2017年08月02日

緑のカーテン2017(12)緑が最盛期(8/2)

今年で7年目、2011年から始めた緑のカーテンの観察日記。
7月21日以来、12日ぶりの更新です。

軽井沢ではこの8月第1週あたりが、一年で最も気温の高い時期。
緑のカーテンが活躍する季節でもあります。

軽井沢草花館のテラスでは見事に葉っぱが生い茂り、この時期に合わせたかのように緑のカーテンが最盛期です。

20170802midori02.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20170802midori01.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20170802midori03.jpg
2017年8月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

現在、ウチワドコロ花が咲いていますが、他のノブドウ、イケマ、ジネンジョ、チョウセンゴミシは花が咲いていません。
イケマはつぼみが付いていますが、今のところ、咲きそうな気配がありません。
成長時期の早いウチワドコロが勢力を強め、ネットの7割くらいを占領している形なので、他の蔓植物が育ちにくくなっているのかも知れません。
posted by kusabanakan at 22:21| 緑のカーテン

2017年08月01日

2017(48)8月最盛期、ユウスゲ45輪(8/1)

8月に入りました。
ユウスゲの開花状況は最盛期で、見ごろをむかえています。

今日は午後から雨となり、一時的にドシャ降り。
軽井沢気象観測所のある追分では15時から17時までの2時間で4.5_の降水を記録していますが、この軽井沢草花館のある軽井沢東のエリアでは13時から17時の間に数十ミリの雨が降ったと思われます。
雨上がりの頃、まだ16時半頃でしたが、ユウスゲはすでに花びらを大きく開いて咲き誇っていました。

20170801yusuge_jiueA01-1639.jpg
2017年8月1日 16:40 軽井沢草花館 ユウスゲ

20170801yusuge_jiueB01-1639.jpg
2017年8月1日 16:40 軽井沢草花館 ユウスゲ

20170801yusuge_jiueC01-1641.jpg
2017年8月1日 16:40 軽井沢草花館 ユウスゲ
posted by kusabanakan at 17:27| ゆうすげ日記

2017年07月31日

2017(47)ユウスゲ33輪、1週間ぶりに暑い一日(7/31)

日中28.2度まで気温が上がり、1週間ぶりに最高気温が平年よりも高くなりました。
軽井沢草花館の庭に咲いたユウスゲは33輪。
気温が下がり、風が心地よくなった夕方に咲きました。

20170731yusuge_jiueA02-1739.jpg
2017年7月31日 17:40 軽井沢草花館 ユウスゲ

20170731yusuge_jiueA03-1744.jpg
2017年7月31日 17:45 軽井沢草花館 ユウスゲ

20170731yusuge_jiueA01-1741.jpg
2017年7月31日 17:40 軽井沢草花館 ユウスゲ
posted by kusabanakan at 19:21| ゆうすげ日記

2017年07月30日

2017(46)ユウスゲ53輪 ヤマユリにタマアジサイ開花、他(7/30)

【ユウスゲ】

今日も涼しい一日となりました(最高気温21.8度)。
夕方になって咲いた軽井沢草花館のユウスゲは53輪。今シーズン最多となりました。

20170730yusuge_jiueAll01-1652.jpg
2017年7月30日 16:50 軽井沢草花館 ユウスゲ

20170730yusuge_jiueAll02-1653.jpg
2017年7月30日 16:55 軽井沢草花館 ユウスゲ

下の写真は、今年プランターに種まきしたユウスゲの苗です。
前回、2週間前(7月16日)に観察した時よりも大きく、そして芽の数が増えたので、記録を残します。

20170730yusuge_planter_1yA&B_20170414&20170504-01.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ1年目×2

この2週間、種まきから2年目以上の苗は、草丈の成長がほぼ止まっていたようですが、1年目の苗はぐんぐんと大きくなりました。
草丈の高さは、前回は18aしかなかったものが、25aにまで成長していました。

さらに、芽が大きくなっただけでなく、新たに発芽したものが多数ありました。特に5月4日に種まきした方のユウスゲは前回10しか出ていなかった芽が今回は40個。30もの新しい芽が出ています。
これで、30から40個に芽の数を増やした4月14日に種まきしたプランターと芽の数で並びました。

20170716yusuge_planter_1yA&B_20170414&20170504-01.jpg
2017年7月16日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタ1年目×2

【ヤマユリ】

涼し日が続いていたせいか、大きく膨らんだつぼみがなかなか開かずにいましたが、今朝咲いていました。

20170730yamayuri.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 ヤマユリ

【タマアジサイ】

こちらは、予想以上に早く咲きはじめました。
咲いているのはまだ数えるほどしかありませんが、今後、球が割れて次々に花が咲いてきそうです。

20170730tamaajisai.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 タマアジサイ

【コバギボウシ】

ギボウシが見頃の状態になりました。

20170730giboushi.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 コバギボウシ

【キキョウ】

キキョウも見ごろの状態です。

20170730kikyo.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 キキョウ

【ワレモコウ】

ワレモコウはまだつぼみの状態で、平年よりも少し遅いように思います。

20170730waremokou.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 ワレモコウ(つぼみ)

つづく

posted by kusabanakan at 19:22| ゆうすげ日記

ブナ日記(82) ブナの崇さん、姿勢が変わり樹高伸びる(7/30)

(この4月で4年目、2014年春に種から発芽したブナの生長記録です)
7月21日以来、9日ぶりの更新です。

20170730bunaA&B01_4y_01.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 ブナ 実生4年目 後ろ:ブナA(崇さん) 手前:ブナB(湯さん) 共に実生4年目

【ブナA(崇さん)】

7月7日以来、23日ぶりに樹高を測定したいたところ、29aでした。
6月13日にプランターから今の鉢に植え替えした影響と、定規の当て方の誤差だろうと思いますが、過去の測定値は5/31の28a、6/28の25a、7/7の26a、そして本日の29aと続きます。

20170730bunaA_4y_02.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目 樹高29a

下の写真は前回樹高を測定したときのもので、樹高は26aでした。
今日の写真(上)と比べると、幹自体が伸びたのではなく、斜めに伸びていた幹が、上方向に起き上がってきたように見えます。
測定誤差も多少あると思いますが、26aから29aになったのは、枝が起き上がってきた影響が大きいと考えます。

20170707bunaA_4y_01.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目 樹高26a

20170730bunaA_4y_03.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目(上から見た写真)

また、枝の下の方の葉っぱの縁が茶色に変わってきていますが、上の方の葉っぱはまだきれいな状態です。(下の写真は7月7日の時)

20170707bunaA_4y_02.jpg
2017年7月7日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん)実生4年目 幅35a

【ブナB(湯さん)】

すべての葉っぱが枯れてしまったイヌブナBの湯さん。

20170730bunaB_4y_01.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん) 実生4年目

葉っぱがなくなって、光合成できなくなりましたが、たった一つだけ冬芽が付いていて、それが来年しっかりと芽を出してくれるかどうか? なんとか枯れないでいてほしいと思っています。

20170730bunaB_4y_03.jpg
2017年7月30日 軽井沢草花館 ブナA(崇さん) 実生4年目 1つだけ出ている芽

引き続き注意深く観察を続けます。
posted by kusabanakan at 16:25| ブナ日記

2017年07月29日

2017(45)ユウスゲ39輪 雨続きも涼しくて過ごしやすい一日。(7/29)

強い雨にはならず、肌にわずかに感じる霧雨、あるいは小雨の一日となりました。
軽井沢草花館で咲いたユウスゲの数は39。
夕方になると花びらに雨粒を付けながら、美しく咲いてくれました。

20170729yusuge_giboushi-1652.jpg
2017年7月29日 16:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(背景:コバギボウシ)

今朝は、通常一番気温の下がる6時ころに気温が20度ほどあり、(軽井沢の)平年値よりも3度くらい暑くなりました。
朝8:35に記録した21.8度が今日の最高気温で、以降ゆっくりと温度が低下。
雨の一日ではありましたが、夕方には10度台にまで下がり、たいへん過ごしやすい一日となりました。

20170729yusugeA01-1651.jpg
2017年7月29日 16:50 軽井沢草花館 ユウスゲ
posted by kusabanakan at 19:57| ゆうすげ日記

2017年07月28日

2017(44)ユウスゲ28輪、ギボウシ、タマアジサイ、レンゲショウマ他(7/28)

本日、軽井沢草花館の小さな庭に咲いたユウスゲは28輪。

20170728yusuge_irikuchi01-1550.jpg
2017年7月28日 15:50 軽井沢草花館 入口前 ユウスゲ

ここ数日ぐずついた天気が続いていますが、今日を含めて4日連続で日中の最高気温が25度未満。
湿気はあるものの、涼しく過ごせます。

今日は、コガネムシのような大きさの昆虫が咲いたばかりのユウスゲにやってきて、一生懸命に蜜を吸っていました。
ユウスゲにアブラムシやアリが付くのは、おなじみのことなので、なんの違和感もありませんが、このように比較的大きな昆虫がユウスゲの花びらにつかまって蜜を吸う姿はあまり見ません。

20170728yusuge_jiueA01-1558.jpg
2017年7月28日 16:00 軽井沢草花館 ユウスゲに付いた昆虫

以下は、その他の草花について、開花の状況です。

【ギボウシ】

つぼみが開いて現在5部咲き程度です。

20170728oobagiboushi01.jpg
2017年7月28日 軽井沢草花館 コバギボウシ?

【タマアジサイ】

早くもタマアジサイの球が割れて、中から(薄紫の)つぼみが出るようになりました。予想していたよりも大幅に早くに花が咲きはじめそうです。

20170728tamaajisai01.jpg
2017年7月28日 軽井沢草花館 タマアジサイ 球が割れて、中からつぼみが出てきました

上の写真のようにつぼみの出た”球”はまだ数える程度で、大半の”球”は以下の写真のような状態です。

20170728tamaajisai02.jpg
2017年7月28日 軽井沢草花館 タマアジサイ 球の状態

【レンゲショウマ】

つぼみのサイズは大きなもので直径12_。うっすらと紅色になり始めました。
開花は8月に入ってからになりそうです。

20170728rengeshoma02.jpg
2017年7月28日 軽井沢草花館 レンゲショウマ

【メタカラコウ】

7部咲き程度の咲き具合で、見ごろになりました。

20170728metakarakou01.jpg
2017年7月28日 軽井沢草花館 メタカラコウ

【ヤマユリ】

つぼみが膨らんできました。一両日中に開花しそうです。

20170728yamayuri01.jpg
2017年7月28日 軽井沢草花館 ヤマユリのつぼみ

【マツムシソウ】

高原の花が次々に咲いてきました。

20170728matsumushiso01.jpg
2017年7月28日 軽井沢草花館 マツムシソウ
posted by kusabanakan at 22:39| ゆうすげ日記

2017年07月27日

2017(43)ユウスゲ43輪、今季最多更新(7/27)

朝から夕方にかけてぐずついた空模様。
陽ざしがないのも手伝ってか、涼しくて過ごしやすい一日でした。
(最高気温22.7度、最低気温:15.2度)

軽井沢草花館の庭のユウスゲは43輪。
今シーズン最多の開花数です。

20170727yusuge_jiueA02-1727.jpg
2017年7月27日 17:30 軽井沢草花館 ユウスゲ

40以上もの花(ユウスゲ)が咲き、とても見ごたえがありました。

20170727yusuge_jiueA01-1724.jpg
2017年7月27日 17:25 軽井沢草花館 ユウスゲ
posted by kusabanakan at 21:14| ゆうすげ日記

2017年07月26日

2017(42)ユウスゲ29輪今季最多、アブラムシようやく現る(7/26)

今朝、ユウスゲの花茎に止まっている”アブラムシ”を発見しました。
軽井沢草花館では、今シーズン初のアブラムシです。

20170726yusuge_aburamushi.jpg
2017年7月26日 朝 軽井沢草花館 ユウスゲの花茎についたアブラムシ
(オレンジ色の大きな方がメスの成虫で白い小さな方は幼虫)

ユウスゲにはアブラムシが付き物で、毎年、7月にもなるとアブラムシの駆除に追われるものです。
今年は、これまで姿が見られず、その手間が省けていたのですが、今朝の発見で作業開始です。

ユウスゲにアブラムシが付いたからと言って、ユウスゲが枯れてしまうわけではありませんが、白いアブラムシがユウスゲの花茎やつぼみにびっしり付いていたりすると、見た目がどうも悪いので、毎年この時期になると手でとりのぞいています。

さて、本日軽井沢草花館の庭に咲いたユウスゲは29輪。
朝からぐずついた天気で、特に午後からは断続的な雨となりましたが、今季一番の開花数となりました。

20170726yusuge_jiueA01-1637.jpg
2017年7月26日 軽井沢草花館 ユウスゲ
posted by kusabanakan at 22:24| ゆうすげ日記

2017年07月25日

2017(41)ユウスゲ20輪、暮夜に咲く(7/25)

朝から曇天の空、湿気があり、雨も降り、一日中ぐずついた天気となりました。
夕方から咲いたユウスゲは全部で20輪。
風がピタッと止まり、完全に日が暮れた時分、
電灯の薄明りに照らされたユウスゲが、月のごとく微弱に輝いていました。

20170725yusuge_jiueA01-1946.jpg
2017年7月25日 19:45 軽井沢草花館 ユウスゲ
posted by kusabanakan at 21:20| ゆうすげ日記

2017年07月24日

2017(40)ユウスゲ23輪 他、ナデシコやメタカラコウ咲く(7/24)

どんよりとした空模様の一日、18時過ぎからは雨に変わりました
軽井沢草花館の小さな庭では、夕方になって23輪のユウスゲが咲きました。

20170724yusuge_jiueA01-1614.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ

花茎の本数は確認できたもので93本。
そして、相変わらずアブラムシがいません!
今年はまだ一匹も見ておらず、ここ軽井沢草花館でユウスゲを育て始めて12年目になりますが、初めてのことです。
その他、ハチ、アリ、毛虫、ナメクジ等、例年であればたくさん見られる虫が、今年は「ほとんど見ない」か「全く見ない」の状況です。

また、先週18日に花びらが10枚あるユウスゲが咲きましたが、3つあったつぼみの最後の1つが昨日咲きました。花びらの数は6枚で通常のユウスゲ。昨日の夕方に咲いている写真を撮りそびれてしまったので、今日になって、しぼんだ花を撮影しました(下写真)。

20170724yusuge_jiue01-10ben-1504.jpg
2017年7月24日 15:05 軽井沢草花館 花びら10枚のユウスゲの咲いた苗の最後の一輪(花びら6枚)

下は7月18日に花を咲かせた花びらが10枚あるユウスゲ

20170718yusuge_jiue01-10ben-1716.jpg
2017年7月18日 17:15 軽井沢草花館 花びらが10枚のユウスゲ(地植え)

以下は、ユウスゲ以外の花の開花状況です。

【エゾカワラナデシコ】

20170724ezokawaranadeshiko.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 エゾカワラナデシコ(今年最初の一輪)

【メタカラコウ】

20170724metakarakou.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 メタカラコウ(咲き始め)

【アカバナシモツケソウ】

20170724akabanashimotsukesou.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 アカバナシモツケソウ(見ごろの状態です)

【ネジバナ】

20170724nejibana.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 ネジバナ

ユウスゲを育てているプランターに生えて花が咲きました(ネジバナ)。

【オミナエシ】

20170724ominaeshi.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館  看板前のオミナエシ(見ごろの状態、しばらく楽しめそうです)
posted by kusabanakan at 19:53| ゆうすげ日記

イヌブナ日記(133)4年目の孫さんわずかに成長(7/24)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

7月13日以来、11日ぶりの更新です。
前回同様、樹高、幹の直径の測定も行いました。
これと言って大きな変化はありませんが、1か月ほど遅れて芽吹きを始めたイヌブナ実生から4年目の孫さんだけは、枝がわずかに伸びて、全体の幅が広くなりました。また、イヌブナBの檀さんは幹の直径が0.5_太くなっていました。

20170724inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

下の写真は11日前に撮影したものですが、比べると、イヌブナの孫さんだけ枝が伸びて、幅が広がっているのが分かります。

20170713inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

以下、それぞれの詳細です。

【イヌブナ実生6年目 安(あん)さん】

20170724inubuna_6y_an_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高45a

樹高は前回(7/13)の時と同じでした。

20170724inubuna_6y_an_04.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

幹の直径も前回(7/13)から変化がありませんでした。

【イヌブナ実生6年目 檀(だん)さん】

20170724inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高23.5a

樹高は前回(7/13)の23aから0.5a伸びましたが、定規のあて方の違いによる誤差の可能性もあり。ほとんど変わっていないと思われます。

20170724inubuna_6y_dan_04.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 幹直径9.5_

幹の直径が前回(7/13)より0.5_太くなりました。

【イヌブナ実生4年目 孫(そん)さん】

1か月以上も芽吹きの時期が遅れたイヌブナの孫さん。
他のイヌブナ実生はすでに枝葉の成長が止まっているようですが、孫さんはこの時期になっても枝も伸ばし、葉が大きくなっているようです。

20170724inubuna_4y_son_01.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高20a

樹高は20aで前回(7/13)と同じでした。

20170724inubuna_4y_son_02.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

下は前回(7/13)に撮影した孫さんです。比べると、葉っぱの大きさが少し大きくなり、枝の先端も少し伸びています。

20170713inubuna_4y_son_04.jpg
2017年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん

20170724inubuna_4y_son_04.jpg
2017年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 幹直径6_

幹の直径は前回(7/13)と変わりませんでした。

【成長記録】

樹高:イヌブナBの檀さんだけ樹高の測定値が0.5a伸びていましたが、定規の充て方の誤差などによるもので、ほとんど変化がなかったと思われます。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a

冬芽:芽吹きが終わり、冬芽はありません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_

幹サイズ(直径):7/13から7/24にかけて、イヌブナBの檀さんだけ幹の直径が9.0_から9.5_にサイズアップしました。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)

つづく
posted by kusabanakan at 17:00| イヌブナ日記

2017年07月23日

2017(39)雨の一日、ユウスゲ27輪&実2つ そしてマツムシソウ咲く(7/23)

昨日の夕方、久しぶりにまとまった降水がありましたが。今日も朝から雨が降り始め、ほぼ一日中弱い雨が降り続けました。
夕方になると、雨粒が付いたユウスゲのつぼみが開きはじめ、27輪もの花が咲きました。今季一番の開花数です。

20170723yusuge_jiueA01-1606.jpg
2017年7月23日 16:05 軽井沢草花館 ユウスゲ

20170723yusuge_jiueB01-1742.jpg
2017年7月23日 17:40 軽井沢草花館 ユウスゲ

また、すでに咲き終わったユウスゲには実が付きはじめています(下写真)。

20170723yusuge_mi01re-1607.jpg
2017年7月23日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲの実

上の写真では分かりづらいですが、実は2つ付いていて、写真に写っている大きな方は長さにして16_。さらに大きくなりそうですが、しっかりと実がついて種を残してくれそうです。

【マツムシソウが初開花】

軽井沢草花館の庭で今年初めて咲きました。

20170723matsumushiso.jpg
2017年7月23日 軽井沢草花館 マツムシソウ

昨日は、下の写真のように3分の1くらいしか花びらが開きませんでしたが、この雨の中、しっかりと咲き切りました。
すかさず昆虫もやってきて、蜜を吸っていました。

20170722matsumushiso.jpg
2017年7月22日 軽井沢草花館 マツムシソウ(3分の1くらいだけ咲いた)
posted by kusabanakan at 17:02| ゆうすげ日記

カラスvsアスター(104)

カラスvsアスター(104)

カラス&アスター270ブログ用.jpg
第270話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2017年07月22日

2017(38)ユウスゲ20輪 花びら10枚の次は通常6枚、その他の花(7/22)

17:00頃より、にわか雨。
19時ころにはほぼ止みましたが、久しぶりにまとまった雨。
冷やされた風が心地よいです。

さて、本日、軽井沢草花館の庭で咲いたユウスゲは20輪。

20170722yusuge_jiueA01-1634.jpg
2017年7月22日 16:35 軽井沢草花館 ユウスゲ(雨が降る前)

その中でもとりわけ、注目していた一輪が下の写真のユウスゲ。

20170722yusuge_jiue01-10ben-1736.jpg
2017年7月22日 17:35 軽井沢草花館 ユウスゲ(雨の中での撮影)

このユウスゲは先の7月18日に花びらが10枚あったユウスゲと同じ株。
3日ぶりに2輪目となる花を咲かせましたが、花びらは通常の6枚でした。
この前はたまたま10枚あったのでしょうか?
この株からはつぼみがあと1つ残っているので、花びらが何枚あるか楽しみです。

下の写真が7月18日に咲いた花びらが10枚のユウスゲ

20170718yusuge_jiue01-10ben-1716.jpg
2017年7月18日 17:15 軽井沢草花館 花びらが10枚のユウスゲ(地植え)

【その他の花】

20170722kikyo.jpg
2017年7月22日 軽井沢草花館 キキョウ 朝、咲いていました。

20170722akabanashimotsukeso.jpg
2017年7月22日 軽井沢草花館 アカバナシモツケソウ まだ咲き始めでとてもきれいです。

20170722matsumushiso.jpg
2017年7月22日 軽井沢草花館 マツムシソウ(3分の一くらいが咲きました)

20170722rengeshoma.jpg
2017年7月22日 軽井沢草花館 レンゲショウマ(つぼみの直径:約10_)

レンゲショウマのつぼみが大きなもので直径1aありました。
5日前には9_だったので、わずか1_ですが大きくなりました。
開花は8月以降となりそうです。
posted by kusabanakan at 19:56| ゆうすげ日記

2017年07月21日

ブナ日記(81) ブナの湯さん、葉っぱが全て枯れる(7/21)

(この4月で4年目、2014年春に種から発芽したブナの生長記録です)
7月10日以来、11日ぶりの更新です。

20170721bunaA&B01_4y_01.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 ブナ 実生4年目 後ろ:ブナA(崇さん) 手前:ブナB(湯さん) 共に実生4年目

7月10日時点で、葉っぱが4枚になってしまっていたブナBの湯さん。
その後、4枚の葉は少しづつ元気がなくなり、とうとうすべての葉が枯れてしまいました…(下写真)

20170721bunaB_4y_01.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん) 実生4年目

下は、11日前の状態で、4枚の葉は何とか元気でした。

20170710bunaB_4y_01.jpg
2017年7月10日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん) 実生4年目

幹の下部の3枚の葉(@、A、B)はかろうじて緑の色を残していますが、葉の先端から褐色化し、丸まってきました(下写真)。


20170721bunaB_4y_02.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん) 実生4年目

かろうじて望みを感じるのは、たった一つだけ付いている”芽”の存在です(下写真)。
この時期に葉っぱがなくなってしまうのは、ブナB湯さんにとって、たいへん危険的な状態だと思いますが、もしもこの”芽”が生きていて、来春に芽吹いてくれるならば、何とか命がつながるのではないか? と思うのです。
ただし、下の写真でみる限り、幹の色が黒っぽく変色してきているので、”木”自体が枯れてしまっているのではないか?という心配もあります。

20170721bunaB_4y_03.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 ブナB(湯さん) 実生4年目 幹についた芽

引き続き注意深く観察を続けます。
posted by kusabanakan at 22:27| ブナ日記

2017(37)ユウスゲ21輪 フシグロセンノウも開花(7/21)

本日、軽井沢草花館の小さな庭には21輪のユウスゲ。
暑さの和らいだ夕暮れに、美しく咲きました。

20170721yusuge_jiueA01-1728.jpg
2017年7月21日 17:30 軽井沢草花館 ユウスゲ

さらに、フシグロセンノウが、今年初めて咲きました(下写真)。
オレンジ色の鮮やかな花びらが、よく目立っています。

20170721fushigurosenno.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 フシグロセンノウ

また、キキョウの花も咲きはじめそうです。
下の写真のように、つぼみには色が付き、今にも花が開いてきそうでしたが、結局ユウスゲの咲く夕方になっても、日が暮れかかってきても、咲くことはありませんでした。明日咲くでしょう。

20170721kikyo.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 咲きそうで咲かなかったキキョウ

つづく
posted by kusabanakan at 21:11| ゆうすげ日記

緑のカーテン2017(11)ウチワドコロ開花、イケマはつぼみ出る(7/21)

今年で7年目、2011年から始めた緑のカーテンの観察日記。
7月12日以来、9日ぶりの更新です。

相変わらず、暑い日が続いています。
緑のカーテンは、9日前に比べてさらに厚みが増しました。

20170721midori00.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン

各種のつる(ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ(ジネンジョ)、チョウセンゴミシ)がネットに絡み、緑のカーテンを形成しています。
現在、ウチワドコロの葉が全体の7割くらいを占めていて、残りの3割はノブドウ、イケマ、そしてヤマノイモ(ジネンジョ)です。7月に入ってから、ウチワドコロの成長は落ち着いてきたものの、イケマ、ヤマノイモ、ノブドウの蔓は成長を続け、全体の構成比が少し変わってきています。チョウセンゴミシは1mほどネットに絡んだものの、その後、蔓が高くにまで絡まず、成長が止まっています。

20170721midori02.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン ネットに絡んだウチワドコロ、ノブドウ、イケマ

野生では、上の写真のような3種類の植物が同じ場所に生えたりはしないと思われます。
この3種類の植物の中で、最も早くに蔓を伸ばして成長するのがウチワドコロ。
ノブドウとイケマ、さらにヤマノイモ(下写真)がその後を追うように蔓を伸ばしてきます。

20170721midori03.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン ネットに絡んだウチワドコロとヤマノイモ

下は違う角度からみた緑のカーテン。

20170721midori01.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は9日前(7/12)に撮影した写真です。葉っぱの密度が濃くなり、色が深くなっているように感じます。

20170712midori01.jpg
2017年7月12日 軽井沢草花館 緑のカーテン

ウチワドコロには花が咲き始めています(下写真)。

20170721midori-uchiwadokoro.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの花

また、イケマにはようやくつぼみが付きはじめました(下写真)。本来であれば、1週間くらい前に花が咲き始めていてもよいところです。

20170721midori-ikema.jpg
2017年7月21日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマのつぼみ

つづく
posted by kusabanakan at 21:06| 緑のカーテン

2017年07月20日

2017(36)ユウスゲ14輪 花茎187aのユウスゲが開花(7/20)

昨日(7/19)、軽井沢も含まれる関東甲信地方が「梅雨明けしたとみられる」とのニュースがありました。
平年よりも2日早く、梅雨明けの遅かった昨年よりも10日早いのだそうです。

さて、夕方になり、軽井沢草花館の小さな庭に14輪のユウスゲが咲きました。
中でも、昨日のユウスゲ日記にも記した花茎が187aにもなった大きな株から一輪花が咲きました(下写真)。

20170720yusuge_irikuchi01-1649.jpg
2017年7月20日 16:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(花茎187a)

人の背丈よりも高い187aもあるので、花を見上げるように見なければいけませんが、軽井沢草花館の入口前に生えているので、遠くからも目立って良いかもしれません。
※ちなみに、軽井沢草花館で花茎の過去最高は227aです(ちょっと異常な高さです)。

その他のユウスゲもきれいに咲きました(下写真)。

20170720yusuge_jiueA01-1733.jpg
2017年7月20日 17:35 軽井沢草花館 ユウスゲ

20170720yusuge_jiueB01-1732.jpg
2017年7月20日 17:35 軽井沢草花館 ユウスゲ

つづく
posted by kusabanakan at 18:05| ゆうすげ日記

2017年07月19日

2017(35)ユウスゲ14輪 ノハラアザミも開花(7/19)

本日、軽井沢草花館のユウスゲは14輪。
夕暮れの時刻になると、美しい姿で咲きました。

20170719yusuge_jiueB01-1744.jpg
2017年7月19日 17:45 軽井沢草花館 ユウスゲ

開花数が二桁台になると、だいぶたくさん咲いているように感じます。
全体の花茎は確認できるだけで88本ありました。
3日前は85本だったので、3日で3本の微増です。

20170719yusuge_jiueC01-1720.jpg
2017年7月19日 17:20 軽井沢草花館 ユウスゲ

20170719yusuge_jiueC01-1723.jpg
2017年7月19日 17:23 軽井沢草花館 ユウスゲ

同じユウスゲでも、個体によって、咲く時間帯や花持ちの良し悪しなど、個性があるようです。
花茎が50aと背の低いユウスゲ(下写真)。
7月14日に最初の一輪が咲いて、今日2度目の開花です。
一度に二つのつぼみが開きました。

20170719yusuge_jiueA01-1633.jpg
2017年7月19日 17:45 軽井沢草花館 ユウスゲ(花茎50a)

一方、背の高いユウスゲも敷地内に何本かあります。
入口付近で育てているユウスゲは、(19日現在)花茎の高さが187a。
人の背丈よりも伸びて、見上げるような高さです。
花茎55aのユウスゲに比べると、3倍以上の高さ。
つぼみも大きくなってきており、明日、あるいは明後日には花が咲きそうです。

20170719yusuge_irikuchi01-1649.jpg
2017年7月19日 16:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(花茎187a)

【ノハラアザミ】

今年、軽井沢草花館で最初のノハラアザミです。
つぼみがたくさん出ているので、これから9月くらいまで、楽しませてくれそうです。

20170719noharaazami.jpg
2017年7月19日 軽井沢草花館 今年最初のノハラアザミ開花

【おまけ:昨日の夕方咲いた花びらが10枚あるユウスゲ】

昨夕咲いた、花びらが10枚のユウスゲ。
今朝(6時25分)、撮影した写真です(下写真)。

20170719yusuge_jiue01-10ben-0624.jpg
2017年7月19日 6:25 軽井沢草花館 花びらが10枚のユウスゲ(地植え)

朝の日差しで、しぼみかけていましたが、しっかりと10枚の花弁を確認することができました。あらためて、じっくり見てみると、「ユウスゲのようでユウスゲでないような… でもユウスゲ」
といったように、不思議な感じがしました。

つづく
posted by kusabanakan at 20:54| ゆうすげ日記