれ、日当たりの違う環境におかれているので、成長の具合にも差が出ているようです。

【ハコベ】

ユウスゲの苗を育てている小さなポットに生えたハコベが花を咲かせていました。
軽井沢草花館内では樹木のダンコウバイがすでに開花していますが、草本類ではハコベの開花が初めてです。

20180404hakobe01.jpg
2018年4月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ苗のポットから花を咲かせたハコベ
posted by kusabanakan at 20:20| ゆうすげ日記

2018年04月03日

マツブサ日記(1)種まき

マツブサ日記をはじめます。

昨年収穫した種を鉢に植え、発芽させて成長を観察していきたいと思います。
芽が出なければ、早期に終了してしまう日記かもしれませんが、まずはやってみることにします。

マツブサ20171108-01.jpg
2017年11月8日 軽井沢 マツブサの実

マツブサ(マツブサ科)は落葉のつる性木本。
軽井沢に多く自生するチョウセンゴミシと同じ仲間です。
チョウセンゴミシは赤い実を付けますが、マツブサは黒い実を付けます。

マツブサ20171108-02.jpg
2017年11月8日 軽井沢 マツブサの実

軽井沢では個体数が少なく、山でもほとんど見ません。
写真のマツブサはたまたま見つけた大きな個体。
つるの直径が1a位あり、かなり立派に育っていました。

秋の実を少しだけ収穫し、冬の間屋内で保管。
本日、種を鉢に撒き、発芽実験を開始しました。

マツブサ20180403-01.jpg
2018年4月3日 軽井沢草花館 マツブサの実(乾燥) 2017年11月8日収穫分

計8粒の種を3粒+2粒+3粒と3つの鉢に分けて植えました。
土はホームセンターで売っていた草花用の培養土を使いました。

マツブサ20180403-02.jpg
2018年4月3日 軽井沢草花館 マツブサの種まき 2017年11月8日収穫分

芽が出るかどうか?
楽しみにしています。
posted by kusabanakan at 21:35| マツブサ日記

矢ヶ崎公園オオヤマザクラ(2018.4.3)つぼみ膨らむ

矢ヶ崎公園のオオヤマザクラ
つぼみが膨らみ始めています。

20180403yagasaki-sakura02.jpg
2018年4月3日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラのつぼみ(背景は大賀ホール)

3月は軽井沢の気象観測史上最も暖かな気温となり、4月に入ってからも初夏を思わすような陽気。
矢ヶ崎公園のオオヤマザクラは例年より早くつぼみが膨らみ始めています。

20180403yagasaki-sakura01.jpg

2018年4月3日 軽井沢 矢ヶ崎公園 北側オオヤマザクラ並木

ちなみに昨年は4/23頃から咲き始め、5月1日ころを境に散り始めました。
このまま暖かな気候が続くと、今年は4月中旬から咲きはじめそうです。

下は大賀ホールの西側にあるシダレザクラ。
こちらはオオヤマザクラの花と入れ替わるように遅れて咲きます。

20180403yagasaki-sakura03.jpg
2018年4月3日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール西 シダレザクラ
posted by kusabanakan at 21:14| オオヤマザクラ

ブナ日記(91)新年度5年目の春(4/1)

2014年春に種から発芽したブナの生長記録です。
2018年も4月に入って新年度。5年目を春をむかえました。
1月8日以来、約3ヵ月半ぶりの更新です。
但し、4月1日に記録したものを本日4月3日の日記としてアップします。


ブナの実生はあと1ヵ月もすると芽吹きの季節。
前回から特に変化がないようですが、現在の様子を以下に記録します。

20180401bunaA&B01_5y_01.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 後ろ:ブナA(崇さん)
手前:ブナB(湯さん) 共に実生5年目

【ブナA:崇(スー)さん】

崇さんの樹高は32a。
昨年の8/11から今年の1月8日までは30aでしたが、2a高くなっていました。
但し、定規をあてた位置の違いや、3月からの暖かさで霜が溶けて土の盛り上がりがなくなったなどの
影響があるかも知れません。ブナが成長して2a高くなっているようには見えません。

20180401bunaA_5y_01.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生5年目 樹高32a

下は前回(1/8)に樹高を測定したときの写真。

20180108bunaA_4y_01.jpg
2018年1月8日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目 樹高30a

幹の直径は8.5_で、8/11から変化ありません(下写真)。

20180401bunaA_5y_03b.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生5年目 幹直径8.5_

(下写真)枝の先端についた冬芽の長さは11_で、昨年の10/26から変化がありません。
この冬芽の大きさについては、過去の記録と比べると小さめです。
1年目2014年11月:9.5_、2年目2015年11月:14_。3年目2016年11月:15_、4年目2017年11月:11_
1年目の冬(2014-2015)は冬芽の長さが9.5_にしかなりませんでしたが、2年目:14_、3年目:15_と冬芽が大きくなって冬を越しました。
今年は11_ですから、1年目に近いサイズでの冬越しです。
理由は分かりませんが無事に芽吹いてくれることを願います。

20180401bunaA_5y_02.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生5年目 冬芽(11.0_)

【ブナB:湯(タン)さん】

湯さんの樹高は23.5aで前回(1/8)と同じでした。
昨年からすでに枯死しているようですが、ブナAの崇さんが芽吹くまで、記録だけ残そうと思います。

20180401bunaB_5y_01.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生5年目 樹高:23.5a

幹の直径は6/26から変化ありません(下写真)。

20180401bunaB_5y_03b.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生5年目(幹直径5.5_)

また、反対方向から見ると、幹の付け根部分から上方にかけて樹皮が剥れ落ちてきました(下写真)。

20180401bunaB_5y_04.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生5年目(幹直径5.5_)

20180401bunaB_5y_02.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生5年目 冬芽(長4.0_)

【成長記録】

【樹高】2018年1月8日から4月1日までの約3か月間でブナA(崇さん)の樹高が2a高くなりましたが、定規のあて方による誤差ということも考えられるので、成長して高くなったかどうかは分かりません。
ブナB(湯さん)に変化はありませんでした。

ブナA(スーさん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)

ブナB(タンさん) 2015.5/1:108_、5/9:113_、5/28:113_、6/12:113_、6/28:115_、7/12:157_、7/22:157_、8/10:165_、9/5:168_、9/18:168_、10/5:168_、10/24:168_、11/12:168_、11/29:168_、12/30:168_、2016.4/1:170_、4/23:170_、5/1:170_、5/8:200_、5/20:200_、5/29:200_、6/5:200_、6/22:210_、7/4:210_、7/17:210_、8/5:210_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:210_、5/31:270_、6/28:230_(※6/9鉢に植え替えした)、7/7:270_、8/11:245_(鉢に腐葉土を追加)、8/22:245_、9/8:245_、9/23:245_、10/26:245_、11/15:245_、11/26:245_、2018.1/8:235_(枝の先端が折れる)、4/1:235_

【冬芽】2018年1月8日から4月1日までの約3か月でブナA(崇さん)、ブナB(湯さん)共に変化はありませんでした。

ブナA(スーさん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_

ブナB(タンさん) 2015.9/5:7_、9/18:9_、10/5:12_、10/24:12_、11/12:12_、11/29:12_、12/30:12_、2016.4/1:12_、4/23:18_、5/1:芽吹きはじめ、8/5:6.5_、8/25:10.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:19_、8/11:4_、8/22:4_、9/8:4_、9/23:4_、10/26:4_、11/15:4_、11/26:4_、2018.1/8:4_、4/1:4_

【幹直径】2018年1月8日から4月1日までの約3か月でブナA(崇さん)、ブナB(湯さん)共に変化はありませんでした。

ブナA(スーさん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_

ブナB(タンさん) 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.0_、7/17:φ4.0_、8/5:φ4.0_、8/25:φ4.0_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.0_、10/13:φ5.0_、10/27:Φ5.0_、11/15:Φ5.0_、11/28:Φ5.0_、12/25:Φ5.0_、2017.4/26:Φ5.0_、5/31:Φ5.0_、6/28:Φ5.5_、7/7:Φ5.5_、8/11:Φ5.5_、8/22:Φ5.5_、9/8:Φ5.5_、9/23:Φ5.5_、10/26:Φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/26:Φ5.5_、2018.1/8:Φ5.5_、4/1:Φ5.5_
posted by kusabanakan at 07:19| ブナ日記

2018年04月01日

イヌブナ日記(143) 7年目&5年目に(4/1)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

1月8日以来、約3ヵ月半ぶりの更新です。
4月に入り、イヌブナの実生たちは7年目と5年目のシーズンに入りました。
軽井沢の3月は観測史上最も暖かくなりましたが、イヌブナは今のところまだ休眠中のようです。

20180401inubuna_5&7y_an_dan_son_01.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

以下、各イヌブナの詳細を記します。

【イヌブナ安さん(実生7年目)】

安さんの樹高は前回(1/8)の59aよりも1a高い60aでした。
厳しい冬場は、霜で鉢植えの中央部の土が盛り上がったりして、樹高の測定に誤差が生じやすくなっていましたが、冷え込みもゆるくなり、植木鉢の霜も少なくなりました。測定誤差も少なくなっていきそうです。


20180401inubuna_7y_an_01.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 安さん 樹高60a

幹の直径は昨年7/3の測定から約12_で変化ありません。

20180401inubuna_7y_an_03.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 安さん  幹直径12_

冬芽の長さは前回(1/8)と同様23_でした。

20180401inubuna_7y_an_02.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 安さん  枝の先端の冬芽(23_)

【イヌブナ壇さん(実生7年目)】

壇さんの樹高は前回(1/8)と同じ24aでした。

20180401inubuna_7y_dan_01.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 壇さん 樹高24a

幹の直径は昨年7/24の測定(9.5_)から変化がありません。

20180401inubuna_7y_dan_02.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 壇さん  幹直径9.5_

冬芽の長さは前回(1/8)の測定値21_から変化がありませんでした。

20180401inubuna_7y_dan_03.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 壇さん  枝の先端の冬芽(21_)

【イヌブナ孫さん(実生5年目)】

孫さんの樹高は前回(1/8)から変化がありませんでした。

20180401inubuna_5y_son_01.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 孫さん 樹高22a

幹の直径は昨年8/14の測定から変わらず6.5_でした。

20180401inubuna_5y_son_02.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 孫さん  幹直径6.5_

冬芽の長さは昨年10/2に測定した21_から変化がありませんでした。

20180401inubuna_5y_son_03.jpg
2018年4月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 孫さん  枝の先端の冬芽(21_)

【成長記録】

樹高:2018年1月8日から2018年4月1日の間に安さん、壇さん、孫さん共に樹高の変化はありませんでした。
安さんの樹高は59から60aに変化していますが、霜による土の盛り上がりで生じた測定誤差だと思われます。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a、8/2:20a、8/14:20a、8/26:21a、9/11:21a、10/2:21a、11/8:22a、11/25:22a、2018年1/8:22a、4/1:22a

冬芽:2018年1月8日から2018年4月1日の間に安さん、壇さん、孫さん共に(枝の一番先端の)冬芽の長さに変化はありませんでした。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_、8/14:7.0_、8/26:9.5_、9/11:15_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_

幹サイズ(直径):2018年1月8日から2018年4月1日の間に安さん、壇さん、孫さん共に幹の太さ(直径)に変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)→6.0_(8/2)→6.5_(8/14)→6.5_(8/26)、6.5_(9/11)、6.5_(10/2)、6.5_(11/8)、6.5_(11/25)、6.5_(2018年1/8)、6.5_(4/1)

posted by kusabanakan at 21:45| イヌブナ日記

2018年03月31日

暖かな3月、ダンコウバイ咲く

暖かな3月、草花館の敷地に生えているダンコウバイが一斉に咲き始めました!
平年4月になってから咲きはじめていたので、ずいぶん早い開花です。

20180331museum2018-dankobai01.jpg
2018年3月31日 軽井沢草花館 ダンコウバイ開花

20180331museum2018-dankobai02.jpg
2018年3月31日 軽井沢草花館 ダンコウバイの花

東京ではすでに桜が満開となり、散り始めといったところ。
気象庁の発表によると、東京の桜開花は4月17日で平年よりも9日早く、さらに満開は4月24日で平年よりも10日早かったようです。

軽井沢ではまだ桜の季節には早いものの、3月の気温は記録的な暖かさです。
昨日30日までの3月平均気温は3.5度で、平年よりも+3.0度。
3月の平均気温としては過去最も高い値となりそうです(今までは2013年の3.3度が最高)。
posted by kusabanakan at 17:39| 草花館日記

2018年03月25日

カラスvsアスター(121)

カラスvsアスター(121)

カラス&アスター267ブログ用.jpg
第267(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2018年03月23日

2018(1)ユウスゲの芽が出ました

3/21から22にかけて16aの積雪となりましたが、3月の下旬の雪ということもあり溶け方が早くに進んでいます。
本日、雪の溶けたプランターからユウスゲの芽が出ていました。今年初めて確認できた芽です。
芽が出ていたのは、4年目と3年目のプランターからで計3つでした。

20180323yusuge_planter_4y?-01.jpg
2018年3月23日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター4年目?

たぶん4年目のプランターだろうと思いますが、2aほどの芽が一つ出ていました(下)。

20180323yusuge_planter_4y?-02.jpg
2018年3月23日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター4年目?

3年目のプランターにも2つの芽が出ていました。

20180323yusuge_3y_planter_20160412-01.jpg
2018年3月23日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター3年目(2015年5月10日種まき)

こちらはまだ出たばかりのようでわずか5_。

20180323yusuge_3y_planter_20160412-02.jpg
2018年3月23日 軽井沢草花館 ユウスゲの芽 プランター3年目(2015年5月10日種まき)

この雪でプランター内の土が程よく湿りました。
これから暖かくなってくれば、次々に芽が出てくることでしょう。

ちなみに、過去に軽井沢草花館で観察したユウスゲの芽の出始め日は以下のようです。

2012年3月26日:0.8a
2013年3月20日:1a
2014年3月28日:1a
2015年3月20日:1a
2016年3月26日:3a
2017年4月5日:1a
2018年3月23日:2a
こうしてみると、今年は平均的かやや早い芽吹きと言えそうです。
posted by kusabanakan at 23:27| ゆうすげ日記

2018年03月11日

水彩と油彩でつづる 石川功一「軽井沢の草花展」

小さな美術館軽井沢草花館 2018年度展示のご案内

水彩と油彩でつづる
「石川功一 軽井沢の草花展」T−X

2018exhibit.jpg

季節に合わせながら5期にわたって展示替えを行っていきます。
それぞれ40点前後の草花図(水彩スケッチと油彩画)と加えて美人画、風景画の作品も1点づつ紹介していきます。

2018exhibit-b.jpg
2018年4月21日(土)から11月25日(日)
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、8月は無休)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料
※2018年4/21-23は今年度OPEN記念で入館無料です。

以下、4月18日に追記

【石川功一の水彩スケッチ】

20180418museum-wasabi-ishikawa.jpg
石川功一 軽井沢の自生地における水彩スケッチ

20180418museum-waterpalette.jpg
石川功一が愛用していた水彩パレット(軽井沢の野山に携帯して現場スケッチに使っていた)

20180418museum-water-tsubameomoto.jpg
石川功一 水彩スケッチ ツバメオモト(2018年4/21から5/21までの展示作品)

20180418museum-photo-tsubameomoto.jpg
軽井沢自生地に咲く ツバメオモト

【石川功一の油彩画】

20180418museum-oil-ishikawa.jpg
石川功一 油彩画の制作 東京アトリエにて

20180418museum-oilpalette.jpg
石川功一が愛用していた油彩パレット

20180418museum-oil-yamasyakuyaku.jpg
石川功一 油彩画 ヤマシャクヤク 30号(2018年4/21から5/21までの展示作品)

20180418museum-oil-Portrait.jpg
石川功一 油彩画 美人画「和装」 3号(2018年4/21から5/21までの展示作品)

20180418museum-oil-mountain.jpg
石川功一 油彩画 浅間山 4号(2018年4/21から5/21までの展示作品)

以上
posted by kusabanakan at 21:47| 展示紹介

カラスvsアスター(120)

カラスvsアスター(120)

カラス&アスター280ブログ用.jpg
第280(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2018年02月25日

カラスvsアスター(119)

カラスvsアスター(119)

カラス&アスター263ブログ用.jpg
第263(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2018年02月11日

カラスvsアスター(118)

カラスvsアスター(118)

カラス&アスター264ブログ用.jpg
第264(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2018年01月28日

カラスvsアスター(117)

カラスvsアスター(117)

カラス&アスター265ブログ用.jpg
第265(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2018年01月21日

ブナ日記(90)ブナの湯さん、先端折れる(1/8)

2014年春に種から発芽したブナの生長記録です。現在4年目、今度(2018年)の5月で5年目をむかえます)
11月26日以来、約1ヵ月半ぶりの更新です。
但し、1月8日(月)に記録したものを本日1月21日の日記としてアップします。

最も寒い時期をむかえ、ブナの実生はじっと春を待っているようです。
前回から大きな変化は見られませんが、昨年枯死してしまったブナBの湯(タン)さんは枝の先端が1cmほど折れてしまい、その分樹高が低くなりました。

20180108bunaA&B01_4y_01.jpg
2018年1月8日 軽井沢草花館 後ろ:ブナA(崇さん)
手前:ブナB(湯さん) 共に実生4年目()

【ブナA:崇(スー)さん】

崇さんの樹高は8/11から30aのままです。

20180108bunaA_4y_01.jpg
2018年1月8日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目 樹高30a

下写真は、上方から見た崇さん。
一部の葉が落ちましたが、相変わらずほとんどの葉が残っています。これは例年通りです。

20180108bunaA_4y_02.jpg
2018年1月8日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目

幹の直径は8.5_で、8/11から変化ありません(下写真)。

20180108bunaA_4y_03.jpg
2018年1月8日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目 幹直径8.5_

(下写真)枝の先端についた冬芽の長さは11_で、10/26から変化がありません。
この冬芽の大きさについては、過去の記録と比べると小さめです。
1年目2014年11月:9.5_、2年目2015年11月:14_。3年目2016年11月:15_、4年目2017年11月:11_
1年目の冬(2014-2015)は冬芽の長さが9.5_にしかなりませんでしたが、2年目:14_、3年目:15_と冬芽が大きくなって冬を越しました。
今年は11_ですから、1年目に近いサイズでの冬越しです。理由は分かりません。

20180108bunaA_4y_04.jpg
2018年1月8日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目 冬芽(11.0_)

【ブナB:湯(タン)さん】

湯さんの樹高は23.5aで前回(2017年11月26日)から1a短くなりました。
理由は先端の枝が何らかの理由で折れてしまったためで、実質的(生物的)な変化ではありません。
湯(タン)さんはすでに枯死しているようですが、来春まで記録を残そうと思います。

20180108bunaB_4y_01.jpg
2018年1月8日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目 樹高:23.5a

下は前回(2017年11月26日)の時の様子です。

20171126bunaB_4y_01.jpg
2017年11月26日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目 樹高:24.5a

下写真は、上方から見た湯さん。

20180108bunaB_4y_02.jpg

2018年1月8日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目

下は前回(2017年11月26日)の時の様子です。
比べると、枝の先端が折れて短くなっているのがよく分かります。

20171126bunaB_4y_02.jpg
2017年11月26日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目

幹の直径は6/26から変化ありません(下写真)。

20180108bunaB_4y_03.jpg
2018年1月8日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目(幹直径5.5_)

20180108bunaB_4y_04.jpg
2018年1月8日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん)実生4年目 冬芽(長4.0_)

【成長記録】

【樹高】2017年11月26日から2018年1月8日までの約1か月半でブナA(崇さん)に変化はありませんでした。ブナB(湯さん)は枝の先端が折れた影響で1a低くなりました。

ブナA(スーさん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_

ブナB(タンさん) 2015.5/1:108_、5/9:113_、5/28:113_、6/12:113_、6/28:115_、7/12:157_、7/22:157_、8/10:165_、9/5:168_、9/18:168_、10/5:168_、10/24:168_、11/12:168_、11/29:168_、12/30:168_、2016.4/1:170_、4/23:170_、5/1:170_、5/8:200_、5/20:200_、5/29:200_、6/5:200_、6/22:210_、7/4:210_、7/17:210_、8/5:210_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:210_、5/31:270_、6/28:230_(※6/9鉢に植え替えした)、7/7:270_、8/11:245_(鉢に腐葉土を追加)、8/22:245_、9/8:245_、9/23:245_、10/26:245_、11/15:245_、11/26:245_、2018.1/8:235_(枝の先端が折れる)

【冬芽】2017年11月26日から2018年1月8日までの約1か月半でブナA(崇さん)、ブナB(湯さん)共に変化はありませんでした。

ブナA(スーさん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_

ブナB(タンさん) 2015.9/5:7_、9/18:9_、10/5:12_、10/24:12_、11/12:12_、11/29:12_、12/30:12_、2016.4/1:12_、4/23:18_、5/1:芽吹きはじめ、8/5:6.5_、8/25:10.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:19_、8/11:4_、8/22:4_、9/8:4_、9/23:4_、10/26:4_、11/15:4_、11/26:4_、2018.1/8:4_

【幹直径】2017年11月26日から2018年1月8日までの約1か月半でブナA(崇さん)、ブナB(湯さん)共に変化はありませんでした。

ブナA(スーさん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_

ブナB(タンさん) 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.0_、7/17:φ4.0_、8/5:φ4.0_、8/25:φ4.0_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.0_、10/13:φ5.0_、10/27:Φ5.0_、11/15:Φ5.0_、11/28:Φ5.0_、12/25:Φ5.0_、2017.4/26:Φ5.0_、5/31:Φ5.0_、6/28:Φ5.5_、7/7:Φ5.5_、8/11:Φ5.5_、8/22:Φ5.5_、9/8:Φ5.5_、9/23:Φ5.5_、10/26:Φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/26:Φ5.5_、2018.1/8:Φ5.5_
posted by kusabanakan at 16:25| ブナ日記