2017年04月14日

2017(3)ユウスゲ種まき

昨年(2016年)採取したユウスゲの種をプランターにまきました。

20170414yusuge_planter_1y_20170414.jpg
2017年4月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランタへの種まき

60cm幅のプランターに、培養土、赤玉、腐葉土を混ぜ合わせたものを入れ、種をまきました。
芽が出てくるのが楽しみです。
posted by kusabanakan at 21:49| ゆうすげ日記

矢ヶ崎公園オオヤマザクラ つぼみの状況(4月14日)

1週間ぶりの更新です。
矢ヶ崎公園のオオヤマザクラ、現在のつぼみの状況です。

20170414yagasaki-sakura01.jpg
2017年4月14日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ つぼみ

開花はあと1週間以上先になりそうですが、1週間前(下写真)と比べて、芽が少し膨らんできています。

20170407yagasaki-sakura01.jpg
2017年4月7日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ つぼみ

20170414yagasaki-sakura02.jpg
2017年4月14日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ 並木
posted by kusabanakan at 17:42| オオヤマザクラ

2017(2)次々に芽吹き

4月5日にはじめて芽を出したプランターのユウスゲ。
あれから、他のプランターや鉢植え、地植えと次々に芽を出しています。

以下に、記録を残します。
大きく成長している順で並べてみると、まずは鉢植え8年目のユウスゲ。

【鉢植え8年目】

20170414yusuge_pot_8y_A02.jpg

2017年4月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え8年目

芽の高さは7cmほど(下写真)。軽井沢草花館では現在、この株の成長が一番早く、他よりとびぬけて立派です。

20170414yusuge_pot_8y_A01.jpg

2017年4月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え8年目

【プランター3年目】

20170414yusuge_planter_3y_20150510-01.jpg

2017年4月14日 軽井沢草花館 プランター3年目(2015年5月10日種まき)

上の写真のように、遠くから見ると芽が出ているのかわかりにくいですが、
このプランターからはたくさんの芽が出てきています(下写真)。
大きいもので35mmくらいの高さです。

20170414yusuge_planter_3y_20150510-02.jpg
2017年4月14日 軽井沢草花館 プランター3年目(2015年5月10日種まき)

【プランター2年目】

昨年種まきした苗も芽が出てきました。

20170414yusuge_planter_2y_20160412-01.jpg

2017年4月14日 軽井沢草花館 プランター2年目(2016年4月12日種まき)

まだ、出たばかりの5mmくらいの芽が3か所にでていました。

20170414yusuge_planter_2y_20160412-02.jpg
2017年4月14日 軽井沢草花館 プランター2年目(2016年4月12日種まき)

【地植え】

こちらも芽が出たばかりで、高さは1cmくらいです。

20170414yusuge_jiue.jpg
2017年4月14日 軽井沢草花館 地植えのユウスゲ

以上
posted by kusabanakan at 17:33| ゆうすげ日記

2017年04月10日

ダンコウバイが開花

庭のダンコウバイがきれいに咲きました。
軽井沢草花館では、今年最初に咲いた樹木の花です。
(草花ではハコベが最初)

20170410dankobai.jpg

2017年4月10日 軽井沢草花館 ダンコウバイの花

ここ数日で一気に花が開き、ほぼ満開!

10年ほど前は、まだ30aくらいの苗だったと思います。
毎年剪定しながらも、今では背丈くらいの大きさに成長していて、
花の数も着実に増えています。
posted by kusabanakan at 21:28| 草花館日記

2017年04月09日

カラスvsアスター(97)

カラスvsアスター(97)

カラス&アスター221ブログ.jpg
第221話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2017年04月07日

矢ケ崎公園オオヤマザクラ つぼみの状況

矢ヶ崎公園のオオヤマザクラ
開花はもう少し先になりますが、現在のつぼみの状況です。

20170407yagasaki-sakura01.jpg
2017年4月7日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ つぼみ

開花まではまだまだといったところ。
昨年、一昨年は4月の気温が高く、G.W前に満開をむかえてしまいました。
今年はどうなるでしょうか?
3月下旬から気温の低い日が続いていましたが、この3日間ほどは日中の気温が15度を超えて、非常に暖かです。

20170407yagasaki-sakura02.jpg
2017年4月7日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ 並木
posted by kusabanakan at 23:35| オオヤマザクラ

2017年04月05日

2017(1)ユウスゲの芽が出ました

春のような陽気となった本日、ユウスゲに芽が出ました。
軽井沢草花館では今年になって初めての芽です。

20170405yusuge_3y_planter_20150510-02.jpg
2017年4月5日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター3年目(2015年5月10日種まき)

プランターで育てている苗から1aほどの小さな芽を確認。
芽は2つ出ていて、一つは上の写真で1aくらいの長さ、もう一つはまだ出てきたばかりでまだ数ミリ。

20170405yusuge_3y_planter_20150510-01.jpg
2017年4月5日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター3年目(2015年5月10日種まき)

このプランターは2015年5月10日にユウスゲの種をまいて育てているもので、この春から3年目。
今年花を咲かすのはむつかしそうですが、来年以降開花が期待できます。

20170405yusuge_3y_planter_20150510-03.jpg
2017年4月5日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター3年目の表示(2015年5月10日種まき)

軽井沢草花館のユウスゲが芽を出した日をここ6年で振り返ると以下のようになります。
過去5年は3月中に芽を出していましたが、今年は1種間以上も遅れました。

2012年3月26日:0.8a
2013年3月20日:1a
2014年3月28日:1a
2015年3月20日:1a
2016年3月26日:3a
2017年4月5日:1a


今年は芽の出始める3月下旬に気温が低く、さらに雪が多かったことが理由として挙げられそうです。

軽井沢の旬ごとの平均気温(2017年)
3月初旬 -0.2度(-1.1度)
3月中旬 0.5度(0.5度)
3月下旬 0.1度(1.8度)
( )内は平年値

軽井沢の旬ごとの最深降雪(2017年)
3月初旬 1a(16a)
3月中旬 0(14a)
3月下旬 32a(13a)
( )内は平年値

20170327museum-snow.jpg
2017年3月27日 軽井沢草花館 この日の最深積雪は32aを記録
posted by kusabanakan at 17:33| ゆうすげ日記

2017年03月26日

ブナ日記(65)

(2014年春に種から発芽したブナとイヌブナの生長記録です)

1月2日以来の更新となります。

今日は朝から雪となり、鉢植えのブナ&イヌブナも雪に覆われました。
春の芽吹きはあと1か月以上も先。
昨年の葉っぱを付けたまま、じっと寒さに耐えていました。


20170326buna&inubana02.jpg
2017年3月26日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ 実生3年目

下は昨年末に撮影した写真

20161225buna&inubana01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生3年

posted by kusabanakan at 17:05| ブナ日記

イヌブナ日記(116)枝折れる

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

1月2日以来の更新です。
3月も下旬となりましたが、芽吹きの時期はおおむね5月に入ってから。
あと1か月以上も先になります。

20170326inubuna_A&B01.jpg

2017年3月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 上:イヌブナA、下:イヌブナB

さて、今日は朝から雪、軒下に置いているイヌブナの鉢植えにも、雪がかぶり、真っ白です。

20170326inubunaB01.jpg

2017年3月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生5年目 幹(枝)が折れてしまったイヌブナB

これはちょっと前の話になりますが、
3月に入ってから、鉢植えを移動する際に、誤って、幹(枝)を折ってしまいました(上写真)。

下は、昨年末(11月30日)に撮影した写真です。
幹が斜め方向に伸びていましたが、先端から20aくらい短くなりました(下写真参考)

20161130inubuna_B01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

幹(枝)の折れたことは残念ですが、イヌブナBが今後どうやって、大きくなっていくのか楽しみです。
posted by kusabanakan at 13:44| イヌブナ日記

カラスvsアスター(96)

カラスvsアスター(96)

カラス&アスター247ブログ用.jpg
第247話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2017年03月19日

プランターにハコベ

今年は2月中旬以降の積雪がほとんどありません。
まだこれから雪の降る可能性は十分ありますが、草花館の庭では雪がほとんど残っていない状態。
当然、町内の道路にも雪はほとんどなく、この時期としてはレアなことかもしれません。

そんな中、小さな庭で春を探してみると、ありました!
日当たりのよい場所に置いてあったプランター(培養土をいれている)の中で植物が育っていました。

20170319hakobe01.jpg
2017年3月19日 軽井沢草花館

それが、ハコベです(下写真)。
決して育てているものではなく、培養土を入れているプランターの中で自然に生えてきたものです。
少なくても昨年も同じように生えてきて、4月には花を咲かせています。

20170319hakobe02.jpg
2017年3月19日 軽井沢草花館 プランターに生えたハコベ

よく見ると、花芽が付いて、そろそろ開花を始めそうな状態にまで育っています(下写真)。
ハコベは、日本全国、いたるところに生える草で、春の七草のひとつです。
今年度の企画展示は「軽井沢のおいしい山菜・木の実展」、ハコベ(第1期、4/22から5/22)の水彩スケッチとレシピの紹介を予定しています。

20170319hakobe03.jpg
2017年3月19日 軽井沢草花館 プランターに生えたハコベ

小さな美術館軽井沢草花館

以上

posted by kusabanakan at 11:39| 草花館日記

2017年03月17日

石川功一×おくやまひさし「軽井沢のおいしい山菜・木の実展」

小さな美術館軽井沢草花館 2017年度展示のご案内

石川功一×おくやまひさし
軽井沢のおいしい山菜・木の実展」T−X

2017年A4チラシweb.jpg

2017年4月22日(土)から11月23日
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、8月は無休)
  ※G.W.中の5/2(火)もお休みです
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料
※2017年4/22-24は今年度OPEN記念で入館無料です

概要

 おいしい山菜・木の実をテーマに「石川功一の描いた軽井沢の草花画(水彩・油彩)」と「おくやまひさしの山菜・木の実レシピ、および植物の根を中心に描いた水彩画」が共演します。
 企画は5期分け、各期25種程度の植物(山菜・木の実)、40点前後の作品を紹介します。

 展示作品の紹介はこちらをご覧ください → 「軽井沢のおいしい山菜・木の実展」展示作品の紹介

プロフィール

石川功一:三重県、1937年生まれ 7人兄弟の次男
漫画家を経て30歳の頃より画家に転身、美人画を経て、1981年より軽井沢に自生する草花画の制作に没頭。900種以上の水彩スケッチと百数十点の油彩画を残し、2007年永眠(享年満70歳)

おくやまひさし:秋田県、1937年生まれ 7人兄弟の次男
漫画家を経て、その後、独学で写真撮影の技術を学び、幼少のころから親しんだ自然をテーマにした読み物、図鑑、画集、写真集を数多く手がける。専門家の視点とは違った見かたでとらえた植物、昆虫などの写真、植物画、イラストには、身近な自然への親しみと、分かりやすく伝えようとするやさしさが感じられる。

草花館B1ポスター2017web.jpg

石川功一とおくやまひさしの関係

 三重県(石川功一:1937-2007)と秋田県(おくやまひさし1937- )から上京した若い二人はイラストや漫画の仕事を通して知り合い、共に昭和12年生まれの気の合う友人として親交を深めました。
 20才代の終盤以降、お互いの仕事が変化していく中で、いつしか疎遠になっていった二人ですが、運命は意識することなくお互いを植物の世界に導いていました。
 石川功一没後10年、およそ50年の空白を埋めるべく、二人の初コラボレーション企画となります。


予定されている主な作品リスト(全5期で100種類以上)】

【山菜】
アオミズ、アカツメクサ、アキノノゲシ、アザミ、アマナ、イタドリ、イノコヅチ、ウコギ、ウド、ウバユリ、ウワバミソウ、オオバギボウシ、オモダカ、カタクリ、カラスノエンドウ、ギシギシ、ギョウジャニンニク、クサソテツ、クズ、クレソン、ゲンノショウコ、コオニユリ、コシアブラ、ゴマナ、サワオグルマ、シオデ、シロツメクサ、セイヨウタンポポ、セリ、ゼンマイ、タネツケバナ、タラノキ、ツユクサ、ツリガネニンジン、ドクダミ、ナズナ、ナルコユリ、ナンテンハギ、ニリンソウ、ニワトコ、ノアザミ、ノビル、ノボロギク、ハコベ、ハナイカダ、ハンゴンソウ、フキノトウ、ベニバナボロギク、ホタルブクロ、ミツバ、ミツバウツギ、ミヤマイラクサ、モミジガサ、ヤブカンゾウ、ヤマノイモ、ヤマブキショウマ、ユウスゲ(アサマキスゲ)、ユキザサ、ユキノシタ、ヨモギ、リョウブ、ワサビ、ワラビ
【木の実】
アオツズラフジ、アキグミ、アケビ、ウワミズザクラ、エビガライチゴ、エビヅル、オニグルミ、ガマズミ、カラハナソウ、カンボク、クサボケ、クマイチゴ、クリ、クロマメノキ、クワ、コケモモ、サクラ、サンカクヅル、サンショウ、ズミ、チョウセンゴミシ、ツノハシバミ、トチノキ、ナツハゼ、ナナカマド、ニガイチゴ、ニシキギ、ノイバラ、ブナ、マタタビ、ミヤマウグイスカグラ、モミジイチゴ、ヤマブドウ、ヤマボウシ

詳しくは
小さな美術館軽井沢草花館HPにて
posted by kusabanakan at 15:34| 展示紹介

2017年03月14日

カラスvsアスター(95)

カラスvsアスター(95)

カラス&アスター243ブログ用.jpg
第243話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
※2017年2月の第2、第4土曜日分はお休みさせていただきました。3月12日、第2土曜日分として本編をアップします。
posted by kusabanakan at 16:36| カラスvsアスター

2017年01月22日

カラスvsアスター(94)

カラスvsアスター(94)

20170102karasu-aster158.jpg
第158話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2017年01月08日

カラスvsアスター(93)

カラスvsアスター(93)

20170101karasu-aster018.jpg
第18話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2017年01月02日

2017(1)元旦のユウスゲ

ユウスゲ日記、第516回目
2017年の1回目は元旦に撮影したユウスゲの様子をお伝えします。

20161225yusuge_8y_planter01.jpg
2017年1月1日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター8年目

昨年夏に咲いたユウスゲはすっかり枯れています。
軽井沢では4月以降に順次芽を出し始めますが、この厳しい冬の間は休眠状態です。
葉っぱは枯れてしまっていますが、多年草のユウスゲは春にまた芽を出して成長し、夏に花を咲かせます。

20161225yusuge_8y_planter02.jpg
2017年1月1日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター8年目

下の写真は同じプランターの昨年夏(7月8日)の時の様子です。

20160708yusuge_8y_planter_A01.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター8年目

下の写真は、夏にユウスゲが咲いているときの庭の様子です。

20160729yusuge01-1719.jpg
2016年7月29日 17:19 軽井沢草花館 ユウスゲの咲いている季節
posted by kusabanakan at 17:25| ゆうすげ日記

イヌブナ日記(115)クリスマスのイヌブナ(実生から5年目)

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

11月30日以来、25日ぶりに観察した12月25日の記録を本日(1月2日)更新します。
クリスマスシーズンでも葉っぱはほとんど残っています。

以下、観察記録です。

【イヌブナA】

20161225inubuna_A01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高43.0a、幅100a

樹高は43aで、前回(11/30)よりも1a高くなっていますが、定規のあて方の誤差、また霜による土の盛り上がりが考えられるので、実際に枝が伸びているわけではないものと思われます。

20161130inubuna_A01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 樹高42.0a、幅100a

冬芽の長さは20_で、10/8に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_A02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

20161130inubuna_A02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 冬芽 約20_

幹の直径は11_で、8/25に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_A03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

20161130inubuna_A03.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生5年目 幹直径11_

【イヌブナB】

20161225inubuna_B01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31(32.5)a、幅48a

定規の値は樹高32.5_となり、前回(11/30)の31aに比べて高くなっていましたが、定規のあて方の差や霜による土の盛り上がりによって、高くなっているだけで、実際に枝が伸びているわけではないのだろうと思います。ここでは前回と同じ31.0aとして記録します。

20161130inubuna_B01.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 樹高31a、幅48a

冬芽の長さは25_で、イヌブナA同様、10/8に測定したときから変化ありません。

20161225inubuna_B02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161130inubuna_B02.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 冬芽 約25_

20161225inubuna_B03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

20161130inubuna_B03.jpg
2016年11月30日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生5年目 幹直径8_

【成長記録】

樹高:10/8から変化ないと思われます(A、B共) ※定規のあて方や霜による土の盛り上がりなど測定誤差があるかもしれない

 A 6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a

 B 6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a

冬芽:10/8から12/25の間で長さに変化はありませんでした(A、B共)。

 A:8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_

 B:8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_

幹サイズ:8/25から12/25の間で幹の直径に変化はありませんでした(A、B共に)

 A:7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)

 B:3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)

つづく
posted by kusabanakan at 16:54| イヌブナ日記

ブナ日記(64)

(2014年春に種から発芽したブナとイヌブナの生長記録です)
11月28日以来27日ぶり、昨年12月25日の記録を本日(1月2日)に更新します。

約1か月ぶりの観察となりましたが、ブナ、およびイヌブナの実生に大きな変化は見られませんでした。
以下、詳細です。

20161225buna&inubana01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生3年

20161128buna&inubana01.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生3年

20161225buna&inubana02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生3年

20161128buna&inubana02.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生3年

【ブナA(スーさん)】

20161225banaA01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 ブナA(スーさん)実生3年目 樹高21a

樹高に変化はありませんでした(8/25の測定から変わらず)

20161128banaA01.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 ブナA(スーさん)実生3年目 樹高21a

20161225banaA02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 ブナA(スーさん)実生3年目 冬芽 約15.0_

冬芽の長さは15.0_で、10/13の測定から変化ありません。

20161128banaA02.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 ブナA(スーさん)実生3年目 冬芽 約15.0_

20161225banaA03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 ブナA(スーさん)幹直径6.0_

幹の直径は約6.0_。9/24の測定から変化はありません。

20161128banaA03.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 ブナA(スーさん)幹直径6.0_

【ブナB(タンさん)】

20161225banaB01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 ブナB(タンさん)実生3年目 樹高21a

樹高に変化は見られませんでした(6/22の測定時から変わらず)。

20161128banaB01.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 ブナB(タンさん)実生3年目 樹高21a


20161225banaB02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 ブナB(タンさん)実生3年目 冬芽 約15.0_

冬芽の長さは15.0_で、10/13の測定時から変化ありません

20161128banaB02.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 ブナB(タンさん)実生3年目 冬芽 約15.0_

20161225banaB03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 ブナB(タンさん)幹直径5.0_

幹の直径は約5.0_。9/7の測定時から変化ありません。

20161128banaB03.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 ブナB(タンさん)幹直径5.0_

【イヌブナ(ソンさん)】

20161225inubana01.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん)実生3年目 樹高19a

樹高は約19a、5/29の測定時から変化ありません。

20161128inubana01.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん)実生3年目 樹高19a


20161225inubana02.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん)実生3年目 冬芽 約25.0_
冬芽の長さは訳25.0_で、前回(11/15)から変化ありませんでした

20161128inubana02.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん)実生3年目 冬芽 約25.0_
20161225inubana03.jpg
2016年12月25日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん)実生3年目 幹直径 5.5_

幹の直径は、5.5_。9/24測定時から変化がありません。

20161128inubana03.jpg
2016年11月28日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん)実生3年目 幹直径 5.5_

【成長記録】

【樹高】11月28日から12月25日までの27日間で、ブナA、ブナB、イヌブナの樹高に変化はありませんでした。

ブナA(スーさん) 5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_

ブナB(タンさん) 5/1:108_、5/9:113_、5/28:113_、6/12:113_、6/28:115_、7/12:157_、7/22:157_、8/10:165_、9/5:168_、9/18:168_、10/5:168_、10/24:168_、11/12:168_、11/29:168_、12/30:168_、2016.4/1:170_、4/23:170_、5/1:170_、5/8:200_、5/20:200_、5/29:200_、6/5:200_、6/22:210_、7/4:210_、7/17:210_、8/5:210_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_

イヌブナ(ソンさん) 5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_

【冬芽】 11月28日から12月25日までの27日間で、ブナA、ブナB、イヌブナの冬芽の長さに変化はありませんでした。

ブナA(スーさん) 9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_

ブナB(タンさん) 9/5:7_、9/18:9_、10/5:12_、10/24:12_、11/12:12_、11/29:12_、12/30:12_、2016.4/1:12_、4/23:18_、5/1:芽吹きはじめ、8/5:6.5_、8/25:10.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_

イヌブナ(ソンさん)9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_

【幹直径】11月28日から12月25日までの27日間で、ブナA、ブナB、イヌブナの幹の直径に変化はありませんでした。

ブナA(スーさん) 5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_
ブナB(タンさん) 5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.0_、7/17:φ4.0_、8/5:φ4.0_、8/25:φ4.0_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.0_、10/13:φ5.0_、10/27:Φ5.0_、11/15:Φ5.0_、11/28:Φ5.0_、12/25:Φ5.0_
イヌブナ(ソンさん) 5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_

つづく
posted by kusabanakan at 16:29| ブナ日記

2017年01月01日

2017年 謹賀新年 酉

平成29年 酉
あけましておめでとうございます

20170101nenga01chidorinoki_19890525.jpg


石川功一 軽井沢の草花スケッチ チドリノキ(千鳥木) 1989年5月25日

小さな美術館軽井沢草花館 http://www.kusabana.net
posted by kusabanakan at 00:00| 草花館日記

カラスvsアスター(93)お正月号

2017年 謹賀新年

カラスvsアスター(92)

20170100karasu-aster160.jpg
第160話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター